Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2013

A Way around Pearl Competitive Show

A Way around Pearl Competitive Show 1

#In the post, “pearl” means Akoya pearl cultured in Japan.
※このポストにおける「真珠」は、特別な記述がない限り日本で養殖されたアコヤ真珠を指します。


As I wrote in the previous post, in Japan, pearl is the most common mourning jewelry for women. So, it comes about as a natural result that memorial services would be like a pearl show. Looking at someone’s necklace appraisingly at the funeral is not desirable and absolutely outrageous, but one can sense the difference not intentionally when women with the similar simple necklaces get together.
以前書いたように、真珠は日本で最も一般的な喪の宝石です。当然の結果として、葬儀は真珠品評会のようになります。葬儀の場で人のネックレスを値踏みするなど浅ましくて言語道断な行為ですが、同じような一連の真珠を着けている女性が並んでいると、故意でなくとも何となく違いがわかってしまいます。

A Way around Pearl Competitive Show 2 A Way around Pearl Competitive Show 3
Can you sense the differences between these necklaces? These are all good enough to wear at official functions, but they differ greatly in the price.
違いがわかりますか?どれも正式な場で身に着けても大丈夫な品質ですが、お値段には大きな開きがあります。


In my case, except pierced pearl earrings I haven’t worn the necklace from my youth. Since I had refused to wear a not-stylish ceremonial mourning dress (instead, I wore a simple agnès b’s one-piece suit), I was ok without it. Which is sad, however, I noticed that with advancing years that kind of rebellion would be interpreted as rudeness.
私の場合、若い頃から真珠のピアスを着ける位でネックレスはしてきませんでした。いわゆるフォーマルな喪服を着ることを拒否していて、アニエスベーなんかのシンプルな黒いワンピースを喪服がわりにしてごまかしていたので、特に真珠のネックレスをしなくても不自然ではなかったのです。でも悲しいことに、年齢が上がるとそのようなごまかしは単なる礼儀知らずに見えるだけ、と気が付きました。

Recently I have worn a quasi-standard black dress at memorial services, and then somehow, I feel that I need to grace the front of the dress. I mean, I think accessories bring the formal outfit for adult women to perfection. Without a necklace, I might appear to be goofy-looking.
最近は、いわゆる喪服に準じた装いをしています。で、そうなると、どうしても胸元が寂しい感じになるのです。はやり洋装の場合、大人のフォーマルはアクセサリーを含めて完成するような気がします。ネックレスがないと、何となく間が抜けた感じになってしまいます。

I didn’t want to participate in the pearl competition, so I checked other options and found that some people insist jet, black coral, and onyx were more orthodox than pearl as mourning jewelry. Assuming the rules of formal outfit should be in accordance with the Imperial Family, standard Japanese mourning jewelry is jet because the family wears it at the funeral, NOT pearls. In Queen Victoria, the Queen wore jet as part of her mourning dress, so I think the family follows the custom. Unlike in the case of jet, I couldn’t find the origin of the other materials as mourning jewelry. As far as I can predict, the black materials which have similar appearance with jet have been considered standard ones in Japan.
真珠品評会には参加したくないので、他の選択肢を探したところ、正式な喪の宝石は真珠ではなく、ジェットや黒珊瑚、オニキスだと言われていることを知りました。フォーマルな洋装の規範が皇室だとすると、日本の喪の宝石はジェットだと言えます。皇室の方々は葬儀では真珠ではなく、ジェットのネックレスを身に着けているそうです。ヴィクトリア朝時代、ジェットは女王の喪の装いの一部だったそうで、日本の皇室もその習慣を取り入れたのだと思います。一方ジェットと違って、黒珊瑚やオニキスにはそのようないわれが見当たりません。私の想像ですが、大方見た目が似ている黒い素材であることから、日本ではジェットに準じる喪の宝石とみなされているのでしょう。

A Way around Pearl Competitive Show 4
From left to right, Jet, Black coral, and Onyx
左からジェット、黒珊瑚、オニキス


Anyway, I couldn’t choose jet and black coral. In jet’s case, I couldn’t choose one from necklaces in the price range from 3,000 to 70,000 yen (it was one digit smaller than pearl’s price), and I had no idea about difference in quality. As for black coral, which was my favorite among them, I avoided it because it was difficult to find natural black coral in Japan now. Since 2006 it has been on the CITES list since 2006, and I think most products called “black coral” might be dyed. I suspected that the dyed coral would be subject to fading.

それはともかく、ジェットと黒珊瑚はパスしました。ジェットについては、三千円から七万円まで価格差のあるネックレスの中からどれを選んでいいかわからなかったから(真珠と一桁違うお値段ですねぇ)。どのような質の差があるのかも全く見当がつきませんでした。黒珊瑚の場合、素材としては一番好きなのですが、本物の天然黒珊瑚は日本にはそれほど流通していないはず。黒珊瑚は2006年からワシントン条約で輸入禁止になっているので、現在「黒珊瑚」と呼ばれる商品の殆どは染めだろうと思ったのです。染めの珊瑚は退色しやすい気がしました。

The last one, onyx commonly-used for accessories, was my choice. Thanks to jet, this inexpensive material is more legitimate than pearl as mourning jewelry.
結局、最後の選択肢である庶民的なオニキスを選びました。ジェットの威光を借りて、この庶民価格の素材は喪の宝石として真珠よりも正統派なのです。

I got perforated onyx loose needed for a necklace, and I’ll ask my friend to process them). Basically, I’m going to use this easy-care necklace daily, not only at the funeral.
必要な分のオニキスの珠を買ってきたので、友人に頼んでネックレスに仕上げてもらおうと思っています。オニキスは取り扱いも簡単ですし、基本的に葬儀用としてだけでなく日常使いしていこうと思います。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 15:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Pearl

25 2013

Firefly Watching

Chinzan-so 1

I went to Chinzan-so in Mejiro (Toshima Ward) last weekend to have dinner with relatives. Chinzan-so (literally means Camellia Mountain Lodge) called a real urban oasis is a complex consisting of wedding facilities, a hotel & spa, and twelve restaurants famous for its historic Japanese garden of approximately 17 acres.
先週末は目白にある椿山荘に親戚と食事に行きました。20坪の見事な庭園、結婚式場、ホテル、レストランなどからなる椿山荘は正に都会のオアシス。

Chinzan-so 6
According to its HP, the hill where it’s located was originally called Tsubaki-yama (mountain of camellias) because of its picturesque vistas of blossoming camellias. Chinzan-so itself has a long history. In 1878, Mr. Aritomo Yamagata (the former Prime Minister of Japan) bought the land to build his home and garden, and named it Chinzan-so.
ホームページによると、椿山荘一帯はかつて椿が美しく咲き誇り、椿山と呼ばれたそうです。1878年に山縣有朋が邸宅を構え、椿山荘と名付けられたそうです。


The complex has been holding buffet dinner called “Firefly Night” at this time of the year since the 1960s. The dinner start at 19:00, and after that customers walk across the garden and enjoy watching fireflies. In past days, Chinzan-so released fireflies they had caught (they were exposed to criticism, of course) in the garden, but in recent years, they raise the insects on site.
椿山荘は毎年この時期「ほたるの夕べ」と銘打ったビュッフェを開催しています。蛍鑑賞イベントを1960年代から開催している老舗です。ディナーは19:00から始まり、その後にお客さんは庭を散策して蛍狩りを楽しみます。以前は捕獲してきた蛍を庭に放していて自然保護団体から目の敵にされていましたが、庭園を舞うのは今では椿山荘が園内で養殖した自前の蛍です。

Chinzan-so 3
Though I’m less fond of buffet, because I was there, I made good cheer at the all-you-can-eat-and-drink dinner. Including this largest banquet room, the same style buffets were hold in 3 rooms at the time.
ビュッフェはあまり得意ではないのですが、来たからにはしっかり食べ放題、飲み放題を楽しみました。この最も大きい宴会場を含め、この日は3カ所で同様のビュッフェが行われていました。


Chinzan-so 4 Chinzan-so 5
Left: Firefly biotope space Right: The garden full of people
左:蛍育成舎 右:人でいっぱいの庭園(私は既にほろ酔いで、人垣をかき分けで水辺を覗く気力がありませんでした)


The firefly watching at Chinzan-so is very famous and I had always known it, but it was the first time to visit there during the event. This time I stood in for one of my aunt’s family who had an emergency and couldn’t come. Most of the customers were families of parents and children. They seemed to love the event and look forward to it every year. Personally, I recommend to you to have dinner at one of restaurants in the garden (there are nice Japanese restaurants with the quite nice garden view) or just visit the garden pen to the public on weekdays during the event.
椿山荘での蛍狩りはとても有名で、私も知ってはいましたが、その時期に行くのは初めてでした。叔母一家の一人が行けなくなり、私はその代役。お客さんの多くは二世代、三世代ファミリーで、毎年このイベントを楽しみにしているようでした。個人的には、蛍シーズンの平日の夜に、庭園内のレストラン(とても良いガーデンビュー)で食事をするか、基本無料で開放されているお庭だけ散歩するのが良いかな、と思いました。

Chinzan-so 2

Posted by Kinakinw | 01:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

20 2013

Where is Your Pearl Necklace? – 2

Pearl2_1
This time, I took it with natural sunlight at the window on cloudy day.
今回は曇りの日に窓辺に置き、自然光のみで撮ってみました。


#This article is what I (who was a person with very little understanding of pearl) thought through the quest for pearl necklaces. Maybe, some of you have an appreciation for pearls, but please, no flames about my honest discussion.
#In the post, “pearl” means Akoya pearl cultured in Japan.
※これは真珠の素人である筆者がネックレス探しを通じて感じたことです。皆さんの中には真珠に通じた方もいらっしゃると思いますが、素人のたわごとと思ってご容赦下さい。
※このポストにおける「真珠」は、特別な記述がない限り日本で養殖されたアコヤ真珠を指します。


As I wrote in the previous post, I was disappointed in the consumer preference and product imbalance of pearl, but there were other reasons. The serious situation of pearl production in Japan also made me feel depressed. The trade prices of pearl plunged in this decade because of influx of low-cost freshwater pearls from China, and that led to a dramatic decrease in the number of oyster farmer. I heard nowadays, the industry even imports Akoya pearls, especially small sizes, from China and Vietnam.
前回書いた通り、真珠に関する買い手の好みと商品の偏りにがっかりしたのですが、実は物悲しい気分になった理由は他にもあったのです。それは真珠産業の厳しい現状です。安価な中国産淡水真珠の流入により、この10年で真珠の取引価格は大暴落しました。そして日本の養殖業者は激減したそうです。今や日本は中国やベトナム産のアコヤ真珠まで輸入しているのです。特に6.0mm以下のパールやベビーパールは手間がかかる割に儲けが薄く、生産する業者が極端に少なくなっているそうです。ベビーパールなんかは数件しかないそうです…。

I tried to forget about a pearl necklace, but the internet marketing blocked me from my effort. One pearl shop’s Internet ad was continued to be shown on my PC (I didn’t use that shop, though), so maybe I was vaguely thinking about it. Last month, I restarted to search pearls, then, I had a fateful encounter with a secondary processing company in Ise – Shima area in Mie Prefecture that is one of main producers of pearls in Japan.
真珠のネックレスのことは忘れようとしていたのですが、ネット広告がそれを許してくれませんでした。私のパソコンには、その後もネットショップの広告が出続けていたので、ぼんやりとでも考え続けていたのでしょう。先月真珠探しを再開し、伊勢志摩のある真珠二次加工会社に出会ったのでした。

The company purchasing all kinds of pearls from home and abroad and making pearl jewelry sells necklaces using old pearls called vintage which are kept in stock. Though my concern about buying pearls on line remained, I made a trial purchase and get 2 necklaces: (1) 3.5 – 4.0 mm baby pearls and (2) 6.5 – 7.0 mm“Koshi-mono (means grown over a year)” pears. They were locally grown (Ise – Shima) over 15 years ago in original Japanese Akoya oysters.
その会社は地元を中心に海外からも様々な種類の真珠を仕入れ、ネックレス等に加工して販売しているのですが、その中にヴィンテージと称して昔の真珠を用いた商品があったのです。ネットで真珠を買うのには不安が残りましたが、試しに2本購入してみました(これらのサイズは元々それほど高価ではないので)。一つは3.5 - 4.0 mmのベビーパール。もう一つは6.5 -7.0 mmの越物(核入れ後1年以上養殖されたもの)。どちらも15年以上前に日本原産のアコヤ貝を用いて伊勢志摩で生産されたものです。

My gamble was a complete success! Though the company calls them “vintage”, some people would think they are just old dead stock. However, I strongly thought they were worth buying for. Now I’m clearly aware of that I wanted products that made me realize how beautiful original our pearl was.
このギャンブルは大成功!例えそのショップが“ヴィンテージ”と呼んだとしても、人によっては単なる古い真珠、不良在庫だとしか思わないでしょう。でも、私にとっては買う価値のある商品だと強く感じたのです。今は、ああそうか、私はかつての日本の真珠の美しさを実感させてくれる商品が欲しかったのだ、とはっきりわかりました。

After the major shellkill in 1997, the Japanese Akoya was inbreeded with foreign one, and now almost all pearl oysters are hybrid. When using the original Akoya, the oysters had to be grown at least 18 months after inserting a nucleus, so all pearls were Koshi-mono in the past. However, now famers shortened the period (about 8 months) because firstly, the hybrid oyster can form pearl layer quickly and secondly, primary processing techniques improved recent years can keep pearls from aging deteriorating without growing longer than before.
1997年のアコヤ貝大量死の後、日本原産のアコヤ貝は外来種と交配され、現在ではほぼ全ての真珠はその交配種で作られています。日本原産種を使っていた頃は、核入れ後18ヵ月以上母貝は海に沈められていたそうですから、当時は全部が越物だったわけです。しかし現在では、養殖期間は8ヵ月に短縮されています。その理由は、まず、交配種は原産種に比べて真珠層の形成が早いこと。そしてもう一つは、一次加工の技術が発達したので、真珠層が以前に比べて薄くても経年劣化が防げるようになったから、だそうです。

The necklace with 6.5 – 7.0 mm pearls toned in white pink maybe isn’t gorgeous as one in a window of Mikimoto (which is also toned), but I think it’s touchingly lovely. On my goodness! We can’t make them again.
ホワイトピンクに調色された6.5 – 7.0 mm珠のネックレスは、ミキモトのショーウィンドーを飾る商品に比べればゴージャスさは劣ります。でも、可憐で美しいと思います。見る人が見ると、原産種にしか出せないピンクの干渉色があるそうです。何とも残念なことに、こういう真珠はもう作れないのです。

I must insist that I’m Not diminishing the value of pearls form hybrid oysters. I just feel attracted to ones from decades ago personally. I feel like I’m buying not only peals, but also our pearl culture in the past.
お断りしておきたいのですが、私は交配種で作られた真珠が駄目だなどとは思っていません。あくまでも、個人的に昔の真珠に惹かれてしまうということです。真珠だけでなく、かつての日本の真珠文化も一緒に買っている気分なのです。

Since I made the necklace shorter than usual, I got the spare pearls, so to making use of them, I asked my friend to make pierced earrings and a pendant combining with a Tahitian black-lip pearl in the picture. Also, just days ago I placed a new order for a semi-long necklace using unprocessed natural pearls (no bleaching, no toning) cultured more than 20 years ago in Kumamoto with that shop just days ago. This time, I bought the pearls without holes including processing charge, and I have to wait for 3 weeks to get it. The farm of these pearls is gone now, and we can’t have those after the stock will be depleted.
ネックレスを短めに仕立てたので、余り珠が出ました。それを活用し、友人に頼んでピアスと、タヒチ産黒蝶貝と組み合わせたペンダントトップを作ってもらいました(下の写真参照)。そしてつい先日、20年以上前に熊本で採れた生玉(無漂白、無調色)を使ったセミロングネックレスをまた例の店で注文してしまいました(敢えて微妙に色合いが違う珠を組み合わせています)。今回は、穴があいていない真珠を加工費込みで買ったので、商品が到着するまで3週間待たないといけません。その真珠を作った養殖業者はとっくに倒産し、漁場も今はもうありません。例の店の在庫が無くなると、少なくとも来歴とともにその真珠に出会える機会はもうないのです。

Pearl2_2
I found myself among pearl lovers.
真珠趣味人の仲間入りを果たしました。


Meanwhile, I gathered pearl items in my house (I can’t find my ring and my mother’s choker necklace so far). I deeply feel sorry for the items because they are also “vintage”, but I had completely ignored them for a long time. Well, now I’m accidentally deep into pearls, but basically I have zero interest in jewelry goods.
その一方、我が家にある真珠を改めて集めてみました(私の指輪一つと、母親が持っていたと思うチョーカーは見当たりません…)。完全に存在を忘れていたグレー系真珠のステーションネックレス、片方なくしたイヤリング、父親のネクタイピン等など。考えてみればそれらも立派な“ヴィンテージ”。今まで全く関心を払ってこなかったことを申し訳なく思いました。今は偶然真珠にはまっていますが、基本的に私は宝飾品に興味ゼロなのですねぇ。

I think many ladies who are reading the blog also have those priceless vintage pearls.
ここをご覧の多くの女性も、もう手に入らない貴重なヴィンテージ真珠をお持ちだと思います。

Posted by Kinakinw | 01:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Pearl

16 2013

Where is Your Pearl Necklace? – 1

Pearl2.jpg
Finally, I got my pearl necklaces within 9 months of setting my mind to it.
思い立ってから9カ月、ようやく自分に合った真珠のネックレスを買いました。


#This article is what I (who was a person with very little understanding of pearl) thought through the quest for pearl necklaces. Maybe, some of you have an appreciation for pearls, but please, no flames about my honest discussion.
#In the post, “pearl” means Akoya pearl cultured in Japan.
※これは真珠の素人である筆者がネックレス探しを通じて感じたことです。皆さんの中には真珠に通じた方もいらっしゃると思いますが、素人のたわごとと思ってご容赦下さい。
※このポストにおける「真珠」は、特別な記述がない限り日本で養殖されたアコヤ真珠を指します。


I had been seized with a keen desire to have a pearl necklace since last fall. The start was that I saw many women in France enjoyed each and every kind of pearls freely and easily. Then, returning to Japan, I read an impressive episode of Kaoru Kanetaka (a pioneering journalist and TV talent) about pearls in her book. In 1960’s when she traveled abroad for taping a TV program, she always wore pearls that were one of specialty goods and export of Japan for promoting them. Her episode made me realize that I live in “the land of peal” and find myself thinking about wearing our beautiful pearls in everyday life. Seriously, I thought I had to wear pearls.
去年の秋から、どうしても真珠のネックレスが欲しいと思うようになりました。きっかけは去年のフランス旅行。ヨーロッパの女性は真珠が好きで、あらゆる種類の真珠を日常使いで気軽に楽しんでいました。そして日本に戻ってから、兼高かおるさんの本に印象的なエピソードが書かれていました。1960年代でしょうか、彼女が撮影のために海外に行く時、必ず真珠のネックレスを身に着けていたそうです。当時、アコヤ貝の養殖真珠は日本が誇る輸出品であり、そのPRのためだったそうです。この話を読み、「真珠の国」にいるのだから、日本の真珠を日常から楽しみたいと思いました。正直に言えば、そうしなければいけない、位に思ってしまったのです。

I didn’t have a pearl necklace, nor had knowledge about it, so I started to seek information and browse in jewelry stores last fall. Then, in the end, I didn’t buy any at that time because I sensed a strong discomfort at the current state of pearl jewelry in Japan.
恥ずかしながら、真珠のネックレスは持っていないし、その知識もありませんでした。そこで去年の秋、情報を集めて勉強しつつ、宝飾店に足を運んだのでした。でも結局、(大げさですが)日本における真珠をめぐる状況に強い違和感を覚えて、その時は買いませんでした。

I think there are strong stereotypical pearl values among users. In simpler terms, many women place too much value on a “perfect pearl”: Large (7.5mm or over), Round, Thick Layered pearls with excellent Luster without Spots in specific Colors. Why do they have to be like that?
どうも、真珠の消費者である女性達は、真珠に対して非常に画一的な価値観を持っているように感じます。端的に言えば、“完璧な真珠(花珠を含む)”に重きを置きすぎていると思うのです。完璧な真珠とは、粒が大きい、完全な球体の、巻きと照りが良く傷がない、さらにホワイト系ピンクといった特定の色の真珠。なんでそんなことになっているのでしょうか?

In Japan, pearl jewelry, especially the necklace, is quite popular. It’s a standard ornament in the situation where gauderies aren’t suitable (i.e. a funeral, child's entrance and graduate ceremony, a daytime formal party and so on). For example, at the funeral almost all adult women wear a pearl necklace, and those people might feel it would be a shame if one’s pearls are far behind from others. So, many people would believe that one should buy a high-quality "lifetime products" as far as possible. The perfect pearl is an ideal lifetime product.
日本では真珠、特にネックレスは非常に一般的です。真珠は、華美な装いがはばかられる席(葬儀、子供の入学式、昼間のフォーマルな席等)での宝飾品の大定番です。例えば、葬儀の席では、ほぼ全ての大人の女性が真珠のネックレスを着けています。だから、自分の真珠が他の人のものより劣っていると、何となく引け目を感じてしまうかも知れません。そのためでしょうか、多くの人はネックレスを買うならなるべく質の高い「一生物」にしようと思うようです。「完璧な真珠」は「一生物」の理想と言えます。

Thought it depends on people how much one can pay for their lifetime product, I’m sure that one would buy an expensive necklace for that person. Then, what happen? They usually keep it in a safe place and wear it at the few occasions like a funeral (I call that a pearl competitive show). Except pearl lovers, it’s a common phenomenon. But perhaps one can't help it. If I splash out and buy my lifetime product, I wouldn’t wear it daily.
一生物の真珠にいくら払えるかは人により違うと思いますが、恐らくその人にとっての高い物を買うことになります。そうであれば、普段は大切にしまっておいて、葬儀などの限られた機会に使う、ということになりますよね(ちょっと言葉は悪いですが、私は葬儀などの場を真珠の品評会と呼んでいます)。真珠好きの方を除くと、実態はこんな感じではないでしょうか。でも無理もありません。もし私が一生物と言える高価な真珠を買ってしまったら、やはり日常では使えないでしょう。

I wanted a daily necklace with smaller pearls of good quality (not premier class) that I can wear even when I dress down, and it was difficult to get one at jewelers, brick-and-mortar shops, because I had fewer options. The jewelers, in general, assort products based on the typical demand I wrote earlier, so they sell a limited variety of the products using 5.0 – 7.0 mm pearls what are told “too small to wear because one might feel inferior”.
私はあくまでも日常ばんばん使う、ジーンズにも合わせられるような、最高クラスではないけど質の良い小粒の真珠が欲しかったのです。でも、宝飾店(実店舗)はそういう商品の数自体が少なく、選びようがありませんでした。宝飾店は既に書いたような一般的ニーズに合わせて品揃えしていますから、私が欲しかった5.0 – 7.0mmの商品は元々少ないのです。まぁ、そんな大きさの真珠は引け目を感じて身に着けられませんからねぇ、葬儀では。

Unlike in the case of the jewelers, I had a lot of options at Internet mail order shops, but I just had to wonder whether I could get what I imaged at those shops. Furthermore, I couldn’t sense my connection to teeming products they sold. I saw more than hundreds of necklaces on line, and to my eyes, the products seemed to be a collection of uniformity.
実店舗と違い、ネットなら様々な商品がありました。でも、通販で私がイメージする品が本当に手に入るのか、不安が残りました。さらに言えば、ネット上にあふれかえる商品と自分とのつながりが感じられませんでした。それこ何百本というネックレスを見ましたが、私にとっては、それらが個性のない商品の一群に思えたのです。

At the same time, I felt as if everyone thought ordinary pearls except those of premier class were empty of value. However, essentially, pearls are blessings from pearl oysters that break their back for producing. I thought one has to have a respectful attitude toward all pearls even if it couldn’t be round and white. We could make every pearl enjoyable according to originality of them (if wearing it only at the funeral, one can’t imagine how to enjoy it). If one select middle class pearls, it NOT has to be that one can’t buy “perfect pearls”.
同時に、人々は花珠や花珠クラスと言われる商品以外の一般的な真珠には価値がない、と思っているのではないかと感じてしまいました。本来、真珠はアコヤ貝が身を削って作り出した自然からの贈り物です。丸くなくても、白くなくても、全ての真珠に敬意が払われるべきだと思います。どんな真珠でもその個性に合わせた楽しみ方ができるはず(葬式の時にしか身に着けないのでは、楽しみ方もイメージできません)。中級クラスの真珠を買うのは、“花珠”が買えないからではないのです。

For these reasons, I was in a sad mood and stopped the quest for pearl necklaces last winter. Then, I restarted it a month ago and got the necklaces in the opening photo. I’ll write about the story in the next post.
そんなわけで、去年の冬頃、何とも物悲しい気分になってしまい、ネックレス探しを中断しました。その後、つい1ヵ月程前から真珠探しを再開し、冒頭の写真の2本を入手したのですが、その話はまた次回。

Posted by Kinakinw | 15:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | Pearl

10 2013

Overnight Trip to Hakone

Hakone2013_1

I went to Hakone (a hot-spring resort, popular for generations, located in the center of Fuji Hakone Izu National Park) last week with my friend. Though I’ve been visiting the resort near the Tokyo metropolitan area, it was the first time in a very long while to go through the “typical” overnight trip using Odakyu Group (a major railway company that dominate the traffic network in Hakone).
先週友人と箱根に行って来ました。何度となく訪れている箱根ですが、久しぶりに小田急グループを利用した“典型的”な一泊旅行となりました。

Day 1 一日目
7:15 a.m.
We bought two “Hakone Free Passes (covering seven types of Hakone area public transportation)” and express tickets for a limited train called "Romance Car” at Shinjuku Station.
新宿駅にて箱根フリーパスとロマンスカーの特急券を購入。

10:00 a.m.
We took Hakone Tozan Bus and Hakone Tozan Train and reached The Hakone Open-Air Museum.
箱根登山バスと箱根登山鉄道を乗り継いで、箱根彫刻の森美術館に到着。

Hakone2013_2

Hakone2013_3 Hakone2013_4

Hakone2013_5

12:00 p.m.
Lunch at a soba noodle shop in Gora
強羅のそば屋でランチ

Hakone2013_6

13:15 p.m.
We headed to Togendai using Hakone Tozan Cable Car and Hakone Ropeway.
箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウエイに乗って桃源台へ。

Hakone2013_7 Hakone2013_8

Hakone2013_9
In Hakone, using public transportation is a part of leisure.
箱根では乗り物に乗るのもレジャーの一部。


14:30 p.m.
Hotel in Sengokubara area
仙石原にあるホテル到着

Hakone2013_10

Hakone2013_11 Hakone2013_12
We enjoyed the hot spring, drank, took a bath again, had dinner, took a bath again, drank….
温泉に入って、飲んで、また風呂に入り、夕食を食べて、また風呂へ…。



Day 2 二日目
6:00 a.m.
We got up and found Mt. Fuji peeped above the mountains.
目が覚めて外を見たら、富士山が。

Hakone2013_13

9:30 a.m.
We caught the first Hakone Sightseeing Cruise from Togendai to Moto-Hakone.
桃源台から元箱根まで、朝一の遊覧船に乗車。

Hakone2013_14
This is the famous “pirate ship”.
かの有名な海賊船。


Hakone2013_15

Hakone2013_16 Hakone2013_17

11:00 a.m.
We arrived in Hakone Yumoto by Hakone Tozan Bus and then dipped into a hot spring bath again.
箱根登山バスで箱根湯本へ出て、さらにもう一風呂。

Hakone2013_18 Hakone2013_19
I had been wondering what kind of hot spring spot it is. Well, the facilities were old (someone would say “run-down”), but it had quite nice own hot spring.
長いことどんな温泉なのかなぁ、と思っていたかっぱ天国。設備は古い(もう少し辛辣な言い方をする方もおられるでしょう)ですが、自家源泉は大変すばらしかったです。


14:40 a.m.
We went home by special Romance car entering Tokyo Metro.
東京メトロに乗り入れるロマンスカーで帰路に。

Hakone2013_20

Actually, our route was more of the same as the one Odakyu swears by.
気がつけば、小田急推奨のルートとほぼ同じ行程となりました。

Hakone2013_21

Posted by Kinakinw | 20:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

01 2013

The Path toward Android 4.0

Android 40

While the latest version OS of smartphones using Google's Android platform would be 4.2 in the world today, since the end of last week I had difficulty with upgrading my smartphone’s OS from 2.3.5 to 4.0.
世の中のスマホ最新モデルにはアンドロイド4.2が入っているというのに、Kinakinwといえば、自分のスマホを2.3.5から4.0にバージョンアップするのに先週末から悪戦苦闘しておりました。

My model was released in March of last year as its OS would be upgraded in August of that year. Then, the upgrade was postponed several times, and when a year passed since the release, users of the model learned that we had to keep using 2.3.5 OS in the future. At last, however, the update service started from April 16th!
私の持っている機種は、その年の8月にOSが4.0にバージョンアップされることを前提に昨年の3月に発売されました。それから何度もバージョンアップが延期され、発売から一年が過ぎた頃には、ユーザーはもうずっと2.3.5のままなのだと諦めていたようです。しかしようやく、4月16日に待ちに待ったバージョンアップサービスが始まっていました。

I came to know that last week and naturally, wanted to bring mine up-to-date.
For proper phone subscriptions, it doesn’t need serious work. Just one can follow the notice from a cell-phone company, download and install the file to one’s smartphone. But, it's hard to call on for me because I’m not a subscribing user. I’ m using the phone for Docomo (a major cell-phone company in Japan) with a SIM of MVNO (Mobile Virtual Network Operator that provides simple mobile communications service without telephone service).
それを知ったのは先週で、当然私も4.0にしたいと思ったわけです。
正規のドコモユーザーはすぐできます。自分のスマホに来たバージョンアップのお知らせからファイルをダウンロードしてインストールすれば良いのですから。しかし、ドコモと契約していない私には難しい。私はドコモ向けのスマホにMVNO(ドコモFOMAネットワークの電話機能以外の通信サービスだけを提供する会社)のシムを挿して使っています(最近話題になっている「ほぼスマホ」ですね)。

Prior to the OS upgrade, I knew some several minor software updates were available, but I couldn’t do them. I could download all the minor updates files from the manufacture’s HP (it means I could do them not via Docomo’s server) “except” the first one in last May, and without “that first update” my device couldn’t get updated at any cost. The only way to get the first update was “via Docomo’s server” that was impossible with MVNO’s SIM.
OSのバージョンアップに先立ち、何回かマイナーなソフトウエアの更新があったことは知っていました。でも私はできないままでした。というのも、「初回のソフトウエア更新」以外についてはメーカーのHPからダウンロードできる(つまりドコモのサーバーにつながらなくても良い)ものの、初回の更新をしていないと以降の更新ができない、という状態だったからです。肝心のその「初回の更新」だけは、MVNOのシムではつながらないドコモのサーバー経由でしかできないのです。

After visiting a Docomo’s service shop and called the manufacture’s service center last week, I clearly recognized that, again, the problem is “the first minor software update” as I could download the OS upgrade file from the manufacture’s HP like the other ones.
先週ドコモショップに行き、またメーカーにも電話して確かめたところ、今回のOSバージョンアップに関してもネックになるのははやりその「初回の更新」でした。OSのファイルは他のソフトウエア更新と同様、メーカーのHPから落として自分でできます。

Then, I asked one of acquaintances who have a Docomo’s smartphone with a SIM of the same size as mine for using his SIM while download the file via the server. We met twice and tried every possible way to get the file, but we couldn’t. I'll leave out the fine details, but we tested the situation where a proper user started to use the phone with factory default. This shows that Docomo is the only one who knows why I couldn’t download it.
そこで、私のスマホと同じサイズのシムを使っているドコモユーザーの知り合いにお願いし、「初回の更新」ファイルをダウンロードするためにシムを使わせてもらいました。二度待ち合わせしてもらい、シムを借りていろいろ試しましたが結局ダウンロードできませんでした。細かいことは省略しますが、「ドコモと契約した人が工場出荷時状態のそのスマホを使い始めた」という状況で試してもだめ。この理由はもはやドコモさん以外にはわからない。

I revisited the shop and made a strong appeal to a shop clerk that situation, and then she suggested to send my device to repair. If you send one to repair, your phone will be back in latest condition (which means I could complete its upgrade!!). Though I knew I can get free repairs for 1 year from the manufacture, but I didn’t know a non-subscribing user can also get the in-warranty repair from the cell-phone company. Thanks, Docomo!
今週もう一度ドコモショップに行き問題の状況を店員さんに強力にアピールしたところ、その方が修理の手続きを勧めてくれました。スマホを修理に出すと一律に最新の状態で帰ってくるそうです(バージョンアップ完了です!!)。どこで買おうと一年間はメーカー保証がつくだろうことは知っていましたが、契約していないユーザーにも(適応範囲内の問題であれば)ドコモが無償対応するとは知りませんでした。普段はNTTやドコモに対しては批判的ですが、今回は素直に感謝しています。

The last problem was that a non-subscribing user couldn’t get an alternative phone while repairing period, so I asked one of my friends who uses a Docomo phone to send mine to repair.
残された問題は、契約者以外には修理期間中の代替え機の貸し出しができない。これはドコモユーザーの友人にお願いして、その人から修理に出してもらい解決しました。

The opening photo shows that alternative, docomo AQUOS PHONE SH-06D with Android 4.0 released around the same time as mine.
冒頭の写真は代替え機のアクオスフォン。私のスマホと同時期に発売されましたがしっかりアンドロイド4.0です。

Using so called “contract-free mobile phone” that one can manage inexpensively is not entirely smooth, but you can learn so much from the problems.
安く運用できるいわゆる白ロムですが、何かと苦労も多いです。でも、勉強にはなります。

Posted by Kinakinw | 19:02 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。