Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2013

Tende where Tendasques live

Tende1

We took a train of Linea del Tenda (Ligne de Tende in French) from Ventimiglia and visited a village of Tende near Tende Pass.
ヴァンティミリアからタンド線に乗り、タンド峠近くのタンド村に向かいました。

Tende2 Tende3_303
After a while, the train went deep into the mountain valley. The next station of Tende was in Italy. The train threaded the border. There was a branch line to Nice, and we took it on the way back.
しばらくすると、列車は山中に分け入ります。タンド駅の先はイタリア。この列車はイタリア→フランス→イタリアと、国境を縫うように走ります。支線がニースにも伸びており、帰りはそれを使ってニースに戻りました。


Tende4

Tende with a population of 2,025 (2008) was a fortified town guarding an important pass into the Piemonte. When Nice was a part of Italy, the route passing the pass was used for transporting goods from Mediterranean region. Especially it was called “Salt Road”.
人口2,025人(2008)のタンド村は、かつてはピエモンテに抜ける峠を守るための要塞の村だったそうです。ニースがまだイタリアだった頃、この峠を抜けるルートで地中海沿岸から物資が運ばれていて、特に塩の道として有名でした。

Tende5

We picked up a map of the village at the tourist information center and headed to the Musee de Merveilles next to the office where we could see archeological and ethnological exhibitions around the area for free. People have lived there from prehistoric times, and there has been a long history of the cattle breeding.
観光案内所で村の地図をもらい、隣のMusee de Merveillesへ。この地域の考古学、民俗学的資料を展示する博物館で、無料で入館できます(日本語のリーフレットもありました)。この辺りには先史時代から人が住み、牧畜の歴史も長い。

Tende6

Tende7

After leaving the museum, we walked down the main street toward the village on the flank of the mountain.
博物館を出た後は、メインストリートを抜けて山腹に広がる村に向かいます。

Tende8

Tende9

On the way, an old lady walking a little in front of us seemed to shoot glances at us. I thought she felt uncomfortable with people walking behind her, so we passed her. However, after a minute, I found she was in front of us again. When I found a fountain and stopped at it, she talked softly to me in French: “take a picture of this fountain, and there are two more in the plaza, so go to see them, too.” I understood that she wanted to talk to us who came to her village all the way from somewhere in Asia.
その途中、すぐ前を歩いていたおばあちゃんがチラチラ私達を見ているようでした。後ろを歩かれると居心地が悪いのかな、と思い追い越しました。でも、ちょっとの間にまた私たちを追い越しています。傍らの泉に足を止めた時、そのご婦人がフランス語でそっと話しかけてきました。「この泉の写真を撮りなさい。あの広場にもあと二つあるから見に行きなさい」と。そうか、アジアのどこかからはるばる来た私達に話しかけたかったのか、と納得。

Tende10

Tende11 Tende12
Following her advice, we crossed the main street and rambled along the plaza for a while.
お勧めに従って、道の反対側の広場を少し散策しました。


It’s a lovely little Italian-style medieval village. I liked this place the most throughout the trip.
ここはとても素敵な中世の村。今回訪れた村の中で最も気に入りました。

Tende14 Tende15

Tende16

Tende17

Tende18
My friend took many my back shots during the trip. This is one of them.
今回の旅行では、友人が私の後ろ姿をたくさん撮ってくれました。これはその一枚。


Tende19

Tende20

Tende21

On the way bake to the station, I dragged in a bar by the monsieur in the right in the picture. Apparently, he suggested taking a picture of them…. The madam of the bar who was in astonishment said, “he is drunk, but don’t worry, he is a nice local.”
駅への帰り道、この写真の右端のムッシュにバーに引っ張り込まれました!!!恐らく、俺たちの写真を撮れ、と言っていたと思います。バーのマダムが呆れ顔で、「酔っ払っているけど大丈夫、気のいい村人だから」と言っていました。

Tende22
I’m strangely aware of that the monsieur in blue T-shirt reminds me of my deceased father.
不思議なことですが、この青いTシャツのムッシュは私の亡くなった父に似ているのです。


I examined the history of the village and found that it coped with difficult times. From 1861 to 1947 it was part of Italy and the last commune to join the French Republic in 1947. The people identify oneself as Tendasques, not French.
この村の歴史を調べると、とても厳しい歴史を潜ってきたようです。1861年から1947年までは当時のイタリアの一部で、1947年に最後にフランス共和国に入った最後の生活共同体だったそうです。この村の人々は、自らをフランス人ではなく、タンド人と呼ぶそうです。

When I stayed there, just for few hours, I felt extremely welcome.
たった数時間ですが、滞在中、とても歓迎されている気分でした。

The village and railway line with view are on a major guidebook, and some Japanese visit it (actually, a Japanese couple in the train on the way from Ventimiglia got off it with us). I strongly recommend that you spend one day visiting the village including the other ones along the line, such as Sospel and Saorge if you stay in Nice for several days. I definitely stay there next time.
この村も、景勝路線のタンド線も、地球の歩き方に載っていて、日本人もけっこう訪れています(実際、行の電車で一緒だった日本人カップルもこの村で降りていました)。もしニースに何泊かするのであれば、是非一日時間をとってタンドと沿線のソスペルやセオルジュを訪れると良いと思います。次回は絶対ここに泊まろうと思います。

Tende23

Posted by Kinakinw | 23:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。