Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

14 2012

Is London the Capital of Bad Food?

London2_1

Before the trip, I didn’t have had any bad memories about food in London because until then people who lived in the city chose nice restaurants for me during my stays. However, I went off on my own this time.
旅行前、ロンドンでの食事が不味かったという記憶はありませんでした。(初めて訪れた味覚が発達していなかった高校生の時は別として)以前の訪問では、ロンドン在住の知り合いが店を選んで食事に連れて行ってくれていたからだと思います。しかし今回は、ロンドンでのレストラン選びを自分でしなければいけません。

To come right to the point, my dining experience during the stay was common in all big cities: there are a good meal and bad one and a good restaurant and bad one. Needless to say, basically I carefully chose the dinner destinations.
結論から言えば、滞在中の食体験は他の大都市と同じようなもの。つまり、美味しい物もあれば不味い物もあり、良いレストランも論外のレストランもある、という感じでした。言うまでもなく、基本レストラン選びには細心の注意を払いましたとも。

I’ll list some of restaurants I visited. First, I start with my good choices, then ….
滞在中に訪れたレストランのうちいくつかを挙げます。まずは当たりの店から、そして…。


Encountered Nice Italian - 偶然出会ったナイスなイタリアン
I found an excellent Italian restaurant (shown by the opening photo) run by Italian that serves quite proper pastas. I could have the penne all'arrabbiata cooked cook al dente. It’s difficult to have al dente pastas outside of Italy and Japan. The sauce was just like Italian mamma’s: it was simple and tasty. I felt certain they serve good main dishes and pizza. I highly recommend it.
とても正しいパスタを出す美味しいイタリアンを見つけました(冒頭の写真)。アルデンテに仕上がったペンネ・アラビアータを食べられましたよ。イタリアと日本以外ではアルデンテに茹で上げたパスタを探すのは難しい。トマトソースは正にイタリアン・マンマの味。シンプルでフレッシュ。多分この店は前菜、メイン、ピザなんかも美味しいはずです。お勧め。

London2_2
Restorante Pizzeria “Signor Grilli”
40 Goodge Street, London W1
020-7637-7405


Famous Hakkasan - ご存じ、ハッカサン
The photo shows an entrance of Hakkasan Hanway Place, a famous high-class modern Chinese restaurant run by International restaurant company, Hakkasan Group. I heard it was the first Chinese to which Michelin gave a star (or stars?) in London. (We are not allowed to take pictures there.)
写真はハンウェイ・プレイスにあるハッカサンの入口。言わずと知れた国際的レストランチェーン、ハッカサングループが運営する高級モダン中華レストラン。ロンドンで初めてミシュランの星を獲得した中華料理店だそうです。いまも星付きなのか、いくつ星なのかは知りませんが。(このお店、店内撮影禁止らしいので他に写真はありません)

London2_3

Visitors from all over the world commented on the famous restaurant on line, and the opinions split in two as regards to the good and bad. By classification, those who ran down it pointed out three: (1) the expensive dishes and dim sum didn’t worth the price, (2) service staff was impolite under the cover of politeness or rude, and (3) the tables are too close to each other and it was noisy while it’s pricy restaurant.
世界中から訪れたお客さんがネットに感想を載せていて、評価は真っ二つに分かれていました。分類すると、お店に苦言を呈している人々が挙げているのは、(1)高額なメニューとアラカルトの点心類が値段にそぐわない、(2)店員が慇懃無礼、もしくは単に無礼、(3)高級レストランなのに席同士の間隔が狭く、店がうるさい、の3点でした。

My friend and I went there for dinner one night. We could do nothing about second and third points, but we could take countermeasures against the first one. Simply, we didn’t order pricy meals more than 30 pounds (about 4,000yen, $50) - usually I don’t order dishes using expensive ingredients at the first visit - , avoided dim sum, and had ones Japanese regulars said tasty*. We ordered Duck salad*, Szechuan mabo tofu*, Spicy prawn, Choi sum (sautéed greens), Jasmine rice, Sapporo Black, and Jasmine green tea, and including tax, it costed us about 100 pounds, accordingly a fair price for us. The salad was excellent with new sensation. Mabo tofu and Choi sum were decent. As for Spicy prawn, those fresh and tasty prawns were extremely tasty without their mustard spicy sauce. It was the success of our plans in a way, so we could enjoy the restaurant given both high and low marks.
友人と二人である晩ディナーに訪れました。2番目と3番目に関しては、私達にはどうすることもできませんが、1番目のポイントには対処できます。我々のとった単純な方法は、30ポンド(4,000円位)以上するような高い料理を頼まない(ここに限らず、初めて行った店でいきなり高級食材を使った料理は頼まない方がいいですし)、点心類は避ける、日本人の常連が美味しいと言っていた料理(※)を頼む。オーダーしたのは前菜に鴨(アヒル?)のサラダ※、メインに麻婆豆腐※、エビのスパイシーソース、カイランの炒め、飲み物はサッポロ黒ラベルとジャスミン茶、しめて100ポンド位で、まぁ適正な値段だと思います。サラダは新しい発見があり、とても美味しかった。麻婆豆腐とカイランは、正統な高級中華らしい味。エビはプリプリで新鮮で、店オリジナルの辛子ベースのスパイシーソースなるものをあまりつけなければ非常に美味でした(エビを殺すソースは駄目でしょう)。ひとまず作戦は成功し、評価が分かれるこのレストランを楽しめました。

Hakkasan Hanway Place
8 Hanway Place, London, W1T
020-7927-7000


Reliable Sanuki Udon - 安心の讃岐うどん
If you want to eat decent Udon that can be called Udon for sure, you must go there. It’s in every guidebook.
もし、確実にうどんと呼べる料理を食べたければ、必ずこの店に行きましょう。どんなガイドブックにも載っています。

London2_4
Koya (小屋)
49 Frith Street, London, London W1D
020-7434-4463


Tragedy - 悲劇
On the evening of my arrival, I unwillingly had dinner at a fake Japanese restaurant that served the outrageous meal in the picture. I had no choice at the time. I couldn’t find a desired restaurant, Koya, because it was too dark to read a map. The streets were empty at night, and it was starting to rain. So, I decided to drop into a restaurant on a hit-or-miss basis on the way to the hotel. Then, it ended up a tragic consequence: I stopped at the restaurant owned by the other “nese” served the awfully poor noodles. That made me miserable. I left behind the food.
到着した夜、写真に写った言語道断の料理を出したとある「偽日本居酒屋」で望まないまま一人で夕食をとってしまいました。その時は、暗くて地図が読めなくて目当ての「小屋」がみつけられず、人通りのない暗い道を歩くことになり、おまけに小雨まで降り出して…。どうしょうもなかったのです。とにかくホテルに引き返しながら、目についた店に一か八か入ろうと思いました。そしてその決断は、もう一つの“○○ニーズ”がやっている、恐ろしく不味い麺料理を出す偽物和食屋に飛び込む、という悲劇に終わりました。非常にみじめな気分。頑張っても半分も食べられませんでした。日本語だけで詳しく説明すると、出汁が全く効いていない、色は濃いけど味のしない汁にうどんが入っているという代物。麺は日本の冷凍うどんを使っているらしくまともで、ガッカリに拍車をかけました。どうしたらこういうものを作れるのか。ちなみに料理名は「海鮮ちゃんぽん」。そんな難しいメニューを頼んだ私も大ばか者でした。エビやアサリがちょっとだけ入っている以外は何も合っていませんでした。気力も奪われ、ホテルに帰って水を飲んで寝ました。自分の方向感覚を過信せず、ホテルで確実な道順を頭に入れて出かけるべきでした。一人だと気が緩みます。

London2_5


Everyone to His Trade - 餅は餅屋
I tried their original food next day. I carefully looked up restaurants in Chinatown and chose one. The restaurant that seemed to be famous for Roast Duck was good enough to rescue me from the miserable feeling of last night. The hot and sour soup was the best one I had had in foreign countries for several years.
次の日は、“○○ニーズ”のオリジナルフードを食べに行きました。チャイナタウンの店を丹念にチェックし、ここは大丈夫そうだと思った店へ。北京ダックが有名らしいその店は、前の晩のみじめな気分から私を救ってくれました。写真の酸辣湯はここ数年海外で食べた中で一番おいしかった。

London2_6

London2_7 London2_8
Four Seasons(文興酒家-フォー・シーズンズ)
China Town 12 Gerrard Street, London, W1D
020-7494-0870

London2_9
I saw the reality of Chinese food, but I decline to comment on that here.
まぁこれが中華料理の実情なのでしょうが、良し悪しに言及するのは控えます。


The other restaurants I visited were all ethnic, so, once again, I didn’t have English food made by English, for English in London except breakfast.
この他に行ったレストランは全てエスニック。またしても朝食以外、イギリス人がイギリス人にために作った料理は食べずじまいでした。

Posted by Kinakinw | 23:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。