Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

23 2013

Right Place to Take ID Photo

Tokyo Metropolitan Office

I went to the Tokyo Metropolitan Office yesterday to get my passport renewed.
That was another opportunity for me to need a good ID photo after my driver license renewal last summer. The passport picture is more important than that of driver license because while I use my passport for ten years, the valid period of the license is five years. Although I know no one cares about the photo, I would like to avoid using the passport with an unacceptable photo of myself.
昨日は都庁にパスポート更新に行きました。
去年の運転免許更新に続き、写りの良い証明写真が必要でした。5年間有効の運転免許に対してパスポートは10年間使うので、証明写真はより重要です。他の誰の目にも止まらないことは分かっていますが、やはり気に入らない写真がのったパスポートは使いたくない。

Unlike the license renewal where the officials take picture of everyone at the office (it’s literally one-shot deal), we can prepare that of passport by yourself prior to the renewal. So, I was thinking to get satisfactory one ahead of time, but actually I didn’t do it until I had to.
否応なく会場で撮影される正に一発勝負の自動車の免許証とは異なり、パスポートの写真は事前に自分で準備できます。去年くらいからちゃんとした写真を撮っておこうと思っていましたが、結局間際になるまで何もしていなかったわけです。

Yesterday morning, I had three options to get the picture: a proper portrait studio (expensive but many touch up options), a studio at a print service shop (moderate and some touch up options), and a photo booth (inexpensive). I chose the middle one and had my picture taken by the shop manager with “beautiful skin” print processing. However, I couldn’t approve of it.
さて、昨日の朝の段階で私には3つの選択肢がありました。高いけどいろいろ修正してくれるフォトスタジオ、ほどほどの値段で修正もできる(旧)DPEショップ、そして機械が撮ってくれる安価な証明写真ボックスの3つです。で、中間のDPEショップを選び、そこの店長さんに美肌仕上げコースで撮影してもらいました。でもその写真は気に入らなかった。

I decided to forget about that shot, stopped off briefly in a photo booth at the near station on the way to Tokyo Metropolitan Office, and get an OK picture at 800 yen. I didn’t expect a nice shot by it, but I was totally wrong. The machine has developed very much. There was “beautiful skin” print processing (just costs 100 yen more than ordinary one), and the lighting was nice. The most wonderful point about it was that a photo turns out to be moderately-smooth. I mean, while the one taken by the manager was so realistic and textured, the machine hides unnecessary irregularities of face. I thought it has absorbed features of Purikura (an oversized passport photo making booth that fits two-and usually more - smiling faces on a miniature picture usually framed with cute characters like).
思い切ってその写真は不採用とし、都庁に行く途中最寄り駅の証明写真ボックスに立ち寄って改めて撮り直し、800円でまぁまぁ満足いく写真をゲットしたのでした。写真ボックスで良い写真が撮れるわけがないと思っていたのは、私の間違いでした。写真ボックスは進化しています。百円追加すれば美肌仕上げが選べるし、照明もなかなか良かった。最も良いのは、適度に平面的な写真が撮れること。人に撮影してもらった写真は良くも悪くもリアルで陰影がはっきりしているのです。対してボックスだと、不必要な顔の凹凸はとんで写ります。いわゆるプリクラの特徴を踏襲しているわけですね。

I don’t know the other machines are good or not. The one I used was “CITY PHOTO STATION (by Fuji Film)”, which should be scattered across Japan. It’s really great
全てのボックスが良く写るかどうかはわかりません。私が利用したのは、フジフイルムが展開しているCITY PHOTO STATION。全国に広く行き渡っていると思います。なかなかやるもんですね。

Posted by Kinakinw | 21:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。