Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

13 2011

Aroyana Tabeta, Yurakucho branch

Aroyana Tabeta1

It was a mysterious Thai restaurant for me for a long time. I recognized the restaurant under the elevating structure of railroad in Yurakucho five or six years ago. Its atmosphere struck me; I felt like as if I was in the street of somewhere in Thailand. All members of the staff were young and old Thais. A sing said the head restaurant was in Phuket. The mystery thickened.
長い間このレストランは謎の存在でした。初めて存在を知ったのは5、6年前。有楽町のJR高架下にあるこの店の雰囲気はとても印象的でした。まるでタイのどこかの街に来たのかと思ってしまいました。働いているのは全てタイ人の老若男女。どうやら本店はプーケットにあるらしい。どんな店か、謎が深まりました。

Aroyana Tabeta2

I wanted to walk into it at that time, but I couldn’t because I was not sure if it would be a right choice or not to eat at the restaurant with the common touch (I mean, it was a kind of greasy spoon).
その時興味をひかれたものの、あまりに庶民的な佇まい(「汚なミシュラン」に載ってそうな店)に、当たりか外れか判断できずに入れませんでした。

I often go to Yurakucho in the daytime lately, so I had lunch at it twice. I had Stir-fried egg and shrimp last week. It was tasty, but I got a stomach upset. It was real Thai cooking using a lot of oil and garlic. Then, I had a least-contested set meal this week. Except drinks and some special menus, most of dishes’ price is 630yen all day.
最近昼間によく有楽町に行くので、2度程この店でランチを食べてみました。先週食べたのは卵と海老のカレー炒め。美味しかったのですが、胃が酷くもたれてしまいました。油とニンニクたっぷりの、本当に本場の味なのです。そこで今週は無難な定食を食べてみました。飲み物とスペシャル料理を除き、メニューは全て(ランチタイム以外も)630円。

Aroyana Tabeta3 Aroyana Tabeta4
Left: Stir-fried egg and shrimp Right: D set
左:卵と海老のカレー炒 右:D定食


The owner of Aroyana Tabeta is a Japanese men who also runs a Monjayaki restaurant chain, a travel agency, a language school, and so on. He lived or lives in Phuket and opened Thai restaurant in Phuket and Tokyo. He seems to be a maverick figure.
Monjyayaki (or monja for short) is a kind of pan-fried batter mixed with seafood or meat and finely chopped ingredients such as cabbage or corn.
「あるこなたべた」というこの変わった名前の店のオーナーは日本人男性。この店の他にもんじゃ焼きチェーン、もんじゃ屋形船、旅行会社、語学学校などを経営されているようです。かなり型破りな人物と拝察します。プーケット島に住んでいて(いた?)、地元プーケットと東京にタイレストランをオープンしたのだそうです。

The restaurant serves local Thai dishes, not only stereotype meals for foreign people. From customers' reactions, hot dishes seem to be mercilessly hot. Be careful, when you order.
このレストランは、外国人向けのステレオタイプなメニューだけでなく、タイ人が普段食べているタイ料理を提供しています。お客さん達の反応から、辛い料理は情け容赦なく辛いようです。注文の際はお気をつけ下さい。

Aroyana Tabeta5
This is just an aside.
I made Thai (style) meals with a relatively small amount of oil and garlic for dinner tonight.
余談ですが、今晩は家で油とニンニク控えめのタイ(風)料理を作ってみました。

Posted by Kinakinw | 23:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://tnotebook.blog120.fc2.com/tb.php/242-64056ebb

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。