Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

18 2012

The Kiss

The Kiss 1

Needless to say, this is the best-known work by Gustav Klimt (1862 – 1918), a leading Austrian artist who was a co-founder of the Vienna Secession, an Art Nouveau movement. His works in the sensual theme that give us the impression of mellow and voluptuous grace are popular in Japan. For many Japanese, including me, Vienna in the end of 20th century is synonymous with Klimt.
言うまでもなく、写っているのはオーストリアを代表する芸術家グスタフ・クリムトの作品。時はベル・エポック。クリムトは、オーストリアにおけるアール・ヌーボー運動であるウィーン分離派創始者の1人。見る人に甘美な印象を与えるその官能的なテーマの作品は、日本でも人気があります。私を含め多くの日本人が、世紀末のウィーンと言えばクリムトを思い浮かべます。

The Kiss 2
“The Kiss (接吻)”(1907/08)

The huge picture in the opening photo is build up with tens of thousands of kiss-themed photos posted by the public, which is called Kiss Photo Art Project 2011. That’s a part of a promotion for Austrian Airlines in Japan. In 2012, the original of the mosaic will be donated to Vienna marking the 150th anniversary of the artist’s birth.
冒頭の写真の大きなポスターは、何万というキスをテーマにした一般投稿の写真で構成されています。このアートイベントは、Kiss Photo Art Project 2011と題されたオーストリア航空のキャンペーンの一環として行われたそうです。今年はクリムト生誕150周年ということで、オリジナルのモザイク作品はウィーン市に寄贈されるとのことです。

The Kiss 3

It was fun looking at each photo.
1枚1枚見ているとなかなか楽しいですよ。

It’s displayed in ARK Hills that I stopped by on the way home yesterday. It’s a commercial complex, situated between Akasaka and Roppongi. This is just an aside. I usually hate the land developer of so-and-so Hills and show animosity towards it, but I'm grateful that it made Suntory Hall, a premier concert hall for classical music, in ARK Hills that’s only a station away from my house.
これが展示されているのはアークヒルズ。昨日用事があって立寄りました。全くの余談ですが、私は何とかヒルズのデベロッパーが大嫌いで、何かと敵意をあらわにしがちなのですが、自宅からわずか一駅、ここアークヒルズにサントリーホールを作ってくれた事にはとても感謝しているのです。

The Kiss 4 The Kiss 5

Posted by Kinakinw | 23:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。