Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

08 2011

A Number of Things to Look Forward to

Grand Prix
A huge banner displaying in the lobby of TV Asahi that puts Grand Prix titles on the air this year
I took the photo last month when I visit there.
今期(NHK杯を除く)グランプリシリーズを放送するテレビ朝日の本社ロビーに掲げられた巨大バナー
先月ちょっと立寄った際に写しました。


The ISU Grand Prix has started, and the three events out of six were already held (Skate America from October 21 - 23, Skate Canada from October 28 - 30, and Cup of China November 4 - 6). Though most skaters didn’t perform at one's best because of the early stage, there were exciting pointers to the future figure skating scene.
ISUグランプリシリーズが始まり、6タイトル中既に3つの大会が終了しました(アメリカ大会10月21~23日、カナダ大会10月28~30日、中国大会11月4~6日)。シーズン序盤ということもあり、多くのスケーターはまだ本調子ではなかったようですが、いくつか今後スケートを見るにあたって楽しみなことを見つけました。

First of all, Russian whiz girls, Elizaveta Tuktamisheva (won first place in Canada) and Adelina Sotnikova (won bronze medal in China) showed up at the senior competitions. Personally, I hope them will raise the level of technical and artistic aspects of female skaters in general. After the barren discussions of “jumps or overall completeness” few years ago, Olympic year, now many male skaters perform quadruple jumps and its combinations in sharp contrast to the dark ages, and some challenge quad salchow, flip and Loop. Men’s singles is coming to life again as a sport.
まず、ロシアの天才少女、トゥクタムィシェワ(カナダ大会優勝)とソトニコワ(中国大会3位)がとうとうシニア競技会に登場しました。個人的には、彼女達が女子シングル一般の技術・表現両面を引き上げてくれることを期待しています。何年か前の「ジャンプか完成度か」という不毛な議論の後、今では多くの男子選手が4回転ジャンプ、コンビネーションを飛んでいます(飛べて当たり前という感じ)。4回転サルコウ、フリップ、ループに挑んでいる選手もいます 。男子シングルはスポーツとして息を吹き返しつつあると思います。

However, in women’s single, the technique of jumps stands still in the last decade (except Mao Asada, of course). Tuktamisheva can land triple axel during practices, so I hope I can watch it in a competition in near future. It's a piece of cake for Sotnikova to perform a combination of triple lutz and triple loop. Both of them turn 16 this year. I want they give a great stimulus to other female skaters and the young. Wouldn't it be nice if their level will become the standard? I think Mao has been engaged on the improvement of her skating skills because she looks ahead to the future like that.
ところが、女子のジャンプ技術はこの10年何も変わっていないようです(もちろん真央ちゃんは例外ですが)。トゥクタムィシェワ(ロシア語の発音に近い表記なのだそうです。タクタミシェワくらいで勘弁してもらいたいものです)は練習ではトリプルアクセルを飛んでいるそうですから、近い将来是非試合でもやって欲しいですね。ソトニコワは3ルッツ+3ループのコンビネーションを軽々と飛んできます。2人とも今年16歳。彼女達が現役選手や後進に良い刺激を与えることを願います。彼女達レベルのジャンプが「当たり前」になったら良いな、と思いませんか?真央ちゃんはそんな時代を見越しているからこそ、ジャンプ矯正を含めたスキルアップに取り組んでいるのだと思います。

Secondly, we can enjoy a showdown between Yuzuru Hanyu (16) and Artur Gachinski (18) for next 6 or 7 years, at least. They are fierce rivals from junior. In 2009 - 2010 season, while Hanyu won first place in Junior Grand Prix Final, Gachinski finished in 6th place. In the same season, while Hanyu got a gold medal in World Junior Figure Skating Championships, Gachinski got a bronze one. In last season, while Gachinski got a bronze medal, which was worth a lot, in World Figure Skating Championships (not in Junior’s), Hanyu couldn’t so much as make an entry to the competition. Well, Japan had 3 seats, but it was difficult to beat top Japanese male skaters.
もう1つの楽しみは、16歳の羽生君と18歳のガチンスキー君の対戦を少なくとも今後6~7年楽しめそうなこと。彼等はジュニア時代からのライバル。2009 – 2010年のシーズンは、羽生君がジュニアグランプリファイナルで1位、ガチンスキー君は6位。同じシーズンのジュニア世界選手権では、羽生君が1位、ガチンスキー君は3位。ところが先シーズは、ガチンスキー君がシニアの世界選手権3位に輝きます。対する羽生君は同大会に出場すらできませんでした。日本男子は3名まで出場できたのですが、国内選考で落とされてしまいました。何しろ高橋、小塚、織田というトップスケーターが日本には揃っていますから。

In Cup of China held last weekend, after SP, Hanyu (81.37) was in second place, only 0.27 points behind Gachinski (81.64). If one of them had got first place in the competition, it would have been either one’s first senior Grand Prix victory. Understandably, they would have got motivated strongly to knockout the rival and got a gold medal.
今回の中国大会では、ショートプログラムを終えて羽生君は0.27点の僅差でガチンスキー君を追う2位でした。1位になれば、どちらにとってもシニアの競技会初優勝。いやがおうでも力が入るというものです。

Hanyu’s FP in this season is “Romeo and Juliet”. Getting fired up, Hanyu, a young racehorse, completely leave Juliet behind, ran out the first half of program and went under before reaching the final turn. After the Hanyu’s self-defeat, young Gachinski also blew up. Hanyu and Gachinski ended up in forth and fifth places.
羽生君の今期のフリープログラムは「ロミオとジュリエット」。気合が入りまくった若い駿馬といった感じの羽生君は、ジュリエットを置き去りにプログラム前半を全力疾走して、最終コーナーのはるか手前で力尽きてしまいました。その自滅っぷりを見たガチンスキー君も同じく自滅。結局、それぞれ4位と5位に終わりました(そしてベテランにメダルが転がり込んだわけですね)。

They will appear in Cup of Russia that will be hold from November 25. I’m looking forward to what will happen.
彼等は今月25日から始まるロシア大会にも揃って登場します。今度はどうなるか楽しみですね。

By the way, NHK Trophy will be held in Sapporo this weekend (11 - 13 Nov.). We’ll finally watch this season’s Mao. Her SP is “Scheherazade”, and FP is “Liebestraume by Franz Liszt” again. She has two programs for exhibition: “I Vow to Thee, My Country by libera (Jupiter)” and “Waltz in C-sharp minor, Op. 64, No. 2 by Frederic Chopin”.
そうそう、NHK杯が今週末開催されます。ようやく今シーズンの真央ちゃんを見られます。彼女の今期のショートプログラムは「シェヘラザード」、フリープログラムは昨シーズンと同じく「愛の夢」です(完成版が楽しみ)。エキジビション用には「誓い~ジュピター~」と「ワルツ第7番 嬰ハ短調作品64-22」という2つのプログラムが用意されています。

Jupiter is a special program for Mao and us. Mao offers prayers for the disaster victims and afflicted areas, and her performance surely strikes right at the heart of every one of us. Watching the video below, I found her expressive power is going to new heights. It extends beyond the limits of so-called expression in figure skating. I felt as if Mao brings us something form above. She’s just a celestial being when on the ice.
そのうち「誓い~ジュピター~」は、被災者や被災地に思いを込めた真央ちゃんにとっても、私達にとっても特別なものです。そして、彼女の演技は見る人の心に響きます。今年の夏にアイスショーで撮影された下のビデオを見て、つくづく思ったのですが、真央ちゃんの表現力は新たな高みに達していますね。まるで、彼女が天から私達に何かを運んで来るような感じがします。氷の上にいる彼女はとても神々しい。



I Vow to Thee, My Country by libera (Jupiter)
※フィギュアスケートに興味がなくても、この真央ちゃんは必見だと思います。

Posted by Kinakinw | 02:05 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://tnotebook.blog120.fc2.com/tb.php/250-cdfb4c8f

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。