Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

07 2012

Kinoshita Group Cup Japan Open 2012

Japan Open2012_1

I’ve been posting the travelogues, but I put those on one side today because of Japan Open that marks the start of the 2012-13 figure skating season!
長々と旅行記をアップしてきましたが、ちょっと中断。今シーズンの開幕を告げるフィギュアスケートのイベント、木下工務店プレゼンツ・ジャパンオープン2012に昨日行って来ました。

I went to Japan Open, a team competition officially authorized by ISU by skaters (2 men and women) from Japan, Europe, North American, and Carnival on Ice, an ice show, that were held yesterday. I saw so many precious performances that I don’t know what to talk about. Let me just list the participants in the events.
ジャパンオープンは国際スケート連盟公認のイベントで、日本、ヨーロッパ、北米から男女2名ずつの選手のフリースケーティングの点数を合計して地域別に争う団体戦です。同じ日にアイスショー、カーニバルオンアイスもあり、私はこの2つを見てきました。なにしろ豪華なメンバーで、いろいろ貴重なものを見てしまい、どう整理したらよいかわかりません…。とにかく両イベントの参加選手を列記してみます。

Japan Open
Akiko Suzuk/鈴木明子, Mao Asada/浅田真央, Daisuke Takahashi/髙橋大輔, Takahiko Kozuka/小塚崇彦, Ashley Wagner/アシュリー・ワグナー, Agnes Zawadzki/アグネス・ザワツキー, Patrick Chan/パトリック・チャン, Jeff Buttle/ジェフリー・バトル, Alena Leonova/アリョーナ・レオノワ, Elene Gedevanishvili/エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ, Evgeni Plushenko/エフゲニー・プルシェンコ, Michal Brezina/ミハル・ブレジナ
Carnival on Ice: In addition to above skaters
Kurt Browning/カート・ブラウニング, Ilia Kulik/イリヤ・クーリック, Philippe Candeloro/フィリップ・キャンデロロ, Alexei Yagudin/アレクセイ・ヤグディン, Takeshi Honda/本田武史, Shizuka Arakawa/荒川静香, Irina Slutskaya/イリーナ・スルツカヤ, Kimmie Meissner/キミー・マイズナー, Joannie Rochette/ジョアニー・ロシェット, Laura Lepist/ラウラ・レピスト, Sarah Meier/サラ・マイアー, Narumi Takahashi & Mervin Tran/高橋成美&マーヴィン・トラン, Cathy & Chris Reed/キャシー&クリス・リード

You see?
すごいでしょう?

I cannot talk about everything, but I’m going to try to brief things that leave impression, mainly about Japan Open. Before that, I have to mention that I was watching them from the upper seat from which I couldn’t see any facial expression. If you watch the performances from one closer to the rink or on TV, you may disagree with me.
全部の感想はとても書ききれませんが、ジャパンオープンを中心に、印象に残ったことを手短に書いてみたいと思います。その前に言っておくと、私は選手の顔の表情が一切わからないスタンドの上の方から見ていました。前の方の席やテレビで見ていた方とは意見が異なるかもしれません。

Japan Open

I was impressed by two Japanese: Takahiko Kozuka and Mao Asada.
小塚崇彦と浅田真央の演技が何しろ印象的でした。

Kozuka performs “the Introduction and Rondo Capriccioso”. Congratulations! He finally finds what he has to do. He doesn’t need to be a“rock star”, but he can just express music through excellent his skating skills. That’s his skate. I was thrilled with his performance yesterday. The music, which is one of my favorites, might help it, but Plushenko’s performance, in which the same music was used, didn’t impress me that way.
小塚選手の今年のフリーは“序奏とロンド・カプリチオーソ”。おめでとう!ようやく自分がすべきことに辿り着きましたね。彼は“ロックスター”みたいなスケーターになる必要はなく、卓越したスケート技術で彼らしく曲を表現すれば良いのです。それが彼のスケートではないでしょうか。昨日の演技にはぞくぞくしました。私の好きなこの曲に助けられている、という面もあるかなとも思いましたが、同じ曲を使っているプルシェンコ選手の演技ではぞくぞくはしませんでした。

Watching Mao’s Swan Lake choreographed by Tatiana Tarasova, I was practically crying. Her delicate and strong skating style really fit the program. I didn’t only watch her performance but also her drama about her life. She stood helpless in Vancouver season, then had her ups and downs seasons, and faced the loss of her mother. Now, she seems to be in good shape and break away from the relearning period of jumps and other skating skills. I remember I wrote about her at Japan Open 2010, and after two years, the time has come for Mao to come into next stage!
浅田真央選手の白鳥の湖。見ていて泣きそうになりました。彼女のデリケートでいて力強いスケートはこのプログラムによく合っています。彼女のスケートを見るということは、その時の演技を見るだけではなく、彼女の人生を見守ることだという気がします。孤立無援のバンクーバーシーズン、続く浮き沈みの激しいシーズン。お母様のご逝去もありました。今、彼女はとても良い状態にあり、長かったジャンプ改造やスキルアップの時期を抜け出しつつあるように思えます。ちょうど2年前のジャパンオープンの時、彼女について書いたことを思い出します。ようやく次の段階に進む時が来たのですね!

I hope it was my illusion that I felt there was something missing in Takahashi’s Pagliacci. I also hope Akiko Suzuk’s attempt to get a new expression, not very Akiko, all goes great. Ashley Wagner was fully prepared to compete! I think Agnes Zawadzki might need time to be a“senior” skater.
高橋選手の新プログラム、道化師ですが、何かが欠けているような気が…私の思い過ごしであって欲しいと思います。鈴木明子選手は”ベリーAkiko”とも呼ばれるいつもの表現スタイルではない、新しい表現にチャレンジ。上手くいくことを願っています。アシュリー・ワグナーは準備万端ですね。アグネス・ザワツキーは“シニア選手”らしくなるのにもう少し時間が必要なのかな。

I don’t know whether Chan’s poor performance was only due to lack of preparation or anything else.
チャン選手の大失敗演技ですが、単なる準備不足なのか、何かが起こっているのか私にはわかりません。

Carnival on Ice

My highlights of the show were Candeloro who showed us “Saturday Night Fever” and Slutskaya. Kulik, Yagudin and Plushenko reminded me of that Russia was the Kingdom of male single skaters.
私にとってのアイスショーのハイライトは“サタデーナイトフィーバー”を披露したキャンデロロとスルツカヤ。クーリック、ヤグディン、プルシェンコと、かつてロシアは男子王国だったのだなぁ、と懐かしく思い出しました。

I was really happy Michal Brezina finally could show “Kodo”, his short program in 2010-11 and 2011-12 seasons, to Japanese audience. The program was made in consideration of the 2011 World figure skating competitions in Tokyo. As you know, it was cancelled due to the earthquake. I heard he wanted to come to Japan since then but didn’t have chance until these events. He received great cheers from the audience knew who knew that.
ミハル・ブレジナがようやく日本で“鼓童”を披露できてよかった!これは2011年に東京で開催されるはずだった世界選手権を意識して作られたショートプログラムで、ブレジナ選手は2010-11 と2011-12の2シーズン使用していました。ご存じのように、東日本大震災のため東京での世界選手権は中止となりました。彼はそれ以来、日本に来てこのプログラムを滑りたかったそうですが、それが今回のイベントでようやく叶いましたね。それを知っている日本の観客は大喝采でした。

Japan Open2012_2

Posted by Kinakinw | 10:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。