Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2013

Who Can Enjoy the Sport?

Who Can Enjoy the Sport

It gets warmer in Tokyo, and cherry trees in Tokyo are in full bloom now!
すっかり暖かくなり、東京の桜も満開です。

Bring me up to date, I’m completely exhausted by watching World Figure Skating Championships 2013 on line on consecutive days last weekend. It was held in North America, so the games started late-evening and ended around noon in Japan. I usually skip most of pairs and ice dance, but this year, I couldn’t help but shifted my living hours to the games and watched all since I felt familiar with skaters in early groups of each category I actually watched at the Four Continents Championships in Osaka.
先週末はフィギュアスケート世界選手権を連日ネット観戦していて疲れ果ててしまいました。今年度の大会はカナダで開催されたため、日本時間の深夜に試合が始まり、正午頃終わります。先月大阪で開かれた四大陸選手権を生観戦してしまったため、そこで演技を観た選手が気にかかり、試合時間に合わせて寝起きして普段は見ないペアやアイスダンス、シングルの下位選手まで、すべてのカテゴリーをフル観戦してしまいました。

The reason why I’m exhausted wasn’t only the extended watching but also the spot-issue at the Sochi Olympics. Our national team skaters got in the lower positions in SP, so I was on the edge of my seat during the singles’ games watching each performance and counting their rank orders. As a result of their efforts, I'm glad we got three spots in both men and women. Good job, boys and girls!
疲れ果てた理由はマラソン観戦のせいだけではありません。今回の世界選手権ではソチオリンピックに出場する各国選手の枠数が決まりました。日本チームは男女ともショートプログラムで出遅れてしまったので、手に汗にぎって演技を見守りつつ順位計算もしていたのです。彼らの頑張りにより、結果的に男女とも3枠を確保できました。皆よく頑張った。

Meanwhile, I had experiences of déjà vu through the competitions. While one experience was in men’s single, which was just like second coming of last World, and the other was in women’s single, which was just like recycled versions of Vancouver. Obviously their victories were results of hard work and should be celebrated. Frankly, however, I was severely bothered by the feeling toward the ISU (International Skating Union) judging system as usual, which had nothing to do with the skaters.
その一方では、大会を通じて何度か既視感を味わいました。一回は去年の世界選手権の再来のような男子シングルで、もう一回はバンクーバーの焼き直しのような女子シングル。それぞれの勝利は選手達のたゆまぬ努力の結果であり、祝福されるべきだと思います。でも正直に言えば、選手とは関係ないとこころでまたしてもISUの採点システムにひどく煩わされました。

I cannot explain the controversial whole system in detail here, so I just focus on GOE (Grade of Execution) in the post.
ここで欠陥だらけの採点システムの全ては説明できませんので、GOEと呼ばれる出来栄え点についてのみ問題にしたいと思います。

Each nine judges decide GOE (an integer from -3 to +3) for each element (like jumps, spins and step sequences). Discarding the high and low value, the seven GOE values are averaged out, and then the average value is added to (or subtracted from) the base value of an element. The upper or lower limit of the value depends on the difficulty of elements. For instance, while if the average value is 3 for triple jumps except 3 Axel, only 2.1 point is added, if it’s 3 for 3 Axel and 4 jumps, 3 point is added.
ジャンプ、スピン、ステップシークエンスといったそれぞれの技の出来栄えに対して、9人の審判が-3から+3の範囲で優劣を判断します。そのうち上下一つずつをカットし、残りの7つのGOEの平均が、各技の基礎点に加減され技の得点になります。但し、技の難易度により得点となるGOEは変わります。例えば、トリプルアクセルを除く3回転ジャンプの場合、GOE平均が満点の+3でも2.1点しか加算されません。対してトリプルアクセルや4回転ジャンプの場合、GOE平均が+3なら、まるまる3点が加算されます


Though the judging system is aimed at objective absolute assessment, in reality, it hasn’t been in operation in that way including GOE. Firstly, ISU has guidelines describing what “good execution” is, but they are ultimately arbitrary and might change in the future. Secondly, judges’ decisions of GOE are quite subjective. It’s always happens that one judge gives +3 for an element, while the other gives -1 for the same element.
客観的な絶対評価を謳いながら、GOEを含めて実際にはその評価システムは理想通りに運営されていません。まず、ISUが指標にする「良い出来栄え」の演技は、しょせんは恣意的に決められており未来永劫同じ指標が続くものではありません。また、審判の「良い出来栄え」という判断も主観的なものです。同じジャンプに-1と+3のGOEがつくことも珍しくありません。

That arbitrary and subjective GOE monster goes on a rampage. When judges decide prematurely that specific skaters’ elements without mistakes are well formatted to fit into the criteria of “good execution” and they bring all elements without mistakes, a total value of GOE would be laughably enormous. In the case of women’s FS in this World, the champion got 16.51 GOE points in total, which was more than twice the base value of 3 Axel. If you compare the extreme GOE award to baseball, it would be similar to that if judges prematurely think a player’s swing is “ideal” and “meets an arbitrary standard” decided by MLB, a team can get an extra score by someone’s hit while other players whose swing prematurely determined not ideal never has that benefit. Can you imagine that?
そのような恣意的かつ主観的な怪物であるGOEが大暴れしています。ある選手がミスなく行った技が「良い出来栄え」の演技の基準に合致すると元々審判が決めつけていて、かつその選手がミスなく全ての技をこなした場合、得点として加算されるGOEの合計点はばかばかしい程大きくなります。今回の女子シングルの場合、優勝者は合計16.51のGOE得点を得ています。これはトリプルアクセル2回分の基礎点より多いのです。この過大なGOEの恩恵を野球に例えればこうなるでしょうか。もしある選手の打撃フォームが「MLBが恣意的に定めた指標」において「理想的」だと審判が予め考えていれば、その特定の選手がヒットを打つたびにチームに1点ボーナス点が与えられる。そしてフォームが理想的でないとあらかじめ考えられている選手にはボーナス点はなし。このような選手がいるチームにはなかなか勝てませんよね。

The ironic and tragic problem is that a massive margin between a champion and the others, mainly due to the GOE monster, essentially holds no concrete meaning. If a skater won by 20 point margin, the skater is superior to the others in that margin? NO. It’s just like a number of flowers thrown by judges.
皮肉かつ悲劇的な問題は、大部分がこのGOEの怪物によりもたらされた勝者とその他との莫大な得点差には、本質的に具体的意味がないことです。二位の選手に20点差で優勝したとして、その選手の演技は二位の選手より20点分優れていたのか?もちろん違います。その点差は審査員がリンクに投げた花の数の違いくらいでしかないのです。

Even so, the total GOE results in someone’s huge score that leaves the others far behind. In women’s single, it’s almost impossible to fill a gap created by the pile of gifts from judges if the others can’t deliver quad jumps.
それでも、審判からのプレゼントの山であるGOE得点が、他の選手を大きく引き離すような高い得点を生みます。女子シングルの場合、四回転でも飛ばないとその差を埋めるのはほとんど不可能です。

It’s a good idea to reward skaters for good execution, but, I would say, it shouldn’t be a monster that enlarges a massive gap no one can catch up. Some people who see GOE as a problem claim that it should be reduced the width, for example -2 to +2 except falling. This is one way, and I think another way is that to put a ceiling on a total GOE score becoming a part of a technical score depending on a total base technical score. For instance, put a 15% ceiling on adding total GOE points based on the total of base values of elements.
出来栄えの良い技対する加点自体は良いことです。しかし、その加点が誰も追いつけない程の差になる怪物であってはならないと思います。GOEによる加点を問題視し、評価の幅を-2から+2(転倒を除き)に狭めるべきと考える人もいます。それも一案ですし、個人的には技の基礎点合計によりGOE加点に上限を設けたらいいのではないかと思います。例えば、GOEを得点に組み込む際の上限を、技術点の基礎点合計点の15%にするとか。

This GOE problem has been left derelict many years, and ISU seems to let the monster go unchecked. I think people who love “sports” are never be able to enjoy watching this sport. Truthfully, this World made me feel that I had to cut my ties with the sport to a greater or lesser extent.
このGOE問題は長い間放置されています。ISUはこの先もこの怪物を野放しにしておくつもりのようです。スポーツを愛する人は絶対フィギュアスケートを楽しめないだろうな、とつくづく思います。正直に言えば、この世界選手権によって、フィギュアスケートという競技にある程度見切りをつける必要を感じてしまいました。

I’m really sorry for skaters who work day in, day out have been overrun by ISU Mafia. I think so sincerely.
日夜努力する選手たちがISUマフィアに蹂躙されているのが本当に気の毒でなりません。心の底からそう思います。

Posted by Kinakinw | 17:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。