Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

06 2011

The Other Sower, a Host of Others

I didn’t have much time for sightseeing in Boston, but I went to Museum of Fine Arts, Boston, which was the highlight of the town for me.
ボストンでは観光する時間はあまりなかったのですが、私にとってこの街の目玉であるボストン美術館には行きました。

Museum of Fine Arts, Boston1

After the extension work, the museum becomes extensive than ever before. So, even though I’d decided I wanted to look at, I wondered where to start.
大規模な増築・改修工事を終えて、ここは以前にもまして巨大な美術館になっています。見たいものは決まっていたのですが、どこから回れば良いのか、しばし途方に暮れてしまいました。

What I was looking for were the other The Sower (Millet, 1850), La Japonaise (Monet, 1875) and Japanese arts crossing the sea including Ukiyo-e prints by Hokusai.
お目当ては、ミレーの種まく人、モネのラ・ジャポネーズ、そして北斎の浮世絵など海を渡った日本の作品です。

I saw The Sower in Yamanashi last February (see the post “Barbizon, Yamanashi 2011.2.11”). Millet made two Sowers and sent one of them to an exhibition. Now, one is in Yamanashi, Japan, and the other is in Boston. Unlike the one in the small local museum under the theme of Millet and Barbizon school, the other was almost lost among huge quantities of art works. I couldn’t feel like appreciating it at ease because of people bustled everywhere in the room. If I were the sower, I preferred Yamanashi as one’s last place.
今年の2月、山梨で種まく人を見ました(2月11日の記事、“Barbizon, Yamanashi”をよろしければご参照下さい)。ミレーはこの時期、2枚の種まく人を描いていて、そのうちの一枚をサロンに出品したそうです。現在、一枚は山梨県立美術館にあり、もう一枚がこのボストン美術館にあります。ミレーとバルビゾン派をテーマにした山梨の小さな地方美術館にある同作品と違って、この種まく人は膨大な作品の中にひっそり埋もれていました。正直に言うと、部屋を慌しく歩き回る人々のため、ゆっくり鑑賞できず・・・。もし私が種まく人なら、終の棲家は山梨の方が良いな、なんて思いました。

Museum of Fine Arts, Boston2

Museum of Fine Arts, Boston3
The Sower in Boston was one of others among paintings of Barbizon school.
ここでは、この作品はバルビゾン派の中にあってもその他大勢の1つ。


I couldn’t find La Japonaise where it should be, so I went to a visitor center and asked where it was. I looked at it when I visited the museum last time. I didn’t know about it, but I was deeply impressed with that Japonism painting. I’m a complete amateur: I’ve never studied arts or worked in a job that has a lot to do with “Art”. For me, it’s a pleasure to feel a passion and motive of the painter for creation from works. La Japaneis was one of those works that convey the painter’s feelings and thoughts.
モネのラ・ジャポネーズはあるべき場所に見あたらなかったので、ビジターセンターに行って聞いてみました。前回ここで見ているので、あるはずなのです。その絵画の事は知りませんでしたが、一目で夢中になったものです。美術の勉強はしたこともないし、「アート」にかかわる仕事もしていない、全くの素人ですが、作品を通じて作家の情熱や創作の動機を感じるのはとても楽しいことです。その絵画は、そんな作家の思いが伝わる作品です。

Museum of Fine Arts, Boston4
It should be around here somewhere….
このあたりにあるはず、なんですが…。


Unfortunately, it wasn’t shown at that time because the museum is constructing new exhibit spaces and it’ll be shown there. I was disappointed, but I tried to change the mood: the painting might want me to come back. Well, I think the idea that expanding exhibit spaces any more isn’t a good idea. It's already too larger to walk around and reach a room one wants to go to.
残念ながら、現在新しい展示スペースを作っていて、ラ・ジャポネーズはそこに飾られるため現在公開されていないそうです。がっかり。とてもがっかり。でも、ラ・ジャポネーズに「また来い」と言われているのだ、と気を取り直しました。それにしても、これ以上展示スペースを広げるのは得策じゃないと思うのですが。今でも広すぎて見て回るのが辛いのに。

Anyway, I looked at must-see paintings.
とにかく、見るべきものはしっかり見ました。

Museum of Fine Arts, Boston8

Museum of Fine Arts, Boston5

Museum of Fine Arts, Boston6 Museum of Fine Arts, Boston7

Museum of Fine Arts, Boston9 Museum of Fine Arts, Boston10

All in all, the selection of paintings reveals myself as Japanese.
つくづく、日本人丸出しのセレクションですね(笑)。

After the Europe sections, I went on the whirlwind visits to Asia ones. As you might expect, the museum that Tenshin Okakura (岡倉天心) once belonged to has beautiful collections of tea-things (I couldn’t take a photo due to poor illumination of that room), noh costumes and masks, and Buddhist arts. I was happy because I didn’t have time to look at them last time.
ヨーロッパ美術のセクションの後、アジアセクションをざっと見てきました。さすが岡倉天心が所属した美術館。茶道具(部屋が暗すぎで写真は断念)、能衣装や面、仏教美術は充実していました。前回は寄れなかったので、見られて良かった。

Museum of Fine Arts, Boston11

Museum of Fine Arts, Boston13 Museum of Fine Arts, Boston12

However, I couldn’t find Ukiyo-e prints except ones in the photo above. By that time, I was too exhausted to revisit the visitor center, so I simply gave up finding them. Someone who went to the museum and walked through all spaces (!!) the day before I visited it said he also couldn’t find Ukiyo-e. Maybe, the collection was in Japan for some exhibitions?? Anyway, it's preferable to consult spaces of work you want to look at when you go there.
でも、浮世絵は上記写真に写っている作品しかありませんでした。この時点で疲れきっていて、ビジターセンターにもう一度行く気になれなかった(遠いのです。広すぎるのです、ここは)ので、探すのはあきらめました。私が訪れる前日にボストン美術館に行き、全セクションを見た(すごい!)人も、浮世絵は殆ど見かけなかったと言っていました。もしかして、浮世絵コレクションは日本で巡回展示されていたりして・・・なんて思ってしまいました。いずれにしても、ここを訪れる時は展示場所など事前のリサーチが大切なのですね。

Museum of Fine Arts, Bosto14
There is sunny restaurant in the new building in the former courtyard.
旧中庭に増築された建物にある明るいレストラン。(昼はめちゃめちゃ混みます)


Personally, I prefer to spent time in a small and middle-sized museum or one under a certain theme because there is a limit to concentrate on viewing arts. Viewing a motley gathering of arts in a day makes me feel exhausted. I even couldn’t visit Tenshin-En Japanese Garden.
However, it’s a must-do experience in Boston.
個人的には、小~中規模の美術館やテーマがある美術館をのんびり見るのが好きです。美術品を集中して見るのにも限界があります。雑多で膨大な作品を一日で見るのはとても疲れます。天心園に行く気力も残っていませんでした。
でも、ここはボストンでは外せないスポットです。

Museum of Fine Arts, Boston15

Posted by Kinakinw | 11:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。