Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2012

Just Managed to Catch It

Midnight in Paris 1

It was good weather for a walk in Tokyo today: shiny and not too hot because of dryness of the air. I decided to alter my schedules and went to see the movie, Midnight in Paris written and directed by Woody Allen, in Roppongi Hills.
今日の東京はからりと晴れて絶好のお散歩日和でした。予定を変更して六本木ヒルズに映画を観に行ってしまいました。ウディ・アレン監督脚本のミッドナイトインパリ。
しかし、シネコンでウディ・アレン作品を観る日が来たのですね…。

Midnight in Paris 2

The film has been much talked about and, I think, some of you have already seen it, so I don’t tell the story here.
この映画はとても話題になっていますし、既にご覧になった方もいらっしゃると思うので内容には触れません。

Allen is my most revered director, yet I didn’t went soon though it was released last month. (I’m thinking to write about why in the next post.) Anyway, though I felt somehow uncomfortable about its well-written script and some lines, I could enjoy it over all.
ウディ・アレンは最も好きな監督なのですが、先月末公開にもかかわらずまだ観ていませんでした(その理由は週末にでもゆっくりと書こうと思います)。ともかく、上手くまとめられた脚本やいくつかの台詞に居心地の悪さを感じたものの、全体的には楽しめました。

Paris is a place where fond memories since I stayed there for half a year in my 20s. My motive for staying there wasn’t much different from that of the central character.
Paris is such a place where one relives each “the Belle Epoque (good days)”.
パリは20代の頃半年間過ごした我が思い出の街(色々な意味で濃い半年間でした)。パリに滞在してみようと思った動機は、主人公のそれと大差はありません。
パリとは、その人にとっての「良き時代」を追体験する場所なのです。

Some people feel “I want to die in Paris (it was a sales copy for a department sore in Japan)” because the town basically haven’t changed for these centuries. Aside from reliving Epopue with your secret idols, whenever you get there, you can feel your youth, old memories, someone, and something wake to life within you.
「パリで死にたい」と思う人がいるのは、この街が基本的に何世紀も変わっていないから。憧れのアーティストとその時代を追体験できるだけでなく、パリに行きさえすれば、その人の青春、思い出、誰か、何かがその人の中に蘇るのです。

Posted by Kinakinw | 19:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。