Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2011

Sartre & Beauvoir

Les Amants du Flore1

This year, one of my goals is to go to the movies - not often, but occasionally. So, I search the Internet for movies currently being screened when the inclination prompts, and I go to theaters if there is one I’m interested in.
実は今年の目標の一つは、頻繁にとはいかなくても、時々映画を見に行くことでした。気が向くと上映中の映画を調べ、面白そうなものがあれば映画館に足を運んでいます。

I went to a theater named Eurospace in Shibuya to see a French movie, Les Amants du Flore, this evening. It’s about one of the 20th century's leading couples, Jean-Paul Sartre (1905 – 1980) and Simone de Beauvoir (1908 – 1986) and depicts them form their encounter at the Sorbonne to early 40s. The literal translation of the title is “The Lovers of Flower”, but I suppose Flore refers le Café de Flore that is on Blvd. St-Germain the couple frequented.
今日の夕方は、渋谷のユーロスペースへ「サルトルとボーヴォワール哲学と愛」を観に行きました。サルトルとボーヴォワールは言うまでもなく20世紀を代表するカップル。この映画はソルボンヌでの彼等の出会いから、互いに哲学者、作家としての地位を確立する40歳代前半までを描いています。原題は「Les Amants du Flore」で、直訳すれば「花の恋人達」なんですが、このFloreは彼等が通ったサンジェルマンのカフェ・ド・フロールを指していると思われます。

Though I wasn’t influenced by Sartre at all, I read a Beauvoir’s book, The Second Sex, and speculated the femininity and gender in my teenage (accurately, I made myself feel to do so). When I was in Paris and didn’t know what to do with my time, I visited famous people’s graves including theirs. However, I’m not emotionally involved with the great cultural figures now. I chose the movie without particular motive. I expected the streets of Paris form it.
サルトルには全く影響を受けていないのですが、ボーヴォワールに関しては10代に「第二の性」を読んで、女性性やジェンダーについて思索した(まぁ実際は思索したつもりになった)覚えがあります。昔パリで時間を持て余している時に有名人の墓巡りをし、彼等のお墓も訪れています。でも、今特に彼等に思い入れがあるというわけではありません。この映画ならパリの街並みが見られるだろう、という軽い気持ちで観に行きました。

Unfortunately, there aren’t many locations in the town, but I liked the movie. It really doesn’t involve elements of their philosophies. I think it portrays them as ordinary humans who are trying to be philosophers and writers. In that sense, it's like a growing-up story with humorous scenes. The funniest scene for me was that an American lover of Beauvoir, the main character, said to her, “Why don’t we live together in Chicago”. No one laugh at that, though. Can you imagine she lives in Chicago?
残念ながらパリで屋外撮影されたシーンは少なかったのですが、映画は面白かったです。小難しい哲学的問題が取り上げられているわけではありません。この映画は、サルトルとボーヴォワールを、哲学者であろう、作家であろうとする普通の人間として描いています。私は、笑える場面もある清々しい成長物語だと思いました。私が最も笑えたのは、ボーヴォワール(主人公)のアメリカ人の恋人が、「一緒にシカゴで暮らそう」と彼女に言うシーンでした。誰も笑ってはいませんでしたが、シカゴで暮らすボーヴォワールって想像できますか?

Les Amants du Flore2
Jean-Paul Sartre, Simone de Beauvoir at Café de Flore
サルトルとボーヴォワール。カフェ・ド・フロールにて。


-----------------------------------------------------------

コメント機能をしばらくオフにし、以前のような拍手コメントに戻します。
禁止ワード、よくわかりません(涙)。

Posted by Kinakinw | 23:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。