Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

19 2013

North Region

Sapporo1

Well, I left the blog for a while because I have got busy with this and that. The travel story is going to continue, but I put a short pause in it.
あれこれ忙しくなったので、しばらくブログを放置していました。旅行記はまだ続くのですが、ちょっと小休止。

Some of you might already know where I am now from the opening picture.
Yes, I’m in Sapporo, Hokkaido on business.
冒頭の写真を見て、私がどこにいるかわかった方もいるのではないでしょうか。
そう、出張で札幌に来ています。

I got up at 3:30 in the morning and took the first fright today, so after having a quick dinner I directly went back to my hotel.
今日は三時半に起きて朝一番の便に乗ったので、簡単な夕食の後すぐにホテルに戻りました。

Sapporo3

I’m watching the harvest moon in the northern land this year.
今年の中秋の名月は北の大地で鑑賞しています。

Sapporo2

See you soon!
それではまた!

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 21:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

01 2013

Mougins and Grasse

Mougins

Mougins1_290

The village has been famous for “gastronomic village” in the wake of that the famous shef, Roger Vergé, founded his restaurant in 1969, which was only seven restaurants in it at the time. Now, there are more than fifty restaurants in this small village. Originally, it was already an important strategic point in Roman times, due to its proximity to the Aurelia road, and then, it became one of the richest centers in the region in the 19th century.
ムージャンは美食の村として有名です。1969年にロジェ・ヴェルジェさんという有名シェフがこの村に店を開き(当時は彼の店を含めて村にレストランは7軒)、今ではこの小さな村に50軒以上の店がひしめいています。元々この村は、アウレリア街道に近いことからローマ時代から戦略拠点に位置付けられていたそうです。19世紀には、この周辺地域において栄えている村の一つだったそうで。

In general, to the village by public transportation, one has to take a walk for 15 to 20 minutes from “Val de Mougins (in outside of village)”, a stop of bus No. 600 running between Cannes and Grass. It was convenient because the bus comes every 20 minutes, but the subsequent walk, especially under the burning sun in this season, would threaten the survival of us. So, I looked for a way to get the village using other bus, and found it!
一般的に、公共交通機関でこの村に行く場合、カンヌ、グラース間を走る600番バスを使い、村外れにあるバス停“Val de Mougins”で降り、村まで15~20分歩きます。このバスは20分おきに出ているのでとても便利なのですが、降りてからの徒歩が問題です。特にこの時期炎天下を20分も歩くのは、私たちにとって命とりです(笑)。で、村まで行くバスはないのかと思い探したところ、ありました!

It’s Sillages, a zone-based bus service in Mougins and Grasse region. The Sillages bus No. 26 and 27 run between “Val de Mougins” and “Mougins Village (at the entrance of village)” on weekdays though the operation is less frequent.
ムージャンとグラース周辺地域限定のSillagesというバスサービスがあるのです。平日のみで本数も少ないですが、Sillages の26番と27番が、“Val de Mougins”と村の入口にあるバス停“Mougins Village”間を走っています。

Mougins2 Mougins3

From Nice, you can go to Cannes first then take the bus No. 600 and change buses, but I took an alternative route: taking a train from Nice to Mousan-Sartoux SNCF station, which is next to the last station of Grasse, and then taking the bus No. 26 at 11:25 to the village. Using this route, you have a lay-over for about 40 minutes in Mousan-Sartoux, but don’t worry. The Mousan-Sartoux village is within a 2-minute walk, so you can stroll around it. We had coffee at a café in the village. The No. 26 bus swings by “Parc d’activites de Saint Martin” after leaving “Les Braquieres” on the way to “Mougins Village”.
ニースからだと、まずカンヌに出て600番に乗り、Sillagesに乗り換えるという方法もありますが、私たちは違うルートにしました。以下に行き方をまとめてみます。
まず、ニースからグラース行きの電車に乗りMousan-Sartouxというグラースの一つ手前の駅に行きます(カンヌを出るとグラースまでは各駅)。そこで、Mousan-Sartoux駅前発Sillagesの 26番に乗ります(私達は11:25のに乗りました)。どうしても駅で待ち合わせ時間が出来てしまいますが(私達は40分ほどありました)、ご心配なく。Mousan-Sartouxの市街地は駅から徒歩2分。散歩していればあっという間です。私達は街のカフェでお茶を飲んでいました。26番バスは、“Les Braquieres”というバス停を過ぎると一度“Parc d’activites de Saint Martin”に行き、そこから引き返して来てムージャン方面に改めて向かいます。

Mougins4

Mougins5 Mougins6
There were two buses including No. 26, so I asked the driver which would go to Mousins.
この駅発の他の路線のバスも停まっていたので、一応ドライバーに確認。


http://www.sillages.eu/transport-urbain/
Time tables and routes for Sillages
Sillagesのルートおよび時刻表


We met an English lady living in the village in the bus. She talked to me and asked if we came from Japan when we got off it at “Mougins Village”. She said that her son used to live in Japan and has loved our cultures. His girlfriend is Japanese, and she is going to meet her in autumn for the first time.
バスで一緒だったイギリス女性はムージャンに住んでいるそうです。“Mougins Village”で一緒に降りた時、「日本から来たの?」と話しかけられました。彼女の息子さんは、日本に滞在経験があり、日本の文化が大好きなのだそうです。彼のガールフレンドが日本人で、この秋に初めて会うのだそうです。微妙なニュアンスなのですが、彼女は息子さんが日本に夢中になっているのを、「やれやれ」と呆れている感じでした。差別的というのではありません。わが息子が、何か母親が知らない世界の事物にどっぷりはまっている、という状況を考えると、世のお母様方は彼女の気持が良くわかるのではないでしょうか。

Mougins7
It’s one of my back shots with the lady. It took about 1 minute from the bus stop to the center of village.
イギリス女性と一緒に歩く私の後ろ姿。バス停から村までは徒歩1分。作戦成功!


I asked her recommendation for a place to have lunch, and she told me two options: (1) L'Amandier, a fine restaurant with a lovely view from terrace tables (you can see the view of the opening photo from it) and (2) Le Restau des Arts, a relatively reasonable restaurant many locals visit.
彼女にお勧めのレストランを尋ねてみたところ、2件紹介してもらいました。一つは、村の入口にある高級レストラン、L'Amandier。テラスからの眺めが最高だそうです。恐らく、冒頭の写真のような景色が目の前に広がるのだと思います。もう一軒が、地元の人々もよく利用するというLe Restau des Arts。比較的リーゾナブルな価格。

Mougins8
L'Amandier

Mougins9
Le Restau des Arts

This time, we preferred a restaurant locals use daily, so we chose Le Restau des Arts that was a perfect place to have casual lunch.
今回は、地元の方々が行く店を選択。ここはカジュアルなランチに最適。美味しかったです。

Mougins10

Mougins11

It had a different name, but it was chicken curry. The taste was familiar to me. In Japan, japanized curry and rice is one of Japan's most popular dishes.
メニュー上は、チキンのカレー風味煮込み(だったかな)という名前でしたが、内容はチキンカレー。かなりほっとするお味でした。今年は全般的に、エル・ブジに悪影響を受けた料理に出会わなくてラッキーでした。個人的には、普通に料理されたものが好きです。せっかくの素材をムースにしましたとか、液体窒素で凍らせましたとか、スポイトでソースかけろとか、勘弁して欲しいのです。

After lunch, we strolled around the village with narrow streets that seem to roll up like a snail’s shell.
ランチの後は村を散策。細い道がカタツムリのように配置されています。

Mougins12

Mougins13

Mougins14

Many artists including Picasso, Cocteau, Léger, Man Ray, and Yves Klein and celebrities including Yves Saint Laurent, Christian Dior, Winston Churchill, Catherine Deneuve, and Édith Piaf lived there. It’s famous that Picasso spent the last 12 years of his life (1961–1973), where he died.
ピカソ、コクトー、レジェ、マン・レイ、イブ・クラインといった芸術家や、イヴ・サン・ローラン、クリスチャン・ディオール、チャーチル、カトリーヌ・ドヌーヴ、エディット・ピアフといった、きら星のような著名人が住んだ村です。ピカソが晩年の12年を過ごした、終焉の地でもあります。

We took a bus No. 27 at 14:45 to “Val de Mougins” and changed buses to Grasse.
帰りは27番のバス(14:45のに乗りました)で“Val de Mougins”まで行き、600番のバスに乗り換えグラースに向かいました。

Mougins15


Grasse

Grasse1

The name of the town reminds me of a novel, Perfume, I read back in the day. It was not until I read the book that I knew about the town.
グラースと言えば、昔読んだ小説パフュームを思い出します。後年、映画化もされましたね。思えば、この小説を読んで、グラースと言う街を初めて知ったのでした。

As we all know, Grasse is a capital of perfume. The town, the largest one in the nearby area, has had a prospering perfume industry since the end of the 18th century, and some major perfumeries are still based in it. Especially for tourist facilities, Fragonard wildly opens door to tourists. There are several museums operated by the perfumery including free ones.
言うまでもなく、グラースは香水の街。この地域では最も大きなこの街は、18世紀後半から香水、香料の産地として大変栄えました。今でも有名香水メーカーが本拠地を置いています。特に、フラゴナールが観光客向けに多くの施設を運営しています。中には無料の博物館もいくつかあります。

Grasse2

Grasse4 Grasse5
“Fragonard streets” where its museums and shops (clothes, interior goods, accessories, and so on)
フラゴナールが運営する博物館、工房と、洋服からインテリア、アクセサリーまでフラゴナールブランドの複数のお店が集まるこの一角は、「フラゴナール横丁」といった感じ。街道沿いにも大型バスが駐車できる工房があり、伊勢における赤福みたいな存在。


We went to three Fragonard museums for free: Villa-Musee Fragonard, Musee Provencal du Costume et Bijou (it was definitely worth seeing), and L’Usine Historique. The last one features a shop that sells their products at ex-plant prices. I was surprised that many visitors made a large purchase. In Japan, perfume including eau de toilette and eau de cologne doesn’t reach masses as compared to Western countries. Some people daily wear them, but most of them use ones by cosmetics makers and Fashion brands, not by a perfumery. Except few fragrance connoisseurs, most Japanese (including me who have stuck with Guerline from my twenties) don’t know about products of long-established perfumeries such as Fragonard, Molinard, and Galimard.
私達は無料のフラゴナール施設を3軒訪れました。フラゴナール美術館、プロバンス民族衣装・宝石博物館(大変見応えがありました。お勧めです)と、フラゴナール香水歴史工場です。工場には大規模なショップが併設されていて、各種商品を工場価格で買えます。とても驚いたのは、多くの来訪者が大量の商品を買い込んでいたこと。日本では、香水(オーデコロンやオードトワレを含め)は欧米諸国ほど一般に浸透していません。日常的に使っている人はいますが、香水メーカーの商品ではなく、化粧品会社が出しているものやファッションブランドのOEM商品を使っている人が多いと思います。限られた香りの通を除けば、多くの日本人には(20代の頃からゲラン一筋の私を含めて)、フラゴナール、モリナール、ガリマールといった老舗香水メーカーの商品はあまり知られていないのではないでしょうか。私もこの機会にフラゴナールの商品をいろいろ試してみようか…と思いましたが、あまりに人が多く、その人々が使うテスターの様々な香りがフロアに充満していて、早々に退散してしまいました。

Grasse3

Posted by Kinakinw | 18:32 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。