Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

06 2013

The Background to the Introduction of the Smartphone

Introduction of Smartphone 1

A small change in my life occurred during my “off-line period” is that I belatedly bought a smartphone.
遅ればせながらスマートフォン(以下スマホ)を持ちました。ブログを中断している間に起きた小さな生活の変化です。

I want to make sure beforehand that what I am about to tell you is just a current personal opinion, and I have no intention of being cynical about the other users.
初めにお断りしておきますが、今から述べるのは今現在の私見であり、他の方々を揶揄するつもりはありません。


It can be said that iPhone released for the first time in Japan in 2008 triggered the spread of smartphone though the device was in the marketplace before that. So, I had been almost indifferent to it for over 4 years.
以前からスマホは市場にありましたが、2008年のiPhone日本発売が普及のきっかけとなったと言えます。ですから、かれこれ4年以上も私はスマホに無関心だったわけです。

This is because, firstly, I wasn’t interested in smartphones as a plaything. I mean I didn’t take along a music player and game machine. I’m not a SNS-loving person, early adopter, and Apple Freak. I continued to use Japanese conventional mobile phone, but it’s important to mention that Internet-capable and “smart” enough to check a little something on the Internet on the go. Furthermore, I spend a lot of time in my home or office that have good Internet access. I just didn’t feel such a need to have smarter one.
なぜかと言うと、まずそもそも、遊び道具としてのスマホに興味がなかったから。音楽プレーヤーやゲーム機は持ち歩かない。ツイッター、フェイスブックなんかのSNSは面倒だからやらない。新しもの好きでもマック信者でもない。普通の携帯を持ち続けていましたが、忘れてはいけないのは、いわゆる日本の多機能ガラケーはネットにもつながり、出先でのちょっとした調べ物(終電時間とか店の場所とか)程度に使うのなら充分に“スマート”であること。もとより、一日の大半はネット環境が整った自宅か職場で過ごしています。ガラケーよりスマートな機器を持つ必要性を感じていませんでした。

Secondly, it was the greater problem that the smartphone (including a mobile tablet) bill is extraordinarily high. In Japan, people generally subscribe to limited carriers for using a mobile phone. Though I was a casual user of the conventional phone, the average monthly payment was about 3,000 – 4,000 yen ($33 - 44). If I obey every whimsy of the carriers and have a smart one, I have to pay around twice as much as that payment. Well, now, generous Japanese, including non-high-tech ones, spend at least 7,000 yen or more every month for the new device. Why do I have to make the carriers richer?
その他に、と言ってもこの問題が一番ネックだったのですが、スマホ(タブレット端末も含め)の維持費が不当にバカ高いこと。日本では、携帯電話を持つのに限られたキャリア(携帯電話会社)と契約するのが一般的です。私はガラケーライトユーザーでしたが、月3,000~4,000円位使っていました。もしキャリアの言いなりにスマホを持つとなると、その倍はかかります。寛容な日本人は、使いこなしていない人も含めて、最低7,000円、多くはもっと、この新しい機器に月々お金をつぎ込んでいるのです。何で私までキャリアを儲けさせてやらないといけないの?

From later last year, however, I felt it was about time I carry a better mobile device. I didn’t know what was going on, but I frequently got a bad line for the Internet connection with my phone. In the same period, I needed to download PDF files several times when I was away from home and office. Naturally, my first choice was a 7-inch tablet, but it was too large for me to carry around every day. So, I chose a smartphone solely because of its size.
それでも昨年後半から、もう少し高機能の携帯端末を持つ潮時だな、と感じるようになりました。どうしてだかわかりませんが、ガラケーでネット接続がしづらくなったのです。同じ時期に、出先でPDFファイルをダウンロードして見たいという機会が何度かありました。当然、最初のお目当ては7インチタブレットだったのですが、いざ毎日持ち歩くとなるとやはり大きすぎる。それで、サイズの観点のみでスマホを選んだのです。

To keep costs low, I completely ignored the carriers at the begging. I kept my old phone only for a phone call, bought a non-used smartphone at a second-hand shop in Akihabara, and got a SIM card for a network service of docomo, a major carrier in Japan, form MVNO (Mobile Virtual Network Operator, a wireless communications services provider that does not own the wireless network infrastructure).
維持費を抑えるために、はなからキャリアと契約するつもりはなし。ガラケーは電話専用にし(パケット関係のプランは解約)、秋葉の中古屋で新品のスマホを購入、ドコモのネットワークの通信サービスだけを提供しているプロバイダー(MVNO)からsimカードを手に入れました。

The system with two devices (a simple mobile phone and smartphone) that I employed is called a poor man's method :D. Indeed, if you don’t care about communication speed, you can have a smartphone with 490 yen ($5.4) at the lowest possible price on a monthly basis (you can’t make a phone call, though).
私が採用したこの2台持ち(ガラケーとスマホ)のシステムは、「貧乏人のスマホ術」(笑)と呼ばれています。なるほどこの方法なら、通信速度にこだわらなければ月々490円でスマホが持てます(電話はできません)。

In my case, I chose an “all you can use” high-speed SIM card, so my monthly payment is about 3,300 yen ($36) for the two phones. Without subscription with docomo, I can tether my smartphone to my note computer – this is the other purpose of having the “smarter” one. If I buy a tablet, I can use it on the go without additional cost. If I ask docomo to unlock SIM of the phone, I can use it overseas with a domestic SIM card.
私の場合、使い放題の高速simカードを選び、月々の維持費はガラケーと合わせて3,300円程度です。ドコモと契約していなくても、ノートパソコンへのデザリングもできます。実はこのデザリング機能がより“スマート”な電話を持つもう一つの目的でした。先々タブレットを買っても、追加料金なしに出先で使えます。ドコモに行ってこのスマホのsimを解除してもらえば、現地でsimカードを買って海外でも使えます。

Introduction of Smartphone 2
My sister knitted me an original bag for hold up the two.
妹が2台収納用のケースを編んでくれました。


In conclusion, it’s really helpful!
結論として、スマホはなかなか役に立つ!

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 00:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。