Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

02 2012

Le Monastère Saint-Paul-de-Mausole

St-Remy2_0

We visited the spot in the morning of the second days into arriving in Saint-Rémy. The monastery, which has served as a mental hospital since the 18th century, was located just beside the Roman site of Glanum that was only 1 km away from the old town. After leaving the hospital in Arles (Espace Van Gogh), Van Gogh stayed there from May 1889 to May 1890.
サン・レミ・ド・プロヴァンス滞在2日目の午前中、サン・ポール・ド・モーゾー修道院を訪れました。18世紀から現在まで精神病院として使われているこの修道院は、旧市街から1km程のグラヌム遺跡のそばにあります。アルルの病院を離れたヴァン・ゴッホが1889年5月から1年間滞在した病院です。

St-Remy2_01

Though an arterial road was a possible shortcut, we ambled through Saint-Rémy's "Circuit Van Gogh" trail along a map we got at the hotel.
幹線道路を行くのが近道なのですが、ホテルでもらった地図に載っていたヴァン・ゴッホ散策ルートをのんびり歩いて行きました。

St-Remy2_1
We strayed from the arterial road and turned left here.
幹線道路からそれてここを左に曲がりました。


St-Remy2_2

St-Remy2_4 St-Remy2_3

St-Remy2_5

Until a rugged mountain came in sight, I confused the roadside scenery with the suburbs in Tokyo.
岩山が目に入るまでは、東京郊外の住宅地を歩いているように錯覚しがちでした(笑)。

St-Remy2_6

St-Remy2_7 St-Remy2_8


The red spots on the map were the works by Van Gogh in Saint-Rémy. (It doesn’t mean one was painted at the point.)
前出の地図の赤い点は、ゴッホの絵が紹介されているパネルの位地を示しています。(その場所で描かれた、というわけではありません)

St-Remy2_9

St-Remy2_10

The trail finally thinned down and took us to the country road. Then, I felt certain that I was seeing the same view the painter saw. I never am a great fan of him, but I feel close to him. Maybe, this is because I grow up experiencing stories and works of Van Gogh who has been loved by Japanese. As adults, I looked at a lot of his paintings in Japan, Europe and the States. So naturally, I was impressed by that moment.
散策ルートはこのような細い道になり、そこを抜けると何もない田舎道に出ました。ここで、ああゴッホはこの風景を見たのだ、と確信しました。ゴッホの大ファンというわけではありませんが、とても親しみを感じます。多分、子供の頃からこの日本人に愛される画家の作品や生涯を見聞きしてきたからだと思います。大人になってからは、日本、ヨーロッパ、アメリカで数多くの彼の作品も観てきました。だからそう感じた瞬間はとても感動するものです。

St-Remy2_11

St-Remy2_12
Walking along the hospital’s wall, we reached the spot.
病院の壁伝いに歩くと、目的地に到着。


St-Remy2_12_2

St-Remy2_13

St-Remy2_14 St-Remy2_15
The works were also exhibited on its property.
敷地内にもゴッホの絵が飾られています。


St-Remy2_16

St-Remy2_17

St-Remy2_18

St-Remy2_19

On the second floor of the building, Vincent's small room with a window looking out over the gardens behind the building was reproduced.
当時の病院の建物二階には、ゴッホがいた部屋が再現されています。小さな窓からは建物裏手の庭が見渡せます。

St-Remy2_20

St-Remy2_21

Unlike the touristy Espace Van Gogh, visitors could relive Gogh’s days quietly in the monastery. He got encouraged by the staff, painted the people and scenes in Saint-Rémy , and got his strength back there.
観光地化されたアルルのエスパス・ヴァン・ゴッホと違って、ここでは静かにゴッホが過ごした日々を偲べます。スタッフに励まされながら、彼はここでサン・レミの人々や風景を描き、健康を取り戻したそうです。

St-Remy2_22

Posted by Kinakinw | 15:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。