Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

10 2012

Figure Skating as Student Sports

higashiyamato skatecenter

Last month, I went to the figure skating championships for university students in the Kanto region in which 90 skaters, from beginners to those in most significant class, who belong to universities’ clubs participated. Though the competition for the beginners started early in the morning, I only watched 25 male & female superordinate including few well-known skaters appeared in the afternoon. I never thought I would follow small competitions, but I tentatively went there because I actually enjoyed Lily Cup held before it.
先月、関東学生フリースケーティング選手権大会を観戦しました。参加者は初級から上位選手(7、8級)までの、大学のスケートクラブに所属する約90名のスケーターでした。低い級の選手達の試合は朝早くから行われていましたが、私が見たのは午後からの男女上位選手約25名でした(中村健人、佐々木彰生、西野友毬選手など)。こういう大会までフォローするつもりはなかったのですが、前回行ったリリーカップが案外楽しかったので試しに行ってみました。

The atmosphere was just like that of minor college sports: audience was skaters and some their family, and competitors called out and cheered up their club mates. It taught me a renewed recognition of figure skating as student sports.
会場の雰囲気は部活そのもの。観戦しているのは(熱心な一部ファンの方々を除き)選手とその一部の家族のみ。選手達が同じ大学のチームメイトに「ガンバー!」と声援を送っていました。この大会は、学生スポーツとしてのフィギュアスケートを再確認させてくれました。

Many student skaters belong to their school’s skating club in case a university or high school has it. In other words, competent ones, even at the local level, enter those schools through the recommendation system. This kind of competition (including interscholastic athletic competitions and regional preliminary rounds) is one of main scenes of their activities for them even for the superordinate I saw that day.
学生スケーターの多くは、自分の学校にスケートクラブがあればそこに所属しています。言い方を変えれば、例え地方レベルでも目立った選手はスケートクラブのある学校に推薦入学するとも言えます。今回私が行ったような学生大会(インターハイやインカレ、またその予選を含めて)は、私がこの日見た上位選手にとっても主な活躍の場の一つです。

An exception is that few top Japanese skaters who constantly participate in ISU senior competitions. Besides Miki Ando and Akiko Suzuki, though these skaters are also students, they don’t compete the one like this.
例外は、ISUの国際シニア大会に常に出ている日本のトップ選手達です。安藤美姫、鈴木明子選手を除けば、全員学生ですが、このような大会にはそう参加しません。

However, majority of the contestant population is made up of person unknown to fame like skaters in the championships. They usually retire from competitions on graduation from university, which is the same as players of other sports.
しかし、競技会に出るスケート競技者の殆どが、この大会に出ているような一般的には知られていない選手達です。他のスポーツと同じように、彼らの多くは大学卒業と同時に競技から引退します。

In Japan, the circumstances surrounding top figure skaters are quite distorted: a small number of top skaters come under the spotlight and are played for just like idol personalities by TV. That causes misunderstanding among people as if they were choreographed TV talents. Even though those top skaters are above the clouds relative to ordinary student skaters, they are an extension of the no-names. I mean, if someone supports them, they basically decide what kind of skate they perform on their own (including a coach, choreographer, costume and so on).
日本ではフィギュアスケートを取り巻く環境は大変いびつです。一人握りのトップ選手にのみスポットが当てられ、TVにはまるでアイドル芸能人のように利用されています。それが一般の人々が彼らを、まるでプロダクションに演出されている芸能人かのように誤解させていると思います。例え、一般の学生選手に比べれば雲の上にいるようなトップ選手達でも、基本的には学生スポーツの延長線上にいるのです。だれかサポートしてくれる人はいるにしても、どういうスケートをするかは彼ら自身で決めています(コーチや振り付け、コスチュームなども)。

If some disjointed things happen to the big names, for example Mao’s costume (^_^;), I think it’s better than the case in which the grown folk produce a perfect skater as a package because, without exception, an aim of the folk is basically their own business. If one cannot deal with that situation, it ruins one’s skate. Even if one can, it’s risky in the long run as we can see an example of the results in the neighboring country.
例えば浅田選手の衣装のように(笑)多少ちぐはぐでも、大人達がパッケージとしてプロデュースした完璧なスケーターになるより自分で決められた方が良いと思います。そういう大人達にとって、選手はしょせん商売道具です。選手がプロデュースされるという状況に耐えられなければ、自分のスケートを見失ってしまうでしょう。もし耐えられたとしても長い目で見ればリスクが大きいのではないでしょうか。そういう人の行く末は、かの国の選手の例からわかると思うのです。

Posted by Kinakinw | 20:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

20 2012

The 35th Lily Cup

Lily Cup

On the way from an errand in Yokohama yesterday afternoon, I stopped by Shinyokohama Skate Center at which Lily Cup, a local figure skating competition in Kanagawa Prefecture, has been held. Most of the participants are students belonging to local skate clubs (the elementary school, junior high school, high school, and university), and I enjoyed performances of those fresh skaters.
昨日の午後横浜で用事を済ませた後、第35回リリーカップが開催されている新横浜スケートセンターに立寄りました。リリーカップは神奈川県の地方大会で、参加者の中心は県内のクラブに所属する小・中・高校生と大学生。選手を目指す若い子達のフレッシュな演技を楽しんできました。

Two well-known skaters appeared yesterday: Akio Sasaki (22) and Fumie Suguri (31). Leave aside Sasaki (a previous post abut him), I never imagined I could watch Suguri’s performance at a competition again.
昨日は、佐々木彰生と村主章枝の2人の有名選手が登場しました。佐々木選手はさておき、正直言って村主さんの競技会での演技をもう一度観られるとは思ってもいませんでした。

Most of you have heard of the skater who leaded Japanese women’s single from the late 1990s to early 2000s with Shizuka Arakaw, but I think some of you don’t know the contributor is still in the field. I have met her strength coach once, and I had a friendly feeling for her during those years. For that reason alone, I can't stand looking at her cumulative faulty judgments and futile attempts after the Torino Olympics. If she really wanted to get in the next one in Vancouver, she should have developed her technical skill that were needed for a competition rather than focusing on “expressiveness” or being “an actress on the ice”.
1990年代半ばから2000年代の始め頃まで、荒川静香とともに日本女子シングルを引っ張っていた村主さん(31)のことは、皆さんご存知だと思います。でも、彼女がまだ現役を続けていると知らない方もいるのではないでしょうか。昔、彼女のフィジカルトレーナーの方と1度お会いしたことがあり、村主さんが活躍されていた当時は勝手に親しみを感じていました。それだけに、トリノオリンピック以降の迷走ぶり(一連の間違った判断や望みのない試み…)は見ていて辛い。もし本当にバンクバーを目指すつもりだったのなら、「表現力」を極めるとか「氷上の女優」になるなんて方向の努力より、彼女は競技会のためのスケート技術をひたすら磨くべきだったと思います。

She was one of top skaters indeed. Her basic skating and performance are superior as compared to skaters in the competition, but unfortunately, the veteran who can only execute double jumps is far inferior to top junior skaters of the moment.
さすがにかつての一流選手。リリーカップに出ているジュニア選手に比べれば、彼女のスケーティングや演技運びは優れています。でも残念ながら、ダブルジャンプしか飛べない今の村主さんは、現在のジュニアのトップ選手にもはるかに及びません。

I didn’t have enough protection against cold because it was an unscheduled stop, so I was cold all over. Then, after the thought-provoking performance of has-been, I went to a ramen place nearby: Shin Yokohama Raumen Museum, a food-themed amusement park established in 1994. There are a ramen restaurant mall with its Showa-inspired interior design (the image of 1950s Tokyo), a souvenirs shop, and exhibitions of ramen culture and history.
思いつきで出かけてしまったので満足な防寒具もなく、すっかり体が冷えきってしまいました(近くのドラックストアでカイロを買い、体に貼りまくりって何とか乗り切りました)。そこで、色々考えさせられた村主さんの演技の後、近くのラーメン博物館で暖かいラーメンを食べて帰りました。

Raumen Museum1

Raumen Museum2 Raumen Museum3
Left: A magic show
Right: I choose pork & chicken-flavored ramen, a local one in Kumamoto Prefecture.
左:マジックショーをやっていました。
右:どの店を選べば良いのか全くわからないので、東京から一番遠くて行ったことのない熊本県のお店を選んでみました。豚骨と鳥スープ。温まりました。


It was my first visit to the place. It's now 18 years ago since it opened. How time flies!
ラーメン博物館に入ったのは初めて。1994年のオープンだそうです。ついこの間できたような気がするのに、もう18年になるのですね…(遠い目)。

Posted by Kinakinw | 15:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

24 2012

Account of World Team Trophy

WTT1

Team Japan skated off with the gold as competition concluded at the second ISU World Team Trophy (WTT). Along with the first and second day for which I purchased tickets in advance, I attended the third day after all and indulged in the gorgeous competition with top-class skaters who stood on a par with Grand Prix Final and World.
第2回フィギュアスケート国別対抗戦は、日本チームの優勝で幕を閉じました。予めチケットを取っていた初日と2日目に加え、3日目も観戦し、スケート漬けの日々をすごしていました。それにしてもこの大会は、グランプリファイナルや世界選手権に匹敵する位豪華なメンバーでした。

WTT2

While highlight of the first day was men’s SP, especially Joubert, Abbott, and Daisuke, those of the second day were Davis/White’s FD and Daisuke’s FS. They were just I was looking for! I laughed off my pain and gave them a standing ovation. It’s secrets that I wasn’t supposed to be there on the third day.
初日のハイライトは男子ショートプログラムでのジュベール、アボット、高橋大輔。2日目はメリル・デイビス&チャーリー・ホワイトのフリーダンスと高橋大輔のフリースケーティングが秀逸でした。みんな私のお目当ての選手達でした。素晴らしかった。手首の痛みを笑顔でこらえて、スタンディングオベーションを送りました。正直3日目はストリーミング観戦でも良かったかな・・・と思ったのは秘密(笑)。

WTT3
I was watching these skaters from my seat while they were writing a letter on their the abdomen for the kiss & cry show.
彼らがお腹に文字を書いて準備しているところを私は客席から目撃しました。


The competition had been really exciting not only because of excellent performances but also cheering groups of skaters (France, Italy, and the USA) and the enthusiastic Japanese audience. France and Italy teams’ elaborate acts at kiss & cry excited us. Thank you!
この大会は本当に盛り上がりましたが、それは選手達の見事なパフォーマンスだけでなく、フランス、イタリア、アメリカチームの応援合戦と、熱狂的な観客の力が大きいと思います。特にフランスとイタリアの趣向を凝らしたキス&クライでのチームメートの応援は、会場を大いに盛り上げでくれました。ありがとう!

WTT5 WTT4
!
Now for some generalities of figure skating event.
Firstly, visitors have a lot of stuff: some carry a winter clothe, rug, and cushion, and the others also bring a flower bouquet and present for a skater one likes. My luggage is usually as big as one for an overnight trip.
Secondly, most visitors are female. Eventually, there is a long, long line for the toilet at intermission. Hundreds of people are waiting. So, I try to cut down my use of the toilet. Even if I feel elated by an event, I restrain myself from drinking. Not only beer, but also I refrain from cold drinks, coffee, and something that have a diuretic effect. I’m sipping hot herbal tea I’ve brought quietly during intermission.
さてここで、ちょっとフィギュアスケート観戦の一般論を少し。
まず、来場者は概して大荷物です。上着や膝掛け、座布団などを持って来る方が多いですし、人によってはお気に入りの選手に贈る花束やプレゼントを持って来る方もいます。私の荷物もたいがい1泊旅行程度の大きさになっています。
そして、観客の多くは女性です。当然休憩時間には恐ろしく長いトイレの行列ができます。大げさでなく、ここ代々木体育館のスタンド席ロビーには、毎回何百人規模の列ができます。なので、なるべくトイレに行く回数を抑えるようにしています。どんなに浮かれ気分でも、決してお酒は飲みません。ビールだけでなく、冷たい飲み物、コーヒー、利尿作用のあるものは避けています。水筒に入れて持参した温かいハーブティーなどを静かにすすっています。

The 2011-2012 season has ended with WTT. I was happy to watch excellent performances, and I’ll spent next 6 months in expectation of the next season.
この大会をもって2011-2012シーズンが終わりました。最後に素晴らしい演技が見られて良かった。そして来るシーズンを楽しみに、この先6ヶ月を過ごします。

One final message for Mr. Scott Moire – if you don’t want to participate in WTT, just don’t. I prefer Weaver/ Poje.

Posted by Kinakinw | 21:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

05 2012

The Fun Continued

Though World Figure Skating Championships ended, there is an event I've been waiting for: ISU World Team Trophy 2012 (19 - 22 Apr, in Tokyo, Japan) that is a figure skating team competition by selected skaters from the six countries with the best results during the season. This year’s participating countries are (in descending order of finish) Japan, Canada, Russia, USA, Italy, and France. It’s a friendly match rather than a serious one where skaters enjoy each other's company and cheer for own teammates - it’s included among Olympic events in Sochi, though.
フィギュアスケート世界選手権は終わってしまいましたが、まだ楽しみなイベントがあります。それは4月19~22日まで東京で開催される世界国別対抗戦。そのシーズンに行われた国際選手権での入賞者のポイントを国別に積算し、上位6ヶ国のスケーター(男女子シングル上位各2名、ペア上位1組、アイスダンス上位1組)が参加する団体戦です。今年の参加国はポイント獲得上位から日本、カナダ、ロシア、アメリカ、イタリア、フランスです。団体戦はソチオリンピックでは正式競技となっていますが、このイベントは真剣勝負というより、和気藹々と楽しむ親善試合といった感じです。

I got the tickets for 2 days with the aim of men's singles and ice dancing though the participants were unsure. As for men’s singles, I want to watch Daisuke Takahashi, Brian Joubert, and Jeremy Abbott.
実は、男子シングルとアイスダンス目当てに2日分のチケットを購入済みなのです。男子選手に関しては、高橋大輔、ジュベール、アボット目当て。

And more than anything, I'm looking forward to, an American ice dance team, Meryl Davis & Charlie White, that was the world champion of ice dancing in 2011 and got silver medal in the last World. The couple is undoubtedly the best in the world and my motive to watch ice dancing!
そして何よりも楽しみにしているのは、アメリカのメリル・デイビス&チャーリー・ホワイト。昨年度の世界チャンピオンで、先日の世界選手権では銀メダルに輝いたアイスダンスのペアです。間違いなく世界最高峰のペア。私がアイスダンスを見るのは彼等がいるからです。

Figure skating fantastically penetrates to the inner heart of audience when well-cultivated skills through years of strenuous efforts and fine expressivities meet. That’s why I’ve kept watching it no matter how many times I had been disappointed in inexplicable scores.
長年のたゆまぬ努力で磨き上げた技術と優れた芸術性が合さった時、フィギュアスケートはとてつもなく人を感動させます。だからこそ、何度ともなく説明のつかない採点にがっかりさせられながらも、私はスケートを見続けています。

This couple is one of such skaters who can move people's hearts.
このカップルはそんな風に人を感動させられるスケーターです。


Their masterpiece, Die Fledermaus (The Bat) by Johann Strauss II in World 2012
彼等の名作、「こうもり」ヨハン・シュトラウス2世、2012年度世界選手権にて


Bravo! Bravo! Bravo!
Even though I've seen it again and again I still become moved to excitement.
ただただ素晴らしい!
何度見ても心を動かされます。素敵。

While the member of USA team hasn’t been announced yet. I do yearn for their participation in the event.
アメリカチームのメンバーはまだ発表されていないのですが、彼等が来日してくれることを心から願っています。

Posted by Kinakinw | 22:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

01 2012

News from Cote d'Azur

world2012_1

The 2012 World Figure Skating Championships in Nice came to an end except for the gala tonight. Of course, I’m living according to France Time in recent days. :D
今晩のエキジビションを残し、ニースで行われた2012年フィギュアスケート選手権は終了しました。もちろん私はここ数日フランス時間で生活していました(笑)。

Here are the events that have left a strong impression on me.
印象に残ったことをいくつか書きます。

Thrills and Pleasures 興奮と喜び
・The grandstand finish of the men’s free skating
 男子シングルの熱戦
Yuzuru Hanyub who grabbed the bronze medal did the great, great performance with youth and enthusiasm. Daisuke Takahashi’s breathtaking skate struck a nerve with the audience. The other joy was that the 27-year-old Brian Joubert showed us his clean Matrix and occupied a position of 4th! I hope he’s fully stood ready to respond to the scoring system.
銅メダルを勝ち取った羽生選手は、若さと情熱溢れる本当に素晴らしい演技を披露。高橋大輔も観客を魅了する演技。あと、27歳のベテラン、ジュベールがクリーンにFSをまとめ4位に入ったのも嬉しかった。新採点方式に対応できるようになったと思いたい。

・Our first medal in a senior pairs competition of the World
 我が国初の世界選手権シニアペアメダル
Narumi Takahashi / Mervin Tran in third place made the history which was worth publishing extra editions. Sitting in front of the computer alone at dawn, I got excited over their wining. I was one of happy ones who watched their FS and reactions in kiss & cry live. Narumi who exploded in joy and hopped around surly impressed figure skating fans in the world just as their performance did.
3位になった高橋成美/マーヴィン・トラン組が快挙を達成。この銅メダルは号外が出てもいい位すごい。明け方1人でパソコンの前に座り、彼等の演技に大興奮。私は、彼等のFSとその後のキスクラでの喜びようをライブで見られた幸せ者の1人です。キスクラを跳ね回り、コーチに子猿のようにしがみつき、喜びを爆発させる成美ちゃんの姿は、世界中のフィギュアファンの印象に残ることでしょう。

Heartbreaks 傷心
・The tragedy of the Satos
 佐藤ファミリーの悲劇
Did someone voodoo skaters work with Nobuo and Yuka Sato?
Mr. Sato’s pupiles, Takahiko Kozuka and Mao Asada, couldn’t show their abilities.
Daughter Yuka’s pupiles, Jeremy Abbott and Adam Rippon who ended up 8th and 13th, respectively, couldn’t respond to the expectations of American fans wishing three places at the next World that determines a spot in Sochi Olympics.
I can’t think of what to say to Alissa Czisny. She missed almost all jumps throughout SP and FS and ended up 22nd.
誰か佐藤一門の選手に呪いでもかけたのでしょうか?
信夫先生門下の小塚崇彦と浅田真央は実力を発揮できず。
娘の有香さん門下のアボットとリッポンはそれぞれ8位と13位。次回世界選手権で出場枠3を望んでいた(現在は2枠)アメリカのファン達の期待には応えられませんでした。次回の選手権は、ソチオリンピックの出場枠を決める大会です。
さらに言葉を失う程悲惨なのはアリッサ・シズニー。ショート、フリーを通じてほぼ全てのジャンプを失敗し、22位に沈みました。

・The tragedy of Russian Men
 ロシア男子の悲劇
The SP of pairs in which all three Russian males fell was the prelude, but that wasn’t really matter. Russian pairs finally kept three places. In men’s single, however, the team lost one place out of two because Sergei Voronov and Artur Gachinski ended up 17th and 18th. Who could expect that? Again, the next World determines a spot in Sochi Olympics, and it will be held in enemy territory, Canada. Oh, no….
序曲はロシア男子3人が次々に転んだペアのSP。でも結局ペアは3枠維持できたのだから、そう大したことではありませんでした。でも男子シングルでは、ヴォロノフとガチンスキーがそれぞれ17位と18位に終わり、次回の世界選手権の出場枠がたった1つになってしまいました(今回は2枠)。しつこいようですが、次回の選手権は、ソチオリンピックの出場枠を決める大会です。しかも開催地は敵地カナダ。どうなるのだろう、ロシア・・・。

Well, the battles are over.
I’m going to open a bottle of wine and watch the gala with the afterglow of the competitions!
とにかく戦いは終了。
今夜はワインを開けて、大会の余韻にひたりながらエキジビションを見ます!

world2012_2
Mao, I give you a boost through hard times and good times.

Posted by Kinakinw | 17:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

23 2012

Go Akio!

Kanagawa Skate Rink

The photo shows the Kanagawa Skating Rink located on the outskirts of Yokohama. After taking the figure skating lesson in Tokyo Midtown the other day, I went there all the way to join a daily walk-up class for adult female. I took another trial class again because I'm still not certain I can regularly go to a skating school.
ここは横浜郊外にある神奈川スケートリンク。先日ミッドタウンでのスケート教室の後、当日受付で参加できるレッスンを受けるために(はるばる横浜まで)出かけたのです。ちゃんとした教室に通いきれる自信はまだなくて(笑)。

At that time, I saw a male single skater belonging to its club was practicing. That was Akio Sasaki who is going to be 21 years old next month. Most of you may not know his name. Well, though I have a friendly feeling for him now as we spent few hours on the same rink, he didn’t have much of a presence since last Japan Figure Skating Championships when I watched his performance for the first time.
その時、このリンクに所属する男子シングルのスケータが練習しているのを見かけました。来月21歳になる佐々木彰生選手です。ほとんどの皆様は彼の名前は知らないのではないでしょうか。数時間同じリンクで滑っていたので私も今でこそ親しみを感じていますが、その演技を初めてちゃんと見た12月の全日本選手権までは、あまり意識にのぼらない選手でした。

Akio1

I was impressed with his humorous SP with “Ninja” as theme.
その時見た忍者をテーマにしたユニークなSPはとても印象的でした。

It can be said that Sasaki’s in the third group in the world's most strong male Japanese team. The first one includes Daisuke Takahashi, Takahiko Kozuka, Nobunari Oda and 17-year-old Yuzuru Hanyu who distinguished himself. Tatsuki Machia, Takahito Mura, and Daisuke Murakami form the second one. Two skaters including him follow those powerful competitors. Above-mentioned 9 are certified male single senior skaters for JSF in this season.
世界屈指の男子シングル大国の日本において、彼は第3集団の選手と言えると思います。第1集団は高橋大輔を筆頭に、小塚崇彦、織田信成、羽生結弦。無良崇人、町田樹、村上大介が第2集団。その後に佐々木彰生を含めた2人の選手が続きます。この9人が現在シニア競技会に参加している日本スケート連盟の強化選手達です。

Every figure skating watcher may say about his skater, “If his jumps are OK, he can get in higher position”. He delivers his program excellently, has gorgeous steps, and skates well, but he cannot perform triple jumps consistently. He seems to THINKS he’s weak in jump. When more able juniors will start to compete in senior competitions, he would move down on the list….
スケートファンは佐々木選手について、「ジャンプがなんとかなれば、もっと上にいけるのに」と思っています。表現力に恵まれ、華麗なステップを踏み、スケーティングも悪くない。でも3回転ジャンプが安定しない。彼はジャンプに苦手意識があるようです。実力のあるジュニア選手がどんどんシニアに参戦して来る度に、彼は次々追い越されてしまう…。

However, Sasaki has special charms that nobody else has. Using offbeat music, he dances and steps splendidly and conducts unique choreography amusingly - as for these points, he’s absolutely marvelous. Though in the same program, he fails to jump one after another, the audience would be fascinated in his skate that reflects his ideal skating and his cheerful and positive personality.
でも、彼のスケートには他の人にはない魅力がります。型破りな音楽を使い、佐々木選手は素敵な踊りとステップを繰り広げ、ユニークな振り付けを楽しそうに披露してくれます。それらの点に関してはとても素晴らしい。次々にジャンプを失敗したとしても、観客は彼が目指す理想と、その明るく前向きな性格が良く表れているスケートに魅了されます。

Akio2
He has many fans. Some of them made big paper ninja stars and threw them into a rink after his performance.
彼は大変な人気者。演技の後、ファン手作りの大きな紙の手裏剣がリンクに投げ込まれていました。


According to his interview with Absolute Skating (in English), he’s from a family of commoners, not rich one. Figure skating is a money-consuming sport. His mother worked and financed it. He feels he owe her a lot. When he entered a university through the recommendation system, he hesitated in the economic burden on his parents. He’s practiced skating at his home rink nearby since he started it. He loves his hometown, family, coaches and the rink.
あるスケートサイトのインタビュー(英語)によると、彼の家は特にお金持ちではない一般家庭。フィギュアはお金のかかるスポーツです。彼のお母さんが働いてスケートを続けさせてくれて、申し訳なく感じているそうです。明治大学(在学中)への推薦入学の話があった時も、進学してこれ以上負担をかけていいのか悩んだみたいですね。子供の頃からずっとここで練習していて、自分の町、家族、コーチ、そしてこのリンクが大好きみたいです。

Some skating watchers say that Sasaki has to find a good jumping coach or move his bases overseas for raising the level of skating. That’s maybe right for dragging himself on to the higher position, but everybody has his or her own reasons. I think it's all right if he practices and tries to create his own style in his familiar environment at his own pace. To put it the other way around, because of that environment, he can make his program with a difference the fans love and performs it as he want. Anyway, the fact is he’s already risen to the sport's higher rank if not a leading Japanese skater.
「彰生は良いジャンプコーチをつけるべき」、「レベルアップのために海外に拠点を移すべき」と言う人もいます。さらに上にくい込むためにはそうなのでしょう。でも私は、今のように慣れ親しんだ環境で自分のペースで理想を追いかけていてもいいのではないかと思うのです。逆に言えば、この環境だからこそ、ファンが愛する一風変わったプログラムを作り、好きなように滑れるのだと思います。日本を代表する選手とは言いませんが、彼は既に日本男子フィギュア界の頂点の一角に登りつめているのです。

I do hope he will be around as long as possible and show us his skate.
なるべく長く彼のスケートを見せて欲しいと思います。


Akio Sasaki’s SP at Japan Figure Skating Championships 2011
I bet everyone would fall under the spell of his Ninja program!
昨年12月の全日本選手権でのショートプログラム
とりこになること請け合いです!

Posted by Kinakinw | 21:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

10 2012

My Mind is in Colorado

Colorado Springs

I’m going to keep hours on Mountain Time Zone this weekend because the Four Continents Figure Skating Championships are now held in Colorado Springs!
週末はアメリカのマウンテンタイムで生活することになるでしょう。なぜなら、フィギュアスケート四大陸選手権がコロラドスプリングスで行われているから!

Though I watched major figure skating competitions every year, I may be overzealous in pursing them this year…. Since I created the streaming environment (the new PC and optic LAN), I can watch most of them live. Addition to it, our J-Sports (CS sport channel) also has plenty of live broadcasts.
毎年メジャーな大会は観ているのですが、今年はちょっと入れ込みすぎかな・・・。だって、ストリーミング環境が整ってしまい、殆どの試合を生で観られますし、加えて我らがJスポーツも生中継が充実しているのですから。

However, I was definitely right about staying home and watching that.
それでも、今日お休みして家にいて試合を観たことに関して、一切後悔はありません。

The men’s short program took place this afternoon, and I was so imprested with performances by Tatsuki Machida and Takahito Mura! The both did their best. Machida who eclipsed his personal best score was placed 4th behind Takahashi. He got the highest GOE for this 3A, wow! Mura performed beautiful a quad-triple combination jumps. He was the only one who did a quad jump clean and was placed 2nd behind Chan.
今日の午後は男子シングルが行われたのですが、町田樹と無良崇人の勇姿に感動しました!二人ともベストの演技。自己ベストを大幅に更新した町田選手(愛称まっちー)は、高橋に続いて4位につけました。トリプルアクセルの出来栄え点は全選手中最高でした(胸熱)。やったーーーまっちーーー!無良選手は4回転3回転を鮮やかに決めました(再び胸熱)。クワドをクリーンに決めたのは彼だけ。チャン選手に次ぎ2位。すごい、すごい!

We have excellent top male single skaters in Japan, so the boys don’t have many opportunities to participate in a major international competition. It’s really important for them to have a strong appeal to the world! I hope they will show their ability to the fullest tomorrow.
日本には強い上位選手がいますから、彼等は普段なかなかメジャーな国際大会に出られないのです。今大会は世界にアピールする絶好のチャンスです。明日のフリープログラムも実力を出し切って欲しいですね。

Oh well, after this competition, I think my blog would return to something close to normal. :D
ええーっと。今大会が終われば、このブログも通常運転に戻ると思います。多分(笑)。

Posted by Kinakinw | 21:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

04 2012

Kinakinw on Ice 2012

SkateSchool1

I raise a topic of figure skating again, but this time, a person on the ice isn’t a famous skater. It’s me!
またフィギュアスケートの話題です。ただし今回滑ったのは有名スケータではなく、私です!

This morning, I joined a figure skating class held at an outdoor ice rink in Tokyo Midtown. I thought about joining a total of 3 or 4 lessons at White Sacas Alphard rink in Akasaka (I wrote about that one in the previous post, City Rink), but I wasn’t sure if I could participate in all, so I chose this an hour-long, one day program for beginners to intermediate skaters.
今日の午前中、東京ミッドタウンにある屋外スケート場で行われたスケート教室に参加しました。以前紹介した赤坂サカスのスケート場の教室に入ろうかとも思ったのですが、そちらは3~4回コース。通いきれるかどうかわからないので、こちらでやっている1時間、1回きりの教室(初心者~中級者向け)に入ってみました。

SkateSchool2
It’s for a limited time (2012/1/7~2/29) sponsored by Diners Club.
ここミッドタウンのリンクも期間限定(1月7日~2月29日)。ダイナースクラブが提供です。


The most participants were kids, but some parents also joined with their children. I'm glad to find adult fellows.
参加者の多くが子どもなのですが、親御さんの一部も参加していたので良かった。大人は私1人…だったらどうしようと思っていました。

SkateSchool3 SkateSchool4
Left: We went through a warm-up before skating. Right: Our adult group
左:まずは準備運動 右:本日のクラスメート


Instructors were a coach and players of an ice hockey team, Ice Bucks. It’s an Asia League Ice Hockey team based in Nikkō, Tochigi Prefecture, which is the only one professional team in Japan.
講師はアイスホッケーチーム、アイスバックスのコーチと選手達。このチームは日光をホームタウンとし、アジアリークに所属する日本唯一のプロチームです。

SkateSchool5 SkateSchool6
SkateSchool7
Thank you for the lesson!
講師の皆さんありがとございました!


I didn’t know about instructors until I got there (I thought figure skating coaches would teach), but it was Ok because the basic skating skills for beginners are similar in both figure and hockey skating. Even so, I noticed the difference: the instructors had an emphasis on staying low and keeping knees bent. They also didn’t mention much about how to use edges. While it’s always desirable to skate on only one edge of the blade in figure skating, it’s not in hockey skating. When they taught how to turn (the opening photo shows that), they showed us powerful turns and said, “Push the ice, like kicking, with the back part of outside leg’s blade”. I couldn’t follow it, so I translated it, by myself, into how I have to use an edge and tried.
講師が誰かは行くまで知りませんでした(当然フィギュアの先生だと思っていました)が、初心者向けのスケート技術はフィギュアもホッケーもそう変わらないので大丈夫。とは言うもののいろいろな場目で、やっぱりホッケー流なのだなと感じました。講師の皆さんは、重心を低く、膝を曲げるように強調していらっしゃいましたし。あと、彼等はエッジの使い方についてはあまり言及しないのですね。フィギュアでは片方のエッジに乗っている状態が望ましいのですが、ホッケーはそうでもないようです。冒頭の写真はターンの練習中(ピンクのマフラーをしているのが私です)。その際、パワフルな滑りの見本と共に「外側の脚のブレード後部で蹴るように氷を押して」と言われ、ええ(汗)どうやるの…と黙考。結局、そのインストラクションをエッジ使いに翻訳してやってみました。

I voluntarily practiced for a while after the lesson.
レッスンの後は自主トレ。

SkateSchool8

It’s really fan to skate feeling the wind.
Why don’t you go to an ice skate rink near you?
風を切って滑るのは楽しいですよ。
皆さんもお近くのリンクに出掛けてみませんか?smile

SkateSchool9

Posted by Kinakinw | 23:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

01 2012

Virile and Sensitive Man

Joubert1
Judging from the costume, the photo might be taken in 2007-08 season.
衣装から判断すると、2007-08年シーズンに撮影された写真かな。


The good-looking guy with a disheartened look on his face is Brian Joubert, one of skaters I watched holding my breath last weekend. He’s popular in Japan, so I think some of you know him.
この悲しそうなイケメンはブライアン・ジュベール。先週末息を飲んで演技を見守った選手の1人です。日本でも人気があるので、ご存知の方もいると思います。

The French skater is the 2007 World Champion, a three-time European champion, an eight-time French National champion, and the 2006-7 Grand Prix Final champion. At the same time, the 27-year-old man may have passed a peak in the domain of male single in which one’s prime is from late 10s to mid-20s. Since 2009-10season, he has lost his luster partly due to injuries. His melancholy eyes have stuck out in my mind for several years.
フランス人のフィギュアスケーターの彼は、2007年の世界チャンピオン。ヨーロッパ選手権では3度優勝し、国内選手権では8度優勝、2006-7年のグランプリファイナルの金メダリストという輝かしい実績を持っています。同時に、10代後半から20代半ばまでがピークと言われる男子シングルの世界では、27歳の彼は既に全盛期を過ぎた選手。確かに2009-10年のシーズン以来、けがの影響もあるにせよ精彩を欠いています。憂いを秘めた悲しげな瞳が、ここ数年彼の定番に感じてしまいます。

However, I think he’s still a top skater who can stand on the podium.
しかし、彼はまだまだ表彰台を狙えるトップ選手であると思います。

I guess his problem, at least late years, is that he’s no hand at emotional control during performance: he’s easily depressed when he fails, cannot recover and repeats mistakes at worst. He detonates oneself. In his short program at European Championship, after missing first quad jump, he stepped out second triple axel and couldn’t put in a combination jump that’s one of required elements for SP. Then, I saw his depressed look again.
個人的には、少なくともここ数年に関して、彼の問題は演技中の感情のコントロールが下手なことだと思うのです。失敗すると落ち込んでしまう、リカバーできない、最悪の場合ミスを重ねる。自爆というやつですね。今回のショートプログラムでも、最初の4回転ジャンプを失敗した後、トリプルアクセルでステップアウト、そして入れなければいけないコンビネーションジャンプを入れられない・・・。で、またしょんぼり顔を見ることになりました。

Joubert2
He was in 10th place after the short program, and the podium was already out of reach.
ショートプログラムで10位。表彰台は遥か彼方。


The others I watched on TV with bated breath were a 29-year-old Russian, Evgeni Plushenko and a 26-year-old American, Jeremy Abbott. Though I don’t closely mention them because it’s going to be a long story, I saw their exultant faces unlike Joubert.
その他にハラハラしながら見ていた選手は29歳のプルシェンコと26歳のアボット。長くなるのでこれ以上言及しませんが、こちらの2人はジュベールと違って喜ぶ顔を見られました。良かった。

Plushenko Abbott
Plushenko (left) and Abbott (right) won the gold at Euro and American national respectively.
プルシェンコ(左)はヨーロッパで、アボット(右)はアメリカでそれぞれ優勝。


This handsome skater who is basically a man of spirit and also fragile easily wins over ladies. Not only that, his masculine and dynamic performance including huge quad jumps is popular among male fans. I believe his depressed look affect both male and female. Last weekend, many people who back up him couldn’t help but sigh deeply in the arena and in front of TV or PC.
基本的には負けず嫌い、かつ繊細なハートの持ち主であるこのハンサムは、女性の心を捉えますね。それだけでなく、男っぽい演技、ダイナミクッな4回転ジャンパーの彼には、男性ファンも多いのです(私は男性ファン的ファン)。彼の悲しそうな顔には、女性も男性も感情をかきたてられます。先週末は、会場で、テレビやパソコンの前で、多くの人々が深い溜息をついていたに違いありません。

He would participate in the World championships in March, but I don’t how many times he appears at major international competitions in the future. Though his melancholy eyes aren’t bad, I hope I can see joyful Joubert as many times as possible.
ジュベールは3月に行われる世界選手権には出るのでしょうが、この先大きな国際大会に何度出てくれるのかわかりません。憂いをたたえた瞳も悪くありませんが、喜ぶジュベールをなるべくたくさん見たいですね。

Posted by Kinakinw | 20:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

28 2012

Shriek of Joy

Euro
US National

This weekend is the busiest time of year for an adoring fan of figure skating because the U.S. Championships (California, San Jose) and the European Championships (U.K., Sheffield) are going on at the same time.
この週末はフィギュアスケートオタクにとって1年で最も忙しい。なぜなら全米選手権とヨーロッパ選手権が同時に開催されているから。

In Japan, we can watch singles SP and FP of both competitions live on CS station, J Sports, and also, we can watch whole European one live by free streaming TV. Some people who has Ice Network’s season pass (paid streaming) can watch whole U.S. one live.
日本では両選手権とも、男女シングルのSPとFPはJスポーツ(CS放送局)で生中継があります。ヨーロッパ選手権の方は、無料のストリーミング放送(PC)でも全ての競技をライブ観戦できます。また、スケート専門の有料ストリーミング放送で、全米選手権の全競技もライブ観戦できます。

One can’t find time to sleep if one wants to see all. I gave up watching live ice dance and pairs of the both competitions, but still, it was pretty impossible physically to watch live performances of the rest. Then I abandoned Euro women’s. I watched U.S. men’s SP this afternoon from 12:00 to 15:30, and here are the live broadcasting schedules of Jsports. (It’s about 19:00 now)
20:50-2:00 (next day) Euro men’s FP
2:25-7:00 Euro women’s FP
(from 5:00, US free dance will start on the streaming TV.)
8:55-13:00 U.S. women’s FP
(from 13:30, U.S. pairs’ FP will on the streaming TV.)
See, it’s hard-scheduled, isn’t it?

2つの選手権の競技を全部生で観ようとすると、寝る時間がありません。両大会ともペアとアイスダンスのライブ観戦は早々にあきらめたのですが、それでも残りを全部生で観るのは、私には体力的に難しい。しかたなくユーロ女子シングル生観戦もあきらめました。例えば、今日は午後12:30から15:30まで全米男子シングルSPをJスポーツで生観戦していました。で、これを書いているのはだいたい19:00。上に書いたのが今後の放送予定です。Jスポーツで20:50から明けて2:00までがユーロ男子シングルFPが生中継。引き続き2:25から明日早朝までユーロ女子FPの生中継。5:00からは全米アイスダンスのストリーミング放送開始。明日の9:00から13:00までJスポーツで全米女子シングルFP。その30分後には全米ペアFPがストリーミングで始まると。
ね、ハードスケジュールでしょう?

Since senior competitions of Euro started last Thursday evening before the other, I’ve indulged in the competitions. For the both, it’s fun to enjoy performances of skaters who don’t participate in major international games as well as big names. Specifically, U.S. National is a serious match for all American skaters because it’s the only one qualifying race for the World Championships. Skaters from these preliminaries and seeded top skaters measure swords with each other: it’s one-shot deal.
全米に先立ちユーロ選手権のシニア競技が木曜に始まってから、観戦にふけっていてもうフラフラです。どちらの大会とも、有名選手はもちろん、メジャーな国際大会には出てこない選手達の演技を観られて楽しいです。特に全米選手権は、世界選手権の選考も兼ねている真剣勝負の場です。しかも一発勝負。シードされたトップ選手と、予選から勝ち上がった選手が同じ条件でしのぎを削ります。

As for European one, I focus on men’s single including Brian Joubert (a French skater) and Evgeni Plushenko (a Russian skater).
ユーロに関しては、ジュベールやプルシェンコといった男子シングルの選手に注目しています。

Well, a figure skating Otaku (fan) has a passion for watching not only own country’s skaters but also foreign ones.
スケートオタクは自国の選手だけでなく、外国人選手も同じ様に熱心に観ているのですよ。今週末は嬉しい悲鳴。

しかし、他国の国内選手権を日本のTVで生観戦できるのに、我が国のフィギュアスケート全日本選手権がライブで観られないって、どういうことなのでしょうか。アメリカでも全米選手権はTVでは生放送されていないようですが、有料のストリーミング放送が補っています。もしかすると全日本選手権は、フィギュア強豪国の国内選手権の中で唯一、会場でしか生観戦できない試合なのではないでしょうか(`。'メ)ムキーッ。

Posted by Kinakinw | 19:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

«prev | next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。