Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

27 2012

An Apartment in Paris

paris_apartment1

It's been weeks since I last wrote. I’m fine but have been very busy during week days. In addition, the Grand Prix of Figure Skating, a series of six events, started, so, I’m also busy watching the matches in weekends. 
何週間かのご無沙汰です。元気にしていました。ここのところ平日とても忙しく、さらにフィギュアスケートのグランプリシリーズが始まっていて週末はスケート観戦に忙しいのです(笑)。

Anyway, I conclude the series of my travelogue style post. After leaving Provence, we spent few days in Paris, and then we flew back home.
ともかく、旅行記スタイルの旅の報告は終了。プロバンスを発ってから、パリで何日か過ごし日本に帰りました。

Because of nostalgia, I visited an apartment I lived in many years ago. The bridge in the opening photo is Pont du Garigliano, the last bridge in western Paris, that links 15th to 16th arrondissement. I resided in near it. I used to describe the neighborhood as “the edge of Paris”. Even in 16th arrondissement known for high-class residential area, the vicinity was a community-oriented neighborhood and comfortable place to live.
ノスタルジーに駆られて、昔住んでいたアパートを訪れてみました。冒頭の写真は、15区と16区をつなぐパリ西側の最後の橋、ガリリアーノ橋です。この橋の近くに住んでいました。その頃、この界隈を「パリの縁」と呼んでいました。高級住宅地として知られる16区ですが、このあたりまで来ると庶民的で住みやすかったです。

Pont Garigliano that was like arterial road lacked a flavor of Paris compared to the neighbor bridge, so when I walked down 15th arrondissement, I crossed a neighbor one, Pont Mirabeau. However, I liked this view form under it.
幹線道路のようなガリリアーノ橋は趣に欠けていて、15区に歩いて行くときはお隣のミラボー橋を渡っていました。でも、この橋の下からの眺めは気に入っていました。

paris_apartment2
The building I lived in is in one of these.
住んでいたアパートはここに写っている建物の一つの中にありました。


paris_apartment4

An old Spanish couple kept up the building, and the elderly wife who saw mails form me put my first name on the nameplate of doorbell.
スペイン出身の老夫婦が管理人をしていて、私宛の郵便物を見たおばあちゃまがこのインターフォンに私の苗字ではなく名前のネームタグを作って貼ってくれていました。

The street and buildings were exactly the same as before. That’s Paris.
この通りも、建物もその時のまま。全く同じ雰囲気です。さすが、パリ。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 17:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

12 2012

L'Isle-sur-la-Sorgue

L'Isle-sur-la-Sorgue1

I chose this beautiful village located 25 km east of Avignon for the last destination in Provence. The river Sorgue surrounds the city called “island city”, and the several canals running between the narrow ancient streets.
プロヴァンス滞在の最後の町に選んだのは、アヴィニオンの東25kmにあるリル・シュル・ラ・ソルグでした。ソルグ川に囲まれたこの町は“川に浮かぶ町”と呼ばれ、旧市街の細い道の間にも何本もの用水路が流れています。

L'Isle-sur-la-Sorgue2

L'Isle-sur-la-Sorgue3

We stayed at La Prévôté, one of hotels in Châteaux & Hôtels Collection, which was popular among Provence-loving travelers, including Japanese ones. The building was a 17th century convent, and now the family-run hotel offered only 5 rooms which were decorated differently in different rooms.
泊まったのは、フランスのシャトー&ホテル・コレクションの一つ、ラ・プレヴォテ。日本人はもちろん、プロヴァンスを訪れる旅行者に人気のホテルです。建物は17世紀に作られた女子修道院だそうで、現在は家族経営のホテルになり、しつらえの違う5つの部屋が用意されています。

L'Isle-sur-la-Sorgue4

L'Isle-sur-la-Sorgue5 L'Isle-sur-la-Sorgue6

L'Isle-sur-la-Sorgue7

L'Isle-sur-la-Sorgue8
The canal was running through the hotel building!
ホテルの中にも用水路が流れていました!


L'Isle-sur-la-Sorgue9

L'Isle-sur-la-Sorgue10 L'Isle-sur-la-Sorgue11

Since the hotel’s restaurant was closed that day, we had dinner at “Le Vivier”, a popular restaurant in the village. We first took seats on its terrace with a view before it started to rain. While we ran off into the building right away, powerful Western customers who really loved outdoor continued to eat in the bad weather.
ホテルのレストランがお休みだったので、ル・ヴィヴィエという人気店で夕食をとりました。最初は眺めの良いテラス席にいたのですが、あいにく雨模様に。私たちはすぐ室内に避難しましたが、筋金入りのテラス好き欧米人たちは悪天候にも関わらず外で食事を続けていました。すごいなぁ。

L'Isle-sur-la-Sorgue12

L'Isle-sur-la-Sorgue13 L'Isle-sur-la-Sorgue14

As a small-town restaurant, its service, customers, dishes and atmosphere were like one in metropolis like New York, Paris, London or Tokyo.
小さな町のレストランですが、そこはプロヴァンス。そのサービス、お客さん、料理、雰囲気など等、まるでニューヨークやパリ、東京といった大都市のレストランのようでした。

The village is famous for antique markets. There are nearly 300 permanent antique dealers and second hand shops there. The markets are held on Sunday, so, every guidebook encourages readers to visit it on the day.
この町はアンティーク市で有名で、300もの古物商や骨とう品店が集まっているそうです。どのガイドブックも市のたつ日曜日の訪問を勧めています。

However, without the markets, the village was charming enough and worth to visit. L'Isle-sur-la-Sorgue was a typical Provence town that amuses tourists, but in fact you can see the daily lives of the local people. I loved it a lot!
でも、アンティーク市が開かれていなくても、リル・シュル・ラ・ソルグは充分魅力的な町で、行く価値があると思います。我々旅行者が期待するプロヴァンスらしい町であると同時に、町の人々の暮らしの雰囲気も伝わってきます。私はとても気に入りました。

L'Isle-sur-la-Sorgue15

L'Isle-sur-la-Sorgue16

L'Isle-sur-la-Sorgue17

L'Isle-sur-la-Sorgue18

L'Isle-sur-la-Sorgue19

Posted by Kinakinw | 01:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

07 2012

Kinoshita Group Cup Japan Open 2012

Japan Open2012_1

I’ve been posting the travelogues, but I put those on one side today because of Japan Open that marks the start of the 2012-13 figure skating season!
長々と旅行記をアップしてきましたが、ちょっと中断。今シーズンの開幕を告げるフィギュアスケートのイベント、木下工務店プレゼンツ・ジャパンオープン2012に昨日行って来ました。

I went to Japan Open, a team competition officially authorized by ISU by skaters (2 men and women) from Japan, Europe, North American, and Carnival on Ice, an ice show, that were held yesterday. I saw so many precious performances that I don’t know what to talk about. Let me just list the participants in the events.
ジャパンオープンは国際スケート連盟公認のイベントで、日本、ヨーロッパ、北米から男女2名ずつの選手のフリースケーティングの点数を合計して地域別に争う団体戦です。同じ日にアイスショー、カーニバルオンアイスもあり、私はこの2つを見てきました。なにしろ豪華なメンバーで、いろいろ貴重なものを見てしまい、どう整理したらよいかわかりません…。とにかく両イベントの参加選手を列記してみます。

Japan Open
Akiko Suzuk/鈴木明子, Mao Asada/浅田真央, Daisuke Takahashi/髙橋大輔, Takahiko Kozuka/小塚崇彦, Ashley Wagner/アシュリー・ワグナー, Agnes Zawadzki/アグネス・ザワツキー, Patrick Chan/パトリック・チャン, Jeff Buttle/ジェフリー・バトル, Alena Leonova/アリョーナ・レオノワ, Elene Gedevanishvili/エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ, Evgeni Plushenko/エフゲニー・プルシェンコ, Michal Brezina/ミハル・ブレジナ
Carnival on Ice: In addition to above skaters
Kurt Browning/カート・ブラウニング, Ilia Kulik/イリヤ・クーリック, Philippe Candeloro/フィリップ・キャンデロロ, Alexei Yagudin/アレクセイ・ヤグディン, Takeshi Honda/本田武史, Shizuka Arakawa/荒川静香, Irina Slutskaya/イリーナ・スルツカヤ, Kimmie Meissner/キミー・マイズナー, Joannie Rochette/ジョアニー・ロシェット, Laura Lepist/ラウラ・レピスト, Sarah Meier/サラ・マイアー, Narumi Takahashi & Mervin Tran/高橋成美&マーヴィン・トラン, Cathy & Chris Reed/キャシー&クリス・リード

You see?
すごいでしょう?

I cannot talk about everything, but I’m going to try to brief things that leave impression, mainly about Japan Open. Before that, I have to mention that I was watching them from the upper seat from which I couldn’t see any facial expression. If you watch the performances from one closer to the rink or on TV, you may disagree with me.
全部の感想はとても書ききれませんが、ジャパンオープンを中心に、印象に残ったことを手短に書いてみたいと思います。その前に言っておくと、私は選手の顔の表情が一切わからないスタンドの上の方から見ていました。前の方の席やテレビで見ていた方とは意見が異なるかもしれません。

Japan Open

I was impressed by two Japanese: Takahiko Kozuka and Mao Asada.
小塚崇彦と浅田真央の演技が何しろ印象的でした。

Kozuka performs “the Introduction and Rondo Capriccioso”. Congratulations! He finally finds what he has to do. He doesn’t need to be a“rock star”, but he can just express music through excellent his skating skills. That’s his skate. I was thrilled with his performance yesterday. The music, which is one of my favorites, might help it, but Plushenko’s performance, in which the same music was used, didn’t impress me that way.
小塚選手の今年のフリーは“序奏とロンド・カプリチオーソ”。おめでとう!ようやく自分がすべきことに辿り着きましたね。彼は“ロックスター”みたいなスケーターになる必要はなく、卓越したスケート技術で彼らしく曲を表現すれば良いのです。それが彼のスケートではないでしょうか。昨日の演技にはぞくぞくしました。私の好きなこの曲に助けられている、という面もあるかなとも思いましたが、同じ曲を使っているプルシェンコ選手の演技ではぞくぞくはしませんでした。

Watching Mao’s Swan Lake choreographed by Tatiana Tarasova, I was practically crying. Her delicate and strong skating style really fit the program. I didn’t only watch her performance but also her drama about her life. She stood helpless in Vancouver season, then had her ups and downs seasons, and faced the loss of her mother. Now, she seems to be in good shape and break away from the relearning period of jumps and other skating skills. I remember I wrote about her at Japan Open 2010, and after two years, the time has come for Mao to come into next stage!
浅田真央選手の白鳥の湖。見ていて泣きそうになりました。彼女のデリケートでいて力強いスケートはこのプログラムによく合っています。彼女のスケートを見るということは、その時の演技を見るだけではなく、彼女の人生を見守ることだという気がします。孤立無援のバンクーバーシーズン、続く浮き沈みの激しいシーズン。お母様のご逝去もありました。今、彼女はとても良い状態にあり、長かったジャンプ改造やスキルアップの時期を抜け出しつつあるように思えます。ちょうど2年前のジャパンオープンの時、彼女について書いたことを思い出します。ようやく次の段階に進む時が来たのですね!

I hope it was my illusion that I felt there was something missing in Takahashi’s Pagliacci. I also hope Akiko Suzuk’s attempt to get a new expression, not very Akiko, all goes great. Ashley Wagner was fully prepared to compete! I think Agnes Zawadzki might need time to be a“senior” skater.
高橋選手の新プログラム、道化師ですが、何かが欠けているような気が…私の思い過ごしであって欲しいと思います。鈴木明子選手は”ベリーAkiko”とも呼ばれるいつもの表現スタイルではない、新しい表現にチャレンジ。上手くいくことを願っています。アシュリー・ワグナーは準備万端ですね。アグネス・ザワツキーは“シニア選手”らしくなるのにもう少し時間が必要なのかな。

I don’t know whether Chan’s poor performance was only due to lack of preparation or anything else.
チャン選手の大失敗演技ですが、単なる準備不足なのか、何かが起こっているのか私にはわかりません。

Carnival on Ice

My highlights of the show were Candeloro who showed us “Saturday Night Fever” and Slutskaya. Kulik, Yagudin and Plushenko reminded me of that Russia was the Kingdom of male single skaters.
私にとってのアイスショーのハイライトは“サタデーナイトフィーバー”を披露したキャンデロロとスルツカヤ。クーリック、ヤグディン、プルシェンコと、かつてロシアは男子王国だったのだなぁ、と懐かしく思い出しました。

I was really happy Michal Brezina finally could show “Kodo”, his short program in 2010-11 and 2011-12 seasons, to Japanese audience. The program was made in consideration of the 2011 World figure skating competitions in Tokyo. As you know, it was cancelled due to the earthquake. I heard he wanted to come to Japan since then but didn’t have chance until these events. He received great cheers from the audience knew who knew that.
ミハル・ブレジナがようやく日本で“鼓童”を披露できてよかった!これは2011年に東京で開催されるはずだった世界選手権を意識して作られたショートプログラムで、ブレジナ選手は2010-11 と2011-12の2シーズン使用していました。ご存じのように、東日本大震災のため東京での世界選手権は中止となりました。彼はそれ以来、日本に来てこのプログラムを滑りたかったそうですが、それが今回のイベントでようやく叶いましたね。それを知っている日本の観客は大喝采でした。

Japan Open2012_2

Posted by Kinakinw | 10:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | Figure Skating

04 2012

Tour the Luberon

Luberon_1

We chartered a taxi for a day trip to Luberon that has been, according to Wikipedia, a favorite destination for French high society and British and American visitors because of the pleasant and picturesque towns and villages, comfortable way of life, agricultural wealth, historical and cultural associations. I’d like to ask someone to add that it attracts Asian people. You know, it was known in the world through a series of books by British author Peter Mayle.
観光タクシーをチャーターしてリュベロン地方を一日観光しました。ウィキペディア先生によると、リュベロンは美しい町や村、魅力的な暮らし、豊かな食材、その歴史と文化がフランス人の富裕層やイギリス人、アメリカ人を魅了している地域だそう。誰かアジア人も魅了されていると付け加えてくれないなぁ。なにしろピーター・メイル氏の著書により世界的に有名になったエリアですから。

I preliminarily asked a guide and driver who own a hotel in Avignon and also run a taxi company for the following itinerary.
Saint-Rémy-de-Provence (pick up) - Lourmarin - Oppède-le-Vieux - Gordes (just looking at the village from the view point) - Fontaine-de-Vaucluse - L'Isle-sur-la-Sorgue (drop off) A winery in Luberon, in addition to these destinations
事前にガイド兼ドライバーにお願いしていた行程は以下の通り。ちなみにドライバーさん(以降日本語ではおっちゃん、と呼びます)はアヴィニオンでホテルを経営する傍らタクシー会社もやっているそうです。
サン・レミ・ド・プロヴァンス(乗車)→ルールマラン→オペド・ル・ヴュー→ゴルド(村を見渡す場所に行ければOK)→フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ→リル・シュル・ラ・ソルグ(下車)この他にリュベロンのワイナリーに寄りたい

We met at the hotel’s lobby and got the day trip started. We slightly modified schedule due to the driver’s recommendations, but anyhow, I could go where I wanted to.
ホテルのロビーで待ち合わせをしていざ出発。おっちゃんの提案で多少スケジュールは変わったものの、どうしても行きたかったところには行けました。

Luberon_2
The guide and driver (provably mid-60s, native Spanish) was a kind of wild driver. We prudently fastened our seatbelt tight.
60歳代半ば、スペイン出身のおっちゃんの運転は結構荒い。用心してシートベルトをしっかり締めていました。



Lourmarin/ルールマラン

Luberon_3

Maybe, the small village deserves special mention because it’s one of chic destinations in Luberon. It attracts many visitors and animates during summer due to numerous cafe terraces, restaurants and boutiques. The opening photo shows its old town.
リュベロンの中でも1、2を争うおしゃれなこの小さな村は是非行きたい所。非常に人気があり、カフェ、レストラン、ショップ立ち並び、夏の間はとても賑わうそうです。冒頭の写真はルールマランの旧市街地の全景です。

Luberon_4

Luberon_5 Luberon_6

Luberon_7

We stayed there for (only) 2 hours including lunch. I want to visit it again and spend more time strolling around the village.
ランチを含めてたった2時間弱の滞在でした。次回は村を歩いたりしてゆっくりしたいものです。


Bonnieux/ボニュー

Luberon_8

On the way to Oppède-le-Vieux, the driver had had the good sense to stop at two spots. One was the village of Bonnieux where many celebrities have vacation houses. The first image is the view from the village, and the one at the end is the full view of it.
オペド・ル・ヴューに行く途中に、おっちゃんが気を利かせてリストにはない2か所に立ち寄ってくれました。まずはボニュー。世界のセレブがここに別荘を持っているそうです。最初の写真は村から見渡した風景です。最後の写真がボニュー村の全景です。

Luberon_9

Luberon_10


The Château belonging to the Marquis de Sade in Lacoste/サド侯爵の城、ラコスト

Luberon_11

The other was the Sade’s château, partly in ruins, that now belongs to M. Pierre Cardin. I reminded I read about that in my guidebook when we got there. However, I reacted, for his explanation, as if I heard that for the first time.
もう一カ所がこのラコスト村にあるサド侯爵の城でした。ここの現在の所有者はかのピエール・カルダン氏。城に着いた時に、ガイドブックに書いてあったのを思い出しましたが、おっちゃんの説明には初めて聞いたというリアクションをしておきました(笑)。

Luberon_12


Oppède-le-Vieux/オペド・ル・ヴュー

Luberon_13

This was the place I wanted to go to the most. The little hilltop village welcomes tourist but don’t try to gain our favor. I mean there weren’t a tourist office, map, of course, hotel, restaurant and café inside the village. There were potholed lanes, 15th and 16th century houses - some were restored, and the others looked to be abandoned - , a 12th century church, and the ruins of an ancient chateau.
ここは一番行きたかった村でした。この小さな鷹巣村は観光客に開放されていますが、積極的に集客しようとはしていないようです。観光案内所はなく、地図も提供されていません。村の中にはホテル、レストラン、カフェもありません。あるのは歩きにくいでこぼこ道、一部は修復され一部は放置されているような15~6世紀の家々、12世紀に建てられた教会と朽ちた城だけ。

Luberon_14

Luberon_15

Luberon_16

Luberon_17

The driver said that a famous French movie star have been so charmed by the village and have bought property there for anastylosis and keeping things the way they are. I heard there was no electricity or indoor plumbing, but there were some houses that someone lives in. This place had a mysterious atmosphere: it was like remains and a lived-in village at the same time.
おっちゃんが言うには、有名なフランス人俳優がこの村に魅了され、村の修復と現状を維持するために物件を買っているそうです。確か電気も水道もないと聞いたのですが、いくつかの家は人が暮らしている気配がありました。遺跡のような、人が暮らしているよな、何とも不思議な雰囲気のあるところでした。

Luberon_18
Another glorious view!
またまた絶景!



Le Musée de la Lavande in Coustellet/ラベンダー博物館、クステレ

Luberon_19

We stopped at the spot because I didn’t say no point-blank when the driver suggested visiting there. Of course, we didn’t have time to see the display, but he took us to the souvenir shop. Well, I didn’t think he took kickbacks (:D).
ここに寄ることになったのは、おっちゃんから提案された時に私がはっきりと断らなかったから。もちろん博物館を見ている時間はなく、おっちゃんに連れられて併設されたショップに行っただけですが。リベートをとっているわけではないと思いますが(笑)。

Luberon_20 Luberon_21


Village des Bories near Gordes/ゴルド近郊のボリーの村

Luberon_22

This place provides a grandstand view of Gordes, the most picturesque hilltop village in Luberon. It was really gorgeous. I want to visit it someday.
この場所はリュベロンで最も美しい鷹巣村と言われるゴルドの村を見渡せるポイントです。本当に美しい村です。いつかちゃんと訪れてみたいですね。

Though it just happened the place was near Village des Bories, an open air museum of historic stone masonry unique houses where, to tell the truth, I wanted to stop by. It was hundreds of times more interesting for me than the lavender museum. I regret that I didn’t bring up the idea of entering it later….
この場所は、たまたま“ボリーの村”と呼ばれる独特の石積みの家が集まった屋外博物館のような施設の近くでした。本当はちょっと寄りたかったんですよね。私にとっては、ラベンダー博物館よりはるかにこちらの方に興味があります。寄ろうと言い出さなかったことを後に後悔することになりました。

Luberon_23

Luberon_24 Luberon_25


Fontaine-de-Vaucluse/フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ

Luberon_26

The main tourist spot in the village were the mysterious spring and the beautiful Sorgue River in which the spring flows.
この村の観光ポイントはミステリアスな泉と、その泉が流れ込む美しいソルグ川です。

Luberon_27 Luberon_28
It was just a 10 minute walk away toward the spring, but my friend and I felt tired due to the strong sun…. Only the driver walking in front of us seemed to be fine.
泉までは徒歩10分程度ですが、日差しがきつく私たちは疲れ気味。前を行くおっちゃんだけが元気そう。


Luberon_29

It is said that all the rainwater from the Luberon and other surrounding mountains comes out of the spring. For most of the time, visitors can see a deep blue pool of water at the bottom of towering cliffs, and during spring or after very heavy rainfall, the water gushes out from the spring.
リュベロンとその周辺地域に降った雨がこの泉に集まっているそうです。たいがい、高くそびえる崖の底に青い水を湛えた泉が見られるそうです(この時、水はとても少な目)。春や大雨の後にはその水が溢れているそうです。

Luberon_30

It was sometime after 4:00 p.m. I wanted to stop at a winery in Luberon, but I knew, at this point, the driver planned to go out to Châteauneuf-du-Pape. It was possible, but I doubted if wineries providing a visitor tour were still open when we would reach there. I thought it might end up visiting a wine shop after another an hour drive. So, after discussing with my friend, I declared the ending of the tour.
時刻は4時ちょっと過ぎ。リュベロンのどこか適当なワイナリーに寄って欲しかったのですが、この時点でおっちゃんはシャトーヌフ=デュ=パプ(プロバンスでは最も高級なワインの産地)に行こうとしていると知りました。行けないこともありませんが、私達が辿り着く頃にビジターツアーをやっているようなワイナリーが開いているか疑問でしたし、1時間近く移動した挙句ワインショップに寄っただけ、ということになりそうでした。そこで友人と相談してから、おっちゃんにツアー終了の旨をお知らせしたのでした。(おっちゃんはシャトーヌフ=デュ=パプに連れて行きたそうでした)

The Three of us settled down at the café for a while, and then we headed to a hotel in L'Isle-sur-la-Sorgue earlier than arranged. Well, as things turned out, we could see Village des Borie….
それからカフェで一休みし、予定より早くリル・シュル・ラ・ソルグのホテルに向かいました。終わってみればボリーの村を見る時間はあったわけです。

Luberon_31

Luberon_32



Luberon_33

Posted by Kinakinw | 16:21 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

02 2012

Le Monastère Saint-Paul-de-Mausole

St-Remy2_0

We visited the spot in the morning of the second days into arriving in Saint-Rémy. The monastery, which has served as a mental hospital since the 18th century, was located just beside the Roman site of Glanum that was only 1 km away from the old town. After leaving the hospital in Arles (Espace Van Gogh), Van Gogh stayed there from May 1889 to May 1890.
サン・レミ・ド・プロヴァンス滞在2日目の午前中、サン・ポール・ド・モーゾー修道院を訪れました。18世紀から現在まで精神病院として使われているこの修道院は、旧市街から1km程のグラヌム遺跡のそばにあります。アルルの病院を離れたヴァン・ゴッホが1889年5月から1年間滞在した病院です。

St-Remy2_01

Though an arterial road was a possible shortcut, we ambled through Saint-Rémy's "Circuit Van Gogh" trail along a map we got at the hotel.
幹線道路を行くのが近道なのですが、ホテルでもらった地図に載っていたヴァン・ゴッホ散策ルートをのんびり歩いて行きました。

St-Remy2_1
We strayed from the arterial road and turned left here.
幹線道路からそれてここを左に曲がりました。


St-Remy2_2

St-Remy2_4 St-Remy2_3

St-Remy2_5

Until a rugged mountain came in sight, I confused the roadside scenery with the suburbs in Tokyo.
岩山が目に入るまでは、東京郊外の住宅地を歩いているように錯覚しがちでした(笑)。

St-Remy2_6

St-Remy2_7 St-Remy2_8


The red spots on the map were the works by Van Gogh in Saint-Rémy. (It doesn’t mean one was painted at the point.)
前出の地図の赤い点は、ゴッホの絵が紹介されているパネルの位地を示しています。(その場所で描かれた、というわけではありません)

St-Remy2_9

St-Remy2_10

The trail finally thinned down and took us to the country road. Then, I felt certain that I was seeing the same view the painter saw. I never am a great fan of him, but I feel close to him. Maybe, this is because I grow up experiencing stories and works of Van Gogh who has been loved by Japanese. As adults, I looked at a lot of his paintings in Japan, Europe and the States. So naturally, I was impressed by that moment.
散策ルートはこのような細い道になり、そこを抜けると何もない田舎道に出ました。ここで、ああゴッホはこの風景を見たのだ、と確信しました。ゴッホの大ファンというわけではありませんが、とても親しみを感じます。多分、子供の頃からこの日本人に愛される画家の作品や生涯を見聞きしてきたからだと思います。大人になってからは、日本、ヨーロッパ、アメリカで数多くの彼の作品も観てきました。だからそう感じた瞬間はとても感動するものです。

St-Remy2_11

St-Remy2_12
Walking along the hospital’s wall, we reached the spot.
病院の壁伝いに歩くと、目的地に到着。


St-Remy2_12_2

St-Remy2_13

St-Remy2_14 St-Remy2_15
The works were also exhibited on its property.
敷地内にもゴッホの絵が飾られています。


St-Remy2_16

St-Remy2_17

St-Remy2_18

St-Remy2_19

On the second floor of the building, Vincent's small room with a window looking out over the gardens behind the building was reproduced.
当時の病院の建物二階には、ゴッホがいた部屋が再現されています。小さな窓からは建物裏手の庭が見渡せます。

St-Remy2_20

St-Remy2_21

Unlike the touristy Espace Van Gogh, visitors could relive Gogh’s days quietly in the monastery. He got encouraged by the staff, painted the people and scenes in Saint-Rémy , and got his strength back there.
観光地化されたアルルのエスパス・ヴァン・ゴッホと違って、ここでは静かにゴッホが過ごした日々を偲べます。スタッフに励まされながら、彼はここでサン・レミの人々や風景を描き、健康を取り戻したそうです。

St-Remy2_22

Posted by Kinakinw | 15:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。