Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

22 2012

Arles, the City of My Dreams

Arles1_1

I’m sure tens of thousands people visiting Arles took a picture on the café in this composition like this. Off course, I did it, too.
アルルを訪れた何万人という人が、こんな感じの構図でこのカフェの写真を撮ったと思います。もちろん私もその一人。

Arles1_2
Cafe Terrace at Night /夜のカフェテラス(1888)

Not only Vincent Van Gogh, but also Alphonse Daudet (1840-1897), a French novelist born in Nimes brought me to Arles. Since I read his collection of short stories in high school, Letters from My Windmill (1869), Arles was the place I would like to visit someday. One of the stories is L'Arlésienne that was dramatized later. The incidental music by Bizet is also famous. As a Bizet-lover, I listened to the music, too.
アルルに行く理由はゴッホ以外に、アルフォンス・ドーテ(1840-189、ニーム生まれのフランス人作家)の影響があります。高校時代に彼の短編集、風車小屋だよりを読んで以来、アルルはいつか行ってみたい場所でした。この短編集には後に戯曲化されたアルルの女も含まれています。ビゼーによる付随音楽も有名ですよね。ビゼー好きなので、こちらもよく聞いていました。

Arles1_3 Arles1_4

Though it was just a half-day excursion, the city was one of highlights of visiting Provence for me. I couldn’t stop at Fontvieille near Arles, where Daute Museum was located, so I would like to go the village next time including the other places, like Mimes, Orange and Aix-en-Provence, I couldn’t go to.
たった半日の訪問でしたが、私にとってはこのプロヴァンス旅行の楽しみの一つでもありました。ドーテ博物館があるアルル近郊のフォンヴィエイユには寄れませんでしたが、そちらは今回行けなかったニーム、オランジュ、エクス・アン・プロヴァンスとともに次回に行ければいいなと思います。

Arles1_5 Arles1_6

We arrived there around lunchtime.I saw a red bus stopping in front of the station and then reminded my guidebook said there are free cyclic buses for tourist in Arles. We caught it and got off it near a restaurant we planned to go to for lunch. Streets in the old city of Arles were narrower than my impression by a map. Even though the city was smaller than Avignon, it was also a labyrinth.
アルル到着は昼時でした。駅前に停車中の赤いバスを見て、アルルには観光客向けの無料巡回バスがあるとガイドブックに書いてあったのを思い出しました。これに乗せてもらい、昼食をとろうと思っていたレストランの近くで降りました。旧市街の道は地図で見ていた印象と比べて狭い。アヴィニオンより小さな街ですが、ここも迷路でした。

Arles1_7

Arles1_8

I carefully read a map and reached the restaurant. In the end, however, it was closed. Then, Avoiding spending time on looking for a place to eat and walked into a restaurant next to the desired one that was open. Fortunately, we had pleasant lunch there. I don’t know if it’s suitable for dinner in expectation of great meals, but it was fairly nice place for casual lunch.
注意深く地図を見ながらお目当ての店へ。しかし、お休み!そこで、食事場所を求めて時間を使うのは避け、開店していた並びの店に入りました。幸運なことに、そこで気分の良い昼食をとれました。この店は、美味しい料理を期待してのディナーに向いているかどうかはわかりませんが、カジュアルなランチには最適な店だと思います。

Arles1_9
Au Brin de Thym
22, Rue du Dr. Fanton, 13200 Arles, France
04 90 49 95 96


We ordered set lunch, Gazpacho and Open Sandwich, which was delicious.
頼んだのは本日の昼食、ガスパチョとオープンサンド。美味しゅうございました。

Arles1_10

Provence is well known for rose wine-producing areas. This wine from Les Baux-de-Provence was so good that I continued to drink it at meals during the stay in Provence.
プロヴァンスはロゼワインの産地として有名です。このレ・ボー産のワインはとても美味しく、その後プロヴァンスでの食事の際はロゼワインを飲み続けることになりました。

Arles1_11

We were there nearly two hours. There were many sights to see in the city, so if we made a whirlwind tour, we could cover most of them in in half a day. However, I think it was a real joy of "on your own" excursions to spend a long time for lunch as if we had it in Tokyo.
二時間近くいたでしょうか。アルルは見どころが多いのですが、もし駆け足で回れば半日でも結構な数の観光スポットを見られます。でも、まるで東京で会った時のように時間をかけて昼食をとるのも自由旅行の醍醐味でしょう。

Anyway, we eventually went sightseeing. I’ll show you that on upcoming post.
ともかく、ようやく観光へ出発。その様子は次回ご紹介したいと思います。

Arles was perfect for a picture.
アルルはどこをどう撮っても絵になる。

Arles1_12

Arles1_13

Arles1_14

Posted by Kinakinw | 16:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。