Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

06 2012

La Folle Journée Japon, “Days of Enthusiasm”

LFJ2012_1

One of the pleasures of the Golden Week holidays was this event.
La Folle Journée est un festival de musique classique. Oops, excusez-moi! It’s originally a French annual classical music festival founded in 1995, aimed at the popularization of classical music, in Nantes. Throughout the festival period, multiple concerts are held simultaneously in a variety of venues from morning till night. Each concerts is approximately 45 or 60 minutes long and low in cost. Each year focuses on a theme, initially on composers such as Mozart and Beethoven.
ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)はゴールデンウィークのお楽しみ。
ご存知の方も多いと思いますが、このイベントは元々、クラッシックの普及を目的にフランスのナントで1995年に始まった音楽祭です。期間中会場では、朝から晩まで複数のコンサートが同時に行われます。1つのコンサートは45分から長くても60分。料金も安く設定されています。モーツアルトやベートーベンなど、毎年決まったテーマがあります。

Based on the format of it, La Folle Journée has been brought to many other parts of the world, and since 2005 La Folle Journée au Japon has held in the Tokyo International Forum this time of the year. During the festival, 300 or more concerts (the tickets are between 1,500 – 3,500 yen) and related programs are held. As a casual fan of classical music, I have participated in the event since 2005 except for the last few years.
近年はフランス以外でもラ・フォル・ジュルネのフォーマットに従った音楽祭が行われています。2005年からは、有楽町の東京フォーラムでラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが毎年開催されています。期間中、300以上のコンサート(チケットは1,500円から高くても3,500円)や関連イベントが行われます。クラッシックのライトファンである私は、2005年から毎回出掛けていました(この2~3年は何故だか行ってなかった)。

LFJ2012_2

LFJ2012_3 LFJ2012_4
There was a stage for free events, booths of musical instrument makers, and public recording of Internet station specializing in classical music at the site.
会場には無料コンサートのステージや楽器店やメーカーのブースが出ていたり、クラッシック専門のネットラジオ局の公開録音が行われたりしていました。


La Folle Journée Japon 2012 was held May 3rd to May 5th under the theme of “Le Sacre Russe,” the music of Russia. When I tried to get tickets just several days earlier, those to the most concerts were already sold out, but we could drop in on three of them on the first day.
今年は “サクル・リュス(ロシアの祭典)”をテーマに、5月3~5日の3日間開催されました。直前になってチケットを取ったので、目ぼしいコンサートのものは売り切れていましたが、初日に無事3つほど聴きに行けました。
1. Prokofiev’s Piano Sonata No.7 by a young and energetic pianist and Tchaikovsky's Variations on a Rococo Theme in A for cello and orchestra (the conductor played cello)
 新進気鋭のピアニストによるプロコフィエフのピアノソナタ第7番、チャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲
2. Chorus by a choral society, Capella de Saint-Pétersbourg that has 500 years of history
 500年の歴史を持つカペラ・サンクトペテルブルクの合唱
3. Stravinsky’s Concerto for chamber orchestra “Dumbarton Oaks” and Prokofiev’s Concerto for violin and orchestra No.2 by a violinist with techniques that are matched by none
 ストラヴィンスキーのダンバートン・オークス協奏曲、超絶技巧のバイオリニストによるプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番

I enjoyed all of them, and I was tremendously-impressed with the Capella de Saint-Pétersbourg. The mixed chorus was established as a Russian Church choir that historically uses nothing other than voices. When singing devotional songs by Rachmaninov and Sviridov, the thickness of their voices was more than I could imagine. The chorus powerfully resonated with the body of Kinakinw seated in the back row of a hall. I had goose bumps; just amazing! I have CDs of Gregorian Chant, which is also unaccompanied one, so I expected something like, but that was a very different.
全部楽しめましたが、最も良かったのは合唱。カペラ・サンクトペテルブルクはロシア正教の聖歌隊として設立された混声合唱団です(現在はプロの合唱団)。東方正教では、聖歌隊は伝統的に無伴奏で歌うそうです。彼等がラフマニノフやスヴィリドフの神に捧げる歌を歌う時、その声の厚みは半端ではなく、予想を遥かに超えていました。ホールの後ろの方に座っていた私の体にまで、彼等の声が力強く共鳴するのです。鳥肌が立ちました。凄い。グレゴリオ聖歌のCDを何枚か持っているので、そんな感じの合唱なのかなと思っていましたが、全く別物でした。

LFJ2012_6

LFJ2012_5

LFJ2012_7 LFJ2012_8

The event has a festive and excited atmosphere. Though it was unfortunately raining, many visitors, including us, gathered in the open space, where the other stage for free events and food stalls stranded, and spent their time between intervals of concerts as they please. Some groups brought elaborate lunch boxes, and the others had a drinking party.
お祭りムードを楽しめるのもこのイベントの魅力です。あいにくの雨でしたが、もうひとつの無料コンサートのステージが設置され、屋台が並ぶ地上の広場には大勢の来場者が集まっていました。コンサートの合間に、みんな思い思いの時間を過ごしています。お花見並の立派なお弁当を広げているグループもいれば、腰をすえて飲んでいるグループもいました。(5~6で行って、重箱を広げてみたいなぁと思いました)。

The festival has expanded to other cities in Japan: Niigata, Kanazawa, Biwa-ko, and Tosu. Why don’t you set off for the one of near you next year?
日本では東京以外でもラ・フォル・ジュルネを楽しめます。ここ数年は、新潟、金沢、琵琶湖、鳥栖で、いずれもゴールデンウィークあたりに開催されているようです。来年はお近くの会場に出掛けてみてはいかがですが?

LFJ2012_10

I had a lot of fun, and then before I know it, the holiday's over.
楽しかったなぁ。あっという間にゴールデンウィークが終わっちゃいました。

LFJ2012_9

Posted by Kinakinw | 23:55 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。