Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2013

Nanduti - Ñanduti

Nanduti 1

Do you know “Nanduti”?
Well, I'm also totally new to the craftwork.
「ニャンドゥティ」ってご存知ですか?
と言っても、私もつい最近知ったばかりなのですが。

It’s exquisite lacemaking, from Paraguay, made from cotton or other fine vegetable fibers. The word Naduti means spiderweb in Guarani. Online dictionaries and web sites concerning lacemaking say about it in many ways: it’s introduced into Paraguay by the Spaniards, a comparable lace is made on the island of Tenerife and known under various names, and making of the lace is a tradition begun by Paraguay's Guarani. So, I’m interpreting it’s the fruit of invasion called the Age of Discovery.
この精密なパラグアイのレース編みは、綿や植物の繊維から作られるそうです。ニャンドッティとは、グアラニ人(パラグアイやボリビアに住む南米の先住民族)の言葉で蜘蛛の巣を意味するそうです。ネット辞書やレース編みに関するサイトには、スペイン人によりパラグアイにもたらされた、テネリフェ島でも同じようなレース編みがあり色々な名前で呼ばれる、グラニア人により伝統的に作られ始めたと、様々なことが書いてありました。そこで私は、この工芸は大航海時代と呼ばれる侵略の歴史的産物だなと想像したのでした。

Nanduti 2

Nanduti 3
I hope it can show how delicate and intricate it is.
この写真で繊細さと複雑さが伝わると良いのですが。


I saw it first time at Munn, a café I wrote about last but one where some pieces of the work were displayed and also for sale. I was surprised the fine, intricate lace and became captivated by them. Unfortunately, however, except simple and small ones, delicate intricately patterned pieces were not for sale. The difference between poor and elaborated ones was clear even to my untrained eye, so after I saw fine ones, I wasn’t disinclined to have a simple one.
前々回このブログで紹介したMunniというカフェで、ニャンドッティが展示販売されていて、そこで初めて見ました。精密で複雑なこのレース編みに驚き、すっかり魅了されたのでした。残念ながら、ごくごく雑で小さな作品以外の、複雑なパターンで繊細に作られた作品は非売品でした。私のような素人が見ても、両者の違いは明らかで、良い物を見てしまうと雑な作品を買う気になれませんでした。

I asked the café staff why don’t you sell fine ones, and the staff said that they are too valuable to sell and also expensive. The white one in the picture (about 18-by-12 cm) costs tens of thousands of yen.
お店の人に、なぜ優れた作品を売ってもらえないのか聞いたところ、とても貴重でお値段も高く販売できないとのことでした。下の写真に写っている白い作品(18㎝×12㎝位)でも何万円とするそうです。

Nanduti 4

I looked the things up on the Internet and found there are lessons for the lace in Tokyo. I think considerable skill is required to make a good one, but some Japanese women with fast hands may be able to do it.
ネットで調べると、東京にニャンドッティ教室があるみたいですね。良い作品を作るにはかなりの熟練が必要だと思いますが、手先が器用な日本人女性の中には成し遂げてしまう人もいるのでしょうね。

Posted by Kinakinw | 14:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。