Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

24 2012

Account of World Team Trophy

WTT1

Team Japan skated off with the gold as competition concluded at the second ISU World Team Trophy (WTT). Along with the first and second day for which I purchased tickets in advance, I attended the third day after all and indulged in the gorgeous competition with top-class skaters who stood on a par with Grand Prix Final and World.
第2回フィギュアスケート国別対抗戦は、日本チームの優勝で幕を閉じました。予めチケットを取っていた初日と2日目に加え、3日目も観戦し、スケート漬けの日々をすごしていました。それにしてもこの大会は、グランプリファイナルや世界選手権に匹敵する位豪華なメンバーでした。

WTT2

While highlight of the first day was men’s SP, especially Joubert, Abbott, and Daisuke, those of the second day were Davis/White’s FD and Daisuke’s FS. They were just I was looking for! I laughed off my pain and gave them a standing ovation. It’s secrets that I wasn’t supposed to be there on the third day.
初日のハイライトは男子ショートプログラムでのジュベール、アボット、高橋大輔。2日目はメリル・デイビス&チャーリー・ホワイトのフリーダンスと高橋大輔のフリースケーティングが秀逸でした。みんな私のお目当ての選手達でした。素晴らしかった。手首の痛みを笑顔でこらえて、スタンディングオベーションを送りました。正直3日目はストリーミング観戦でも良かったかな・・・と思ったのは秘密(笑)。

WTT3
I was watching these skaters from my seat while they were writing a letter on their the abdomen for the kiss & cry show.
彼らがお腹に文字を書いて準備しているところを私は客席から目撃しました。


The competition had been really exciting not only because of excellent performances but also cheering groups of skaters (France, Italy, and the USA) and the enthusiastic Japanese audience. France and Italy teams’ elaborate acts at kiss & cry excited us. Thank you!
この大会は本当に盛り上がりましたが、それは選手達の見事なパフォーマンスだけでなく、フランス、イタリア、アメリカチームの応援合戦と、熱狂的な観客の力が大きいと思います。特にフランスとイタリアの趣向を凝らしたキス&クライでのチームメートの応援は、会場を大いに盛り上げでくれました。ありがとう!

WTT5 WTT4
!
Now for some generalities of figure skating event.
Firstly, visitors have a lot of stuff: some carry a winter clothe, rug, and cushion, and the others also bring a flower bouquet and present for a skater one likes. My luggage is usually as big as one for an overnight trip.
Secondly, most visitors are female. Eventually, there is a long, long line for the toilet at intermission. Hundreds of people are waiting. So, I try to cut down my use of the toilet. Even if I feel elated by an event, I restrain myself from drinking. Not only beer, but also I refrain from cold drinks, coffee, and something that have a diuretic effect. I’m sipping hot herbal tea I’ve brought quietly during intermission.
さてここで、ちょっとフィギュアスケート観戦の一般論を少し。
まず、来場者は概して大荷物です。上着や膝掛け、座布団などを持って来る方が多いですし、人によってはお気に入りの選手に贈る花束やプレゼントを持って来る方もいます。私の荷物もたいがい1泊旅行程度の大きさになっています。
そして、観客の多くは女性です。当然休憩時間には恐ろしく長いトイレの行列ができます。大げさでなく、ここ代々木体育館のスタンド席ロビーには、毎回何百人規模の列ができます。なので、なるべくトイレに行く回数を抑えるようにしています。どんなに浮かれ気分でも、決してお酒は飲みません。ビールだけでなく、冷たい飲み物、コーヒー、利尿作用のあるものは避けています。水筒に入れて持参した温かいハーブティーなどを静かにすすっています。

The 2011-2012 season has ended with WTT. I was happy to watch excellent performances, and I’ll spent next 6 months in expectation of the next season.
この大会をもって2011-2012シーズンが終わりました。最後に素晴らしい演技が見られて良かった。そして来るシーズンを楽しみに、この先6ヶ月を過ごします。

One final message for Mr. Scott Moire – if you don’t want to participate in WTT, just don’t. I prefer Weaver/ Poje.

Posted by Kinakinw | 21:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。