Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

01 2012

News from Cote d'Azur

world2012_1

The 2012 World Figure Skating Championships in Nice came to an end except for the gala tonight. Of course, I’m living according to France Time in recent days. :D
今晩のエキジビションを残し、ニースで行われた2012年フィギュアスケート選手権は終了しました。もちろん私はここ数日フランス時間で生活していました(笑)。

Here are the events that have left a strong impression on me.
印象に残ったことをいくつか書きます。

Thrills and Pleasures 興奮と喜び
・The grandstand finish of the men’s free skating
 男子シングルの熱戦
Yuzuru Hanyub who grabbed the bronze medal did the great, great performance with youth and enthusiasm. Daisuke Takahashi’s breathtaking skate struck a nerve with the audience. The other joy was that the 27-year-old Brian Joubert showed us his clean Matrix and occupied a position of 4th! I hope he’s fully stood ready to respond to the scoring system.
銅メダルを勝ち取った羽生選手は、若さと情熱溢れる本当に素晴らしい演技を披露。高橋大輔も観客を魅了する演技。あと、27歳のベテラン、ジュベールがクリーンにFSをまとめ4位に入ったのも嬉しかった。新採点方式に対応できるようになったと思いたい。

・Our first medal in a senior pairs competition of the World
 我が国初の世界選手権シニアペアメダル
Narumi Takahashi / Mervin Tran in third place made the history which was worth publishing extra editions. Sitting in front of the computer alone at dawn, I got excited over their wining. I was one of happy ones who watched their FS and reactions in kiss & cry live. Narumi who exploded in joy and hopped around surly impressed figure skating fans in the world just as their performance did.
3位になった高橋成美/マーヴィン・トラン組が快挙を達成。この銅メダルは号外が出てもいい位すごい。明け方1人でパソコンの前に座り、彼等の演技に大興奮。私は、彼等のFSとその後のキスクラでの喜びようをライブで見られた幸せ者の1人です。キスクラを跳ね回り、コーチに子猿のようにしがみつき、喜びを爆発させる成美ちゃんの姿は、世界中のフィギュアファンの印象に残ることでしょう。

Heartbreaks 傷心
・The tragedy of the Satos
 佐藤ファミリーの悲劇
Did someone voodoo skaters work with Nobuo and Yuka Sato?
Mr. Sato’s pupiles, Takahiko Kozuka and Mao Asada, couldn’t show their abilities.
Daughter Yuka’s pupiles, Jeremy Abbott and Adam Rippon who ended up 8th and 13th, respectively, couldn’t respond to the expectations of American fans wishing three places at the next World that determines a spot in Sochi Olympics.
I can’t think of what to say to Alissa Czisny. She missed almost all jumps throughout SP and FS and ended up 22nd.
誰か佐藤一門の選手に呪いでもかけたのでしょうか?
信夫先生門下の小塚崇彦と浅田真央は実力を発揮できず。
娘の有香さん門下のアボットとリッポンはそれぞれ8位と13位。次回世界選手権で出場枠3を望んでいた(現在は2枠)アメリカのファン達の期待には応えられませんでした。次回の選手権は、ソチオリンピックの出場枠を決める大会です。
さらに言葉を失う程悲惨なのはアリッサ・シズニー。ショート、フリーを通じてほぼ全てのジャンプを失敗し、22位に沈みました。

・The tragedy of Russian Men
 ロシア男子の悲劇
The SP of pairs in which all three Russian males fell was the prelude, but that wasn’t really matter. Russian pairs finally kept three places. In men’s single, however, the team lost one place out of two because Sergei Voronov and Artur Gachinski ended up 17th and 18th. Who could expect that? Again, the next World determines a spot in Sochi Olympics, and it will be held in enemy territory, Canada. Oh, no….
序曲はロシア男子3人が次々に転んだペアのSP。でも結局ペアは3枠維持できたのだから、そう大したことではありませんでした。でも男子シングルでは、ヴォロノフとガチンスキーがそれぞれ17位と18位に終わり、次回の世界選手権の出場枠がたった1つになってしまいました(今回は2枠)。しつこいようですが、次回の選手権は、ソチオリンピックの出場枠を決める大会です。しかも開催地は敵地カナダ。どうなるのだろう、ロシア・・・。

Well, the battles are over.
I’m going to open a bottle of wine and watch the gala with the afterglow of the competitions!
とにかく戦いは終了。
今夜はワインを開けて、大会の余韻にひたりながらエキジビションを見ます!

world2012_2
Mao, I give you a boost through hard times and good times.

Posted by Kinakinw | 17:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。