Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

13 2011

Liebesträume No.3 - Dream of love



If the situation permits, play the video above in the background and read my today’s post!
もし音が出ても大丈夫なら、是非このフジコ・ヘミング演奏の愛の夢を聞きながら今日の記事を読んで下さい。


The Liebesträume No. 3 (by Franz Liszt) used in the Mao’s FP was originally a lied. I came to know it most recently through someone’s blog and was struck by its lyrics.
浅田真央のフリープログラムで使われているリスト作曲 「愛の夢」第3番は、元々歌曲だったそうです。私はとあるブログを読んでつい最近知り、歌詞にやられてしまいました。

I’ll show you it in German (by Ferdinand von Freiligrath) first, then in English and lastly, in Japanese translation by Kinakinw.
まず、フライリヒラートによるドイツ語の歌詞、次に英語訳、そして最後に拙訳による日本語版をご覧下さい。

Liebesträume (by Freiligrath)

O lieb, so lang du lieben kannst!
O lieb, so lang du lieben magst!
Die Stunde kommt, die Stunde kommt,
Wo du an Gräbern stehst und klagst!

Und sorge, daß dein Herze glüht
Und Liebe hegt und Liebe trägt,
So lang ihm noch ein ander
Herz In Liebe warm entgegenschlägt!

Und wer dir seine Brust erschließt,
O tu ihm, was du kannst, zulieb!
Und mach ihm jede Stunde froh,
Und mach ihm keine Stunde trüb!

Und hüte deine Zunge wohl,
Bald ist ein böses Wort gesagt!
O Gott, es war nicht bös gemeint -
Der Andre aber geht und klagt.

Dann kniest du nieder an der Gruft,
Und birgst die Augen, trüb und naß
-sie sehn den Andern nimmermehr -
In's lange, feuchte Kirchhofsgras.

Und sprichst: O schau auf mich herab
Der hier an deinem Grabe weint!
Vergib, daß ich gekränkt dich hab!
O Gott, es war nicht bös gemeint!

Er aber sieht und hört dich nicht,
Kommt nicht, daß du ihn froh umfängst;
Der Mund, der oft dich küßte, spricht
Nie wieder: ich vergab dir längst!

Er that's, vergab dir lange schon,
Doch manche heiße Träne fiel
Um dich und um dein herbes Wort -
Doch still - er ruht, er ist am Ziel!


Liebestraum No. 3 – Dream of Love

O love, love as long as you can!
O love, love as long as you will!
The time will come, the time will come,
When you will stand grieving at the grave.

And let it be that your heart glows
And nurtures and carries love,
As long as another heart is still
Warmly be struck by love for you!

And to one who spills his breast to you,
O to him, do what you can, in Love!
And make him happy for each moment,
And never let him be sad for one!

And guard your tongue tightly,
In case any slight escapes your mouth!
O God, it was not meant that way, -
But the other recoils, hurt and sighing.

Then you will kneel down at the grave
And your eyes will be cloudy and wet,
- You will never see the other again, -
In the church graveyard's long, damp grass.

You say: O look at me below,
I who cry here at your grave!
Forgive me that I insulted you!
O God, it was not meant that way!

Yet he sees and hears you not,
You cannot comfort him again;
The lips which kissed you often speak
Not again: I forgave you long ago!

Indeed, forgive you he did,
But tears he would freely spend,
Over you and on your harsh word -
Hush, still! - he rests, he is past.


愛の夢 (Translated by Kinakinw)

愛しなさい、愛せるかぎり!
愛しなさい、望むだけ!
やって来る、いつかはやって来る
その人の墓前に嘆き悲しみ立つ時が

心を幸せで満たしなさい
愛を育み育てなさい
その人の心があなたへの愛で
温かく満ちているかぎり!

あなたに心を開く人に
愛をこめて尽くしなさい
その人がいつも幸せで
決して悲しまないように

口を慎みなさい
蔑みの言葉をすべらせば!
そんなつもりはなかったと言っても
その人は臆し、傷つき、溜息をつく

そのあと墓標にひざまずき
あなたは涙に暮れる
二度とその人に会えないと
教会の墓場に広がる、湿った芝の上で

そこに眠るその人に、あなたは呼びかける
わたしはここで泣いている!
蔑んだことを許せ!
そんなつもりはなかった!

でもあなたの姿や言葉は届かず
その人の心を慰めることはできない
あなたにキスしたその唇は
もう「許しているよ」とは動かない

本当はその人は許していたのだ
でも涙を流しただろう
あなたの辛辣な言葉に
じっと静かに!その人は眠りについている


I didn’t stay home to translate the lyrics or write a blog post this afternoon, but I couldn’t help but do that by myself when I saw other people’s Japanese translations with stern and stately interlude. Personally, I think simpler and more lyrical Japanese is appropriate for the music.
詩を訳したり、ブログを書いたりするために今日の午後自宅にいた訳ではなかったのですが、他の方々の仰々しい荘厳なタッチの訳を見ると、自分でやらずにはいられませんでした。個人的には、この曲にはもっと平易で軽い感じの日本語が合うと思うのです。出来はどうかな・・・。まぁこんなところが詩人の言語感覚に恵まれなかった私の限界ですね(笑)。

I enjoyed coming and going between German, English and Japanese and speculating about a meaning of the words.
ドイツ語、英語、日本語を行ったり来たりして楽しみながら、言葉の意味をじっくり考えました。

I wonder if Mao Asada knows the lyrics. Maybe, she is. If not, she definitely has natural energy for loving someone, so she will never regret in that way.
真央ちゃんはこの詩を知っているのでしょうか。多分知っているのかな。そうでなくても、彼女は人を愛する才能を生まれながらに持っているはずなので、こんな風に後悔することはこれからもないでしょう。

Now, I know she is passing on “loving someone so as not to regret” to us through her performance.
これで、愛の夢の演技を通じて彼女が私達に「後悔しないよう人を愛せ」と伝えているのだとよく分かりました。

I won’t listen to the music without thinking of her performance forever. What an amazing girl.
多分私はこの先ずっと、この曲を聴けば彼女の演技を思い出すでしょう。本当にすごい娘です。

She’s going to appear on the national figure skating championships that will be held from 23rd December.
Don't miss out!
浅田真央は今月23日から開催されるフィギュアスケート全日本選手権に登場します。
お見逃しなく!

Posted by Kinakinw | 17:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。