Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

20 2012

This or That in Avignon

Avignon2_1

Avignon with a population of about 90,000 people is the capital of the Vaucluse and on the border, to the south, with Bouches-du-Rhône where Arles, Aix-en-Provence, and Marseille are located. Broadly speaking, it’s divided into two areas: one is old city where tourists visit for sightseeing, and the other is newly-developed urban area.
人口約9万人のアヴィニオンはフランス南西部ヴォクリューズ県の首都。市の南は、アルル、エクサンプロバンス、マルセイユがあるブーシュ=デュ=ローヌ県と接しています。おおまかに言えば、旅行者が訪れる旧市街と、比較的新しく開発された新市街に分かれています。

Avignon2_3

Avignon2_2

The old city was surrounded by walls (a total length of 4.3 kilometers) made in 14th century when the time the pops resided. We stayed at newly built Avignon Grand Hôtel located near Central Station along the lateral side of the wall. This was because I preferred comforts of a room and a transportation convenience than a pleasant old building and atmosphere of the historical district. Basically, that was right choice. The only one demerit was that once we returned the hotel, we didn’t feel like going to the other side of the city for dinner.
旧市街は法王庁があった14世紀に建てられた周囲4.3キロの城壁に囲まれています。私たちが泊まったのはアヴィニオン中央駅の隣、城壁のすぐ外側のアヴィニオングランドホテル。城壁内の趣のある古い建物や歴史地区の街並みより、部屋(特に水回り)の快適さや交通の便を優先したわけです。その選択は概ね正解。唯一のデメリットは、一度ホテルに戻ると夕食のために旧市街の奥まで行く気になれなかったことでしょうか。

Avignon2_4

Avignon2_5 Avignon2_6

Avignon2_7

Inside the city was like a huge labyrinth. Except few main streets, devious narrow ones run throughout it. We were lost once.
旧市街はまるで巨大迷路。数少ないメインストリートを除くと、くねくねした細い道が張り巡らされています。一度迷いました。

Avignon2_8
Republic Street, a center boulevard, was OK.
リパブリック通りはまぁいいでしょう。


Avignon2_9
But if you turn off….
でも道を曲がると…。


Avignon2_10
Then, if you go deeper into it…, you see?
で、さらに進むとこんな感じです。


Maybe, it isn’t a big problem if you just walk between the major sightseeing spots because you can follow other tourists or souvenir stores.
有名な観光スポット間を歩く分には、他の観光客に着いて行くかお土産物屋を辿っていけば問題ないかも知れません。

Avignon2_11

Avignon2_12 Avignon2_13

However, let’s make a detour and find something pretty!
でも、ちょっと寄り道しないと。素敵な風景に出会えますから。

Avignon2_14

Avignon2_15

Avignon2_16 Avignon2_17

Avignon2_18

It is fairly obvious that the city was atmospheric at night.
もちろん、夜の街も趣たっぷり。

Avignon2_19

By the way, one day when we had first provincial dinner at a restaurant that was highly recommended on TripAdvisor, we were made to realize that words of anonymous people are NOT trustworthy. We went to a different restaurant with the same name? Did the chef quit? Did the ownership change?
そう言えば、フランスに入って初めて地元料理を出すレストランに行った時のこと。そのレストランはトリップアドバイザーで非常に高い評価をされていました。つくづく、バックグラウンドがわからない人達の評価をあてにしてはいけないと実感しました。同じ名前の違うレストランに行ってしまったのか?シェフが変わった?それともオーナーが変わったのか?

Avignon2_20

Avignon2_21 Avignon2_22

Salmon Tartar a bit smelled fishy and didn’t harmonize with dressing materials, but it wasn’t a big problem. The Roasted Canard, no, to be more exact, its honey sauce was the problem. I didn’t even think “honey sauce” mentioned on the menu was super-sweet honey-flavored starch syrup. Basically, the fatty canard itself was well cooked and had a strong flavor. Please imagine the oily and salty canard and that syrup are mixed in your mouth. It makes you feel down.
サーモンのタルタルはちょっと生臭く、調味料と上手くハーモナイズしていませんでした。でもそれは大した問題ではありません。問題は鴨のロースト、にかかっていた蜂蜜ソースでした。まさかメニューに書かれていた“蜂蜜ソース”が、蜂蜜風味の激甘ガムシロップだとは考えつかなかった。脂ののった鴨自体は強めの味で良く焼けていました。塩コショウの効いた脂っぽい鴨と、激甘ガムシロップが口の中で混ざる、と想像して下さい。へこみますよね?日本語だけでもっと言えば、同じパターンの飾り塩(?)を前菜、メインと繰り返してはいけません。それだけでメインへの期待が萎みます。

Well, the misstep was one of memories of the trip. :D
まぁ、そういう失敗も旅の思い出ですね(笑)。

Avignon2_23

Posted by Kinakinw | 20:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。