Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

19 2011

Autumn, the Best season for Art

Art Center, Tokyo1

I got a complimentary ticket for an exhibition called Niki-ten including pictures and sculptures that were selected in a contest hosted by Niki-kai, one of major art organizations in Japan. The exhibition is being held at the National Art Center, Tokyo, in Roppongi from December 12th to 24th.
10月12日から24日まで、六本木の新国立美術館で行われている二紀展の招待状を頂きました。

Art Center, Tokyo2
The Art Center is the national government's fifth art institution that’s a venue for various art exhibitions. Kisyo Kurokawa (1934 – 2007), a high official, designed the building. The Art Center established in 2007 is near my house, but I visited it yesterday for the first time.
日本で5館目の国立美術館。展覧会を開催するためのスペースと位置づけられています。建物の設計はご存知、黒川紀章大先生。我が家から近いのですが、2007年のオープン以降、行ったのは今回が初めて。


Well, usually, I’m not interested in an exhibition displaying the works sought from the public. However, I brought me to Niki-ten past weekend because I felt like doing something different than usual on that occasion.
実は公募展にはあまり興味がなかったのですが、せっかくだから行ってみてもいいのではないかな、と思い先週末に出掛けてみました。

Art Center, Tokyo3 Art Center, Tokyo4
Almost all pictures were more than size 60” (about 1,300×1,300cm).
ほぼ全てが60号以上の大きな作品でした。


Surprisingly, it was very fun to look at! It was like a big toy box.
Approximately, 800 pictures and 100 sculptures on various themes were being exhibited. Due in part to the large-sized works, the enthusiasm of creators was catching. Many painters employed every possible means and techniques, and they appealed and pushed out their themes straight and strongly.
意外なことに、これがすごく面白かったのです!まるでおもちゃ箱をひっくり返したみたいでした。
思い思いのテーマによる800点以上の絵画、100点余りの彫刻が展示されていました。絵画のサイズが大きいということもあるのでしょうが、作者の情熱がすごく伝わってきました。多くの画家達は、あらゆる技法を凝らし、それぞれのテーマを真っ直ぐに力強く打ちし出していました。

I realized there is this huge mass of humanity that want to express oneself in the form of art throughout the country.
日本中に、芸術を通じて表現をしようという人々が本当に大勢いるのだなと実感しました。(絵具代だけでも半端ではありません。すごいエネルギーです)

Art Center, Tokyo5
This is Kinakinw Award-winning sculpture chosen from among 1,800 works.
It made me happy!
私が1,800点以上の作品から選んだ大賞です。
幸せな気分になれました。


In addition to it, the other exhibition, The Phillips Collection, is also taking place at the museum, so I stopped at it, too. The Phillips Collection is an art museum founded by Duncan Phillips in 1921 located in Washington, D.C. From the Collection, 110 pictures painted from the late 19th to the middle of the 20th century by American artists.
ちょうどフィリップス・コレクションもやっていたのでついでに寄ってみました。フィリップス・コレクションは、アメリカ人収集家ダンカン・フィリップス(1886−1966)とその妻マージョリー(1894−1985)の個人コレクションを基礎とするワシントンD.C.の美術館です。その中から、19世紀後半から20世紀半ばにかけてのアメリカ人画家による110点が展示されていました。

Well, again, I have limited interest in the modern American paintings (when I visit a big museum in the States, I always skip that sections). It's not that I dislike O'Keeffe, Hopper or Davis, but I personally regard the works by them are kind of graphic designs and am content to view them by printed forms. So, I just don’t feel a strong motivation to see those original pictures.
実は、アメリカ近代美術にも普段あまり関心がないのです(アメリカの大きな美術館に行ったときはその手のセクションはスルーしてしまいます)。オキーフ、ホッパー、ディビスとか決して嫌いではないのですが、個人的には彼等の作品はグラフィックのように感じていて、無理して原画をみなくても印刷物で充分楽しめるのかな、なんて思ってしまうのです(すみません、アート音痴で…)。

I cannot say I was fascinated in the Phillips Collection, but I enjoyed viewing them.
フィリップス・コレクションに感銘を受けたとは言いませんが、それなりに楽しんできました。

Posted by Kinakinw | 21:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://tnotebook.blog120.fc2.com/tb.php/244-c2afb130

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。