Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

20 2013

Where is Your Pearl Necklace? – 2

Pearl2_1
This time, I took it with natural sunlight at the window on cloudy day.
今回は曇りの日に窓辺に置き、自然光のみで撮ってみました。


#This article is what I (who was a person with very little understanding of pearl) thought through the quest for pearl necklaces. Maybe, some of you have an appreciation for pearls, but please, no flames about my honest discussion.
#In the post, “pearl” means Akoya pearl cultured in Japan.
※これは真珠の素人である筆者がネックレス探しを通じて感じたことです。皆さんの中には真珠に通じた方もいらっしゃると思いますが、素人のたわごとと思ってご容赦下さい。
※このポストにおける「真珠」は、特別な記述がない限り日本で養殖されたアコヤ真珠を指します。


As I wrote in the previous post, I was disappointed in the consumer preference and product imbalance of pearl, but there were other reasons. The serious situation of pearl production in Japan also made me feel depressed. The trade prices of pearl plunged in this decade because of influx of low-cost freshwater pearls from China, and that led to a dramatic decrease in the number of oyster farmer. I heard nowadays, the industry even imports Akoya pearls, especially small sizes, from China and Vietnam.
前回書いた通り、真珠に関する買い手の好みと商品の偏りにがっかりしたのですが、実は物悲しい気分になった理由は他にもあったのです。それは真珠産業の厳しい現状です。安価な中国産淡水真珠の流入により、この10年で真珠の取引価格は大暴落しました。そして日本の養殖業者は激減したそうです。今や日本は中国やベトナム産のアコヤ真珠まで輸入しているのです。特に6.0mm以下のパールやベビーパールは手間がかかる割に儲けが薄く、生産する業者が極端に少なくなっているそうです。ベビーパールなんかは数件しかないそうです…。

I tried to forget about a pearl necklace, but the internet marketing blocked me from my effort. One pearl shop’s Internet ad was continued to be shown on my PC (I didn’t use that shop, though), so maybe I was vaguely thinking about it. Last month, I restarted to search pearls, then, I had a fateful encounter with a secondary processing company in Ise – Shima area in Mie Prefecture that is one of main producers of pearls in Japan.
真珠のネックレスのことは忘れようとしていたのですが、ネット広告がそれを許してくれませんでした。私のパソコンには、その後もネットショップの広告が出続けていたので、ぼんやりとでも考え続けていたのでしょう。先月真珠探しを再開し、伊勢志摩のある真珠二次加工会社に出会ったのでした。

The company purchasing all kinds of pearls from home and abroad and making pearl jewelry sells necklaces using old pearls called vintage which are kept in stock. Though my concern about buying pearls on line remained, I made a trial purchase and get 2 necklaces: (1) 3.5 – 4.0 mm baby pearls and (2) 6.5 – 7.0 mm“Koshi-mono (means grown over a year)” pears. They were locally grown (Ise – Shima) over 15 years ago in original Japanese Akoya oysters.
その会社は地元を中心に海外からも様々な種類の真珠を仕入れ、ネックレス等に加工して販売しているのですが、その中にヴィンテージと称して昔の真珠を用いた商品があったのです。ネットで真珠を買うのには不安が残りましたが、試しに2本購入してみました(これらのサイズは元々それほど高価ではないので)。一つは3.5 - 4.0 mmのベビーパール。もう一つは6.5 -7.0 mmの越物(核入れ後1年以上養殖されたもの)。どちらも15年以上前に日本原産のアコヤ貝を用いて伊勢志摩で生産されたものです。

My gamble was a complete success! Though the company calls them “vintage”, some people would think they are just old dead stock. However, I strongly thought they were worth buying for. Now I’m clearly aware of that I wanted products that made me realize how beautiful original our pearl was.
このギャンブルは大成功!例えそのショップが“ヴィンテージ”と呼んだとしても、人によっては単なる古い真珠、不良在庫だとしか思わないでしょう。でも、私にとっては買う価値のある商品だと強く感じたのです。今は、ああそうか、私はかつての日本の真珠の美しさを実感させてくれる商品が欲しかったのだ、とはっきりわかりました。

After the major shellkill in 1997, the Japanese Akoya was inbreeded with foreign one, and now almost all pearl oysters are hybrid. When using the original Akoya, the oysters had to be grown at least 18 months after inserting a nucleus, so all pearls were Koshi-mono in the past. However, now famers shortened the period (about 8 months) because firstly, the hybrid oyster can form pearl layer quickly and secondly, primary processing techniques improved recent years can keep pearls from aging deteriorating without growing longer than before.
1997年のアコヤ貝大量死の後、日本原産のアコヤ貝は外来種と交配され、現在ではほぼ全ての真珠はその交配種で作られています。日本原産種を使っていた頃は、核入れ後18ヵ月以上母貝は海に沈められていたそうですから、当時は全部が越物だったわけです。しかし現在では、養殖期間は8ヵ月に短縮されています。その理由は、まず、交配種は原産種に比べて真珠層の形成が早いこと。そしてもう一つは、一次加工の技術が発達したので、真珠層が以前に比べて薄くても経年劣化が防げるようになったから、だそうです。

The necklace with 6.5 – 7.0 mm pearls toned in white pink maybe isn’t gorgeous as one in a window of Mikimoto (which is also toned), but I think it’s touchingly lovely. On my goodness! We can’t make them again.
ホワイトピンクに調色された6.5 – 7.0 mm珠のネックレスは、ミキモトのショーウィンドーを飾る商品に比べればゴージャスさは劣ります。でも、可憐で美しいと思います。見る人が見ると、原産種にしか出せないピンクの干渉色があるそうです。何とも残念なことに、こういう真珠はもう作れないのです。

I must insist that I’m Not diminishing the value of pearls form hybrid oysters. I just feel attracted to ones from decades ago personally. I feel like I’m buying not only peals, but also our pearl culture in the past.
お断りしておきたいのですが、私は交配種で作られた真珠が駄目だなどとは思っていません。あくまでも、個人的に昔の真珠に惹かれてしまうということです。真珠だけでなく、かつての日本の真珠文化も一緒に買っている気分なのです。

Since I made the necklace shorter than usual, I got the spare pearls, so to making use of them, I asked my friend to make pierced earrings and a pendant combining with a Tahitian black-lip pearl in the picture. Also, just days ago I placed a new order for a semi-long necklace using unprocessed natural pearls (no bleaching, no toning) cultured more than 20 years ago in Kumamoto with that shop just days ago. This time, I bought the pearls without holes including processing charge, and I have to wait for 3 weeks to get it. The farm of these pearls is gone now, and we can’t have those after the stock will be depleted.
ネックレスを短めに仕立てたので、余り珠が出ました。それを活用し、友人に頼んでピアスと、タヒチ産黒蝶貝と組み合わせたペンダントトップを作ってもらいました(下の写真参照)。そしてつい先日、20年以上前に熊本で採れた生玉(無漂白、無調色)を使ったセミロングネックレスをまた例の店で注文してしまいました(敢えて微妙に色合いが違う珠を組み合わせています)。今回は、穴があいていない真珠を加工費込みで買ったので、商品が到着するまで3週間待たないといけません。その真珠を作った養殖業者はとっくに倒産し、漁場も今はもうありません。例の店の在庫が無くなると、少なくとも来歴とともにその真珠に出会える機会はもうないのです。

Pearl2_2
I found myself among pearl lovers.
真珠趣味人の仲間入りを果たしました。


Meanwhile, I gathered pearl items in my house (I can’t find my ring and my mother’s choker necklace so far). I deeply feel sorry for the items because they are also “vintage”, but I had completely ignored them for a long time. Well, now I’m accidentally deep into pearls, but basically I have zero interest in jewelry goods.
その一方、我が家にある真珠を改めて集めてみました(私の指輪一つと、母親が持っていたと思うチョーカーは見当たりません…)。完全に存在を忘れていたグレー系真珠のステーションネックレス、片方なくしたイヤリング、父親のネクタイピン等など。考えてみればそれらも立派な“ヴィンテージ”。今まで全く関心を払ってこなかったことを申し訳なく思いました。今は偶然真珠にはまっていますが、基本的に私は宝飾品に興味ゼロなのですねぇ。

I think many ladies who are reading the blog also have those priceless vintage pearls.
ここをご覧の多くの女性も、もう手に入らない貴重なヴィンテージ真珠をお持ちだと思います。

Posted by Kinakinw | 01:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Pearl

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。