Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2013

Security of Personal Data

Security of Personal Data

Yesterday, I received a phone call from the security desk of VISA card and was telling that they detected a sign of unauthorized use of it. I was asked if I made iTunes account days ago which I didn’t do. The staff said that the account is often used for checking if a card is enabled or not. Fortunately, someone just made the account and didn’t use it, and then I canceled the card on the spot.
昨日、VISAカードのセキュリティ部門から電話があり、不正使用の兆候があると言われました。その二日ほど前に私のカード情報でiTunesのアカウントが作られたのだそうですが、もちろん身に覚えがありません。iTunesのアカウントは、カードが有効かどうかの確認に利用されることが多いのだそうです。幸いアカウントが作られただけでカードは使用されておらず、その電話でカードを破棄し、新しいものを作ってもらいました。

I asked the staff how they recognized the sign. I mean, though it’s often abused, a lot of card holders make it for choice on a daily basis. I didn’t think they called everyone, so why they called me?
電話をくれた担当者に、なぜ不正使用の兆候だと判断したのか聞いてみました。iTunesのアカウントが不正使用に使われやすいとしても、毎日のように大勢のカードホルダーが自らアカウントを作っているはずです。その一人一人に電話をしているとは思えません。なぜ私には掛けてきたのか?

I was given the account: a week ago they detected a payment to an Internet TV that is also often used for the checking cards’ availability and had been monitored the usage conditions since then. Since iTunes account was made using my card several days later, they called me to confirm the conditions. I was incredibly impressed. They did a good job!
事の成り行きはこういうことでした。遡ること一週間前、私のカードで某国のインターネットTVの決済があったことをキャッチし、そこもまた不正使用者がカードの有効確認に使う先であったため使用状況を監視していたところ、iTunesのアカウントが作られたので、確認の電話を掛けたと。ちょっと感動しました。ちゃんとお仕事しているのですね。

I feel fortunate that as it happens, I expended the validity of the Internet TV that I use for watching figure skating competitions since last year. If I skipped Rostelecom Cup last weekend, I wouldn’t do it, and I would end up suffering monetary damage.
あの時フィギュアスケートの試合を生観戦するために去年から利用しているそのインターネットTVの視聴期限を延長しておいて良かった。全くの偶然です。もし先週末のロシア大会を観ようとしなかったら、延長しておらず、結果的に金銭的被害にあっていたかもしれません。身に覚えのない決済として引き落としは拒否できたとしても、面倒に巻き込まれることになったでしょう。

No one knows how and when the card information was getting out. I had kept that card over 20 years and charged anything and everything on it, as a main card, across the globe the entire time. In nearly a decade, I bought and booked anything and everything online with that card, too. I have watched out for payments after use of cards until now, but, well, I was just extremely lucky that I could prevent unauthorized use of it.
いつどのように私のカード情報が漏れたのかはわかりません。このカードは20年以上メインカードとして使っていて、その間、世界中でありとあらゆる決済をしてきました。ここ10年は、ネットでもありとあらゆる決済や予約を取るのに使ってきました。支払い後の請求には注意していましたが、まあ、今まで不正使用されなかった方が幸運だったのでしょうね。

It is impossible to completely avoid using credit cards or entering its information online (though, making a PayPal payment online if it’s available), so I decide to change the card number biennially or triennially from now on.
全くクレジットカードを使わない、もしくは、できる限りPayPalを利用するとしてもネット上でカード情報を全く入力しない、という訳にはいきません。次善の策として、これからは2~3年に一度はカード番号を変えようと決めました。

This incident taught me a good lesson. If one holds a credit card, it should be managed by a major, legitimate and grounded company.
クレジットカードを持つなら、大手で、まっとうで、管理が行き届いた会社のものにしなければいけないと再確認しました。元々保守的なので、いざという時の顧客サービスが充実している老舗会社のカードしか持っていません。それが正解だと思います。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 17:24 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

20 2013

Late in the Fall

Jiro Kaki

The other day, I got the persimmon fruit (it’s called Kaki in Japan) grown in my relatives’ garden.
先日、親戚の庭で生った柿をもらいました。

I eat the fruit every year when it comes into season from the middle of October, but I haven't eaten home-grown one for a long time. To tell the truth, as compared to one grown in the orchards, the Jiro Kaki the photo was less than sweet and delicious for me though I felt nostalgic. I believe they would taste sweet to tongue of people in the olden days.
柿のシーズンになると買って食べていますが、自家栽培のものは久しぶり。正直に言えば、郷愁は感じるものの、プロが作ったものに比べるとあまり甘くなく、美味しいとは言えません。でも、昔の人はこの位の糖度でも甘いと感じていたのだと思います。

There was the tree in our garden before the former house was rebuilt. It was a different kind of one that had sour persimmon, so my grandmother made Hoshigaki (dried persimmons) when she felt up to it. I wondered at the fact that it tasted sweet after drying when I was a child.
建て直す前には、我が家にも渋柿が実る柿の木があり、気が向くと祖母が干し柿を作っていました。干すと甘くなるのが子ども心に不思議に思ったものです。

In the meantime, while I stay busy with work and watching the figure skating competitions, it’s almost December, and it's getting cold in Tokyo.
仕事やフィギュアスケート観戦で忙しくしているうちに、もう少しで12月です。東京も寒くなってきました。

Be careful not to catch a cold!
皆様風邪などひかないようお気を付け下さい。

Posted by Kinakinw | 14:39 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

07 2013

A Stroke of Luck

NHK Trophy

Lakshmi might bring me luck.
I saw an advertising truck of a life insurance company that sponsors Mao Asada the day after. Then yesterday, I got tickets for ISU Grand Prix of Figure Skating 2013/2014, NHK Trophy that will be held in Yoyogi, Tokyo, from tomorrow!
ラクシュミーのご利益でしょうか。
あの次の日に、浅田真央のスポンサーである生命保険会社が期間限定で運行するアドトラックを見かけました。そして昨日、明日から代々木体育館で開催されるフィギュアスケートグランプリシリーズの日本大会、所謂NHK杯のチケットが手に入りました!

I despaired of ever going to the competitions because I couldn’t get tickets, so I planned to watch them on television. However, I noticed that the additional seats were sold on line last night. I’m so happy to take in NHK Trophy in my home town. What a bit of fate!
チケットが取れなかったので見に行くのを諦め、テレビ観戦しようと思っていました。ところが夕べ、追加席が販売されているのに気が付いて即ゲット。地元開催の試合に行けることになりました。本当にちょっとした幸運が訪れて、吉祥天に感謝です。

Posted by Kinakinw | 23:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

04 2013

Lakshmi Puja

Lakshmi_1

It was Sunday yesterday, but I had work. On the way home, I stopped by at an Indian and Nepalese restaurant near the office for dinner, and I found something that wasn’t usual was going on there.
昨日は日曜日でしたが仕事をしていました。帰宅途中、職場の近くのインド・ネパール料理店に夕食のため立ち寄ると、何やらいつもと違うことが行われていました。

It was a religious festival in India and Nepal called Lakshmi Puja. Lakshmi is the Hindu Goddess of wealth, prosperity, and the embodiment of beauty. The Goddess has been introduced into Japanese Buddhism and well known as Kisshoten. According to Indian calendar, the festival is held at this time of the year. People have a monk (the man in the opening photo is a monk) at home and offer prayers in hope of their future, to be specific, gainings.
これは、ラクシュミー・プジャと呼ばれるインド、ネパールで行われるヒンドゥー教のお祭り。ラクシュミーは豊穣、繁盛と美の女神で、日本で知られる吉祥天です。インド歴に則り、毎年この時期に行われるようです。家や店にお坊さん(冒頭の写真の彼)を招き、幸運を祈って、はっきり言えばお金が儲かるように祈りをささげるのだそうです。

Lakshmi_2 Lakshmi_3
Left:Lakshmi ラクシュミー Right: Kisshoten吉祥天

I asked an owner of the restaurant about the festival and got involved in it before I knew what was happening. Following their manners, I drunk coconut milk, sprinkled some kind of liquid, and got an Indian forehead decoration.
ちょっとお祭りのことを聞いたら、あれよあれよという間に私も参加することになりました。彼らの作法に従い、ココナツミルクを飲んだり、何かの液体を振りまいたりし、額に赤い印をつけてもらいました。これはティラカと呼ばれるそうです。

Well, I’m immune from big money, so I wish it'll bring me a bit of fate.
私は大きなお金とは縁がないので、まあ、ちょっとした幸運が訪れるといいなと思います。

Posted by Kinakinw | 11:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。