Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

17 2012

Dreams on Ice 2012

DOI 2012_1

Though it’s the off-season, here is a topic of figure skating again.
Yesterday, I went to an ice show, Dreams on Ice in which the member of current national team comes on, held from 6/15 to 6/17 in Shin-Yokohama.
オフシーズンなのに、またフィギュアの話題です。
新横浜で6/15~本日まで行われたアイスショー、ドリーム・オン・アイスを昨日観に行きました。

Performers - 出演者
Men’s single: [seniors] Daisuke Takahashi(橋大輔), Hanyu Yuzuru(羽生結弦), Takahiko Kozuka(小塚崇彦), Tatsuki Machida(町田樹), Takahito Mura(無良崇人), Daisuke Murakami(村上大介) [juniors] Keiji Tanaka(田中刑事), Ryuju Hino(日野龍樹), Shoma Uno(宇野昌磨)
Women’s single: [seniors] Akiko Suzuki(鈴木明子), Kanako Murakami(村上佳菜子), Haruka Imai(今井遥) [juniors] Risa Shoji(庄司理紗), Satoko Miyahara(宮原知子), MiuSato(佐藤未生)
Pair: Narumi Takahashi(高橋成美) & Mervin Tran (マーヴィン・トラン)
Synchronized skating: Jinguu Ice Messengers Grace(神宮アイスメッセンジャーグレイス)
Guest skaters: Carolina Kostner(カロリーナ・コストナー), Patrick Chan(パトリック・チャン), Miki Ando(安藤美姫), Nana Takeda(武田奈也)


From the beginning, when I checked for the ticket on the next day of the launch, moderate seats had already sold out. I gave up on it once, but I decided to try for walk-up tickets for standing room at the last minute. The opening picture shows the numbered ticket for it. It was the first time for me to watch an ice show standing up. Standing during the show was OK, but including the time spent on lining for tickets and entrance (for a space race), it was a bit hard to be a standee.
チケット発売日翌日にチェックしたら、お財布に優しい席は既に売り切れていたのであきらめていましたが、当日発売の立ち見券を目当てに行ってみることにしました。冒頭の写真はその整理券。立ち見でアイスショーを観るのは初めてでした。まぁショーの間立っていることは問題ありませんが、チケット販売を待ったり、入場を待ったり(場所確保のため早く入らないと)したのを含めると、立ちっぱなしはきついものがありました。

DOI 2012_2 DOI 2012_3

Anyway, these are some remarks.
ともかく、いくつか感想を。

Attractive Male Secondary Group – 充実した日本男子第2グループ
Machida who gave one of the great performances and Mura are evolving, whose successful short programs in the Four Continents Championships are still fresh in our minds. If they weren’t Japanese, they can surely enter into the World Championships. What a shriek of joy!
この日素晴らしい演技をした町田選手、そして無良選手。昨シーズンの四大陸選手権のSPで完璧な演技を披露したのは記憶に新しいですね。彼らは着実に進化していて、頼もしい限りです。もし彼らが日本国籍でなければ、世界選手権に出ていてしかるべき選手達。嬉しい悲鳴です。

Combine hopes and concerns in Juniors – 期待と不安が入り混じるジュニア選手達
The juniors were one of my aims for the show. The bright side is Tanaka and Uno continue to grow smoothly for post Sochi in which they would be leading skaters along with Hanyu. As for Ryuju, well, as usual, he seemed to be unmotivated for skating…. I am a little worried about ladies. They are good skaters, but, personally, compare to Russian and American ones, I cannot sense their lambent talents that will bring them a big breakthrough on the world stage in the future…. Judging calmly, having Ando and Mao, geniuses who appear only once in every decade, at the same time is an unusual situation. I may have to give them time.
この日のお目当ての一つだったジュニア選手達ですが、良かったのは田中選手と宇野選手。羽生選手と共にソチオリンピック後の日本の主力選手になるべく順調に成長しているようです。日野選手に関しては…スケートに対する熱意がまだ感じられませんでした。さて、心配なのは女性陣。みんな良い選手なのですが、ロシアやアメリカのジュニア選手と比べるとどうしても物足りない。世界の舞台で大躍進しそうなキラリと光る才能が感じられないのです。まぁ良く考えてみれば、安藤美姫と浅田真央という十年に一人という天才スケーターが同時期に現れた、という現在の状況が特殊なのですね。長い目で見てあげないといけないかも知れません。

Spectacular Daisuke Takahashi - 圧巻の高橋大輔
The performance of the skater whose reunion with the Russian awkward coach,Nikolai Morozov, sends shockwaves towards fans in the world was just amazing! He showed us his new program for gala, Tango Piazzolla Primavera choreographed by Kenji Miyamoto. Maybe, there is no need to mention his power of expression, but I can also add that now he is able to give off an adult male’s allure and sultriness. I talked with dedicated Daichan-fans at the site. Some of them came all the way from local cities just for the show, stayed at a hotel and planned to watch several acts! I hope they spend some really good quality time with Daichan until Sochi and after it.
一癖あるロシア人コーチ、ニコライ・モロゾフと再びタッグを組んだ、というニュースが世界中のファンに激震を与えている高橋大輔。さすがの演技でした。この日披露したのは新しいエキジビション用プログラム、宮本賢二振り付けのリベルタンゴ→Primaveraの間違いでした。彼の表現者としての実力はここで私が言う必要もないのですが、あえて言えば、いつの間にか大人の男性の色気や艶のようなものをさらりと表現できるようになっていて、脱帽です。今回は熱狂的な大輔ファンのご婦人達とお話をしました。中には遠くからこのショーのために上京して、ホテルに泊まって何回も観るという方もいらっしゃいました。ソチオリンピックまで、そしてその後も、大輔ファンの皆様が充実した時間を過ごせることを願わすにはいられません。

Perplexing Ando’s “Artistry” - やっかいな安藤美姫の“芸術性”
We, Japanese figure skating fan, know she has worked hard to improve her expressiveness these years, but in general, she has never known for her artistry in the world. Though she is a gifted skater and tough competitor, regrettably, she isn’t blessed with natural ability to express the music through skating. I wrote about her expressiveness before (the previous post), and her latest interview made me think that again. According to it, though she is assigned to Grand Prix Series next season, she’s still thinking about if she’ll compete or not because she prefers to show her performance as an artist.
日本のフィギュアファンは、この数年安藤美姫が表現力向上に取り組んでいることを知っていますが、彼女の表現力が世界的に評価を得たことはありません。彼女は類稀な才能を持つスケーターで、試合に強い。しかし残念ながら、スケートを通じて音楽を表現するという才能には恵まれていません。彼女の表現力については以前にも書いたことがあります(その時の記事)。そして今回またその事について考えさせられてしまいました。彼女は最近のインタビューで、今シーズンのグランプリシリーズに出場を予定しているけれど、アーティストとして滑っていたいので、試合に出場するかどうかはまだ決めていないという趣旨の話をしているのです。ええっ…?(汗)。

I watched her performance yesterday, and I could assume what she thinks artistry is and, at the same time, convince why her expression conveys no meaning to many people. As far as I see, her “artistry” is expressing oneself in an ice show, mainly in terms of her affections, rather than communicating to audience. In other words, it’s look-at-me and understand-me skating. It’s a big misconception, and additionally, the more tragic one is she thinks performance in a competition is NOT art.
昨日の演技を観て、彼女が考える“芸術性”とは何か、なぜ多くの人に彼女の表現が伝わらないのか、わかった気がしました。私が思うに、彼女にとっての芸術性とは、アイスショーで主には感情面で自分を表現することで、観客に何かを伝えることではなさそうだということ。言葉を変えれば、「こういう私を見て、わかって」というスケート。これだけでも大きな勘違いですが、さらに深刻な勘違いは、どうやら彼女は試合で滑ることは芸術ではないと考えていることです。

Originally, only limited people who were sympathetic with her or knew her history could interpret her expression. For example, I know she expresses her thoughts for her father she lost when she was a child through the requiem program, so I can interpret what kind of feelings she’s expressing through it. Yesterday, however, I didn’t feel anything from her performance. I just understand she tried to skate very expressively.
元々、彼女の表現を理解できるのは限られた人だったと思います。彼女を好意的に見ている、また彼女の歴史を知っている人です。例えば、レクイエムというプログラムは幼少の頃に亡くしたお父さんに捧げているのだ、と私は知っているので、彼女がどんな気持ちを表現しているのか斟酌できたのです。でも昨日の彼女の演技からは、特に何も感じられませんでした。ただ、情感たっぷりに滑ろうとしているのだな、ということはわかりました。

I wished this year’s break could add up to a new passion for her skate. She has had a passion for being “an artist”. So, what will be the result?
昨シーズンの休養が、スケートに対する新たな情熱を彼女にもたらしてくれたらいいな、と思っていたのですが。まぁ、“アーティストでありたい”という情熱は持ったみたなので、さて、これからどうなるのでしょうか。

DOI 2012_4

Posted by Kinakinw | 21:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。