Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2014

My Loved One

One day last week, I stayed up late watching videos on YouTube after I got into bed.
Some Japanese over fourth may know him or, at least, be familiar with the tune that was sung by a pop idol under different title.
先週のある晩、ベッドに入ってからYouTubeのビデオサーフィンで夜更かししてしまいました。
40歳過ぎの日本人ならば彼をご存じかも知れません。少なくとも、郷ひろみが“セクシー・ユー”という微妙なタイトルでカバーしたこの曲は聴き覚えがあると思います。



He is Yoshitaka Minami, a charismatic songwriter and singer, who released his debut album named “the heroine of skyscrapers (translated by Kinakinw)” in 1973. I got its CD in later years and was surprised at how cool it was. His works are absolute gems, especially up to the early 80’s. He belongs to the genre of Adult Contemporary. Concurrently with Michael Franks, Bobby Caldwell, and Boz Scaggs, standard-bearers of Japanese AC including Yoshitaka were popular.
南佳孝。今でも私は愛を込めて佳孝と呼ぶ、メロディメーカー&シンガーです。1973年に伝説のアルバム、“摩天楼のヒロイン”でデビューしました。後年CDを聴いてそのおしゃれさに驚きました。彼の音楽は珠玉の作品だらけ。特に80年代前半までの作品は素晴らしい。ジャンルとしてはAOR(日本限定の呼び名で、英語ではAdult Contemporary)。マイケル・フランクス、ボビー・コールドウェル、ボズ・スキャッグスといった面子が活躍していたちょうどその頃、日本でも南佳孝をはじめとした大人サウンドが流行っていたのです。

Yoshitaka Minami album

I wasn’t interested in some his hit songs at the time, but I started to listen to his music because of his second album I got from an older acquaintance. Shortly after that, I met him at an art gallery in Aoyama, when I just became a high school student.
“モンロー・ウォーク”や“スローなブギにしてくれ”、といったヒット曲にはあまり興味がなかったのですが、年上の知り合いからセカンドアルバム(LP)を貰ったのをきっかけに彼の音楽を聴き始めました。それから程なく、青山のギャルリー・ワタリ(もちろん木造時代)で彼との出会いを果たすのです。その時、私は高校生になったばかり。

He was so sophisticated, mature, and cool that he just blew me away, and I instantly fell for him. I can still see the scene. I, a corny no-name teenager, stood rooted to the spot and felt certain that he was the one for me. Of course I haven’t had a chance to meet him again until now, and the encounter is a pleasant memory.
彼はとてもとても素敵な大人の男性で、もう一目惚れというやつですね。芋っころのような15,6歳の少女であった私は、彼に圧倒されて立ち尽くし、これは運命の出会いだと確信したのでした。今でもその情景が鮮やかに目に浮かびます。当然、それ以来再会することなく今に至り、その時の出会いは良い思い出になっているわけですが。

I didn’t see his image in those days for a long time. I don’t know when the performance was filmed, but the musician who is young in the now in the video is perfect picture of Yoshitaka at that time.
その頃の彼の姿を長い間見ていませんでした。このビデオはいつ収録されたものかわかりませんが、そこにいる、今となっては若いミュージシャンである南佳孝は、あの日の彼そのものです。

I’m going to spend this summer with his bossa nova & samba cover album, “Blue Nude”, that I thoroughly recommend.
2002年のカバーアルバム“Blue Nude”を引っ張り出し、今年の夏はごきげんな彼のボサとサンバと一緒に過ごそうと思います。

Without Yoshitaka, I kind of think you're missing out.
佳孝を聴かないなんて、人生損をしていますよ。

Yoshitaka Minami
Recent Portrait 近影

Official Homepage
Yoshitaka Minami iTunes

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 17:16 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。