Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

04 2012

Tour the Luberon

Luberon_1

We chartered a taxi for a day trip to Luberon that has been, according to Wikipedia, a favorite destination for French high society and British and American visitors because of the pleasant and picturesque towns and villages, comfortable way of life, agricultural wealth, historical and cultural associations. I’d like to ask someone to add that it attracts Asian people. You know, it was known in the world through a series of books by British author Peter Mayle.
観光タクシーをチャーターしてリュベロン地方を一日観光しました。ウィキペディア先生によると、リュベロンは美しい町や村、魅力的な暮らし、豊かな食材、その歴史と文化がフランス人の富裕層やイギリス人、アメリカ人を魅了している地域だそう。誰かアジア人も魅了されていると付け加えてくれないなぁ。なにしろピーター・メイル氏の著書により世界的に有名になったエリアですから。

I preliminarily asked a guide and driver who own a hotel in Avignon and also run a taxi company for the following itinerary.
Saint-Rémy-de-Provence (pick up) - Lourmarin - Oppède-le-Vieux - Gordes (just looking at the village from the view point) - Fontaine-de-Vaucluse - L'Isle-sur-la-Sorgue (drop off) A winery in Luberon, in addition to these destinations
事前にガイド兼ドライバーにお願いしていた行程は以下の通り。ちなみにドライバーさん(以降日本語ではおっちゃん、と呼びます)はアヴィニオンでホテルを経営する傍らタクシー会社もやっているそうです。
サン・レミ・ド・プロヴァンス(乗車)→ルールマラン→オペド・ル・ヴュー→ゴルド(村を見渡す場所に行ければOK)→フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ→リル・シュル・ラ・ソルグ(下車)この他にリュベロンのワイナリーに寄りたい

We met at the hotel’s lobby and got the day trip started. We slightly modified schedule due to the driver’s recommendations, but anyhow, I could go where I wanted to.
ホテルのロビーで待ち合わせをしていざ出発。おっちゃんの提案で多少スケジュールは変わったものの、どうしても行きたかったところには行けました。

Luberon_2
The guide and driver (provably mid-60s, native Spanish) was a kind of wild driver. We prudently fastened our seatbelt tight.
60歳代半ば、スペイン出身のおっちゃんの運転は結構荒い。用心してシートベルトをしっかり締めていました。



Lourmarin/ルールマラン

Luberon_3

Maybe, the small village deserves special mention because it’s one of chic destinations in Luberon. It attracts many visitors and animates during summer due to numerous cafe terraces, restaurants and boutiques. The opening photo shows its old town.
リュベロンの中でも1、2を争うおしゃれなこの小さな村は是非行きたい所。非常に人気があり、カフェ、レストラン、ショップ立ち並び、夏の間はとても賑わうそうです。冒頭の写真はルールマランの旧市街地の全景です。

Luberon_4

Luberon_5 Luberon_6

Luberon_7

We stayed there for (only) 2 hours including lunch. I want to visit it again and spend more time strolling around the village.
ランチを含めてたった2時間弱の滞在でした。次回は村を歩いたりしてゆっくりしたいものです。


Bonnieux/ボニュー

Luberon_8

On the way to Oppède-le-Vieux, the driver had had the good sense to stop at two spots. One was the village of Bonnieux where many celebrities have vacation houses. The first image is the view from the village, and the one at the end is the full view of it.
オペド・ル・ヴューに行く途中に、おっちゃんが気を利かせてリストにはない2か所に立ち寄ってくれました。まずはボニュー。世界のセレブがここに別荘を持っているそうです。最初の写真は村から見渡した風景です。最後の写真がボニュー村の全景です。

Luberon_9

Luberon_10


The Château belonging to the Marquis de Sade in Lacoste/サド侯爵の城、ラコスト

Luberon_11

The other was the Sade’s château, partly in ruins, that now belongs to M. Pierre Cardin. I reminded I read about that in my guidebook when we got there. However, I reacted, for his explanation, as if I heard that for the first time.
もう一カ所がこのラコスト村にあるサド侯爵の城でした。ここの現在の所有者はかのピエール・カルダン氏。城に着いた時に、ガイドブックに書いてあったのを思い出しましたが、おっちゃんの説明には初めて聞いたというリアクションをしておきました(笑)。

Luberon_12


Oppède-le-Vieux/オペド・ル・ヴュー

Luberon_13

This was the place I wanted to go to the most. The little hilltop village welcomes tourist but don’t try to gain our favor. I mean there weren’t a tourist office, map, of course, hotel, restaurant and café inside the village. There were potholed lanes, 15th and 16th century houses - some were restored, and the others looked to be abandoned - , a 12th century church, and the ruins of an ancient chateau.
ここは一番行きたかった村でした。この小さな鷹巣村は観光客に開放されていますが、積極的に集客しようとはしていないようです。観光案内所はなく、地図も提供されていません。村の中にはホテル、レストラン、カフェもありません。あるのは歩きにくいでこぼこ道、一部は修復され一部は放置されているような15~6世紀の家々、12世紀に建てられた教会と朽ちた城だけ。

Luberon_14

Luberon_15

Luberon_16

Luberon_17

The driver said that a famous French movie star have been so charmed by the village and have bought property there for anastylosis and keeping things the way they are. I heard there was no electricity or indoor plumbing, but there were some houses that someone lives in. This place had a mysterious atmosphere: it was like remains and a lived-in village at the same time.
おっちゃんが言うには、有名なフランス人俳優がこの村に魅了され、村の修復と現状を維持するために物件を買っているそうです。確か電気も水道もないと聞いたのですが、いくつかの家は人が暮らしている気配がありました。遺跡のような、人が暮らしているよな、何とも不思議な雰囲気のあるところでした。

Luberon_18
Another glorious view!
またまた絶景!



Le Musée de la Lavande in Coustellet/ラベンダー博物館、クステレ

Luberon_19

We stopped at the spot because I didn’t say no point-blank when the driver suggested visiting there. Of course, we didn’t have time to see the display, but he took us to the souvenir shop. Well, I didn’t think he took kickbacks (:D).
ここに寄ることになったのは、おっちゃんから提案された時に私がはっきりと断らなかったから。もちろん博物館を見ている時間はなく、おっちゃんに連れられて併設されたショップに行っただけですが。リベートをとっているわけではないと思いますが(笑)。

Luberon_20 Luberon_21


Village des Bories near Gordes/ゴルド近郊のボリーの村

Luberon_22

This place provides a grandstand view of Gordes, the most picturesque hilltop village in Luberon. It was really gorgeous. I want to visit it someday.
この場所はリュベロンで最も美しい鷹巣村と言われるゴルドの村を見渡せるポイントです。本当に美しい村です。いつかちゃんと訪れてみたいですね。

Though it just happened the place was near Village des Bories, an open air museum of historic stone masonry unique houses where, to tell the truth, I wanted to stop by. It was hundreds of times more interesting for me than the lavender museum. I regret that I didn’t bring up the idea of entering it later….
この場所は、たまたま“ボリーの村”と呼ばれる独特の石積みの家が集まった屋外博物館のような施設の近くでした。本当はちょっと寄りたかったんですよね。私にとっては、ラベンダー博物館よりはるかにこちらの方に興味があります。寄ろうと言い出さなかったことを後に後悔することになりました。

Luberon_23

Luberon_24 Luberon_25


Fontaine-de-Vaucluse/フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ

Luberon_26

The main tourist spot in the village were the mysterious spring and the beautiful Sorgue River in which the spring flows.
この村の観光ポイントはミステリアスな泉と、その泉が流れ込む美しいソルグ川です。

Luberon_27 Luberon_28
It was just a 10 minute walk away toward the spring, but my friend and I felt tired due to the strong sun…. Only the driver walking in front of us seemed to be fine.
泉までは徒歩10分程度ですが、日差しがきつく私たちは疲れ気味。前を行くおっちゃんだけが元気そう。


Luberon_29

It is said that all the rainwater from the Luberon and other surrounding mountains comes out of the spring. For most of the time, visitors can see a deep blue pool of water at the bottom of towering cliffs, and during spring or after very heavy rainfall, the water gushes out from the spring.
リュベロンとその周辺地域に降った雨がこの泉に集まっているそうです。たいがい、高くそびえる崖の底に青い水を湛えた泉が見られるそうです(この時、水はとても少な目)。春や大雨の後にはその水が溢れているそうです。

Luberon_30

It was sometime after 4:00 p.m. I wanted to stop at a winery in Luberon, but I knew, at this point, the driver planned to go out to Châteauneuf-du-Pape. It was possible, but I doubted if wineries providing a visitor tour were still open when we would reach there. I thought it might end up visiting a wine shop after another an hour drive. So, after discussing with my friend, I declared the ending of the tour.
時刻は4時ちょっと過ぎ。リュベロンのどこか適当なワイナリーに寄って欲しかったのですが、この時点でおっちゃんはシャトーヌフ=デュ=パプ(プロバンスでは最も高級なワインの産地)に行こうとしていると知りました。行けないこともありませんが、私達が辿り着く頃にビジターツアーをやっているようなワイナリーが開いているか疑問でしたし、1時間近く移動した挙句ワインショップに寄っただけ、ということになりそうでした。そこで友人と相談してから、おっちゃんにツアー終了の旨をお知らせしたのでした。(おっちゃんはシャトーヌフ=デュ=パプに連れて行きたそうでした)

The Three of us settled down at the café for a while, and then we headed to a hotel in L'Isle-sur-la-Sorgue earlier than arranged. Well, as things turned out, we could see Village des Borie….
それからカフェで一休みし、予定より早くリル・シュル・ラ・ソルグのホテルに向かいました。終わってみればボリーの村を見る時間はあったわけです。

Luberon_31

Luberon_32



Luberon_33

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 16:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。