Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

25 2013

Personally, it was not so bad

Carmen 1

The opening photo is a scene from an opera film I watched the other day.
Can you tell the title of the opera?
It’s a famous one everyone knows.
冒頭の写真は先日観たとあるオペラ映画からのワンシーンです。
さてここで問題です。このオペラのタイトルはわかりますか?
誰でも知っているものですよ。

OK. It’s not your fault if you cannot see.
The second cue is the picture below. The same prima donna, Anna Caterina Antonacci, appeared in the same one by a different director. These aren’t from the same scene, but there are the same characters.
わからなくても皆様のせいではありません。
それでは第2ヒントです。下の写真は上と同じプリマドンナ、アンナ・カテリーナ・アントナッチが、別の演出家による同じ演目に出演した時の写真です。場面は異なりますが、登場している2人のキャラクターは最初の写真と同じです。

Carmen 2

Good job! It’s Carmen.
正解です!カルメンですね。

The film shows Carmen performed at Opéra Bastille last December, conducted by Philippe Jordan, music director of the Opéra national de Paris, directed by Yves Beaunesne. It’s the second one of eight films screened sequentially which shows operas and ballets performed the Opéra national de Paris in the 2012-2013 season.
この映画は、昨年12月にパリ国立オペラによりバスティーユのオペラ座で公演されたカルメンを撮影したものです。指揮は同オペラ・バレエ団の音楽監督フィリップ・ジョルダン、演出はイヴ・ボーネン。「パリ・オペラ座へようこそ ライブ・ビューイング 2012‐2013」と題された昨シーズンの同団のオペラとバレエの舞台を収録した8本の映画の中の2作目です。

The popular French opera performed for the first time in a decade at the theater, and it seemed to confound the prediction of fans, at leasst a casual opera fan like me.
超有名なこの作品がオペラ座で上演されたのは10年ぶりだそうですが、これはファンの予想を裏切るものだったことでしょう。少なくとも私のようなライトなオペラファンにとってはそうでした。

If you want to watch the film without previous knowledge, then please read no more.
余計な情報なしで映画を見たい方は以下を読まないで下さいね。


I thought this callenging Carmen was just like transfered the action to 1970’s.
I’m going to point out unusual things in this Carmen randomly. As you know from the opening photo, Carmen was blonde and appeared as tough Marilyn. Escamillo reminded me of Elvis in his late life. Roma girls dressed in flover children fashion. Roma boys were in Saturday night fever suits. A drag queen and a Crazy Horse dancer were in Pastia’s tavern.
この挑戦的なカルメンは、まるで舞台を1970年代に移したようでした。
思いつくままに間違い探しをしてみましょう。冒頭の写真でおわかりのように、カルメンはブロンドで、気の強いマリリンモンローと言う感じ。エスカミーリョはまるで晩年のエルビス。ジプシーの女性達はフラワーチルドレンファッション。ジプシーの男性はサタデーナイトフィーバーに出て来そうなスーツ姿。パスティアの店にはドラッグクィーンとクレージーホースのダンサーもいました。

Carmen 3

Personally, however, I enjoyed that. The blonde Carmen seemed to be a forethoughtful person (I thought the diva enjoyed the peculiar character) and went well together with Don José who was depicted as a simple-headed mama's boy rather than a man who loved someone to distraction. Though the Don José strangled the blonde with a bridal dress he brought (! ) because he’s a poor knife-wielder, it was “Carnem”. The story, music, arias, and dancing were enjoyable. I’m not sure if it was thank to the power of the music, composer, singers, or director, the Carmen was entertaining.
しかし個人的には「あり」。ブロンドのカルメンは思慮深く見え(アンナさんは一風変わったこの役を楽しんで演じていたと思います)、恋に狂う男というより単純思考のマザコン青年のように描かれるドン・ホセと良いカップリングでした。このドン・ホセはナイフ使いが超下手くそなため、カルメンを持参したウエディングドレスで絞め殺す(!)のですが、それでもしっかり“カルメン”でした。ストーリー、音楽、歌唱、ダンスを楽しみました。元々の音楽、指揮者、歌い手、演出家などなど、どのお蔭でこのカルメンが成立したのかはわかりませんが。

Carmen 4

The film will hit screens countrywide from next June, so check it if you are interested. Oh, this 195-minute film was shown without a break, but there were backstage interviews between Act 2 and 3, which was suitable for a bathroom break.
この映画は6月から全国公開されるので、ご興味のある方は是非チェックしてみて下さい。三時間を超える作品ですが休憩時間なしの上映という非道ぶりです。でも、第2幕と3幕の間に10分程度バックステージのインタビューが入りますので、そこでトイレ休憩にすると良いでしょう。

Few hours age, I came across the picture from Carmen performed by Opéra de Lyon in June 2012. Words fail me, but have a feeling that we can’t watch “standard” one in Carmen’s home country for a while.
ついさっき、昨年6月リヨンのオペラ座で上演されたカルメンの写真(下)を偶然みつけました。何と言ってよいかわかりませんが、何となく、カルメンのお膝元フランスではしばらく普通のカルメンは観られない気がします。

Carmen 5

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 01:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。