Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

27 2013

Why do You Still Take the Paper?

waste newspaper

From my childhood, my family had taken several newspapers: multiple general papers, a sport paper, and the mouthpiece of the party (JCP) for social reasons. I therefore had a lot of chances to understand what the newspaper was all about through reading that they interpreted one thing in many ways.
幼少の頃から、我が家では複数の新聞を取っていました。全国紙を複数、スポーツ新聞、そしてお付き合い上取っていた○旗新聞(日曜版のみ)。だから、同じ事柄を様々に解釈して伝える新聞とはどういうものかを理解する機会には恵まれていました。

From past to present, the publishers write what they want for propaganda according to their thought and creed. It’s not surprising, but unlike papers published by JCP and the religious group in which one can clearly see their agendas, some common papers are extremely worse.
過去から現在まで、新聞の発行人は自分たちの思想信条に沿ったプロパガンダのために、書きたいことを書いてきたわけです。それは驚くことではないのですが、主張が鮮明で誰にでもわかる○旗や○教新聞とは違い、全国紙というのは極めてたちが悪い。

From my viewpoint, the all papers are basically the same, and taking a particular paper means that one associates oneself with the paper’s thought and creed and provides favors to the group that has such ideas. So, if you take a pater on that score, it’s fine. I regard a reader of a particular paper as a follower of it (it’s a handy polygraph).
私に言わせれば、新聞なんて全部同じ。特定の新聞を取るということは、その新聞の思想信条に共感し、そのような主張を持つ団体に利益供与するということです。だから、そういう理由で新聞を取っているのなら、全く問題はないのです。ああ、この新聞を取っているからこの人はそういう思想なのだな、とわかって便利です。

However, that's not going to happen always. My father’s political ideas didn’t concur with the common papers on many points. I think he took them just by habit. Well, a subscription to newspapers without thought was common in Japan, and it still persists in the public mind. There is no way I would ever pay for a particular common paper and support the great newspaper editors and reporters who ride around in a limousine hires in the field.
でもそうはいきません。私の父の政治思想と定期購読していた全国紙の思想とは多くの点で一致しません。恐らく、父は習慣として新聞を取っていたと思うのです。そうなのです、新聞の定期購読はかつての日本ではごくごく普通のことでしたから。そして漫然と新聞を取るという習慣が、現代でも根強く残っているのです。全国紙を取って、お偉い編集者の方々や、現場に行くのにハイヤーを乗り回す「お記者様」達の生活を支えるために、特定の新聞にお金を払うなんて、私には全くもって考えられないことです(業界紙はもちろん除きます)。

Naturally, after my father's death, we stopped taking the paper out of the powerful motive. Now we can get the information on the web far sooner than a newspaper. I also can read several common papers at my office, and when I really want to read one (once in a year or so), I can buy it at a newsstand or convenience store any time. Honestly, I have no occasion to buy a propaganda paper bomb (now, I have no idea how people handle huge paper they derive daily).
当然のこととして、父が亡くなってから強い動機を持って新聞を取るのを止めました。現在では、新聞よりはるかにはるかに早く、ネットで情報を得られます。複数の全国紙を職場で読めますし(読み比べを「偵察」と呼んでいます)、どうしても読みたい新聞があればキオスクやコンビニでいつでも買えます(そういう機会は年に一度位)。正直言って、プロパガンダいっぱいの紙爆弾にお金を払うなんて全く考えられないのです(今となっては、皆さん大量の紙をどう処理しているのか不思議)。

I have no problem since I unsubscribe, but there is one exception. The thing is that sometimes I need west newspaper in everyday life, for example, when I tidy up our garbage. The opening photo shows the west paper I got from my neighbor. That should last for a while.
定期購読を止めてから、特に問題はありません。でも、一つだけ例外があります。それは、日常生活では古新聞が必要になることがある、ということです。例えば、生ごみを捨てる時とかですね。冒頭の写真は、近所の方から頂いた古新聞です。これだけあれば、しばらくは持ちます。

Posted by Kinakinw | 20:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | Cultural Issue (Japan)

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。