Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

11 2012

Snapshots from London

London1_0

I arrived in Japan yesterday morning from 14 days in London, Provence, and Paris.
A lot of things happened, mainly fun ones.
ロンドン、プロヴァンス、パリを巡った14日間の旅行を終え、昨日の朝日本に戻りました。主には楽しいことが盛りだくさんの旅でした。

At the very beginning, here are snapshots from London.
初めはロンドンでのあれこれを。


From My Hotel Room with Windows on the Busy Street
往来の激しい通りに面したホテルの部屋より


London1_1

Double-decker Buses passed at 30-seconds interval. You see, I met the passengers’ gaze. However, the hotel near the British Museum itself was nice and cozy and in a good neighborhood.
この通りは30秒に一台二階建てバスが通ります。ご覧のとおり、バスの乗客とバッチリ目が合います。ただ、大英博物館近くのホテル自体は快適で周囲の環境も良かったです。

London1_2 London1_3


We Do Have the Freedom to Feed the Pigeons
我々にはハトに餌をやる自由がある


London1_4

The lady with only a camisole top and shorts was laying in bread crumbs and dried grains. Although she didn’t hold up any slogan, I understood why she did it. This is because the spot, the front of the National Gallery, the feeding pigeons was forbidden. Personally, I prefer this performance rather than yelling and voicing one's discontent.
キャミソールとショーツしか着ていない妙齢の女性が、パン屑と乾燥穀物の中に横たわっています。何も主張は掲げていませんでしたが、彼女が何のためにこうしているのかはわかりました。それは、この場所がハトの餌やりを禁止しているナショナルギャラリー前だから。個人的には、主張をがなり立てるよりこういうパフォーマンスの方が好きです。

London1_5 London1_6


Things Reminded Me of the Olympics and Paralympics
オリンピックとパラリンピックを思い出させるもの達


London1_7

I got there two weeks after the Olympics and two days before the Paralympics, so there were things which gave people the sense of these events (not everywhere, though). Many supporters of Australian team stayed at my hotel, and I saw Paralympic athletes in the town.
私が訪れたのはオリンピック閉会2週間後、パラリンピック開催の2日前というタイミング。街にはそれらのイベントを思い出させるものが見られました(そこかしこに、というわけではありませんが)。私のホテルには多くのオーストラリア人サポーターが泊まっていましたし、街中でパラリンピックの選手とも会いました。

London1_10

London1_8 London1_9

London1_11


The Great British Museum Having both Good and Bad Aspects
大英博物館の功罪


London1_12

When I had been there before, I just watched few major exhibits because of the shortness of time. So, I spent some time there this time. Though the researches have been done and the cultural heritage is in a good state of preservation because of the museum, I had mixed emotions toward how the exhibits were taken out from the countries. I was sure at least that ancient Egyptians do not want their sacred sculptures and mummies to be sightseeing show.
以前ここを訪れた時には、時間がなくいくつかの有名な展示品しか見られませんでした。そこで今回は時間をかけて見て回りました。研究が進んだ、文化遺産が良い状態で保存されているという功績はありますが、展示品がどのようにそれぞれの国から持ち出されたのかを考えると複雑な気分になりました。少なくとも、古代エジプト人は自分たちの神聖な彫刻やミイラが見世物になるのを望んではいないと思います。

London1_13 London1_14

Posted by Kinakinw | 20:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。