Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2013

Go-to Guy

go-to guy

For many years I’ve had the owner of shop in late 50s mend most shoes I have except sneakers or walking shoes. Though two chain repair shops (one is a quick service chain, and the other is a specialty shop chain) opened in Azabu-juban these several years, his business seems to be going smoothly.
長い間、現在50歳代後半と思われる職人さんが営むこの靴修理店に通っています。スニーカーやウォーキングシューズを除く私の靴のほとんどに、彼の手が入っています。麻布十番にもここ数年、靴修理のチェーン店が2店舗ほど開店しました(一つはクイック修理が売り物の店、もう一つはより専門性を謳った店)。それでも彼の店の営業は順調そうです。

Well, it should be because probably I’m not the only one who came to the conclusion that Shu & Shoe Co. (S&S) is the best after using the others.
まぁ当然でしょう。他店を利用してみて、やはりこの店が一番だとつくづく思ったのは私だけではないはずです。

Firstly, basic services (e.g. heel tip replacement, sole refurbishment, etc.) of S&S are very, very good, quick and fairly valued. Even for a heel tip, its material is one of keys to comfortable walking, and the owner always choses superbly nice one. In contrast, the quick chain has limited inferior material, and the work is also inferior to S&S (to the chain’s credit, it’s convenient when we have a trouble on the go). The work of the specialty shop is good, but it takes more time and money. I had to wait for heel tip replacement for more than 3 days and paid nearly double that of S&S.
まず、基本のサービス(ヒールチップの交換や靴底の張り直し等)がとても上手で、早く、かつお値段も適正。ヒールチップ一つとっても、その素材により靴の履き心地は大きく変わります。ここのオーナーは、絶妙に歩きやすい素材を選んでくれるのです。英語にするのは難しくて諦めましたが、その素材は「粘りが良い」と表現したい、硬すぎず、かといって柔らかすぎないものです。こういうことは、使う素材が限られたクイックチェーンには望めませんし、仕事もあまり上手くありません(外出先で急に修理が必要になった、なんていう時は便利でしょうが)。もう一つの専門性を謳ったチェーンはと言うと、仕事自体はしっかりしているのですが、時間と費用がかかりすぎる。ヒールチップ交換に中3日以上かかり、料金も職人さんの2倍近くします。

Secondly, S&S can give a quick response to a repair not listed in a manual at a reasonable price. There are various designs in lady’s shoes, so a lot of irregular fixing works are needed: sometimes, ornamental belts break off or jute material of wedge heel detaches itself. From my experience, the chains’ “experts for hire” tend to avoid doing these. I don’t know if they cannot do it, think of how to do it or just cannot because there isn’t such a fixing item on their point of sale system.
次に、このお店はマニュアルにないような修理にも、素早くリーゾナブル価格で対応してくれます。女性の靴はデザインのバリエーションが多く、イレギュラーな修理が必要になります。例えば、飾りのベルトが切れるとか、ウエッジサンダルのジュート素材がはがれてくるとか。私の経験上、チェーン店の雇われ職人はこういう修理を嫌がるのです。できないからなのか、修理方法を思いつかないのか、それとも店のポスレジにそういう修理項目がないからできないのか、私にはわかりません。

Independently-operated shoe repair shops like S&S are gradually disappear in Japan. I wish the “experts” will gain enough experience and open an own shop as a go-to guy in the future.
この店のような個人経営の靴修理店は、日本では次第に減っています。雇われの皆様が経験を積んで、頼りになる職人として将来自分の店を持ってくれればいいなと思います。

Posted by Kinakinw | 17:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。