Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

22 2013

Monaco, the Town of Set Decoration

Monaco1

No one can tell all about a town only with few hours of stay. But, if you have traveled from place to place for many years, sometimes, you might feel if you get along well with a town or not at once. I knew by that intuition I had little reasons to like the small country of 2,020,000 square meters.
たった数時間の滞在で、その街の全てがわかるはずもありません。でも、長いことあちこち旅をしていると、時にはその街に着いた途端、自分と合うか合わないかがわかるかも知れません。そのような直観で、私がこの小国を好きになる理由はあまりないな、と感じました。その面積約2万キロ平方メートルは、西湖より狭い。

Firstly, the country gave me a cooped-up feeling. The relatively-new tall buildings were concentrated, and the streets were all narrow. High-rise luxury apartments were being built here and there. The apartments were built on the roads, I mean, on a tunnel roofs (those apartments might be cheaper than the others). Additionally, the port was jammed with boats.
まず、この国はとても閉塞感がある。比較的新しい高層の建物が密集していて、道が狭い。現在でもあちこちで高層億ションがまさに建設中。道路の上にまでアパートが建てられていました。トンネル状の道路の上に、という意味です。もしかすると他の物件に比べて家賃は安いのかも知れません。加えて、港にはボートやヨットがびっしり。モナコには空がない。そして海もない…。

Secondly, things demonstrating Monaco-style gorgeous cast a chill over me. For example, I found it pathetic and sad that the scene of fancy cars in front of Casino, tourists cluster around the cars, and the nasty-nice door men of Casino looking the people dryly.
次に、モナコ的ゴーシャスを表す事物に興ざめしてしまった。例えば、カジノの前に並ぶ高級車、それに集まる観光客、そしてそんな観光客を冷ややかに眺める慇懃無礼なカジノのドアマン。何とももの悲しさを誘う光景でした。

Monaco2

“Gorgeous” was stereotypical and bling-bling style of incomers. It seemed to me that some people swarming around Monaco are more likely to embody typical celebrity-like life to flash around than those who living the other high status housing villages. For them, visitors looking on them with envy are another important merit to live there in addition to a tax break. So, “Gorgeous” must be easy-to-follow: common luxury cars, brands, social lives, and social eminences.
モナコ的”ゴージャス”とは、移住して来た人々によるこれ見よがしのベタなお金持ちスタイル。モナコに群がる人の一部は、他の高級住宅地となった村を選ぶ人に比べ、人に見せつけるために誰もが想像するセレブ生活を体現する傾向が強いと思います。そういう人達にとっては、税金制度に加えて、彼らに羨望の視線をおくる訪問者がいることもモナコに住むメリットなのでしょう。だから”ゴージャス”は誰にでもわかるものでないといけない。舞台の書き割りのような街に、わかりやすい高級車、高級ブランド、それっぽい社交場面、そして社会的地位。

Actually, I expected that “gorgeous” and thought I could enjoy the absurdity of it. However, in reality, I couldn’t do that by the thought of that Monaco that was on the threshold of bankruptcy has been increasingly prosperous by both sides of people.
実のところ、それこそがモナコ的ゴージャスなのだとわかった上で、そのバカバカしさを楽しもうと思っていたのでした。でも実際は、かつては倒産の危機にあったこの国は、両方の立場の人々を飲み込んでますます栄えているのだ、と思うと楽しめませんでした。友人と、せめて私達はここにお金を落とすのを止めようね、と可愛い抵抗をしたのでした(笑)。まぁ麻布でも似たようなことはありますが、私らと違ってモナコ国民は流入者のおかげで豊かに暮らせるのだから、毎度ありがとうって感じで彼等を大らかに見ているんだろうな。

Anyway, we came back to Monaco from Roquebrune only to go to the open-air summer concert at the main courtyard of the Palace by Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo. Though the palace was compact and looked like a museum or college library, the concert was pretty nice. I enjoyed not only music but also observing people.
ともかくも、ロクブリュヌからモナコに戻ったのは、その晩宮殿の中庭で行われた、モンテカルロ・フィルによる野外コンサートに行くため。宮殿は思いのほか小さく、ちょっとした博物館か大学の図書館といった風情でしたが、コンサート自体は楽しかったです。音楽だけでなく、人間観察も楽しみました。

Monaco3

Monaco4 Monaco5
Getting disappointed with the town, I didn’t take many pictures. Sorry for the all out of focus ones.
モナコでは気分が盛り上がらなかったため、ろくな写真がありません。ピンボケばかりで失礼します。


I was planning to catch a No. 100’s night bus for the return trip. The staff at the tourist office we stopped by in the morning said it was available on Sunday, but it wasn’t. We were told that from a driver of Monaco bus when we waiting at the bus stop. He suggested us to get a train, but I knew it was already late for the last one. We couldn’t be helped so, after having drinks at a café in front of the bus stop, we asked a waiter to call a taxi.
コンサート後は、100番の深夜バスで戻ろうと思っていました。午前中に立ち寄ったモナコの観光案内所で確認したところ、その日(日曜日)も深夜バスが走っているということでしたが、実際は違いました。バス停で待っていると、モナコバスのドライバーから「もうバスはないから駅へ行って電車でニースに帰りなさい」と言われました。でも既に終電には間に合わない時間(バスを当てにしなければ、余裕で間に合ったはず)。しかたがないので目の前のカフェでお茶をして、ウェイターにタクシーを呼んでもらいました。

Bad luck often brings good luck.
Fortunately for us, the good quality female taxi driver saved our night. She drove her car, in which classical music was played, in a gentle manner, and we enjoyed night views along the cost in nice and cozy space on the way our hotel.
しかし、災い転じて福となす。
幸運なことに、品の良い女性タクシードライバーのおかげで、良い一日の締めくくりになりました。クラッシック音楽が流れる車内。彼女の丁寧な運転で、快適で心地よい空間から道中の海岸線の夜景を楽しめました。

Posted by Kinakinw | 22:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。