Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

16 2013

Where is Your Pearl Necklace? – 1

Pearl2.jpg
Finally, I got my pearl necklaces within 9 months of setting my mind to it.
思い立ってから9カ月、ようやく自分に合った真珠のネックレスを買いました。


#This article is what I (who was a person with very little understanding of pearl) thought through the quest for pearl necklaces. Maybe, some of you have an appreciation for pearls, but please, no flames about my honest discussion.
#In the post, “pearl” means Akoya pearl cultured in Japan.
※これは真珠の素人である筆者がネックレス探しを通じて感じたことです。皆さんの中には真珠に通じた方もいらっしゃると思いますが、素人のたわごとと思ってご容赦下さい。
※このポストにおける「真珠」は、特別な記述がない限り日本で養殖されたアコヤ真珠を指します。


I had been seized with a keen desire to have a pearl necklace since last fall. The start was that I saw many women in France enjoyed each and every kind of pearls freely and easily. Then, returning to Japan, I read an impressive episode of Kaoru Kanetaka (a pioneering journalist and TV talent) about pearls in her book. In 1960’s when she traveled abroad for taping a TV program, she always wore pearls that were one of specialty goods and export of Japan for promoting them. Her episode made me realize that I live in “the land of peal” and find myself thinking about wearing our beautiful pearls in everyday life. Seriously, I thought I had to wear pearls.
去年の秋から、どうしても真珠のネックレスが欲しいと思うようになりました。きっかけは去年のフランス旅行。ヨーロッパの女性は真珠が好きで、あらゆる種類の真珠を日常使いで気軽に楽しんでいました。そして日本に戻ってから、兼高かおるさんの本に印象的なエピソードが書かれていました。1960年代でしょうか、彼女が撮影のために海外に行く時、必ず真珠のネックレスを身に着けていたそうです。当時、アコヤ貝の養殖真珠は日本が誇る輸出品であり、そのPRのためだったそうです。この話を読み、「真珠の国」にいるのだから、日本の真珠を日常から楽しみたいと思いました。正直に言えば、そうしなければいけない、位に思ってしまったのです。

I didn’t have a pearl necklace, nor had knowledge about it, so I started to seek information and browse in jewelry stores last fall. Then, in the end, I didn’t buy any at that time because I sensed a strong discomfort at the current state of pearl jewelry in Japan.
恥ずかしながら、真珠のネックレスは持っていないし、その知識もありませんでした。そこで去年の秋、情報を集めて勉強しつつ、宝飾店に足を運んだのでした。でも結局、(大げさですが)日本における真珠をめぐる状況に強い違和感を覚えて、その時は買いませんでした。

I think there are strong stereotypical pearl values among users. In simpler terms, many women place too much value on a “perfect pearl”: Large (7.5mm or over), Round, Thick Layered pearls with excellent Luster without Spots in specific Colors. Why do they have to be like that?
どうも、真珠の消費者である女性達は、真珠に対して非常に画一的な価値観を持っているように感じます。端的に言えば、“完璧な真珠(花珠を含む)”に重きを置きすぎていると思うのです。完璧な真珠とは、粒が大きい、完全な球体の、巻きと照りが良く傷がない、さらにホワイト系ピンクといった特定の色の真珠。なんでそんなことになっているのでしょうか?

In Japan, pearl jewelry, especially the necklace, is quite popular. It’s a standard ornament in the situation where gauderies aren’t suitable (i.e. a funeral, child's entrance and graduate ceremony, a daytime formal party and so on). For example, at the funeral almost all adult women wear a pearl necklace, and those people might feel it would be a shame if one’s pearls are far behind from others. So, many people would believe that one should buy a high-quality "lifetime products" as far as possible. The perfect pearl is an ideal lifetime product.
日本では真珠、特にネックレスは非常に一般的です。真珠は、華美な装いがはばかられる席(葬儀、子供の入学式、昼間のフォーマルな席等)での宝飾品の大定番です。例えば、葬儀の席では、ほぼ全ての大人の女性が真珠のネックレスを着けています。だから、自分の真珠が他の人のものより劣っていると、何となく引け目を感じてしまうかも知れません。そのためでしょうか、多くの人はネックレスを買うならなるべく質の高い「一生物」にしようと思うようです。「完璧な真珠」は「一生物」の理想と言えます。

Thought it depends on people how much one can pay for their lifetime product, I’m sure that one would buy an expensive necklace for that person. Then, what happen? They usually keep it in a safe place and wear it at the few occasions like a funeral (I call that a pearl competitive show). Except pearl lovers, it’s a common phenomenon. But perhaps one can't help it. If I splash out and buy my lifetime product, I wouldn’t wear it daily.
一生物の真珠にいくら払えるかは人により違うと思いますが、恐らくその人にとっての高い物を買うことになります。そうであれば、普段は大切にしまっておいて、葬儀などの限られた機会に使う、ということになりますよね(ちょっと言葉は悪いですが、私は葬儀などの場を真珠の品評会と呼んでいます)。真珠好きの方を除くと、実態はこんな感じではないでしょうか。でも無理もありません。もし私が一生物と言える高価な真珠を買ってしまったら、やはり日常では使えないでしょう。

I wanted a daily necklace with smaller pearls of good quality (not premier class) that I can wear even when I dress down, and it was difficult to get one at jewelers, brick-and-mortar shops, because I had fewer options. The jewelers, in general, assort products based on the typical demand I wrote earlier, so they sell a limited variety of the products using 5.0 – 7.0 mm pearls what are told “too small to wear because one might feel inferior”.
私はあくまでも日常ばんばん使う、ジーンズにも合わせられるような、最高クラスではないけど質の良い小粒の真珠が欲しかったのです。でも、宝飾店(実店舗)はそういう商品の数自体が少なく、選びようがありませんでした。宝飾店は既に書いたような一般的ニーズに合わせて品揃えしていますから、私が欲しかった5.0 – 7.0mmの商品は元々少ないのです。まぁ、そんな大きさの真珠は引け目を感じて身に着けられませんからねぇ、葬儀では。

Unlike in the case of the jewelers, I had a lot of options at Internet mail order shops, but I just had to wonder whether I could get what I imaged at those shops. Furthermore, I couldn’t sense my connection to teeming products they sold. I saw more than hundreds of necklaces on line, and to my eyes, the products seemed to be a collection of uniformity.
実店舗と違い、ネットなら様々な商品がありました。でも、通販で私がイメージする品が本当に手に入るのか、不安が残りました。さらに言えば、ネット上にあふれかえる商品と自分とのつながりが感じられませんでした。それこ何百本というネックレスを見ましたが、私にとっては、それらが個性のない商品の一群に思えたのです。

At the same time, I felt as if everyone thought ordinary pearls except those of premier class were empty of value. However, essentially, pearls are blessings from pearl oysters that break their back for producing. I thought one has to have a respectful attitude toward all pearls even if it couldn’t be round and white. We could make every pearl enjoyable according to originality of them (if wearing it only at the funeral, one can’t imagine how to enjoy it). If one select middle class pearls, it NOT has to be that one can’t buy “perfect pearls”.
同時に、人々は花珠や花珠クラスと言われる商品以外の一般的な真珠には価値がない、と思っているのではないかと感じてしまいました。本来、真珠はアコヤ貝が身を削って作り出した自然からの贈り物です。丸くなくても、白くなくても、全ての真珠に敬意が払われるべきだと思います。どんな真珠でもその個性に合わせた楽しみ方ができるはず(葬式の時にしか身に着けないのでは、楽しみ方もイメージできません)。中級クラスの真珠を買うのは、“花珠”が買えないからではないのです。

For these reasons, I was in a sad mood and stopped the quest for pearl necklaces last winter. Then, I restarted it a month ago and got the necklaces in the opening photo. I’ll write about the story in the next post.
そんなわけで、去年の冬頃、何とも物悲しい気分になってしまい、ネックレス探しを中断しました。その後、つい1ヵ月程前から真珠探しを再開し、冒頭の写真の2本を入手したのですが、その話はまた次回。

Posted by Kinakinw | 15:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | Pearl

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。