Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

01 2013

Mougins and Grasse

Mougins

Mougins1_290

The village has been famous for “gastronomic village” in the wake of that the famous shef, Roger Vergé, founded his restaurant in 1969, which was only seven restaurants in it at the time. Now, there are more than fifty restaurants in this small village. Originally, it was already an important strategic point in Roman times, due to its proximity to the Aurelia road, and then, it became one of the richest centers in the region in the 19th century.
ムージャンは美食の村として有名です。1969年にロジェ・ヴェルジェさんという有名シェフがこの村に店を開き(当時は彼の店を含めて村にレストランは7軒)、今ではこの小さな村に50軒以上の店がひしめいています。元々この村は、アウレリア街道に近いことからローマ時代から戦略拠点に位置付けられていたそうです。19世紀には、この周辺地域において栄えている村の一つだったそうで。

In general, to the village by public transportation, one has to take a walk for 15 to 20 minutes from “Val de Mougins (in outside of village)”, a stop of bus No. 600 running between Cannes and Grass. It was convenient because the bus comes every 20 minutes, but the subsequent walk, especially under the burning sun in this season, would threaten the survival of us. So, I looked for a way to get the village using other bus, and found it!
一般的に、公共交通機関でこの村に行く場合、カンヌ、グラース間を走る600番バスを使い、村外れにあるバス停“Val de Mougins”で降り、村まで15~20分歩きます。このバスは20分おきに出ているのでとても便利なのですが、降りてからの徒歩が問題です。特にこの時期炎天下を20分も歩くのは、私たちにとって命とりです(笑)。で、村まで行くバスはないのかと思い探したところ、ありました!

It’s Sillages, a zone-based bus service in Mougins and Grasse region. The Sillages bus No. 26 and 27 run between “Val de Mougins” and “Mougins Village (at the entrance of village)” on weekdays though the operation is less frequent.
ムージャンとグラース周辺地域限定のSillagesというバスサービスがあるのです。平日のみで本数も少ないですが、Sillages の26番と27番が、“Val de Mougins”と村の入口にあるバス停“Mougins Village”間を走っています。

Mougins2 Mougins3

From Nice, you can go to Cannes first then take the bus No. 600 and change buses, but I took an alternative route: taking a train from Nice to Mousan-Sartoux SNCF station, which is next to the last station of Grasse, and then taking the bus No. 26 at 11:25 to the village. Using this route, you have a lay-over for about 40 minutes in Mousan-Sartoux, but don’t worry. The Mousan-Sartoux village is within a 2-minute walk, so you can stroll around it. We had coffee at a café in the village. The No. 26 bus swings by “Parc d’activites de Saint Martin” after leaving “Les Braquieres” on the way to “Mougins Village”.
ニースからだと、まずカンヌに出て600番に乗り、Sillagesに乗り換えるという方法もありますが、私たちは違うルートにしました。以下に行き方をまとめてみます。
まず、ニースからグラース行きの電車に乗りMousan-Sartouxというグラースの一つ手前の駅に行きます(カンヌを出るとグラースまでは各駅)。そこで、Mousan-Sartoux駅前発Sillagesの 26番に乗ります(私達は11:25のに乗りました)。どうしても駅で待ち合わせ時間が出来てしまいますが(私達は40分ほどありました)、ご心配なく。Mousan-Sartouxの市街地は駅から徒歩2分。散歩していればあっという間です。私達は街のカフェでお茶を飲んでいました。26番バスは、“Les Braquieres”というバス停を過ぎると一度“Parc d’activites de Saint Martin”に行き、そこから引き返して来てムージャン方面に改めて向かいます。

Mougins4

Mougins5 Mougins6
There were two buses including No. 26, so I asked the driver which would go to Mousins.
この駅発の他の路線のバスも停まっていたので、一応ドライバーに確認。


http://www.sillages.eu/transport-urbain/
Time tables and routes for Sillages
Sillagesのルートおよび時刻表


We met an English lady living in the village in the bus. She talked to me and asked if we came from Japan when we got off it at “Mougins Village”. She said that her son used to live in Japan and has loved our cultures. His girlfriend is Japanese, and she is going to meet her in autumn for the first time.
バスで一緒だったイギリス女性はムージャンに住んでいるそうです。“Mougins Village”で一緒に降りた時、「日本から来たの?」と話しかけられました。彼女の息子さんは、日本に滞在経験があり、日本の文化が大好きなのだそうです。彼のガールフレンドが日本人で、この秋に初めて会うのだそうです。微妙なニュアンスなのですが、彼女は息子さんが日本に夢中になっているのを、「やれやれ」と呆れている感じでした。差別的というのではありません。わが息子が、何か母親が知らない世界の事物にどっぷりはまっている、という状況を考えると、世のお母様方は彼女の気持が良くわかるのではないでしょうか。

Mougins7
It’s one of my back shots with the lady. It took about 1 minute from the bus stop to the center of village.
イギリス女性と一緒に歩く私の後ろ姿。バス停から村までは徒歩1分。作戦成功!


I asked her recommendation for a place to have lunch, and she told me two options: (1) L'Amandier, a fine restaurant with a lovely view from terrace tables (you can see the view of the opening photo from it) and (2) Le Restau des Arts, a relatively reasonable restaurant many locals visit.
彼女にお勧めのレストランを尋ねてみたところ、2件紹介してもらいました。一つは、村の入口にある高級レストラン、L'Amandier。テラスからの眺めが最高だそうです。恐らく、冒頭の写真のような景色が目の前に広がるのだと思います。もう一軒が、地元の人々もよく利用するというLe Restau des Arts。比較的リーゾナブルな価格。

Mougins8
L'Amandier

Mougins9
Le Restau des Arts

This time, we preferred a restaurant locals use daily, so we chose Le Restau des Arts that was a perfect place to have casual lunch.
今回は、地元の方々が行く店を選択。ここはカジュアルなランチに最適。美味しかったです。

Mougins10

Mougins11

It had a different name, but it was chicken curry. The taste was familiar to me. In Japan, japanized curry and rice is one of Japan's most popular dishes.
メニュー上は、チキンのカレー風味煮込み(だったかな)という名前でしたが、内容はチキンカレー。かなりほっとするお味でした。今年は全般的に、エル・ブジに悪影響を受けた料理に出会わなくてラッキーでした。個人的には、普通に料理されたものが好きです。せっかくの素材をムースにしましたとか、液体窒素で凍らせましたとか、スポイトでソースかけろとか、勘弁して欲しいのです。

After lunch, we strolled around the village with narrow streets that seem to roll up like a snail’s shell.
ランチの後は村を散策。細い道がカタツムリのように配置されています。

Mougins12

Mougins13

Mougins14

Many artists including Picasso, Cocteau, Léger, Man Ray, and Yves Klein and celebrities including Yves Saint Laurent, Christian Dior, Winston Churchill, Catherine Deneuve, and Édith Piaf lived there. It’s famous that Picasso spent the last 12 years of his life (1961–1973), where he died.
ピカソ、コクトー、レジェ、マン・レイ、イブ・クラインといった芸術家や、イヴ・サン・ローラン、クリスチャン・ディオール、チャーチル、カトリーヌ・ドヌーヴ、エディット・ピアフといった、きら星のような著名人が住んだ村です。ピカソが晩年の12年を過ごした、終焉の地でもあります。

We took a bus No. 27 at 14:45 to “Val de Mougins” and changed buses to Grasse.
帰りは27番のバス(14:45のに乗りました)で“Val de Mougins”まで行き、600番のバスに乗り換えグラースに向かいました。

Mougins15


Grasse

Grasse1

The name of the town reminds me of a novel, Perfume, I read back in the day. It was not until I read the book that I knew about the town.
グラースと言えば、昔読んだ小説パフュームを思い出します。後年、映画化もされましたね。思えば、この小説を読んで、グラースと言う街を初めて知ったのでした。

As we all know, Grasse is a capital of perfume. The town, the largest one in the nearby area, has had a prospering perfume industry since the end of the 18th century, and some major perfumeries are still based in it. Especially for tourist facilities, Fragonard wildly opens door to tourists. There are several museums operated by the perfumery including free ones.
言うまでもなく、グラースは香水の街。この地域では最も大きなこの街は、18世紀後半から香水、香料の産地として大変栄えました。今でも有名香水メーカーが本拠地を置いています。特に、フラゴナールが観光客向けに多くの施設を運営しています。中には無料の博物館もいくつかあります。

Grasse2

Grasse4 Grasse5
“Fragonard streets” where its museums and shops (clothes, interior goods, accessories, and so on)
フラゴナールが運営する博物館、工房と、洋服からインテリア、アクセサリーまでフラゴナールブランドの複数のお店が集まるこの一角は、「フラゴナール横丁」といった感じ。街道沿いにも大型バスが駐車できる工房があり、伊勢における赤福みたいな存在。


We went to three Fragonard museums for free: Villa-Musee Fragonard, Musee Provencal du Costume et Bijou (it was definitely worth seeing), and L’Usine Historique. The last one features a shop that sells their products at ex-plant prices. I was surprised that many visitors made a large purchase. In Japan, perfume including eau de toilette and eau de cologne doesn’t reach masses as compared to Western countries. Some people daily wear them, but most of them use ones by cosmetics makers and Fashion brands, not by a perfumery. Except few fragrance connoisseurs, most Japanese (including me who have stuck with Guerline from my twenties) don’t know about products of long-established perfumeries such as Fragonard, Molinard, and Galimard.
私達は無料のフラゴナール施設を3軒訪れました。フラゴナール美術館、プロバンス民族衣装・宝石博物館(大変見応えがありました。お勧めです)と、フラゴナール香水歴史工場です。工場には大規模なショップが併設されていて、各種商品を工場価格で買えます。とても驚いたのは、多くの来訪者が大量の商品を買い込んでいたこと。日本では、香水(オーデコロンやオードトワレを含め)は欧米諸国ほど一般に浸透していません。日常的に使っている人はいますが、香水メーカーの商品ではなく、化粧品会社が出しているものやファッションブランドのOEM商品を使っている人が多いと思います。限られた香りの通を除けば、多くの日本人には(20代の頃からゲラン一筋の私を含めて)、フラゴナール、モリナール、ガリマールといった老舗香水メーカーの商品はあまり知られていないのではないでしょうか。私もこの機会にフラゴナールの商品をいろいろ試してみようか…と思いましたが、あまりに人が多く、その人々が使うテスターの様々な香りがフロアに充満していて、早々に退散してしまいました。

Grasse3

Posted by Kinakinw | 18:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

29 2013

Tende where Tendasques live

Tende1

We took a train of Linea del Tenda (Ligne de Tende in French) from Ventimiglia and visited a village of Tende near Tende Pass.
ヴァンティミリアからタンド線に乗り、タンド峠近くのタンド村に向かいました。

Tende2 Tende3_303
After a while, the train went deep into the mountain valley. The next station of Tende was in Italy. The train threaded the border. There was a branch line to Nice, and we took it on the way back.
しばらくすると、列車は山中に分け入ります。タンド駅の先はイタリア。この列車はイタリア→フランス→イタリアと、国境を縫うように走ります。支線がニースにも伸びており、帰りはそれを使ってニースに戻りました。


Tende4

Tende with a population of 2,025 (2008) was a fortified town guarding an important pass into the Piemonte. When Nice was a part of Italy, the route passing the pass was used for transporting goods from Mediterranean region. Especially it was called “Salt Road”.
人口2,025人(2008)のタンド村は、かつてはピエモンテに抜ける峠を守るための要塞の村だったそうです。ニースがまだイタリアだった頃、この峠を抜けるルートで地中海沿岸から物資が運ばれていて、特に塩の道として有名でした。

Tende5

We picked up a map of the village at the tourist information center and headed to the Musee de Merveilles next to the office where we could see archeological and ethnological exhibitions around the area for free. People have lived there from prehistoric times, and there has been a long history of the cattle breeding.
観光案内所で村の地図をもらい、隣のMusee de Merveillesへ。この地域の考古学、民俗学的資料を展示する博物館で、無料で入館できます(日本語のリーフレットもありました)。この辺りには先史時代から人が住み、牧畜の歴史も長い。

Tende6

Tende7

After leaving the museum, we walked down the main street toward the village on the flank of the mountain.
博物館を出た後は、メインストリートを抜けて山腹に広がる村に向かいます。

Tende8

Tende9

On the way, an old lady walking a little in front of us seemed to shoot glances at us. I thought she felt uncomfortable with people walking behind her, so we passed her. However, after a minute, I found she was in front of us again. When I found a fountain and stopped at it, she talked softly to me in French: “take a picture of this fountain, and there are two more in the plaza, so go to see them, too.” I understood that she wanted to talk to us who came to her village all the way from somewhere in Asia.
その途中、すぐ前を歩いていたおばあちゃんがチラチラ私達を見ているようでした。後ろを歩かれると居心地が悪いのかな、と思い追い越しました。でも、ちょっとの間にまた私たちを追い越しています。傍らの泉に足を止めた時、そのご婦人がフランス語でそっと話しかけてきました。「この泉の写真を撮りなさい。あの広場にもあと二つあるから見に行きなさい」と。そうか、アジアのどこかからはるばる来た私達に話しかけたかったのか、と納得。

Tende10

Tende11 Tende12
Following her advice, we crossed the main street and rambled along the plaza for a while.
お勧めに従って、道の反対側の広場を少し散策しました。


It’s a lovely little Italian-style medieval village. I liked this place the most throughout the trip.
ここはとても素敵な中世の村。今回訪れた村の中で最も気に入りました。

Tende14 Tende15

Tende16

Tende17

Tende18
My friend took many my back shots during the trip. This is one of them.
今回の旅行では、友人が私の後ろ姿をたくさん撮ってくれました。これはその一枚。


Tende19

Tende20

Tende21

On the way bake to the station, I dragged in a bar by the monsieur in the right in the picture. Apparently, he suggested taking a picture of them…. The madam of the bar who was in astonishment said, “he is drunk, but don’t worry, he is a nice local.”
駅への帰り道、この写真の右端のムッシュにバーに引っ張り込まれました!!!恐らく、俺たちの写真を撮れ、と言っていたと思います。バーのマダムが呆れ顔で、「酔っ払っているけど大丈夫、気のいい村人だから」と言っていました。

Tende22
I’m strangely aware of that the monsieur in blue T-shirt reminds me of my deceased father.
不思議なことですが、この青いTシャツのムッシュは私の亡くなった父に似ているのです。


I examined the history of the village and found that it coped with difficult times. From 1861 to 1947 it was part of Italy and the last commune to join the French Republic in 1947. The people identify oneself as Tendasques, not French.
この村の歴史を調べると、とても厳しい歴史を潜ってきたようです。1861年から1947年までは当時のイタリアの一部で、1947年に最後にフランス共和国に入った最後の生活共同体だったそうです。この村の人々は、自らをフランス人ではなく、タンド人と呼ぶそうです。

When I stayed there, just for few hours, I felt extremely welcome.
たった数時間ですが、滞在中、とても歓迎されている気分でした。

The village and railway line with view are on a major guidebook, and some Japanese visit it (actually, a Japanese couple in the train on the way from Ventimiglia got off it with us). I strongly recommend that you spend one day visiting the village including the other ones along the line, such as Sospel and Saorge if you stay in Nice for several days. I definitely stay there next time.
この村も、景勝路線のタンド線も、地球の歩き方に載っていて、日本人もけっこう訪れています(実際、行の電車で一緒だった日本人カップルもこの村で降りていました)。もしニースに何泊かするのであれば、是非一日時間をとってタンドと沿線のソスペルやセオルジュを訪れると良いと思います。次回は絶対ここに泊まろうと思います。

Tende23

Posted by Kinakinw | 23:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

24 2013

Ventimiglia / Vintimille

Ventimiglia _Vintimille1

“Why don’t we go to Italy for lunch?”
With that word, we visited this Italian town (Ventimiglia in Italian and Vintimille in French) that was just off the border. This is a border station, a final destination of both Trenitalia from the direction of Genova and SNCF from the direction of Nice.
ランチしにイタリアに行こうよ!
なんて調子で訪れた国境の街Ventimiglia(ヴァンティミリア)、フランス語ではVintimille(ヴァンティミーユ)。下の地図でご覧の通り、フランス、イタリア国境を越えて5km程。ここはジェノバ方面からのトレニタリア(民営化後のイタリア鉄道)とニース方面からのフランス国鉄、両方の終着駅です。

Ventimiglia _Vintimille2_240

That was my second visit of the station. Many years ago, I changed a train there on the way to Nice from Roma. After a long train ride, I set foot at the station late at night and wondered if I would come back there someday in the future. Then, the answer was Yes.
この駅に来たのは2度目。昔々、ローマからニースに向かう途中、この駅で電車を乗り換えました。長い時間電車に揺られ、夜半にこの駅に降り立った時「将来もう一度ここに来ることはあるのかな」と思いました。結果的に答えはYesだったわけですね。

Ventimiglia _Vintimille3

Ventimiglia _Vintimille4 Ventimiglia _Vintimille5
I heard that at the time of the Arab Spring, few years ago, many people who escaped from the former French possessions in North Africa to France stayed in the town because they weren’t allowed to enter the country. But, it seemed not to be what the town used to be.
何年か前、アラブの春と言われた頃、旧フランス領の北アフリカの国々からフランスに逃げようとやって来た人達が、フランスに入国できずにこの街に溢れかえっていたと聞きました。でも今ではそういうことはないようです。


There was a midmorning market for locals between the station and seaside, which carried a variety of items. The items were fresh and in good condition, and I saw the prices low: tomato per 1 kg was about 2 euros and mackerel per 1 kg was 5 euros.
駅から海岸に行く途中、地元の人向けの充実したマルシェ(午前中のみ)に足を止めました。商品は新鮮で美味しそう。物価は安く、トマトがキロ2ユーロ、アジ(だと思いますが)がキロ5ユーロ。

Ventimiglia _Vintimille6

Ventimiglia _Vintimille7

Ventimiglia _Vintimille8

This is one of my simple beliefs. If a town has a good market for locals, it’s a nice place to live. Especially, if its fish merchants and butchers treat items cleanly, that place is deserving of living. Seen in that light, Ventimiglia was worth enough to stay for a lengthy period. Someday, I want to rent a studio there and use it as a base for French and Italian Riviera sightseeing.
極めて単純な考えですが、地元民向けの良いマルシェがある街は住みよい街だと思います。特に、魚屋と肉屋が商品を綺麗に扱っていれば、そこは住むに値する。その観点からは、ヴァンティミリアは長く滞在する価値のある街だと言えます。いつの日かここに小さな部屋を借りて、フランス側、イタリア側のリビエラ観光の拠点にしたいな、と思いました。

Ventimiglia _Vintimille9 Ventimiglia _Vintimille10

We planned to visit an inland village in the afternoon, so we didn’t have time to walking around the old town and seaside. We just had lunch a café near the market and left the town.
午後は内陸部の村に行く予定だったので、旧市街や海岸を散歩する時間はありませんでした。マルシェ近くのカフェでランチを食べ、ヴァンティミリアとはお別れ。

Too see the electric cables, I felt that I was in Italy.
こういう電線を見ると、ああイタリアに居るのだな、と思います。

Ventimiglia _Vintimille11

Ventimiglia _Vintimille12

By the way, there was a happening of a sort on the way to Ventimiglia from Nice. The door leading to the operator's seat of the train suddenly opened, and then, I was absolutely amazed at the young operator who took responsibility for the train. In Japan, an operator always wears a uniform and work diligently, and we can see that from a glass window. But, the boy who wearing shorts and a T-shirt stood up and came to shut the door at the next station seemed to be a collage boy spending his summer vacation. I imagined if he were asked by his father (a real operator who caught a cold) to operate that train in place of the father and told that he didn’t have to worry about to be lose his way.
そう言えば、ヴァンティミリアに行く途中にちょっとしたハプニングがありました。運転席のドアが突然開き、私は若い運転士の姿に度肝を抜かれました。日本では、運転士は制服を着用し生真面目に働いて、その姿をガラス越しに見られます(私用電話でもしようものなら即刻ツィートされますねぇ)。しかし、次の駅でドアを閉めに席を立ったTシャツと短パン姿のこの若い兄ちゃんは、まるで夏休み中の大学生のよう。本来の運転手であった風邪をひいたお父さんに、「俺の代わりに運転してこいや。道に迷う心配はないから」と頼まれた単なる素人のように見えたのです。

Posted by Kinakinw | 23:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

22 2013

Monaco, the Town of Set Decoration

Monaco1

No one can tell all about a town only with few hours of stay. But, if you have traveled from place to place for many years, sometimes, you might feel if you get along well with a town or not at once. I knew by that intuition I had little reasons to like the small country of 2,020,000 square meters.
たった数時間の滞在で、その街の全てがわかるはずもありません。でも、長いことあちこち旅をしていると、時にはその街に着いた途端、自分と合うか合わないかがわかるかも知れません。そのような直観で、私がこの小国を好きになる理由はあまりないな、と感じました。その面積約2万キロ平方メートルは、西湖より狭い。

Firstly, the country gave me a cooped-up feeling. The relatively-new tall buildings were concentrated, and the streets were all narrow. High-rise luxury apartments were being built here and there. The apartments were built on the roads, I mean, on a tunnel roofs (those apartments might be cheaper than the others). Additionally, the port was jammed with boats.
まず、この国はとても閉塞感がある。比較的新しい高層の建物が密集していて、道が狭い。現在でもあちこちで高層億ションがまさに建設中。道路の上にまでアパートが建てられていました。トンネル状の道路の上に、という意味です。もしかすると他の物件に比べて家賃は安いのかも知れません。加えて、港にはボートやヨットがびっしり。モナコには空がない。そして海もない…。

Secondly, things demonstrating Monaco-style gorgeous cast a chill over me. For example, I found it pathetic and sad that the scene of fancy cars in front of Casino, tourists cluster around the cars, and the nasty-nice door men of Casino looking the people dryly.
次に、モナコ的ゴーシャスを表す事物に興ざめしてしまった。例えば、カジノの前に並ぶ高級車、それに集まる観光客、そしてそんな観光客を冷ややかに眺める慇懃無礼なカジノのドアマン。何とももの悲しさを誘う光景でした。

Monaco2

“Gorgeous” was stereotypical and bling-bling style of incomers. It seemed to me that some people swarming around Monaco are more likely to embody typical celebrity-like life to flash around than those who living the other high status housing villages. For them, visitors looking on them with envy are another important merit to live there in addition to a tax break. So, “Gorgeous” must be easy-to-follow: common luxury cars, brands, social lives, and social eminences.
モナコ的”ゴージャス”とは、移住して来た人々によるこれ見よがしのベタなお金持ちスタイル。モナコに群がる人の一部は、他の高級住宅地となった村を選ぶ人に比べ、人に見せつけるために誰もが想像するセレブ生活を体現する傾向が強いと思います。そういう人達にとっては、税金制度に加えて、彼らに羨望の視線をおくる訪問者がいることもモナコに住むメリットなのでしょう。だから”ゴージャス”は誰にでもわかるものでないといけない。舞台の書き割りのような街に、わかりやすい高級車、高級ブランド、それっぽい社交場面、そして社会的地位。

Actually, I expected that “gorgeous” and thought I could enjoy the absurdity of it. However, in reality, I couldn’t do that by the thought of that Monaco that was on the threshold of bankruptcy has been increasingly prosperous by both sides of people.
実のところ、それこそがモナコ的ゴージャスなのだとわかった上で、そのバカバカしさを楽しもうと思っていたのでした。でも実際は、かつては倒産の危機にあったこの国は、両方の立場の人々を飲み込んでますます栄えているのだ、と思うと楽しめませんでした。友人と、せめて私達はここにお金を落とすのを止めようね、と可愛い抵抗をしたのでした(笑)。まぁ麻布でも似たようなことはありますが、私らと違ってモナコ国民は流入者のおかげで豊かに暮らせるのだから、毎度ありがとうって感じで彼等を大らかに見ているんだろうな。

Anyway, we came back to Monaco from Roquebrune only to go to the open-air summer concert at the main courtyard of the Palace by Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo. Though the palace was compact and looked like a museum or college library, the concert was pretty nice. I enjoyed not only music but also observing people.
ともかくも、ロクブリュヌからモナコに戻ったのは、その晩宮殿の中庭で行われた、モンテカルロ・フィルによる野外コンサートに行くため。宮殿は思いのほか小さく、ちょっとした博物館か大学の図書館といった風情でしたが、コンサート自体は楽しかったです。音楽だけでなく、人間観察も楽しみました。

Monaco3

Monaco4 Monaco5
Getting disappointed with the town, I didn’t take many pictures. Sorry for the all out of focus ones.
モナコでは気分が盛り上がらなかったため、ろくな写真がありません。ピンボケばかりで失礼します。


I was planning to catch a No. 100’s night bus for the return trip. The staff at the tourist office we stopped by in the morning said it was available on Sunday, but it wasn’t. We were told that from a driver of Monaco bus when we waiting at the bus stop. He suggested us to get a train, but I knew it was already late for the last one. We couldn’t be helped so, after having drinks at a café in front of the bus stop, we asked a waiter to call a taxi.
コンサート後は、100番の深夜バスで戻ろうと思っていました。午前中に立ち寄ったモナコの観光案内所で確認したところ、その日(日曜日)も深夜バスが走っているということでしたが、実際は違いました。バス停で待っていると、モナコバスのドライバーから「もうバスはないから駅へ行って電車でニースに帰りなさい」と言われました。でも既に終電には間に合わない時間(バスを当てにしなければ、余裕で間に合ったはず)。しかたがないので目の前のカフェでお茶をして、ウェイターにタクシーを呼んでもらいました。

Bad luck often brings good luck.
Fortunately for us, the good quality female taxi driver saved our night. She drove her car, in which classical music was played, in a gentle manner, and we enjoyed night views along the cost in nice and cozy space on the way our hotel.
しかし、災い転じて福となす。
幸運なことに、品の良い女性タクシードライバーのおかげで、良い一日の締めくくりになりました。クラッシック音楽が流れる車内。彼女の丁寧な運転で、快適で心地よい空間から道中の海岸線の夜景を楽しめました。

Posted by Kinakinw | 22:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

20 2013

Getting Roquebrune-Cap-Martin from Monaco

Roquebrune1

There are many fascinating towns and villages in Cote d'Azur, so one might be unable to make a quick decision about where to go within a limited amount of time.
コートダジュールには魅力的な村がたくさんあるので、限られたスケジュールの中でどこに行こうか皆さん頭を悩ませているのではないでしょうか。

This time I chose untouristy Roquebrune in preference to Eze that abounds in visitors. In common with Eze, Roquebrune is so-called a village of eagle's (vulture's) nest located in a steep hill facing the sea. However, it doesn’t have better access by public transportation compared to the other one. There are three ways: 1. Climbing a long steep hill for more than 30 half-hour from Cap-Martin-Roquebrune Station (SNCF), 2. Using a bus No. 100 (you can cut in at the middle of the hill), 3. Taking a Zest Bus (Menton city bus) No.21 that takes you to the village on the hill top.
今回は、人で溢れかえるエズをパスして、のどかなロクブリュヌ・カップ・マルタンに行きました。エズと同様、ロクブリュヌは海沿いの丘(というか山)の上に位置する鷹巣(鷲巣)村です。でもエズより公共交通機関でのアクセスが悪い。主な行き方は3通り。(1)海っぺりにあるフランス国鉄のCap-Martin-Roquebrune駅から延々30分以上山を登る。(2)ニースとマントンを結ぶ100番のバスで途中下車し、坂道を多少ショートカットして登る。(3) 山の頂上の村まで、Zest(マントン市バス)21番に乗って行く。

I took the Menton city bus, not from Menton, but from Monaco. The bus No. 21 (former 113) runs between Menton- Gare Routiere and Monaco- Place de la Cremaillere. Place de la Cremaillere, a starting station from Monaco was just beside of “Cremaillere” Station of Monaco bus. We could easily find the place by walking up stairs in front of the tourist office near Casino. However at first, we couldn’t find out where the bus stop was because there was no bus stop sign, and that run us ragged for a while.
私達は21番のバスに乗りました。でもマントンからではなくモナコから。この行き方はネット上で(少なくとも日本語では)目にしなかったので、ここでまとめておきます。
Zestの21番(以前の113番)は、マントンのGare RoutiereからモナコのPlace de la Cremaillereを往復しているコミュニティバスのような小型バスです。終点であり、モナコからの始発でもある停留所Place de la Cremaillereは、モナコバスの“Cremaillere”というバス停のすぐ脇にあります。カジノ近くの観光案内所正面の階段を上がってすぐのところです。ところが、“Cremaillere”のバス停はすぐに見つかったものの、21番のバス停が見当たえらず、しばらく右往左往してしまいました。道行く人に聞いても誰も21番バスを知りません。でも、私達がいる場所は確かにCremaillere広場。???

Roquebrune2

There wasn’t the bus stop sign. Instead, there was a little parking space beside the station of Monaco’s bus, and the bus No. 21 parked there when reaching from Menton. From next bus stop, there were signs. Some bus stops and a bus route map still said No. 113, but don’t worry. It means bus No. 21.
結論を言えば、始発地点にバス停(の表示物)はなく、その代り、“Cremaillere”バス停の脇の辺りにちょっとした駐車スペースがあり、マントンから着いた21番バスはそこに待機します。マントン方面への次の停留所からはちゃんとバス停がありました。バス停によってはまだ旧113番表示のままのところもありました。また、バスのルートマップにも113番のまま表示されている場合もありますが、ご心配なく。そのルートで21番が走っています。

http://www.zestbus.fr/Pratique/Lignes-et-horaires
Time Tables for Zest Bus (Menton city bus)
マントン市バスの時刻表。21番バスをクリックして下さい。


Roquebrune3 Roquebrune4
We paid 1.5 euros for each to the driver, and the bus took us to the village situated on the hill. It went out from Monaco only after few stops and then run on a tranquil road.
一人1.5ユーロを支払い、無事乗車。これで歩かずに山の上の村に行けます。停留所数個でバスはモナコから出て、のどかな道を走ります。


Don’t even try to ask about bus No. 21 at the tourist office. They know nothing about the one run by Menton city. I can bet that they just repeat “take the bus No. 100”. For that matter, you shouldn't place much reliance on what they say about bus schedule except Monaco bus.
モナコの観光案内所でこのマントン市バスについて聞いても無駄です。彼らは何も知りません。賭けてもいいですが、「100番に乗れ」と繰り返されるだけ。加えて、モナコバス以外のバスのスケジュールについても、彼らの言うことはあまり当てにしない方がいいと思います。

Roquebrune5 Roquebrune6

Getting off the bus at Le Lavoir in front of the village square (you can see it in the photo), we headed to Hotel Les Deux Freres where I reserved a table for lunch. The village festival would be held on the next day, so there were many locals preparing for it (maybe, it was lunch time).
村の広場前、Le Lavoirというバス停(写真に小さく写っています。城跡に行くのも最寄り)で降り、ランチの予約をしたHotel Les Deux Freresに向かいます。私たちが訪れた日の翌日に村祭り(大勢の村人がキリストの受難劇を演じながら村を練り歩く)があり、広場には準備のため人が集まっていました。ちょうどランチタイムかな。


The Restaurant at Hotel Les Deux Freres

Roquebrune7

What a view!
素晴らしい眺め!
日本人旅行者の間で有名な、合気道2段、日本滞在経験のあるオーナーの方が「コンニチハ!」と迎えてくれました。気取ったどこかのレストランより良いと思うなぁ。

Roquebrune8

Roquebrune9 Roquebrune10

If you go to the restaurant, it’s better to reserve a table, especially on the weekend.
いらっしゃる際は予約をお忘れなく。特に週末は満席になります。


Château de Roquebrune-Cap-Martin

Roquebrune11

Roquebrune12 Roquebrune13

Château is located at the top of the village, and you can’t miss it. From a square next to the restaurant, we could see it.
お城は村の一番上にあり、迷うことなく行けると思います。レストラン横の広場からも良く見えました。

As people who visited there say, you can get sensational views including the opening photo’s one from the chateau.
ここを訪れた方が皆さんおっしゃる通り、眺望抜群です。冒頭の写真もお城から撮りました。

Roquebrune14

Roquebrune15

Roquebrune16

Roquebrune17 Roquebrune18


Going back to Monaco

Leaving the chateau, we went through the village into the bus No. 100’s route. Don’t forget to get a map of the village at a ticket counter of the chateau.
お城を後にし、村を通って100番のバスが通る道へと下ります。お城で村の地図をもらっておくと良いでしょう。

Roquebrune19

Roquebrune20 Roquebrune21
The first wide street wasn’t that route, so we continued to go down along a pathway.
最初に出る広い道は100番のバス通りではありませんので、小道をさらに下ります。


Roquebrune22

Roquebrune23

The second wide street was the bus route, and we found the bus stop near a gas station and went back to Monaco.
二本目の広い道路がバス通り。ガソリンスタンドの近くにバス停を見つけ、モナコへ帰りました。

Posted by Kinakinw | 20:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

18 2013

Villefranche-sur-Mer

Villefranche1

The beautiful resort town, Villefranche-sur-Mer, located in about 6 kilometers east of Nice is within a short bus ride from Nice. Taking a bus 100 or 81 from Segurane and getting off it at Octori, it’s a gateway to the village. The bus station is in front of an upland park where a tourist information office stands. Get a map of village at the office and go for a stroll!
美しい保養地ヴィルフランシュ・シュル・メールは、ニースの東6km、バスで10~15分程の距離に位置しています。バス停Seguraneから100番か81番のバスに乗り、Octoriというバス停で降りると、この村の玄関口です。バス停は小高い場所にある公園の前で、この公園の一角に観光案内所があります。そこで村の地図をもらって、散策を始めましょう!

Villefranche2

Villefranche2_2
The bus from Nice runs along the picturesque route. Since we took a bus 81 without an indication and announcement of bus stops, I couldn’t take a picture on the way due to paying attention to our actual location. The photo was taken on the way back.
ニースからのバスは景勝ルートを走ります。行きは、バス停表示やアナウンスのない81番のバスに乗ったので、現在位置の把握に必死で写真を撮るゆとりなし。この写真は帰りのバスから。


The village that had multiple aspects was interesting. Basically, it seemed to be a peaceful port village. There was a calm sand beach which was rare for the area and appealed to families. The old town was nicely small, and the village had the common touch. There weren’t many hotels.
この村は多面的で面白かったです。基本的には、のどかな港町に思えます。この地域には珍しい、家族連れに人気の波の穏やかな砂浜があります。旧市街は程よく小さく、村は庶民的な雰囲気でした。ホテルも多くはありません。

Villefranche3
The general store near the bus stop where we bought bottles of mineral water just looked like one in a small seaside village in Japan.
バス停近く、私達が水を買った村の雑貨店。ここは伊豆です、と言っても違和感はありません。こういう、海沿いの村の万国共通のありふれた風景にとても魅力を感じます。人間が住む所、基本は同じなのです。


Villefranche4

Villefranche5

Villefranche6

Villefranche7

However, there were many nice restaurants and café near the port and also in the old town, which seemed too many for visitors. There were many souvenir shops, too.
そういう村の雰囲気に反して、港周辺にはとても多くのおしゃれなレストランやカフェが立ち並んでいます。これは客数に対して多すぎるのではないか?と思いました。土産物屋も多くありました。

Villefranche8

Villefranche9

Villefranche10

Villefranche11 Villefranche12

Now I know this is because that the deep-water port is one of main anchorage sites of cruise ship3 in Mediterranean region. From 1948 to 1966, it was the home port of US Sixth Fleet. Well, I remember I saw many excursion ships at the port, so maybe, there are more day-trippers from the sea including private boats and yachts.
今ではその理由がわかります。ここは水深の深い天然港で、地中海沿岸地域の中でも指折りの大型客船の寄港地だそうです。1948年から1966年まではアメリカの第6艦隊の母港でもあったようです。そう言われてみれば、観光船も多く発着していました。個人のクルーザーやヨットを含め、この村は海からの来訪者の方が多いのだろうと思います。

Cocteau Chapel コクトーの礼拝堂

Villefranche13

My main purpose of the visiting was the chapel with murals painted by Jean Cocteau. The chapel was originally built in the 14th Century, but then it was used as a store for fishermen’s nets for many years until Cocteau decided to paint murals in 1957. He stayed at the Welcome Hotel in front of the chapel during his work.
ここを訪れた目的は、コクトーが壁画を手掛けた礼拝堂です。この礼拝堂は元々14世紀に作られたのですが、その後1957年にコクトーが壁画を描くまで、漁網の倉庫になっていたということです。コクトーは壁画制作中、この礼拝堂の向かいのWelcome Hotelに宿泊していたそうです。

Villefranche14 Villefranche15(168)

Villefranche16

I've always dreamed of going to Cocteau Chapel, but to tell the truth, it was the one in Fréjus which was his last work. When I visit Cote d'Azur again, I’ll certainly go to see it.
長いことコクトーの礼拝堂には行ってみたかった。でも実を言えば、本当に行きたかったのはフレジュスにある礼拝堂。コクトーの最後の仕事と言われています。次回コートダジュールに行く時は、是非そちらにも行ってみようと思います。

Villefranche17
We took a breather over cold beer.
ビールを飲んで一休み。


I heard that many repeaters choose this village for staying instead of crowded Nice. Given the attractiveness of the village, I think it’s a good idea.
多くのリピーターが、ごみごみしたニースを避けてここに滞在するそうですが、この村の魅力を考えれば納得です。

At last, here is real estate information.
A 110 -square-meter apartment with a view of the ocean on the hill in Villefranche costs 600,000 euros. That is almost double the price comparing with the one in upmarket seaside resort in Japan.
最後に不動産情報を。
高台にある、海を見下ろす110平方メートルのヴィルフランシュのアパートが7800万円(1ユーロ130円として)。葉山の相場の倍位でしょうか。これはさすが、世界のリゾートの面目躍如。

Villefranche18 Villefranche19

Posted by Kinakinw | 22:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

17 2013

Bon Jour, Cote d'Azur

nice1_1

Visiting Cote d'Azur was latter half of our trip to the south of France follow upon the last year’s one to Provence. We wanted to visit Mediterranean region last year but abandoned that because we didn’t have enough time.
コートダジュール訪問は、昨年のプロバンス旅行に続く南仏への旅の後半戦でした。本当は地中海沿岸地域も去年一緒に回りたかったのですが、日数の関係で諦めました。

nice1_2
We got to Nice with one of European famous LCCs, EasyJet, from Berlin.
ヨーロッパの有名LCCの一つのイージージェットでニース入り。


It was my second visit to Nice. In my mid-twenties, I took a train trip around Italy and Spain for a month with my friend using Eurail Youth Pass. We just spent couple of nights (at a hotel front of Nice Ville) in the staging post for going a coin-operated laundry and getting rest since I wasn’t interested in this expensive resort area.
ニースは二度目。二十代の中頃、友人と二人でユーロレールユースパスを使い、イタリアとスペインを一か月かけて列車で旅行しました。当時は滞在費の高いこの辺りのリゾートには興味がなかったため、中継基地として駅前のホテルに二泊し、コインランドリーで洗濯して体を休めただけでした。

At initial visit, Nice didn’t leave much positive impression. I thought Promenade des Anglais imitating southern islands, the stony beach, theatrical hotels, and restaurants for tourists were out-of-date even at that time. I had no idea why many people yearned for the resort. So, this time, I chose the city as a convenient base camp for sightseeing surrounding villages and was hardly looking for the city per se.
その際、ニースには大していい印象は持ちませんでした。プロムナード・デ・ザングレには行きましたが、南国を模した通り、石だらけのビーチ、何とも大仰なホテル、観光客向けのレストランといった全てが、当時でも時代遅れに感じました。何で世界中の人がここに憧れるのか不思議で、「熱海はこの街を手本にするべきじゃないだろう」と思ったものです(笑)。だから今回も、周辺の村を回るのに便利だから、という理由で滞在先に選んだだけで、街自体にはあまり期待していませんでした。

I regretted that I didn’t visit the old part of Nice in the first visit. If I had visited there, I would be bake earlier!
なんであの時、旧市街まで足を延ばさなかったのかなぁ。そうすればもっと早く再訪していたのに!


The old part of Nice 旧市街

nice1_3

Come to think of it, Nice is old and historical city locals live for generations. Promenade des Anglais and its surroundings are just little parts of it.
考えてみれば、ニースは歴史ある街で、代々人々が暮らしているのです。プロムナード・デ・ザングレ地区なんてそのほんの一部に過ぎないのです。

nice1_4

nice1_5 nice1_6

The old town was also a tourist spot, but in the area I felt energy of the city and lives of the people.
旧市街も観光エリアではありますが、街の活気や人々の暮らしが感じられます。

nice1_7

nice1_8

nice1_9


Parc de la Colline du Chateau ニース城址公園

nice1_10

The Castle Hill where not much is left of the Chateau itself is now a recreation area and an elevated spot with sweeping views of Nice. You can walk to the top of the hill, but there is a free elevator.
ここにはお城の痕跡はあまり残っていません。今は公園になっていて、高台からニースの素晴らしい景色が楽しめます。歩いても登れますが、無料のエレベーターがあるので是非ご利用下さい。

nice1_11 nice1_12

nice1_13
Spring water came out there, and it was a little bit cooler than in the level ground.
湧水も出ていて、地上より少し涼しかったです。


If you want to take a photo, I recommend you to go there not later than early afternoon. We got there in the evening, so I had to take a picture against the sun. Anyway, we could see the incredible views of Nice!
綺麗な写真を撮りたいのなら、午後早い時間までに来るといいと思います。私達が着いたのは夕方で、ニースの街方向は強烈な逆光で写すはめになりました。いずれにしろ、眺めは最高です。

nice1_14


Hotel Helvetique ホテル エルブティーク

After visiting Germany where I had little to complain about people in hospitality industry, I got rough deals here from the minute I arrived Nice. First thing was a toilet attendant in a lackadaisical attitude at the airport who ignored people waiting in line and splashed water on the floor. Though there were many toilet rolls in storage, she left the empty holders. Then, a taxi driver took the long way using a highway. Damn, damn, damn! Since I was in the country of the honest up until few hours ago, I forgot to direct the route. When one uses taxi abroad as a tourist, it frequently happens, but in recent years, at many airports in US, taxi fares are set by destinations. I strongly want Nice airport to MODERNIZE its demode taxi system (I e-mailed about that to the airport).
ちょっと長い愚痴になります。サービス業従事者に対して何の不満もなかったドイツ滞在の後、ニースに着いた瞬間からひどい仕打ちが待っていました。まず、空港のトイレ。やる気のなさそうな清掃員が、長い列を作っている利用者を無視して床に水をぶちまけていました。ストックヤードにトイレットペーパーがあるのに、紙が切れたまま。「私の手順よ」と言わんばかりで、先に紙を補充するつもりはないようでした。人が使おうとしているのだから、まず紙だろう?次に、タクシーにまんまと遠回りされました。つい数時間前まで正直者の国にいたため、うっかり道を指示するのを忘れてしまい、車は市街地を大きく迂回する高速道路へ。海外で旅行者としてタクシーに乗ると起こりがちではありますが、アメリカですら、最近は、少なくとも空港からのタクシーは目的地ごとに料金が予め決められていることが多くなりました。ニース空港にもタクシーシステムの“近代化”を強く望みます(最近海外でも遠回りタクシーにはその場で文句を言ってルートを変更させるのですが、これをやるとその後怒りを鎮めるのに小一時間かかるのですよ。今回は到着後すぐ観光に繰り出す予定だったので大人しくしていました。運転手チェックもし忘れたので、タクシーシステムの改善を促す趣旨の苦情メールを空港宛に送っておきました)。

nice1_15 nice1_16

All told, I felt relieved when I welcomed by friendly staff at the hotel. Completely different from Westin Berlin, I chose the economy hotel that had the good access to transportation. Though it had drawbacks to water supply systems that are common to this kind of hotels, front desk clerks were kind and worked smart (French, Italian, and English are available). It was a pleasant stay, at least, without psychological stresses.
そんなこんなで、このホテルのスタッフに暖かく迎え入れられ、ほっとしました。ベルリンのウエスティンと打って変わって、ニースでは交通の便の良いエコノミーホテルに宿泊。この手のホテルにありがちな通り、水回りに難点がありましたが、フロント係(フランス語、イタリア語、英語対応可)が皆親切できびきび働いてくれて、少なくとも精神的なストレスは一切感じず快適に過ごせました。

Hello again, Promenade des Anglais プロムナード・デ・ザングレ

nice1_17

We stopped by this area for a while on the previous day of departure. If I had taken a walk along the street early in the morning, I would have enjoyed the spot a little bit.
帰国前日にちょっとだけ立ち寄りました。この辺りは、早朝に散歩するのが一番楽しめるのだろうなと思いました。印象は大して変わらず。

Posted by Kinakinw | 00:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

15 2013

Concert at Berliner Dom

Berliner Dom1

To be honest, I wanted to go to a classical concert like Berlin Philharmonic that was in the off-season at that time. I couldn’t find any notable one during our stay, so I had an eye on a pipe organ concert held at Berlin Cathedral near the hotel though I wasn’t one for pipe organ music (I went to a pipe organ concert in my childhood and was bored to death).
正直に言うと、ベルリンフィルなんかのクラッシックが聞きたかったのです。でも残念ながらシーズンオフ。滞在中に目ぼしいコンサートもなかったので、ホテルに近いベルリン大聖堂でのパイプオルガンコンサートに目を付けました。でも実はパイプオルガンにはいい思い出がありません。子供の頃NHKホールにパイプオルガンを聴きに連れて行かれ、死ぬほど退屈でした。

I didn’t buy tickets on line in advance in consideration for the case something would prevent us from going to it. Instead, we stopped by the cathedral during daytime of the concert day and got them at the ticket counter (I think the tickets can hardly be all sold out). Well, considering an entrance fee was 5 euros, the ticket price, 10 euros was tolerable.
行けない場合も考え、事前にチケットは入手しませんでした。満席になることはまず考えられません。コンサート当日の昼間、大聖堂に寄って無事チケットを買いました(通常の入場券売り場で買えます)。見学だけで5ユーロかかると考えれば、10ユーロのチケット代は悪くないと思います。

Berliner Dom2

Berliner Dom3

All seats were unreserved, so we followed presumed local repeaters and grabbed chairs in opposite end of the organ. For me, time that elapses before the concert was the main event for enjoying the atmosphere of the cathedral in a sense.
全て自由席なので、地元のリピーターと思われる人々に倣ってオルガンを正面に見る壁面に席を確保。ある意味、私にとっては開演までのひと時、大聖堂の雰囲気を楽しむのがメインの目的でした。

I realized that no matter how the venue was traditional, the organ was valuable, and the player was great, I just couldn’t fond of that sound. After listening it for 40 minutes, we applauded two times for the second time and left the cathedral inconspicuously.
今回良くわかりました。どんなに歴史的価値のある会場であろうが、素晴らしいパイプオルガンであろうが、弾き手が優秀であろうが、やはり苦手なものは苦手。開演から40分経ち、二度目の拍手をしたところで、目立たないように席を立ちました。

Berliner Dom4

When we waited for a bus on the way back, there was the sound of a roar from the roof of a building across the street.
帰りにバスを待っていると、向かいのビルから歓声が上がりました。

Berliner Dom5

Berliner Dom6

Posted by Kinakinw | 12:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

13 2013

This or That in Burning Berlin Vol. 2

Berlin2_1

Though River Spree might be less symbolic for the city than the Thames for London and la Seine for Paris, the riverside seemed to be scenic not far behind from them. Unfortunately, I found that a course between the city center and Schloss Charlottenburg down the River Spree, which runs roughly east to west across the city, was available only after arriving in Berlin. If time permitted, we could take it at least one way and visit the palace.
シュプレー川は、パリのセーヌ川やロンドンのテムズ川ほどはベルリンにとって象徴的ではないかも知れませんが、河岸の景色は負けず劣らず美しいようです。残念ながら、市中心部からシャルロッテンブルク宮殿までのリバークルーズがあるのを知ったのはあちらに着いてから。時間があれば片道でも乗って宮殿に行ってみたかった。


Walking in Former West Berlin 旧西ベルリン散歩

Brandenburg Gate ブランデンブルク門

Berlin2_2

Berlin2_3

Brandenburg Gate that once divided west from east was located within walking distance of our hotel that was in former East Berlin.
かつて東西を分けていたブランデンブルク門。旧東ドイツ地区にあるホテルから徒歩圏でした。

Berlin2_4

Tasting German Cuisine ドイツ料理に挑戦

Berlin2_5

Berlin2_6 Berlin2_7

I think I ordered typical foods: cooked pork, a potato ball, and sauerkraut. They were ok, but ….
代表的なドイツ料理を頼んだのだと思います。この豚肉の煮込み、ジャガイモ団子、ザワークラウトは…う~ん。

Trying Again and Bingo! 二度目の挑戦で当たり!

Berlin2_8

Berlin2_10 Berlin2_9

We finally found Weisswurst (white sausages) at a restaurant in Sony Center. It tasted great.
ソニーセンターにあるレストランにで、念願の白ソーセージを食す。淡白で美味しかったです。

Berlin2_11


Moment of Reflection 黙祷

Berlin2_12

Denkmal für die ermordeten Juden Europas
ホロコースト記念碑

The Bauhaus Archive バウハウス資料館

Berlin2_13

Berlin2_14

Bauhaus (1919-1933) was the school of architecture, design, and art founded in Weimar (then, moved to Dessau in 1925). I have recognized the school and its movements as being the greatest contributor to development of industrial methods of modernism. I felt attracted to the idea of Bauhaus as a teenager. It’s maybe pompous way of saying, but by grace of it, I, a common person, could get a wassily chair designed by Marcel Lajos Breuer who was a master in the school (keep this a secret. I don’t usually use it because it’s hard to sit on it long).
バウハウス(1919-1933)はヴァイマルに創設された(後にデッサウに移転)建築、デザイン、芸術を総合的に教える学校。この学校とその活動は、モダニズムの工業化の最大の功労者だと思います。若いころからその哲学に共感していました。大げさな言い方ですが、バウハウスのおかげで、私のような庶民もかつてこの学校で教鞭を取ったマルセル・ブロイヤーデザインのワシリー・チェアを手にできたのです(長時間座るのが辛く、普段使っていないことは秘密)。

I didn’t know that the school had some connection to Berlin, but it was in the city for a year before it was closed.
この街との関係はピントことなかったのですが、閉鎖される前の一年間はバウハウスはベルリンにあったのですね。

Berlin2_15

The Bauhaus Archive was relatively small, but detailed voice guidance was available for free, so we spent nearly two hours there.
規模自体は小さいのですが、詳細な説明が聞ける無料の音声ガイド(日本語あり)があり、ここで二時間近く過ごしました。興味のある方にはオススメです。

Berlin2_16

Posted by Kinakinw | 20:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

11 2013

This or That in Burning Berlin Vol. 1

Berlin1_1

The visiting Berlin wasn’t my choice. I mean, a conference I attend annually was held in the German city this year. So, until I opened a guidebook, I had very limited knowledge of the city: the dismembered city, the enclave of West Germany, Berlin Wall and so on.
ベルリンを訪問したのは自分の意志ではなく、毎年参加する催し物がたまたま今年ここで開かれたから。だからガイドブックを開くまで、この街の知識はほとんどありませんでした。分断された都市、西ドイツの飛び地、ベルリンの壁、という位でしょうか。

Much the same was true on summer temperatures in Berlin. I expected it should be cool in the city that was located on the same latitude as Wakkanai (a city in the northern part of Japan), but actually, it was very, very hot though it was low humidity. The sun was so strong, and the feels like temperature was more than 35 (95 degrees F) in a sunny place.
夏の気温についても同様で、稚内と同じ緯度なのだから涼しいに違いないと思っていたのですが、湿度は低いものの実際はとてもとても暑かった。日差しが強烈で、日向にいると体感気温は35度以上という感じでした。

Putting that aside, I liked the city that stays organized. Curious to say, I could learn my way around town easily in Berlin: U-Bahn, S-Bahn and the bus routes are reasonable. Additionally, it was helpful that many people were honest and steady and speak English.
それはともかく、この街は大変気に入りました。不思議なもので、すぐに街の様子がつかめて動きやすかった。地下鉄や鉄道、バスルートが効率的に配置されていました。加えて、人々が実直で英語を話すことも私にはありがたかったです。

I made use of the free time and did sightseeing.
時間を見つけて積極的に観光しました。


Lodging 宿泊

Berlin1_2

Berlin1_3 Berlin1_4

Westin Grand was just a little way from the venue and conveniently situated for tourists. Though a station of U-Bahn was also in front of the hotel, we mainly take buses running throughout the city. Because of the strong Euro, we avoided over-priced coffee at the hotel and made use of a kiosk at the station as a take-out coffee shop (:D).
ベルリンのウエスティンは会場から近く、交通至便で観光にも最適な場所にありました。地下鉄の駅も目の前なのですが、私たちは主に市内をくまなく走るバスを利用していました。ユーロ高のためさらに割高になっているホテルのコーヒーは頼まず、この駅のキオスクでコーヒーをテイクアウトしていました(笑)。

Berlin1_5


The City, Under Construction どこもかしこも工事中

Berlin1_6

Berlin1_7 Berlin1_8

U-Bahn and buildings…. After 23 years from German reunification, all I saw in Berlin were still under constructions.
ドイツ再統一から23年、地下鉄や建物などベルリンはまだまだ工事中。


Walking in Former East Berlin 旧東ベルリン散歩

Berlin Wall ベルリンの壁

Berlin1_9

Berlin1_10 Berlin1_11

We visited the East Side Gallery, an international memorial for freedom. The point where I realized the true nature of the wall wasn’t there. It was the abandoned walls on the way to the airport on the day of our departure, but I couldn’t take a picture. In contrast to this sightseeing spot, even now I could observe the differences in streetscape across the decayed walls.
一部残されたベルリンの壁に世界中のアーティストが東西ドイツの分裂などへの思いを描いたイーストギャラリーに行きました。壁がどんなものだったのかを実感できたのはここではなく、ベルリンを去る日に空港に行くタクシーから見た、単に放置された壁。残念ながら写真はありません。この観光スポットとは異なり、朽ち果てた壁を境に今でも街並みが異なるのがわかりました。

Hackesher Markt ハッケシャー・マルクト駅

Berlin1_12

Feeling thirsty, we burst into a café under the elevated of Hackesher Markt station. I enjoyed first German beer listening to the lady singing.
喉がカラカラで飛び込んだハッケシャー・マルクト駅の高架下にあるカフェ。この店の前で歌っていた女性の歌を聴きながら今回初のドイツビールを堪能しました。

Berlin1_13

Berlin1_14

Urban Redevelopment Project 再開発プロジェクト

Berlin1_15

We took a walk around Mitte area from Hackesher Markt station. The apartment buildings connected by courtyards and corridors in former East Berlin were used as a shopping town. A lot of budding designers set shops on the first floors of the buildings. While the products might not be highbrow fashion, the place was enjoyable to walking through.
ハッケシャー・マルクト駅からミッテ周辺を散策しました。中庭や回廊でつながった旧東ベルリンのアパート群が、ショッピング街として利用されていました。商品は最先端モードとは言えませんが、歩いていてとても楽しいところでした。

Berlin1_17 Berlin1_18

Berlin1_19

Berlin1_20

Berlin1_16

Posted by Kinakinw | 23:23 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

«prev | next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。