Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2013

Nanduti - Ñanduti

Nanduti 1

Do you know “Nanduti”?
Well, I'm also totally new to the craftwork.
「ニャンドゥティ」ってご存知ですか?
と言っても、私もつい最近知ったばかりなのですが。

It’s exquisite lacemaking, from Paraguay, made from cotton or other fine vegetable fibers. The word Naduti means spiderweb in Guarani. Online dictionaries and web sites concerning lacemaking say about it in many ways: it’s introduced into Paraguay by the Spaniards, a comparable lace is made on the island of Tenerife and known under various names, and making of the lace is a tradition begun by Paraguay's Guarani. So, I’m interpreting it’s the fruit of invasion called the Age of Discovery.
この精密なパラグアイのレース編みは、綿や植物の繊維から作られるそうです。ニャンドッティとは、グアラニ人(パラグアイやボリビアに住む南米の先住民族)の言葉で蜘蛛の巣を意味するそうです。ネット辞書やレース編みに関するサイトには、スペイン人によりパラグアイにもたらされた、テネリフェ島でも同じようなレース編みがあり色々な名前で呼ばれる、グラニア人により伝統的に作られ始めたと、様々なことが書いてありました。そこで私は、この工芸は大航海時代と呼ばれる侵略の歴史的産物だなと想像したのでした。

Nanduti 2

Nanduti 3
I hope it can show how delicate and intricate it is.
この写真で繊細さと複雑さが伝わると良いのですが。


I saw it first time at Munn, a café I wrote about last but one where some pieces of the work were displayed and also for sale. I was surprised the fine, intricate lace and became captivated by them. Unfortunately, however, except simple and small ones, delicate intricately patterned pieces were not for sale. The difference between poor and elaborated ones was clear even to my untrained eye, so after I saw fine ones, I wasn’t disinclined to have a simple one.
前々回このブログで紹介したMunniというカフェで、ニャンドッティが展示販売されていて、そこで初めて見ました。精密で複雑なこのレース編みに驚き、すっかり魅了されたのでした。残念ながら、ごくごく雑で小さな作品以外の、複雑なパターンで繊細に作られた作品は非売品でした。私のような素人が見ても、両者の違いは明らかで、良い物を見てしまうと雑な作品を買う気になれませんでした。

I asked the café staff why don’t you sell fine ones, and the staff said that they are too valuable to sell and also expensive. The white one in the picture (about 18-by-12 cm) costs tens of thousands of yen.
お店の人に、なぜ優れた作品を売ってもらえないのか聞いたところ、とても貴重でお値段も高く販売できないとのことでした。下の写真に写っている白い作品(18㎝×12㎝位)でも何万円とするそうです。

Nanduti 4

I looked the things up on the Internet and found there are lessons for the lace in Tokyo. I think considerable skill is required to make a good one, but some Japanese women with fast hands may be able to do it.
ネットで調べると、東京にニャンドッティ教室があるみたいですね。良い作品を作るにはかなりの熟練が必要だと思いますが、手先が器用な日本人女性の中には成し遂げてしまう人もいるのでしょうね。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 14:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

23 2013

Right Place to Take ID Photo

Tokyo Metropolitan Office

I went to the Tokyo Metropolitan Office yesterday to get my passport renewed.
That was another opportunity for me to need a good ID photo after my driver license renewal last summer. The passport picture is more important than that of driver license because while I use my passport for ten years, the valid period of the license is five years. Although I know no one cares about the photo, I would like to avoid using the passport with an unacceptable photo of myself.
昨日は都庁にパスポート更新に行きました。
去年の運転免許更新に続き、写りの良い証明写真が必要でした。5年間有効の運転免許に対してパスポートは10年間使うので、証明写真はより重要です。他の誰の目にも止まらないことは分かっていますが、やはり気に入らない写真がのったパスポートは使いたくない。

Unlike the license renewal where the officials take picture of everyone at the office (it’s literally one-shot deal), we can prepare that of passport by yourself prior to the renewal. So, I was thinking to get satisfactory one ahead of time, but actually I didn’t do it until I had to.
否応なく会場で撮影される正に一発勝負の自動車の免許証とは異なり、パスポートの写真は事前に自分で準備できます。去年くらいからちゃんとした写真を撮っておこうと思っていましたが、結局間際になるまで何もしていなかったわけです。

Yesterday morning, I had three options to get the picture: a proper portrait studio (expensive but many touch up options), a studio at a print service shop (moderate and some touch up options), and a photo booth (inexpensive). I chose the middle one and had my picture taken by the shop manager with “beautiful skin” print processing. However, I couldn’t approve of it.
さて、昨日の朝の段階で私には3つの選択肢がありました。高いけどいろいろ修正してくれるフォトスタジオ、ほどほどの値段で修正もできる(旧)DPEショップ、そして機械が撮ってくれる安価な証明写真ボックスの3つです。で、中間のDPEショップを選び、そこの店長さんに美肌仕上げコースで撮影してもらいました。でもその写真は気に入らなかった。

I decided to forget about that shot, stopped off briefly in a photo booth at the near station on the way to Tokyo Metropolitan Office, and get an OK picture at 800 yen. I didn’t expect a nice shot by it, but I was totally wrong. The machine has developed very much. There was “beautiful skin” print processing (just costs 100 yen more than ordinary one), and the lighting was nice. The most wonderful point about it was that a photo turns out to be moderately-smooth. I mean, while the one taken by the manager was so realistic and textured, the machine hides unnecessary irregularities of face. I thought it has absorbed features of Purikura (an oversized passport photo making booth that fits two-and usually more - smiling faces on a miniature picture usually framed with cute characters like).
思い切ってその写真は不採用とし、都庁に行く途中最寄り駅の証明写真ボックスに立ち寄って改めて撮り直し、800円でまぁまぁ満足いく写真をゲットしたのでした。写真ボックスで良い写真が撮れるわけがないと思っていたのは、私の間違いでした。写真ボックスは進化しています。百円追加すれば美肌仕上げが選べるし、照明もなかなか良かった。最も良いのは、適度に平面的な写真が撮れること。人に撮影してもらった写真は良くも悪くもリアルで陰影がはっきりしているのです。対してボックスだと、不必要な顔の凹凸はとんで写ります。いわゆるプリクラの特徴を踏襲しているわけですね。

I don’t know the other machines are good or not. The one I used was “CITY PHOTO STATION (by Fuji Film)”, which should be scattered across Japan. It’s really great
全てのボックスが良く写るかどうかはわかりません。私が利用したのは、フジフイルムが展開しているCITY PHOTO STATION。全国に広く行き渡っていると思います。なかなかやるもんですね。

Posted by Kinakinw | 21:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

18 2013

The Departure and the Arrival

Munni 1

It was a balmy afternoon so typical of May.
I went to a café and restaurant named Munni for lunch with sister. A tenant of the space where it’s located often changes, so from my perspective the café opened before I knew it.
今日は(ちょっと気温は高いけど)五月らしい気持のいい午後でした。
妹と二人で昼食に出かけたのは、Munniというカフェレストラン。このレストランが入っているスペースはテナントの入れ替わりが激しく、ここも気が付いたらオープンしていたという感じでした。

It is hard to describe what kind of café it is. From the signs and menus in the doorway, it seemed to be an American-type waffle and hamburger place, and actually they serve American-type food. However, from their HP, their concepts are “the source of good health and good appetite” and “tea” (so it doesn’t serve have coffee).
この店を説明するのは難しい。店頭の看板やメニューからは、「アメリカっぽいワッフルとハンバーガーの店」と思えます。でもHPを見ると、医食同源をベースに食材にこだわる、お茶にこだわる、ということらしいですね。だからコーヒーは置いていません。

Munni 2 Munni 3

I felt the space was minimally renovated after a previous restaurant closed. The interior, decoration, furniture, plates and utensils were quite incongruous. It looked like the owner was in hurry when open the restaurant and collected items in a few days.
前のレストランが出て行って原状復帰した後、店内には最低限しか手が入ってないのではないかな。インテリア、装飾、家具、食器やカトラリーなんかはチグハグな印象。まるで開店準備の時間がなく、オーナーが数日間で集めてきた物を使っているような感じがしました。

Anyway, their hamburger was fairly good, and the staff was friendly and kind.
それはともかく、ハンバーガーは美味しかったです。

Munni 4
Lovely staff said that to express their love for the customers, their buns are in the shape of a heart.
可愛らしいスタッフによると、お客様への愛を表現するためバンズがハート形なのだそうです。


Amishiro park
The café is in front of a children’s park called Amishiro Park I often visited in my childhood.
この店があるのは網代公園の目の前。この公園には子供の頃毎日のように遊びに行っていました。

Posted by Kinakinw | 20:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

01 2013

Animal Operetta, Les Girafes

Les Girafes 1

That was the other free show at Roppongi Hills called “Les Grafes” by a French street arts company named “Compagnie OFF” established in 1986 in Tours.
こちらは六本木ヒルズで行われたもう一つのショー、フランスのストリートアートパフォーマンス集団「Compagnie OFF」による「動物たちのオペレッタ」。同集団は1986年にツールで設立されたそうです。

The main performers were the nine giraffes, clown, diva, and trickster-like man (not in the pictures). To make a long story short, in the show the clown teeter-tottered and up in the air, the diva sang her heart out diva, and the trickster sprinkled golden powder. Then, a herd of red giraffes was slowly, gracefully moving on, and the circus started. Sorry for the poor report, but that’s kind of what it was like.
このショーの演者は9頭のキリン、道化師、歌姫、そして写真には写っていませんがトリックスターのような男性。ショーの内容をかいつまんで説明すると、道化師は大きなシーソーに乗り宙に舞い、歌姫が高らかに歌い上げ、トリックスターが黄金の粉を撒く。そしてキリンの群れがゆっくり、優雅に歩み寄り、サーカスが始まる。下手な説明で申し訳ありませんが、まぁそんな感じです。

Les Girafes 2

Les Girafes 3 Les Girafes 4

It was too crowded to see the whole story of the show, but sill the show was most fun ever! It was so exciting that the herd of red giraffes in the streets of Tokyo.
I had a great time thanks to the complex in the first half of Golden Week Holidays.
人がいっぱいでショーの全体像はよくわかりませんでしたが、それでもとても素晴らしかったですよ。東京の街にキリンの群れがいるなんてわくわくしますね。
ゴールデンウィークの前半は六本木ヒルズ様様でした。

Les Girafes 5
I got the perfect shot, but the lack in sharpness in it.
タイミングはパッチリでしたが、残念ながらピンボケ。

Posted by Kinakinw | 09:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。