Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2012

Les Baux-de-Provence, Exciting Theme Park

Les Baux1_1

We left Avignon in the morning and headed to St- Rémy-de-Provence by a taxi. I enjoyed conversation in French with the driver with limited English. Now, people working for service industry in tourist destinations could speak English, at least, which was better than my French. So actually, there wasn’t much opportunity to showcase my broken French.
午前中にアヴィニオンを出発し、タクシーでサン・レミ・ド・プロヴァンスへ。車内では英語があまり話せないドライバーとフランス語での会話を楽しみました。現在では観光地でサービス業に携わる人たちは、少なくとも私のフランス語より上手に英語を話します。だから私がカタコトのフランス語を披露する機会はあまりなかったのです。

Les Baux1_2

We left our luggage at a hotel and then went to Les Baux-de-Provence by bus.
ホテルに荷物を置いてからバスでレ・ボー・ド・プロヴァンスへ向かいました。

Les Baux1_3

Les Baux1_4 Les Baux1_5

We walked to the entrance of the village through visitor’s parking.The view from the parking was already lovely.
駐車場を抜けて村の入口まで歩きます。駐車場からの眺めが既に絶景。

Les Baux1_7

Les Baux1_6

Les Baux1_8

After getting a map of the village at a visitor center, the first thing to do was lunch as always. We chose a restaurant with terrace seats with a view. It was a little pricey maybe because of the view charge.
観光案内所で地図をもらって、次は当然ランチ。眺めの良いテラス席のあるレストランを選びました。価格は場所代込みという感じでやや高めか。

Les Baux1_9

Les Baux1_10 Les Baux1_11

I missed the selection of wine this time. It was rough souvenir wine in the name of the master artist and, of course, less than delicious. I had to choose a half bottle from three options (my friend doesn’t drink), and two of them were expensive, 60 and 30 euros (!), respectively. That was only moderately-priced one. I should have asked whether they have carafe, though I didn’t see it on the menu.
今回のワイン選びは失敗。画伯の名を借りた雑なお土産用ワインという感じで、味は推して知るべし。友人はお酒を飲まないのでハーフボトルを頼んでいたのですが、この店での選択肢は3つ。そのうち2つはそれぞれ60、30ユーロとやたらに高価。(このゴッホワインはアルルで飲んだレ・ボー産と同じ価格でしたが、原価は半分位のはず。こういうところがいかにも観光地レストラン、と日本語だけで悪態をついてみます)結局お手頃価格のものはこれしかなかったのです。メニューにはカラフェは載っていませんでしたが、聞いてみるべきでした。

Les Baux1_12

Steak_Frites for my friend, La Salade Niçoise for me
I just noticed now that maybe my friend’s order was lamb…. Anyway, dishes of these kinds are no-risk choices in any restaurant.
友人はステーキ・フリットを、私はニース風サラダを頼みました。
今気が付きましたが、友人の注文は子羊だった気がします…。いずれにしろ、この手の料理はどの店で頼んでもたいがい美味しいです。

Les Baux1_13 Les Baux1_14

When our dishes were served, we experienced an attack on our food by dozens of flies and bees. It seemed to be natural in Provence. The other customers were flapping them away and dining without concern for it. So, we followed their way.
料理が出てくると、何十匹というハエとハチにたかられました。これはプロヴァンスではごく普通のことのようです。周りのお客さん達は虫を追い払いながら普通に食べています。私たちもそれ倣い、細かいことは気にせずしっかり食べました。

Les Baux1_15

We had a returning bus to catch, so we moved earlier than usual toward Château des Baux-de-Provence, a main tourist facility in the village. I’ll write about that on upcoming post.
帰りのバスの時間もあるので、適当に切り上げてこの村のメインの観光スポット、レ・ボーの城塞に向かいました。その様子は次回に。

I didn’t know well about Les Baux before visiting, except that it was a must-visit village in Provence. The small old village was just like a well-organized theme park: along with gorgeous landscapes, pretty buildings in 16th century stood side by side and housed lovely souvenir shops, nice restaurants and cool galleries, but there wasn’t a day-to-day life of village people. I’m not saying it in a negative way. I did enjoy my visit. If you want “Provence” many people imagine, you might have to get there.
このエリアに来たら行くべき村、ということ以外実はレ・ボーのことは事前にあまり良く知りませんでした。この小さな村(旧市街)は非常に良くできたテーマパークという感じでした。絶景に加え、可愛いお土産屋、おしゃれなレストラン、ギャラリーなどが入居する美しい16世紀の建物が並んでいます。ただし、住人が本当にここで生活している感じはしない。でも、決してけなしているのではありません。私は行ってよかったと思うし、楽しみました。もし、多くの人が想像する“プロヴァンス”を求めるなら、行くべきだと思います。

Les Baux1_17

Les Baux1_18

Les Baux1_19

Les Baux1_20

Les Baux1_21

Les Baux1_22

Posted by Kinakinw | 00:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。