Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

10 2012

Figure Skating as Student Sports

higashiyamato skatecenter

Last month, I went to the figure skating championships for university students in the Kanto region in which 90 skaters, from beginners to those in most significant class, who belong to universities’ clubs participated. Though the competition for the beginners started early in the morning, I only watched 25 male & female superordinate including few well-known skaters appeared in the afternoon. I never thought I would follow small competitions, but I tentatively went there because I actually enjoyed Lily Cup held before it.
先月、関東学生フリースケーティング選手権大会を観戦しました。参加者は初級から上位選手(7、8級)までの、大学のスケートクラブに所属する約90名のスケーターでした。低い級の選手達の試合は朝早くから行われていましたが、私が見たのは午後からの男女上位選手約25名でした(中村健人、佐々木彰生、西野友毬選手など)。こういう大会までフォローするつもりはなかったのですが、前回行ったリリーカップが案外楽しかったので試しに行ってみました。

The atmosphere was just like that of minor college sports: audience was skaters and some their family, and competitors called out and cheered up their club mates. It taught me a renewed recognition of figure skating as student sports.
会場の雰囲気は部活そのもの。観戦しているのは(熱心な一部ファンの方々を除き)選手とその一部の家族のみ。選手達が同じ大学のチームメイトに「ガンバー!」と声援を送っていました。この大会は、学生スポーツとしてのフィギュアスケートを再確認させてくれました。

Many student skaters belong to their school’s skating club in case a university or high school has it. In other words, competent ones, even at the local level, enter those schools through the recommendation system. This kind of competition (including interscholastic athletic competitions and regional preliminary rounds) is one of main scenes of their activities for them even for the superordinate I saw that day.
学生スケーターの多くは、自分の学校にスケートクラブがあればそこに所属しています。言い方を変えれば、例え地方レベルでも目立った選手はスケートクラブのある学校に推薦入学するとも言えます。今回私が行ったような学生大会(インターハイやインカレ、またその予選を含めて)は、私がこの日見た上位選手にとっても主な活躍の場の一つです。

An exception is that few top Japanese skaters who constantly participate in ISU senior competitions. Besides Miki Ando and Akiko Suzuki, though these skaters are also students, they don’t compete the one like this.
例外は、ISUの国際シニア大会に常に出ている日本のトップ選手達です。安藤美姫、鈴木明子選手を除けば、全員学生ですが、このような大会にはそう参加しません。

However, majority of the contestant population is made up of person unknown to fame like skaters in the championships. They usually retire from competitions on graduation from university, which is the same as players of other sports.
しかし、競技会に出るスケート競技者の殆どが、この大会に出ているような一般的には知られていない選手達です。他のスポーツと同じように、彼らの多くは大学卒業と同時に競技から引退します。

In Japan, the circumstances surrounding top figure skaters are quite distorted: a small number of top skaters come under the spotlight and are played for just like idol personalities by TV. That causes misunderstanding among people as if they were choreographed TV talents. Even though those top skaters are above the clouds relative to ordinary student skaters, they are an extension of the no-names. I mean, if someone supports them, they basically decide what kind of skate they perform on their own (including a coach, choreographer, costume and so on).
日本ではフィギュアスケートを取り巻く環境は大変いびつです。一人握りのトップ選手にのみスポットが当てられ、TVにはまるでアイドル芸能人のように利用されています。それが一般の人々が彼らを、まるでプロダクションに演出されている芸能人かのように誤解させていると思います。例え、一般の学生選手に比べれば雲の上にいるようなトップ選手達でも、基本的には学生スポーツの延長線上にいるのです。だれかサポートしてくれる人はいるにしても、どういうスケートをするかは彼ら自身で決めています(コーチや振り付け、コスチュームなども)。

If some disjointed things happen to the big names, for example Mao’s costume (^_^;), I think it’s better than the case in which the grown folk produce a perfect skater as a package because, without exception, an aim of the folk is basically their own business. If one cannot deal with that situation, it ruins one’s skate. Even if one can, it’s risky in the long run as we can see an example of the results in the neighboring country.
例えば浅田選手の衣装のように(笑)多少ちぐはぐでも、大人達がパッケージとしてプロデュースした完璧なスケーターになるより自分で決められた方が良いと思います。そういう大人達にとって、選手はしょせん商売道具です。選手がプロデュースされるという状況に耐えられなければ、自分のスケートを見失ってしまうでしょう。もし耐えられたとしても長い目で見ればリスクが大きいのではないでしょうか。そういう人の行く末は、かの国の選手の例からわかると思うのです。

Posted by Kinakinw | 20:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。