Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

10 2011

My Thoughts Go Out to Mao and Her Family

sora

This weekend, I’m watching ISU Grand Prix of Figure Skating Final - it’s like a festival rather than a competition - held in Quebec City, Canada on a live pay-TV through the Net (no commentator and announcer, just skaters and music!). It costs about 1,000 yen ($13) including live coverage and VoD streaming of the senior event. It’s inexpensive because this way, I don't have to check up channels and their broadcast schedules.
今週末は、試合というよりお祭り的要素の強いフィギュアスケートグランプリファイナを、有料のネットテレビで生観戦しています(解説もアナウンサーもいない、会場音声のみの放送です。やったー!)。シニアの試合とエキジビションの生中継と、それらのオンデマンドビデオが見られて1,000円。放送しているチャンネルや放送予定を調べる手間がかからないと考えれば、決して高くはありません。

Generally, however, people living in Japan cannot access the Net-TV because of geographical limitations, so I access it via one of Asian countries. The limitation is for protecting the broadcast right of the Japanese TV I call “harassment”. I think Japanese commercial stations are lagging behind the most in terms of live broadcast on the Net. Figure skating fans are always struggling for watching competitions live (not only women’s and men’s singles but also pairs’ and dancing). If we can watch those on the stations sites, we’d gladly pay some money. Basically, we are different form viewers of a prime-time taped show who are just interesting in Mao Asada (Well, paradoxically, the stations made such viewers). Furthermore, most of us also review performances on the taped show even if they watched them live. There is no harm for them to send it live on the Net.
しかし、本来日本からはこのテレビは地域制限に引っかかって観られないのです。私はとあるアジアの国を経由する形で観ています。地域制限は日本のテレビ局が持つ放送権を保護するためですが、私に言わせればとんだ嫌がらせもいいところです。だいたい、日本の民放局はネット配信の分野に関して遅れ過ぎていると思うのです。フィギュアファンは試合の生中継を観るべくいつも大変な努力をしています(フィギュアスケートは女子や男子だけじゃないのです。ペアにも日本人選手がいますし、ダンスもやっています。今回はジュニアの試合も同時開催で日本人が3人出ています)。もし、日本のテレビ局のサイトから生で観られるなら、喜んで多少のお金は払いますとも。そもそも、フィギュアオタクと、真央ちゃんにしか興味のない録画放送の視聴者層は全く異なるのです。さらには、オタクの多くは、「綺麗な画面でおさらい」するため、録画放送も観るのです。ネットで生中継することに何のデメリットがあるのでしょうか。(バカじゃない--#)

I want to mention some more points about the sport telecasting, but I’d stop that today.
まぁ、スポーツ中継に関してはまだまだ言いたいことがあるのですが、今日は止めておきます。

I was also one who had a long day yesterday. During figure skating season, maniacs work hard weekday and are waiting every event like a child who counts the days until Christmas. Friday, which is opening of most competitions, is the most exciting time for us. However, my Friday was a bitter day: it started with the shocking news of Mao’s withdrawing and ended with the sad news of her mother’s death.
昨日は私も長い一日を過ごした1人でした。シーズン中、スケートオタクは平日バリバリ働き、週末のイベントを子供のように指折り数えて待っています。多くの試合の初日である金曜は特にワクワクしている日です。しかしこの金曜は、真央ちゃんの出場辞退と緊急帰国のニュースで明け、お母様の訃報で終わるという辛い1日となってしまいました。

I felt disconcerted and gave sighs all day long firstly because I well understood Mao’s situation (of course, not as a famous skater, but as a young woman). I lost my mother in my 20s. She passed away after 7-year battle with cancer. When I was the same age as Mao, I received word about her condition while traveling and rushed home. She wasn’t in critical condition, and I was in a resort town near Tokyo, not in a far place like Canada. So, it took about only 3 hours to our home, but I was seriously alarmed and couldn’t bear the thought of her.
真央ちゃん置かれた状況がよく分かり、1日中落ち着かず、溜息ばかりついていました(もちろん有名スケーターの彼女ではなく、1人の年若い女性としての真央ちゃんですが)。私も20代で母親を亡くしています。7年間の癌との闘病生活を経ての死でした。ちょうど真央ちゃんと同い年の頃、私も旅先で母親の体調に関する知らせを受け、急いで家に帰ったことがありました。私はカナダのような遠くではなく東京近郊にいて、母の病状もその時は生死に関わるものではありませんでした。たった3時間の道のりでしたが、いてもたってもいられず、母のことを考えるととてもとても辛い気持ちでいました。

I sympathize with s Asada Family in their sad bereavement. We were also bereft husband and two daughters.
お母様に先立たれた浅田家の皆さんに心から同情します。父親と2人姉妹が残されたのも、私達と同じです。

I offer my sincerest condolences for Kyoko Asada and the family.
謹んで浅田匡子さんとお父様、舞さん、真央さんに心から哀悼をささげたいです。

-----------------------------------------------------------------------------

I wrote, “I’m going to give up the flipping optical fiber networks” in the last post, but…. NTT (Nippon Telegraph and Telephone Corporation) dispatched field examiners to our home last Monday, and they proposed a setup plan using MDF (Main Distributing Frame) at hour house and called a construction unit on the spot. There was a way!
前回、「いまいましい光はもう使わない」と書きましたが…実は光がつながっちゃいました。月曜にNTTから現場調査員が派遣され、主配線盤から線を引く方法を提案され、その場で工事部隊を呼んでくれました。出来るじゃないですかぁ~!

Now I can watch smoothly flowing videos with new laptop through the optical fiber.
光のおかげで、ようやくサクサク動く動画を楽しめるようになりました。

Posted by Kinakinw | 17:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。