Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

17 2013

Bon Jour, Cote d'Azur

nice1_1

Visiting Cote d'Azur was latter half of our trip to the south of France follow upon the last year’s one to Provence. We wanted to visit Mediterranean region last year but abandoned that because we didn’t have enough time.
コートダジュール訪問は、昨年のプロバンス旅行に続く南仏への旅の後半戦でした。本当は地中海沿岸地域も去年一緒に回りたかったのですが、日数の関係で諦めました。

nice1_2
We got to Nice with one of European famous LCCs, EasyJet, from Berlin.
ヨーロッパの有名LCCの一つのイージージェットでニース入り。


It was my second visit to Nice. In my mid-twenties, I took a train trip around Italy and Spain for a month with my friend using Eurail Youth Pass. We just spent couple of nights (at a hotel front of Nice Ville) in the staging post for going a coin-operated laundry and getting rest since I wasn’t interested in this expensive resort area.
ニースは二度目。二十代の中頃、友人と二人でユーロレールユースパスを使い、イタリアとスペインを一か月かけて列車で旅行しました。当時は滞在費の高いこの辺りのリゾートには興味がなかったため、中継基地として駅前のホテルに二泊し、コインランドリーで洗濯して体を休めただけでした。

At initial visit, Nice didn’t leave much positive impression. I thought Promenade des Anglais imitating southern islands, the stony beach, theatrical hotels, and restaurants for tourists were out-of-date even at that time. I had no idea why many people yearned for the resort. So, this time, I chose the city as a convenient base camp for sightseeing surrounding villages and was hardly looking for the city per se.
その際、ニースには大していい印象は持ちませんでした。プロムナード・デ・ザングレには行きましたが、南国を模した通り、石だらけのビーチ、何とも大仰なホテル、観光客向けのレストランといった全てが、当時でも時代遅れに感じました。何で世界中の人がここに憧れるのか不思議で、「熱海はこの街を手本にするべきじゃないだろう」と思ったものです(笑)。だから今回も、周辺の村を回るのに便利だから、という理由で滞在先に選んだだけで、街自体にはあまり期待していませんでした。

I regretted that I didn’t visit the old part of Nice in the first visit. If I had visited there, I would be bake earlier!
なんであの時、旧市街まで足を延ばさなかったのかなぁ。そうすればもっと早く再訪していたのに!


The old part of Nice 旧市街

nice1_3

Come to think of it, Nice is old and historical city locals live for generations. Promenade des Anglais and its surroundings are just little parts of it.
考えてみれば、ニースは歴史ある街で、代々人々が暮らしているのです。プロムナード・デ・ザングレ地区なんてそのほんの一部に過ぎないのです。

nice1_4

nice1_5 nice1_6

The old town was also a tourist spot, but in the area I felt energy of the city and lives of the people.
旧市街も観光エリアではありますが、街の活気や人々の暮らしが感じられます。

nice1_7

nice1_8

nice1_9


Parc de la Colline du Chateau ニース城址公園

nice1_10

The Castle Hill where not much is left of the Chateau itself is now a recreation area and an elevated spot with sweeping views of Nice. You can walk to the top of the hill, but there is a free elevator.
ここにはお城の痕跡はあまり残っていません。今は公園になっていて、高台からニースの素晴らしい景色が楽しめます。歩いても登れますが、無料のエレベーターがあるので是非ご利用下さい。

nice1_11 nice1_12

nice1_13
Spring water came out there, and it was a little bit cooler than in the level ground.
湧水も出ていて、地上より少し涼しかったです。


If you want to take a photo, I recommend you to go there not later than early afternoon. We got there in the evening, so I had to take a picture against the sun. Anyway, we could see the incredible views of Nice!
綺麗な写真を撮りたいのなら、午後早い時間までに来るといいと思います。私達が着いたのは夕方で、ニースの街方向は強烈な逆光で写すはめになりました。いずれにしろ、眺めは最高です。

nice1_14


Hotel Helvetique ホテル エルブティーク

After visiting Germany where I had little to complain about people in hospitality industry, I got rough deals here from the minute I arrived Nice. First thing was a toilet attendant in a lackadaisical attitude at the airport who ignored people waiting in line and splashed water on the floor. Though there were many toilet rolls in storage, she left the empty holders. Then, a taxi driver took the long way using a highway. Damn, damn, damn! Since I was in the country of the honest up until few hours ago, I forgot to direct the route. When one uses taxi abroad as a tourist, it frequently happens, but in recent years, at many airports in US, taxi fares are set by destinations. I strongly want Nice airport to MODERNIZE its demode taxi system (I e-mailed about that to the airport).
ちょっと長い愚痴になります。サービス業従事者に対して何の不満もなかったドイツ滞在の後、ニースに着いた瞬間からひどい仕打ちが待っていました。まず、空港のトイレ。やる気のなさそうな清掃員が、長い列を作っている利用者を無視して床に水をぶちまけていました。ストックヤードにトイレットペーパーがあるのに、紙が切れたまま。「私の手順よ」と言わんばかりで、先に紙を補充するつもりはないようでした。人が使おうとしているのだから、まず紙だろう?次に、タクシーにまんまと遠回りされました。つい数時間前まで正直者の国にいたため、うっかり道を指示するのを忘れてしまい、車は市街地を大きく迂回する高速道路へ。海外で旅行者としてタクシーに乗ると起こりがちではありますが、アメリカですら、最近は、少なくとも空港からのタクシーは目的地ごとに料金が予め決められていることが多くなりました。ニース空港にもタクシーシステムの“近代化”を強く望みます(最近海外でも遠回りタクシーにはその場で文句を言ってルートを変更させるのですが、これをやるとその後怒りを鎮めるのに小一時間かかるのですよ。今回は到着後すぐ観光に繰り出す予定だったので大人しくしていました。運転手チェックもし忘れたので、タクシーシステムの改善を促す趣旨の苦情メールを空港宛に送っておきました)。

nice1_15 nice1_16

All told, I felt relieved when I welcomed by friendly staff at the hotel. Completely different from Westin Berlin, I chose the economy hotel that had the good access to transportation. Though it had drawbacks to water supply systems that are common to this kind of hotels, front desk clerks were kind and worked smart (French, Italian, and English are available). It was a pleasant stay, at least, without psychological stresses.
そんなこんなで、このホテルのスタッフに暖かく迎え入れられ、ほっとしました。ベルリンのウエスティンと打って変わって、ニースでは交通の便の良いエコノミーホテルに宿泊。この手のホテルにありがちな通り、水回りに難点がありましたが、フロント係(フランス語、イタリア語、英語対応可)が皆親切できびきび働いてくれて、少なくとも精神的なストレスは一切感じず快適に過ごせました。

Hello again, Promenade des Anglais プロムナード・デ・ザングレ

nice1_17

We stopped by this area for a while on the previous day of departure. If I had taken a walk along the street early in the morning, I would have enjoyed the spot a little bit.
帰国前日にちょっとだけ立ち寄りました。この辺りは、早朝に散歩するのが一番楽しめるのだろうなと思いました。印象は大して変わらず。

Posted by Kinakinw | 00:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。