Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

25 2013

Firefly Watching

Chinzan-so 1

I went to Chinzan-so in Mejiro (Toshima Ward) last weekend to have dinner with relatives. Chinzan-so (literally means Camellia Mountain Lodge) called a real urban oasis is a complex consisting of wedding facilities, a hotel & spa, and twelve restaurants famous for its historic Japanese garden of approximately 17 acres.
先週末は目白にある椿山荘に親戚と食事に行きました。20坪の見事な庭園、結婚式場、ホテル、レストランなどからなる椿山荘は正に都会のオアシス。

Chinzan-so 6
According to its HP, the hill where it’s located was originally called Tsubaki-yama (mountain of camellias) because of its picturesque vistas of blossoming camellias. Chinzan-so itself has a long history. In 1878, Mr. Aritomo Yamagata (the former Prime Minister of Japan) bought the land to build his home and garden, and named it Chinzan-so.
ホームページによると、椿山荘一帯はかつて椿が美しく咲き誇り、椿山と呼ばれたそうです。1878年に山縣有朋が邸宅を構え、椿山荘と名付けられたそうです。


The complex has been holding buffet dinner called “Firefly Night” at this time of the year since the 1960s. The dinner start at 19:00, and after that customers walk across the garden and enjoy watching fireflies. In past days, Chinzan-so released fireflies they had caught (they were exposed to criticism, of course) in the garden, but in recent years, they raise the insects on site.
椿山荘は毎年この時期「ほたるの夕べ」と銘打ったビュッフェを開催しています。蛍鑑賞イベントを1960年代から開催している老舗です。ディナーは19:00から始まり、その後にお客さんは庭を散策して蛍狩りを楽しみます。以前は捕獲してきた蛍を庭に放していて自然保護団体から目の敵にされていましたが、庭園を舞うのは今では椿山荘が園内で養殖した自前の蛍です。

Chinzan-so 3
Though I’m less fond of buffet, because I was there, I made good cheer at the all-you-can-eat-and-drink dinner. Including this largest banquet room, the same style buffets were hold in 3 rooms at the time.
ビュッフェはあまり得意ではないのですが、来たからにはしっかり食べ放題、飲み放題を楽しみました。この最も大きい宴会場を含め、この日は3カ所で同様のビュッフェが行われていました。


Chinzan-so 4 Chinzan-so 5
Left: Firefly biotope space Right: The garden full of people
左:蛍育成舎 右:人でいっぱいの庭園(私は既にほろ酔いで、人垣をかき分けで水辺を覗く気力がありませんでした)


The firefly watching at Chinzan-so is very famous and I had always known it, but it was the first time to visit there during the event. This time I stood in for one of my aunt’s family who had an emergency and couldn’t come. Most of the customers were families of parents and children. They seemed to love the event and look forward to it every year. Personally, I recommend to you to have dinner at one of restaurants in the garden (there are nice Japanese restaurants with the quite nice garden view) or just visit the garden pen to the public on weekdays during the event.
椿山荘での蛍狩りはとても有名で、私も知ってはいましたが、その時期に行くのは初めてでした。叔母一家の一人が行けなくなり、私はその代役。お客さんの多くは二世代、三世代ファミリーで、毎年このイベントを楽しみにしているようでした。個人的には、蛍シーズンの平日の夜に、庭園内のレストラン(とても良いガーデンビュー)で食事をするか、基本無料で開放されているお庭だけ散歩するのが良いかな、と思いました。

Chinzan-so 2

Posted by Kinakinw | 01:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

01 2013

The Path toward Android 4.0

Android 40

While the latest version OS of smartphones using Google's Android platform would be 4.2 in the world today, since the end of last week I had difficulty with upgrading my smartphone’s OS from 2.3.5 to 4.0.
世の中のスマホ最新モデルにはアンドロイド4.2が入っているというのに、Kinakinwといえば、自分のスマホを2.3.5から4.0にバージョンアップするのに先週末から悪戦苦闘しておりました。

My model was released in March of last year as its OS would be upgraded in August of that year. Then, the upgrade was postponed several times, and when a year passed since the release, users of the model learned that we had to keep using 2.3.5 OS in the future. At last, however, the update service started from April 16th!
私の持っている機種は、その年の8月にOSが4.0にバージョンアップされることを前提に昨年の3月に発売されました。それから何度もバージョンアップが延期され、発売から一年が過ぎた頃には、ユーザーはもうずっと2.3.5のままなのだと諦めていたようです。しかしようやく、4月16日に待ちに待ったバージョンアップサービスが始まっていました。

I came to know that last week and naturally, wanted to bring mine up-to-date.
For proper phone subscriptions, it doesn’t need serious work. Just one can follow the notice from a cell-phone company, download and install the file to one’s smartphone. But, it's hard to call on for me because I’m not a subscribing user. I’ m using the phone for Docomo (a major cell-phone company in Japan) with a SIM of MVNO (Mobile Virtual Network Operator that provides simple mobile communications service without telephone service).
それを知ったのは先週で、当然私も4.0にしたいと思ったわけです。
正規のドコモユーザーはすぐできます。自分のスマホに来たバージョンアップのお知らせからファイルをダウンロードしてインストールすれば良いのですから。しかし、ドコモと契約していない私には難しい。私はドコモ向けのスマホにMVNO(ドコモFOMAネットワークの電話機能以外の通信サービスだけを提供する会社)のシムを挿して使っています(最近話題になっている「ほぼスマホ」ですね)。

Prior to the OS upgrade, I knew some several minor software updates were available, but I couldn’t do them. I could download all the minor updates files from the manufacture’s HP (it means I could do them not via Docomo’s server) “except” the first one in last May, and without “that first update” my device couldn’t get updated at any cost. The only way to get the first update was “via Docomo’s server” that was impossible with MVNO’s SIM.
OSのバージョンアップに先立ち、何回かマイナーなソフトウエアの更新があったことは知っていました。でも私はできないままでした。というのも、「初回のソフトウエア更新」以外についてはメーカーのHPからダウンロードできる(つまりドコモのサーバーにつながらなくても良い)ものの、初回の更新をしていないと以降の更新ができない、という状態だったからです。肝心のその「初回の更新」だけは、MVNOのシムではつながらないドコモのサーバー経由でしかできないのです。

After visiting a Docomo’s service shop and called the manufacture’s service center last week, I clearly recognized that, again, the problem is “the first minor software update” as I could download the OS upgrade file from the manufacture’s HP like the other ones.
先週ドコモショップに行き、またメーカーにも電話して確かめたところ、今回のOSバージョンアップに関してもネックになるのははやりその「初回の更新」でした。OSのファイルは他のソフトウエア更新と同様、メーカーのHPから落として自分でできます。

Then, I asked one of acquaintances who have a Docomo’s smartphone with a SIM of the same size as mine for using his SIM while download the file via the server. We met twice and tried every possible way to get the file, but we couldn’t. I'll leave out the fine details, but we tested the situation where a proper user started to use the phone with factory default. This shows that Docomo is the only one who knows why I couldn’t download it.
そこで、私のスマホと同じサイズのシムを使っているドコモユーザーの知り合いにお願いし、「初回の更新」ファイルをダウンロードするためにシムを使わせてもらいました。二度待ち合わせしてもらい、シムを借りていろいろ試しましたが結局ダウンロードできませんでした。細かいことは省略しますが、「ドコモと契約した人が工場出荷時状態のそのスマホを使い始めた」という状況で試してもだめ。この理由はもはやドコモさん以外にはわからない。

I revisited the shop and made a strong appeal to a shop clerk that situation, and then she suggested to send my device to repair. If you send one to repair, your phone will be back in latest condition (which means I could complete its upgrade!!). Though I knew I can get free repairs for 1 year from the manufacture, but I didn’t know a non-subscribing user can also get the in-warranty repair from the cell-phone company. Thanks, Docomo!
今週もう一度ドコモショップに行き問題の状況を店員さんに強力にアピールしたところ、その方が修理の手続きを勧めてくれました。スマホを修理に出すと一律に最新の状態で帰ってくるそうです(バージョンアップ完了です!!)。どこで買おうと一年間はメーカー保証がつくだろうことは知っていましたが、契約していないユーザーにも(適応範囲内の問題であれば)ドコモが無償対応するとは知りませんでした。普段はNTTやドコモに対しては批判的ですが、今回は素直に感謝しています。

The last problem was that a non-subscribing user couldn’t get an alternative phone while repairing period, so I asked one of my friends who uses a Docomo phone to send mine to repair.
残された問題は、契約者以外には修理期間中の代替え機の貸し出しができない。これはドコモユーザーの友人にお願いして、その人から修理に出してもらい解決しました。

The opening photo shows that alternative, docomo AQUOS PHONE SH-06D with Android 4.0 released around the same time as mine.
冒頭の写真は代替え機のアクオスフォン。私のスマホと同時期に発売されましたがしっかりアンドロイド4.0です。

Using so called “contract-free mobile phone” that one can manage inexpensively is not entirely smooth, but you can learn so much from the problems.
安く運用できるいわゆる白ロムですが、何かと苦労も多いです。でも、勉強にはなります。

Posted by Kinakinw | 19:02 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

26 2013

Nanduti - Ñanduti

Nanduti 1

Do you know “Nanduti”?
Well, I'm also totally new to the craftwork.
「ニャンドゥティ」ってご存知ですか?
と言っても、私もつい最近知ったばかりなのですが。

It’s exquisite lacemaking, from Paraguay, made from cotton or other fine vegetable fibers. The word Naduti means spiderweb in Guarani. Online dictionaries and web sites concerning lacemaking say about it in many ways: it’s introduced into Paraguay by the Spaniards, a comparable lace is made on the island of Tenerife and known under various names, and making of the lace is a tradition begun by Paraguay's Guarani. So, I’m interpreting it’s the fruit of invasion called the Age of Discovery.
この精密なパラグアイのレース編みは、綿や植物の繊維から作られるそうです。ニャンドッティとは、グアラニ人(パラグアイやボリビアに住む南米の先住民族)の言葉で蜘蛛の巣を意味するそうです。ネット辞書やレース編みに関するサイトには、スペイン人によりパラグアイにもたらされた、テネリフェ島でも同じようなレース編みがあり色々な名前で呼ばれる、グラニア人により伝統的に作られ始めたと、様々なことが書いてありました。そこで私は、この工芸は大航海時代と呼ばれる侵略の歴史的産物だなと想像したのでした。

Nanduti 2

Nanduti 3
I hope it can show how delicate and intricate it is.
この写真で繊細さと複雑さが伝わると良いのですが。


I saw it first time at Munn, a café I wrote about last but one where some pieces of the work were displayed and also for sale. I was surprised the fine, intricate lace and became captivated by them. Unfortunately, however, except simple and small ones, delicate intricately patterned pieces were not for sale. The difference between poor and elaborated ones was clear even to my untrained eye, so after I saw fine ones, I wasn’t disinclined to have a simple one.
前々回このブログで紹介したMunniというカフェで、ニャンドッティが展示販売されていて、そこで初めて見ました。精密で複雑なこのレース編みに驚き、すっかり魅了されたのでした。残念ながら、ごくごく雑で小さな作品以外の、複雑なパターンで繊細に作られた作品は非売品でした。私のような素人が見ても、両者の違いは明らかで、良い物を見てしまうと雑な作品を買う気になれませんでした。

I asked the café staff why don’t you sell fine ones, and the staff said that they are too valuable to sell and also expensive. The white one in the picture (about 18-by-12 cm) costs tens of thousands of yen.
お店の人に、なぜ優れた作品を売ってもらえないのか聞いたところ、とても貴重でお値段も高く販売できないとのことでした。下の写真に写っている白い作品(18㎝×12㎝位)でも何万円とするそうです。

Nanduti 4

I looked the things up on the Internet and found there are lessons for the lace in Tokyo. I think considerable skill is required to make a good one, but some Japanese women with fast hands may be able to do it.
ネットで調べると、東京にニャンドッティ教室があるみたいですね。良い作品を作るにはかなりの熟練が必要だと思いますが、手先が器用な日本人女性の中には成し遂げてしまう人もいるのでしょうね。

Posted by Kinakinw | 14:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

23 2013

Right Place to Take ID Photo

Tokyo Metropolitan Office

I went to the Tokyo Metropolitan Office yesterday to get my passport renewed.
That was another opportunity for me to need a good ID photo after my driver license renewal last summer. The passport picture is more important than that of driver license because while I use my passport for ten years, the valid period of the license is five years. Although I know no one cares about the photo, I would like to avoid using the passport with an unacceptable photo of myself.
昨日は都庁にパスポート更新に行きました。
去年の運転免許更新に続き、写りの良い証明写真が必要でした。5年間有効の運転免許に対してパスポートは10年間使うので、証明写真はより重要です。他の誰の目にも止まらないことは分かっていますが、やはり気に入らない写真がのったパスポートは使いたくない。

Unlike the license renewal where the officials take picture of everyone at the office (it’s literally one-shot deal), we can prepare that of passport by yourself prior to the renewal. So, I was thinking to get satisfactory one ahead of time, but actually I didn’t do it until I had to.
否応なく会場で撮影される正に一発勝負の自動車の免許証とは異なり、パスポートの写真は事前に自分で準備できます。去年くらいからちゃんとした写真を撮っておこうと思っていましたが、結局間際になるまで何もしていなかったわけです。

Yesterday morning, I had three options to get the picture: a proper portrait studio (expensive but many touch up options), a studio at a print service shop (moderate and some touch up options), and a photo booth (inexpensive). I chose the middle one and had my picture taken by the shop manager with “beautiful skin” print processing. However, I couldn’t approve of it.
さて、昨日の朝の段階で私には3つの選択肢がありました。高いけどいろいろ修正してくれるフォトスタジオ、ほどほどの値段で修正もできる(旧)DPEショップ、そして機械が撮ってくれる安価な証明写真ボックスの3つです。で、中間のDPEショップを選び、そこの店長さんに美肌仕上げコースで撮影してもらいました。でもその写真は気に入らなかった。

I decided to forget about that shot, stopped off briefly in a photo booth at the near station on the way to Tokyo Metropolitan Office, and get an OK picture at 800 yen. I didn’t expect a nice shot by it, but I was totally wrong. The machine has developed very much. There was “beautiful skin” print processing (just costs 100 yen more than ordinary one), and the lighting was nice. The most wonderful point about it was that a photo turns out to be moderately-smooth. I mean, while the one taken by the manager was so realistic and textured, the machine hides unnecessary irregularities of face. I thought it has absorbed features of Purikura (an oversized passport photo making booth that fits two-and usually more - smiling faces on a miniature picture usually framed with cute characters like).
思い切ってその写真は不採用とし、都庁に行く途中最寄り駅の証明写真ボックスに立ち寄って改めて撮り直し、800円でまぁまぁ満足いく写真をゲットしたのでした。写真ボックスで良い写真が撮れるわけがないと思っていたのは、私の間違いでした。写真ボックスは進化しています。百円追加すれば美肌仕上げが選べるし、照明もなかなか良かった。最も良いのは、適度に平面的な写真が撮れること。人に撮影してもらった写真は良くも悪くもリアルで陰影がはっきりしているのです。対してボックスだと、不必要な顔の凹凸はとんで写ります。いわゆるプリクラの特徴を踏襲しているわけですね。

I don’t know the other machines are good or not. The one I used was “CITY PHOTO STATION (by Fuji Film)”, which should be scattered across Japan. It’s really great
全てのボックスが良く写るかどうかはわかりません。私が利用したのは、フジフイルムが展開しているCITY PHOTO STATION。全国に広く行き渡っていると思います。なかなかやるもんですね。

Posted by Kinakinw | 21:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

18 2013

The Departure and the Arrival

Munni 1

It was a balmy afternoon so typical of May.
I went to a café and restaurant named Munni for lunch with sister. A tenant of the space where it’s located often changes, so from my perspective the café opened before I knew it.
今日は(ちょっと気温は高いけど)五月らしい気持のいい午後でした。
妹と二人で昼食に出かけたのは、Munniというカフェレストラン。このレストランが入っているスペースはテナントの入れ替わりが激しく、ここも気が付いたらオープンしていたという感じでした。

It is hard to describe what kind of café it is. From the signs and menus in the doorway, it seemed to be an American-type waffle and hamburger place, and actually they serve American-type food. However, from their HP, their concepts are “the source of good health and good appetite” and “tea” (so it doesn’t serve have coffee).
この店を説明するのは難しい。店頭の看板やメニューからは、「アメリカっぽいワッフルとハンバーガーの店」と思えます。でもHPを見ると、医食同源をベースに食材にこだわる、お茶にこだわる、ということらしいですね。だからコーヒーは置いていません。

Munni 2 Munni 3

I felt the space was minimally renovated after a previous restaurant closed. The interior, decoration, furniture, plates and utensils were quite incongruous. It looked like the owner was in hurry when open the restaurant and collected items in a few days.
前のレストランが出て行って原状復帰した後、店内には最低限しか手が入ってないのではないかな。インテリア、装飾、家具、食器やカトラリーなんかはチグハグな印象。まるで開店準備の時間がなく、オーナーが数日間で集めてきた物を使っているような感じがしました。

Anyway, their hamburger was fairly good, and the staff was friendly and kind.
それはともかく、ハンバーガーは美味しかったです。

Munni 4
Lovely staff said that to express their love for the customers, their buns are in the shape of a heart.
可愛らしいスタッフによると、お客様への愛を表現するためバンズがハート形なのだそうです。


Amishiro park
The café is in front of a children’s park called Amishiro Park I often visited in my childhood.
この店があるのは網代公園の目の前。この公園には子供の頃毎日のように遊びに行っていました。

Posted by Kinakinw | 20:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

01 2013

Animal Operetta, Les Girafes

Les Girafes 1

That was the other free show at Roppongi Hills called “Les Grafes” by a French street arts company named “Compagnie OFF” established in 1986 in Tours.
こちらは六本木ヒルズで行われたもう一つのショー、フランスのストリートアートパフォーマンス集団「Compagnie OFF」による「動物たちのオペレッタ」。同集団は1986年にツールで設立されたそうです。

The main performers were the nine giraffes, clown, diva, and trickster-like man (not in the pictures). To make a long story short, in the show the clown teeter-tottered and up in the air, the diva sang her heart out diva, and the trickster sprinkled golden powder. Then, a herd of red giraffes was slowly, gracefully moving on, and the circus started. Sorry for the poor report, but that’s kind of what it was like.
このショーの演者は9頭のキリン、道化師、歌姫、そして写真には写っていませんがトリックスターのような男性。ショーの内容をかいつまんで説明すると、道化師は大きなシーソーに乗り宙に舞い、歌姫が高らかに歌い上げ、トリックスターが黄金の粉を撒く。そしてキリンの群れがゆっくり、優雅に歩み寄り、サーカスが始まる。下手な説明で申し訳ありませんが、まぁそんな感じです。

Les Girafes 2

Les Girafes 3 Les Girafes 4

It was too crowded to see the whole story of the show, but sill the show was most fun ever! It was so exciting that the herd of red giraffes in the streets of Tokyo.
I had a great time thanks to the complex in the first half of Golden Week Holidays.
人がいっぱいでショーの全体像はよくわかりませんでしたが、それでもとても素晴らしかったですよ。東京の街にキリンの群れがいるなんてわくわくしますね。
ゴールデンウィークの前半は六本木ヒルズ様様でした。

Les Girafes 5
I got the perfect shot, but the lack in sharpness in it.
タイミングはパッチリでしたが、残念ながらピンボケ。

Posted by Kinakinw | 09:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

29 2013

Decadance?

Decadance !

It’s good weather for a walk in recent days in Tokyo. I wandered around the neighbors yesterday and came across the free event at Roppongi Hills.
このところ東京は散歩にうってつけのとても良いお天気です。昨日は近所をぶらぶらしていて、六本木ヒルズでこのイベントに出くわしました。

The performance called “Decadance” by the Russian carnival theatre group, the theatre Mr Pejo's Wandering Dolls, is one of events during Golden Week holidays (the period from April 29th to May 5th when there are four national holidays) at the complex. The theater was established in 1993 in St. Petersburg, and they come to Japan for the first time.
六本木ヒルズのゴールデンウィーク期間中の集客イベントの一つ、ロシアのパフォーマンス集団シアターページョによる「デカダンス」と名付けられた出し物だそうです。この集団は1993年にサンクトペテルブルクで設立されたそうで、今回が初来日だそうです。

Decadance 2 Decadance 3

Decadance 4 Decadance 5

The performers with winsome white masks, costumes, and properties make their way around the complex, and then when they reach the event arena they start the performance that involves much audience participation.
愛嬌のある白いマスク、衣装、小道具を持ったパフォーマーが施設を練り歩き、イベント広場に到着すると、観客を巻き込んだステージが始まります。

Though the title was “decadence”, their pantomimic performance was family friendly that anybody and everybody can understand.
タイトルは「デカダンス」ですが、誰にでもわかるファミリー向けの内容でした。

Decadance 6

Decadance 7

Have nice holidays!
皆様も良いゴールデンウィークをお過ごし下さい!

Decadance 8

Posted by Kinakinw | 09:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

25 2013

Personally, it was not so bad

Carmen 1

The opening photo is a scene from an opera film I watched the other day.
Can you tell the title of the opera?
It’s a famous one everyone knows.
冒頭の写真は先日観たとあるオペラ映画からのワンシーンです。
さてここで問題です。このオペラのタイトルはわかりますか?
誰でも知っているものですよ。

OK. It’s not your fault if you cannot see.
The second cue is the picture below. The same prima donna, Anna Caterina Antonacci, appeared in the same one by a different director. These aren’t from the same scene, but there are the same characters.
わからなくても皆様のせいではありません。
それでは第2ヒントです。下の写真は上と同じプリマドンナ、アンナ・カテリーナ・アントナッチが、別の演出家による同じ演目に出演した時の写真です。場面は異なりますが、登場している2人のキャラクターは最初の写真と同じです。

Carmen 2

Good job! It’s Carmen.
正解です!カルメンですね。

The film shows Carmen performed at Opéra Bastille last December, conducted by Philippe Jordan, music director of the Opéra national de Paris, directed by Yves Beaunesne. It’s the second one of eight films screened sequentially which shows operas and ballets performed the Opéra national de Paris in the 2012-2013 season.
この映画は、昨年12月にパリ国立オペラによりバスティーユのオペラ座で公演されたカルメンを撮影したものです。指揮は同オペラ・バレエ団の音楽監督フィリップ・ジョルダン、演出はイヴ・ボーネン。「パリ・オペラ座へようこそ ライブ・ビューイング 2012‐2013」と題された昨シーズンの同団のオペラとバレエの舞台を収録した8本の映画の中の2作目です。

The popular French opera performed for the first time in a decade at the theater, and it seemed to confound the prediction of fans, at leasst a casual opera fan like me.
超有名なこの作品がオペラ座で上演されたのは10年ぶりだそうですが、これはファンの予想を裏切るものだったことでしょう。少なくとも私のようなライトなオペラファンにとってはそうでした。

If you want to watch the film without previous knowledge, then please read no more.
余計な情報なしで映画を見たい方は以下を読まないで下さいね。


I thought this callenging Carmen was just like transfered the action to 1970’s.
I’m going to point out unusual things in this Carmen randomly. As you know from the opening photo, Carmen was blonde and appeared as tough Marilyn. Escamillo reminded me of Elvis in his late life. Roma girls dressed in flover children fashion. Roma boys were in Saturday night fever suits. A drag queen and a Crazy Horse dancer were in Pastia’s tavern.
この挑戦的なカルメンは、まるで舞台を1970年代に移したようでした。
思いつくままに間違い探しをしてみましょう。冒頭の写真でおわかりのように、カルメンはブロンドで、気の強いマリリンモンローと言う感じ。エスカミーリョはまるで晩年のエルビス。ジプシーの女性達はフラワーチルドレンファッション。ジプシーの男性はサタデーナイトフィーバーに出て来そうなスーツ姿。パスティアの店にはドラッグクィーンとクレージーホースのダンサーもいました。

Carmen 3

Personally, however, I enjoyed that. The blonde Carmen seemed to be a forethoughtful person (I thought the diva enjoyed the peculiar character) and went well together with Don José who was depicted as a simple-headed mama's boy rather than a man who loved someone to distraction. Though the Don José strangled the blonde with a bridal dress he brought (! ) because he’s a poor knife-wielder, it was “Carnem”. The story, music, arias, and dancing were enjoyable. I’m not sure if it was thank to the power of the music, composer, singers, or director, the Carmen was entertaining.
しかし個人的には「あり」。ブロンドのカルメンは思慮深く見え(アンナさんは一風変わったこの役を楽しんで演じていたと思います)、恋に狂う男というより単純思考のマザコン青年のように描かれるドン・ホセと良いカップリングでした。このドン・ホセはナイフ使いが超下手くそなため、カルメンを持参したウエディングドレスで絞め殺す(!)のですが、それでもしっかり“カルメン”でした。ストーリー、音楽、歌唱、ダンスを楽しみました。元々の音楽、指揮者、歌い手、演出家などなど、どのお蔭でこのカルメンが成立したのかはわかりませんが。

Carmen 4

The film will hit screens countrywide from next June, so check it if you are interested. Oh, this 195-minute film was shown without a break, but there were backstage interviews between Act 2 and 3, which was suitable for a bathroom break.
この映画は6月から全国公開されるので、ご興味のある方は是非チェックしてみて下さい。三時間を超える作品ですが休憩時間なしの上映という非道ぶりです。でも、第2幕と3幕の間に10分程度バックステージのインタビューが入りますので、そこでトイレ休憩にすると良いでしょう。

Few hours age, I came across the picture from Carmen performed by Opéra de Lyon in June 2012. Words fail me, but have a feeling that we can’t watch “standard” one in Carmen’s home country for a while.
ついさっき、昨年6月リヨンのオペラ座で上演されたカルメンの写真(下)を偶然みつけました。何と言ってよいかわかりませんが、何となく、カルメンのお膝元フランスではしばらく普通のカルメンは観られない気がします。

Carmen 5

Posted by Kinakinw | 01:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

29 2013

Walking through the Rows of Blooming Trees

Ueno1

Before I visited Ueno, a district in Tokyo's Taito Ward, that is the home of Ueno Park known as a prominent cherry blossom viewing spot, I conceived private conviction that the park wasn’t so crowded because last weekend was the best time to view the blossoms. However, never underestimate cherry-blossom-loving Japanese. Yesterday, there were many people enjoying the blossoms. Since temperatures were cold at the beginning of this week, the flowers still bloomed.
桜の見頃は先週末だったので、上野に出かける前はもうあまり人もいなのではないかと思っていました。しかし、桜を愛する日本人を甘く見てはいけません。昨日の上野公園は花見客で賑わっていました。今週前半の冷え込みで、花が持ちこたえていました。

Ueno2

Ueno3
Many people also love to have a party held under the cherry trees. These persons are holding a place for their colleagues and friends gathering coming together for a party in the evening.
ここ上野公園名物、お花見の場所取りをする人もいました。


Main significance of my visit was an exhibition of El Greco, a medieval painter born in Greek. The park is also home to some of Tokyo's finest cultural sites, including the multiple museums (Tokyo National Museum, the National Museum of Western Art, the National Museum of Nature and Science, and Tokyo Metropolitan Art Museum) , as well as a major public concert hall.
上野にでかけた目的は東京都美術館で開催中のエルグレコ展でした。

Ueno4

The painter produced his mature works in Toledo, Spain. Many years ago I took a day trip to Toledo when I was in Madrid and saw his works. I was in the course of a trip with my friend by trains through Italy (Venice, Rome, and Firenze) and southern France to Spain (Valenciana, Andalucia, and Madrid). Though I was tired of religious pictures, I could enjoy his presentation of figures. The people that he drew are appealing regardless whether he or she holy or not.
グレコギリシャ生まれでスペインのトレドで活躍しました。ずいぶん前のことですが、マドリッド滞在中にトレドを訪れ、グレコの作品をたくさん鑑賞しました。イタリア、南仏、スペインを列車で旅行中のことでした。宗教画には飽き飽きしていましたが、グレコは楽しめました。その人物が聖人であろうとなかろうと、彼が描く人物は魅力的です。

Then I took a long walk through the rows of blooming trees along the Shinobazu Pond.
その後は不忍池周辺の桜並木を散策しました。

Ueno5

You know, in Japan, even cats watch cherry blossoms.
日本では猫も花見をします。

Ueno6

Just kidding. Someone living in the park takes care of the cat and set down it in its favorite spot with seasonal costumes. Now it’s one of the characteristic scenes in Spring.
上野公園のお花見猫はすっかり風物詩ですね。

Ueno7

You know, in Japan, even gulls ….
日本ではカモメも…。

Ueno8

Posted by Kinakinw | 21:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

04 2013

Stingy Habit

haneda lounge

Which kind of airport lounge do you use?
Kinakinw who is neither a first or business class traveler nor a premium frequent flyer of a specific airline usually stop at one run by credit-card companies or affiliated with them for free before fright. It is an ancillary service of a gold credit card I have.
皆さんはどのエアポートラウンジを利用されていますか?
ファーストクラスやビジネスクラスを利用しない、また特定の航空会社のプレミアムマイレージ会員でもない私は、もっぱらクレジットカード会社が運営するラウンジかその提携ラウンジで出発前の時間を過ごしています。これはゴールドカードに付帯する無料サービスです。

I don’t remember when and why I upgraded the card. Since I’m not interested in the honor to be a premium card holder, I once thought of the downgrading it to an inexpensive a normal one, but I held back that. Judging calmly, I felt I got my money's worth from the annual membership. There were two main benefits: (1) it includes overseas traveler's insurance that I bought each time, and (2) I could exclusive access to the airport lounges (limited to domestic airports). Adversely, there were only these benefits for me….
自分のクレジットカードをいつ、なぜゴールドにしたのかもう覚えていません。プレミアムカードを持つことにステイタスを見出すタイプではないので、年会費の安い普通のカードに戻してしまおうかとも思いましたが、踏み止まりました。冷静に考えてみれば、年会費分の元は取れるのではないかと考え直したのです。メリットは主に二点。以前は行くたびにかけていた海外旅行保険がサービスに含まれることと、国内のみですがエアポートラウンジが使えること。逆に言うと私の場合それしかメリットがないとも言えますが。

Now that wi-fi services are becoming more widespread, so the lounges have less advantage as internet access spots. However, it’s still nice to take a breather and check mails in a relaxed way especially at the airport when I arrived home.
Wi-Fiスポットが増えた現在では、空港ラウンジのネット接続スポットとしての価値はそう高くはありません。それでも、特に帰国時にはゆっくり一息ついたりメールチェックをしたりラウンジは便利な場所です。

Posted by Kinakinw | 21:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

«prev | next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。