Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

01 2012

Virile and Sensitive Man

Joubert1
Judging from the costume, the photo might be taken in 2007-08 season.
衣装から判断すると、2007-08年シーズンに撮影された写真かな。


The good-looking guy with a disheartened look on his face is Brian Joubert, one of skaters I watched holding my breath last weekend. He’s popular in Japan, so I think some of you know him.
この悲しそうなイケメンはブライアン・ジュベール。先週末息を飲んで演技を見守った選手の1人です。日本でも人気があるので、ご存知の方もいると思います。

The French skater is the 2007 World Champion, a three-time European champion, an eight-time French National champion, and the 2006-7 Grand Prix Final champion. At the same time, the 27-year-old man may have passed a peak in the domain of male single in which one’s prime is from late 10s to mid-20s. Since 2009-10season, he has lost his luster partly due to injuries. His melancholy eyes have stuck out in my mind for several years.
フランス人のフィギュアスケーターの彼は、2007年の世界チャンピオン。ヨーロッパ選手権では3度優勝し、国内選手権では8度優勝、2006-7年のグランプリファイナルの金メダリストという輝かしい実績を持っています。同時に、10代後半から20代半ばまでがピークと言われる男子シングルの世界では、27歳の彼は既に全盛期を過ぎた選手。確かに2009-10年のシーズン以来、けがの影響もあるにせよ精彩を欠いています。憂いを秘めた悲しげな瞳が、ここ数年彼の定番に感じてしまいます。

However, I think he’s still a top skater who can stand on the podium.
しかし、彼はまだまだ表彰台を狙えるトップ選手であると思います。

I guess his problem, at least late years, is that he’s no hand at emotional control during performance: he’s easily depressed when he fails, cannot recover and repeats mistakes at worst. He detonates oneself. In his short program at European Championship, after missing first quad jump, he stepped out second triple axel and couldn’t put in a combination jump that’s one of required elements for SP. Then, I saw his depressed look again.
個人的には、少なくともここ数年に関して、彼の問題は演技中の感情のコントロールが下手なことだと思うのです。失敗すると落ち込んでしまう、リカバーできない、最悪の場合ミスを重ねる。自爆というやつですね。今回のショートプログラムでも、最初の4回転ジャンプを失敗した後、トリプルアクセルでステップアウト、そして入れなければいけないコンビネーションジャンプを入れられない・・・。で、またしょんぼり顔を見ることになりました。

Joubert2
He was in 10th place after the short program, and the podium was already out of reach.
ショートプログラムで10位。表彰台は遥か彼方。


The others I watched on TV with bated breath were a 29-year-old Russian, Evgeni Plushenko and a 26-year-old American, Jeremy Abbott. Though I don’t closely mention them because it’s going to be a long story, I saw their exultant faces unlike Joubert.
その他にハラハラしながら見ていた選手は29歳のプルシェンコと26歳のアボット。長くなるのでこれ以上言及しませんが、こちらの2人はジュベールと違って喜ぶ顔を見られました。良かった。

Plushenko Abbott
Plushenko (left) and Abbott (right) won the gold at Euro and American national respectively.
プルシェンコ(左)はヨーロッパで、アボット(右)はアメリカでそれぞれ優勝。


This handsome skater who is basically a man of spirit and also fragile easily wins over ladies. Not only that, his masculine and dynamic performance including huge quad jumps is popular among male fans. I believe his depressed look affect both male and female. Last weekend, many people who back up him couldn’t help but sigh deeply in the arena and in front of TV or PC.
基本的には負けず嫌い、かつ繊細なハートの持ち主であるこのハンサムは、女性の心を捉えますね。それだけでなく、男っぽい演技、ダイナミクッな4回転ジャンパーの彼には、男性ファンも多いのです(私は男性ファン的ファン)。彼の悲しそうな顔には、女性も男性も感情をかきたてられます。先週末は、会場で、テレビやパソコンの前で、多くの人々が深い溜息をついていたに違いありません。

He would participate in the World championships in March, but I don’t how many times he appears at major international competitions in the future. Though his melancholy eyes aren’t bad, I hope I can see joyful Joubert as many times as possible.
ジュベールは3月に行われる世界選手権には出るのでしょうが、この先大きな国際大会に何度出てくれるのかわかりません。憂いをたたえた瞳も悪くありませんが、喜ぶジュベールをなるべくたくさん見たいですね。

Posted by Kinakinw | 20:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。