Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

01 2013

The Path toward Android 4.0

Android 40

While the latest version OS of smartphones using Google's Android platform would be 4.2 in the world today, since the end of last week I had difficulty with upgrading my smartphone’s OS from 2.3.5 to 4.0.
世の中のスマホ最新モデルにはアンドロイド4.2が入っているというのに、Kinakinwといえば、自分のスマホを2.3.5から4.0にバージョンアップするのに先週末から悪戦苦闘しておりました。

My model was released in March of last year as its OS would be upgraded in August of that year. Then, the upgrade was postponed several times, and when a year passed since the release, users of the model learned that we had to keep using 2.3.5 OS in the future. At last, however, the update service started from April 16th!
私の持っている機種は、その年の8月にOSが4.0にバージョンアップされることを前提に昨年の3月に発売されました。それから何度もバージョンアップが延期され、発売から一年が過ぎた頃には、ユーザーはもうずっと2.3.5のままなのだと諦めていたようです。しかしようやく、4月16日に待ちに待ったバージョンアップサービスが始まっていました。

I came to know that last week and naturally, wanted to bring mine up-to-date.
For proper phone subscriptions, it doesn’t need serious work. Just one can follow the notice from a cell-phone company, download and install the file to one’s smartphone. But, it's hard to call on for me because I’m not a subscribing user. I’ m using the phone for Docomo (a major cell-phone company in Japan) with a SIM of MVNO (Mobile Virtual Network Operator that provides simple mobile communications service without telephone service).
それを知ったのは先週で、当然私も4.0にしたいと思ったわけです。
正規のドコモユーザーはすぐできます。自分のスマホに来たバージョンアップのお知らせからファイルをダウンロードしてインストールすれば良いのですから。しかし、ドコモと契約していない私には難しい。私はドコモ向けのスマホにMVNO(ドコモFOMAネットワークの電話機能以外の通信サービスだけを提供する会社)のシムを挿して使っています(最近話題になっている「ほぼスマホ」ですね)。

Prior to the OS upgrade, I knew some several minor software updates were available, but I couldn’t do them. I could download all the minor updates files from the manufacture’s HP (it means I could do them not via Docomo’s server) “except” the first one in last May, and without “that first update” my device couldn’t get updated at any cost. The only way to get the first update was “via Docomo’s server” that was impossible with MVNO’s SIM.
OSのバージョンアップに先立ち、何回かマイナーなソフトウエアの更新があったことは知っていました。でも私はできないままでした。というのも、「初回のソフトウエア更新」以外についてはメーカーのHPからダウンロードできる(つまりドコモのサーバーにつながらなくても良い)ものの、初回の更新をしていないと以降の更新ができない、という状態だったからです。肝心のその「初回の更新」だけは、MVNOのシムではつながらないドコモのサーバー経由でしかできないのです。

After visiting a Docomo’s service shop and called the manufacture’s service center last week, I clearly recognized that, again, the problem is “the first minor software update” as I could download the OS upgrade file from the manufacture’s HP like the other ones.
先週ドコモショップに行き、またメーカーにも電話して確かめたところ、今回のOSバージョンアップに関してもネックになるのははやりその「初回の更新」でした。OSのファイルは他のソフトウエア更新と同様、メーカーのHPから落として自分でできます。

Then, I asked one of acquaintances who have a Docomo’s smartphone with a SIM of the same size as mine for using his SIM while download the file via the server. We met twice and tried every possible way to get the file, but we couldn’t. I'll leave out the fine details, but we tested the situation where a proper user started to use the phone with factory default. This shows that Docomo is the only one who knows why I couldn’t download it.
そこで、私のスマホと同じサイズのシムを使っているドコモユーザーの知り合いにお願いし、「初回の更新」ファイルをダウンロードするためにシムを使わせてもらいました。二度待ち合わせしてもらい、シムを借りていろいろ試しましたが結局ダウンロードできませんでした。細かいことは省略しますが、「ドコモと契約した人が工場出荷時状態のそのスマホを使い始めた」という状況で試してもだめ。この理由はもはやドコモさん以外にはわからない。

I revisited the shop and made a strong appeal to a shop clerk that situation, and then she suggested to send my device to repair. If you send one to repair, your phone will be back in latest condition (which means I could complete its upgrade!!). Though I knew I can get free repairs for 1 year from the manufacture, but I didn’t know a non-subscribing user can also get the in-warranty repair from the cell-phone company. Thanks, Docomo!
今週もう一度ドコモショップに行き問題の状況を店員さんに強力にアピールしたところ、その方が修理の手続きを勧めてくれました。スマホを修理に出すと一律に最新の状態で帰ってくるそうです(バージョンアップ完了です!!)。どこで買おうと一年間はメーカー保証がつくだろうことは知っていましたが、契約していないユーザーにも(適応範囲内の問題であれば)ドコモが無償対応するとは知りませんでした。普段はNTTやドコモに対しては批判的ですが、今回は素直に感謝しています。

The last problem was that a non-subscribing user couldn’t get an alternative phone while repairing period, so I asked one of my friends who uses a Docomo phone to send mine to repair.
残された問題は、契約者以外には修理期間中の代替え機の貸し出しができない。これはドコモユーザーの友人にお願いして、その人から修理に出してもらい解決しました。

The opening photo shows that alternative, docomo AQUOS PHONE SH-06D with Android 4.0 released around the same time as mine.
冒頭の写真は代替え機のアクオスフォン。私のスマホと同時期に発売されましたがしっかりアンドロイド4.0です。

Using so called “contract-free mobile phone” that one can manage inexpensively is not entirely smooth, but you can learn so much from the problems.
安く運用できるいわゆる白ロムですが、何かと苦労も多いです。でも、勉強にはなります。

Posted by Kinakinw | 19:02 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。