Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

12 2013

So, Happy in Osaka?

4CC2013_1

Yes. Yes. Yes!
I went to Osaka for the Four Continents Figure Skating Championships 2013, which was the most fruitful one in years.
四大陸選手権を観戦しに大阪に行っていました。近年稀にみる白熱した大会でした。
(以下は日本語のみ)
さっき録画したTV放送を見始めて、見るべきところがあまりにも少ないので中断。YouTubeで演技だけ見返せば充分。メディアリテラシーが身についている皆さんには釈迦に説法だと思いますが、そもそも「四大陸フィギュア」とは、フジテレビが大会の画像を勝手に編集して放送する番組名であり、そういう名前の競技会は存在しません。「世界フィギュア」も同様です。「四大陸フィギュア」は私の見た大会のほんの一部のみを、フジテレビが制作した煽りビデオと大量のCMと共にお茶の間にお届けした番組でした。


I watched all competitions for three days, and it was a unforgettable experience.
The performances that have left strong impressions on me were ones by women and men singles’ champions.
気を取り直して(笑)。3日間、すべての競技を観ましたが、思い出に残る良い体験となりました。
強く印象に残った演技は男女シングルの優勝者のものでした。

First and best for me was Mao’s SP. From the beginning of the performance, tensions dominated the hall. When she executed a first jump, the beautiful triple axel, the audience raised a round of cheers and was in a jubilant mood. I had only a vague memory of the performance after her jumps because tears welled up in my eyes. I remembered her difficult past few years, and sensing her ebullience for skate, my heart swelled with pride of the skater. I was really happy to be present at the moment.
とにもかくにも浅田真央のSP。演技冒頭から客席は緊張につつまれ、最初のトリプルアクセルがきれいに決まると、観客から歓声がはじけ、熱狂の時間が始まりました。実は、ジャンプが全て終わった後の演技は、泣けてきてしまい記憶が曖昧です。苦しかった彼女のこの何年間かを思い出し、そのスケートに対する情熱を感じ、浅田真央という選手を誇りに思いました。(すみません。まだ感動しているもので…)あの場に居合わせて本当に良かった。

4CC2013_2

Second one was Kevin Reynolds’ FS. In these years, I had seen a disappointed look of this unrewarded Canadian quad jumper who always played second fiddle to Patrick Chan. His FS was Mathieu’s Piano Concerto No. 4 choreographed by Kenji Miyamoto. He performed, here in Japan, the lyrical program with excellent quad toe loops and salchow and showed his true ability at last. I was happy for him!
次に男子シングル優勝者、ケヴィン・レイノルズのFS。長い間、彼のガッカリ顔ばかり見てきた気がします。いつもパトリックチャンに大きく水をあけられている報われないカナダ人クワドジャンパー。今年のFSは宮本賢二氏振付のピアノ協奏曲第4番(アンドレ・マテュー)。ここ日本で、彼はこの抒情的なプログラムを見事なトリプルサルコウとトリプルトウループと共に滑り、本来の実力を発揮しました。本当に良かった!

4CC2013_3

The Championships also presents many other highlights: three Japanese ice dance couples including Cathy & Chris Reed that made me feel the area might become active in Japan, the last group of FD that was just like the lineup of world championship, three American skaters who made their first appearance at the big international games as the member of national team for the World, the selection process of Canadian ladies for the World, Chinese new powers, and so on.
今大会は他にも見どころ満載でした。キャシー&クリスリードを含め、アイスダンスに日本人ペアが3組も登場し、アイスダンスが日本で盛んになる兆しが見えたような気がしました。また、アイスダンスのFD最終グループは、まるで世界選手権のような豪華な顔ぶれ。世界選手権代表として初めて大きな国際大会に登場したアメリカの選手達。カナダ女子の世界選手権代表争い。若き中国選手の台頭。まだまだあります。

The competitions, in which the skaters who performed their best won, were quite agreeable. I want to add something lastly. I was also proud of Japanese figure skating fans who gave the Kevin’s challenging performance a big cheer even if he cleaned up on domestic skaters.
今年の四大陸選手権は、ベストの演技をした人が優勝した後味の良い大会でした。最後に言い添えたいのですが、例え日本人選手の上に立ったとしても、レイノルズ選手の渾身の演技に熱狂し惜しみない声援を送る日本のフィギュアファンをもまた誇りに思いました。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 17:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。