Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2012

The Days Eat Sleep Eat Sleep in Saint-Rémy-de-Provence

St-Remy1_1

One of purposes in Provence was to stay in small villages. I looked for one, near Avignon, with rich natural surroundings, sightseeing spots, a diverse range of hotels, and restaurants, so Saint-Rémy was ideal.
プロヴァンスでは、小さな村に滞在するのが目的の一つでした。アヴィニオンの周辺で、自然が豊かで観光するところもあり、様々な形態のホテル、レストランも揃っているという条件で村を探したところ、サン・レミ・ド・プロヴァンスが最も理想的でした。

St-Remy1_2

The village is located in Bouches-du-Rhône, 20km south of Avignon and 25km northeast of Arles. Inside the orbital road (one time around it is less than 800m) is the old town. The road consists of three streets: Boulevard Marceau, Victor Hugo, and Mirabeau. The north side of rue Carnot is residential district, and shops and restaurants are only in the south side. Though it’s really a small village, but it’s an elite neighborhood attracting people in the world.
ブーシュ=デュ=ローヌ県にあるサン・レミは、アヴィニオンの南20km、アルルの北東25kmに位置します。一周800m程の環状道路の内側が旧市街です。この道路はマルソー、ビクトル・ユーゴー、ミラボーの3つの通りから成っています。カルノ通りから北は住宅街で、ショップやレストランは南部に多く集まっています。小さな村ですが、ここは世界中の人を惹きつけるセレブなエリアでもあります。

St-Remy1_3

We stayed two nights at Hôtel de l'Image. While it was on Bd. Victor Hugo (The picture above), it was a quiet resort with mountain view rooms!
私達はオテル・ド・リマージュに2泊しました。ここは町中にありながら、山々が見渡せるリゾートホテルです。

St-Remy1_4

St-Remy1_5 St-Remy1_6
We could step out onto the balcony directly from the bathroom, which was quite convenient.
バスルームからも直接テラスに出られる、使い勝手の良い部屋でした。


St-Remy1_7 St-Remy1_8

I reserved a middle class room among three categories (suite, superior and standard), but still, it was pricy, which was approximately the same price as staying at Ritz Carlton Tokyo. Of course, there were reasonable hotels in the village.
スイート、スーペリア、スタンダードの3つのカテゴリーのうち真ん中のスーペリアを予約しましたが、それでも良いお値段でした。リッツカールトン東京に泊まるのと同じ位しました。

St-Remy1_9

We found a pretty confectionery named “Lu Petit Duc” near the hotel. The shop was founded by a German couple about 20 years ago.
ホテルの近くに“Lu Petit Duc”という素敵なお菓子屋さんがありました。ドイツ人のご夫婦が20年前に始めたそうです。

St-Remy1_10

According to its HP, they use the recipes from the roman era and the 14th century mix with these creations to result in the creation of a genuine philosophy of sweet delicacies: simple, real products with little sugar using traditional techniques to create an explosion of flavors on the palate and products which taste of what they are.
ホームページによると、この店のお菓子は、菓子の美味しさの哲学を具現化するためにローマ時代と14世紀のレシピを組み合わせて作られているそうです。口の中でフレーバーがはじけるように伝統的な技術で砂糖をあまり使用しないで作ったシンプルな商品、また、その素材の本来の味がする商品を作っているのだそうです。

St-Remy1_11 St-Remy1_12

St-Remy1_13

We didn’t know the shop, but it’s famous among sweets connoisseurs. We bought all the callisons and fruit jelly that were famous confections in Provence. They were delicious as their philosophy.
このお店のことは全く知りませんでしたが、スィーツ好きな人々の間では有名なのだそうです。ここでプロヴァンスの銘菓であるカリソンやゼリーを買いました。お店の哲学の通り、とても美味しかったです。

St-Remy1_14

St-Remy1_15

We lounged in our room as much as possible and enjoyed the time off. So, we strolled in the town solely for looking for a good restaurant on an empty stomach. Based on the lesson in Avignon, we stopped believing a restaurant’s online reputation and started to choose one with our instincts in Saint-Rémy. It went fairly well.
サン・レミではなるべく長く部屋でのんびりして旅の疲れを癒していたので、町を歩くのはもっぱら空腹状態でレストランを探すと時という感じでした。アヴィニオンでの教訓から、ネットでの評判はあてにせず自分たちの直観で店を決めることにしました。まぁまぁ上手くいきました!

A family-run bistro where we had dinner
夕食を食べた家族経営っぽいレストラン


St-Remy1_16

St-Remy1_17 St-Remy1_18
They don’t have a half bottle, so I ordered carafe. It was ok, and the dishes were ok.
ハーフボトルがなかったのでカラフェで頼みました。ワインはまずまずで、食事も普通に美味しかったです。


A café near the hotel where we had lunch
昼食を食べたホテル近くのカフェ


St-Remy1_19 St-Remy1_20
They had three kinds of rose wine we could order by carafe. That alone told that all of them were good. I wasn’t disappointed with the wine and dishes.
カラフェで頼めるロゼが3種類もあった店。それだけでどのワインも美味しいのだろうと思いました。期待を裏切られることなく、ここはワインも料理も美味しかった。


The restaurant we had “Soupe de Poisson” for the first time in Provence
プロヴァンスで初めて魚のスープを食べた店


St-Remy1_21
The smell of ocean was a comfort.
磯の香がありがたかった。


St-Remy1_22 St-Remy1_23

St-Remy1_24
Every guidebook said it’s a famous local cuisine, but restaurant we visited before that night didn’t have it. We finally find it at the restaurant with unique interior.
どのガイドブックにも魚のスープは南仏を代表する料理だと書いてありますが、それまで行った店のメニューには載っていませんでした。このちょっと変わったインテリアのお店でようやく食べられました。


St-Remy1_25

St-Remy1_26

On the way to the hotel, we walked past a real-estate office. The prices of houses and apartments in Saint-Rémy and those in central Tokyo were at about the same price.
ホテルへの帰り道に不動産屋の前を通りました。サン・レミの家やアパートの相場は東京都心部とさほど変わりませんでした。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 23:43 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

27 2012

The Château des Baux

Les Baux2_1

Going up the main street, the château came in sight. It was a highlight of sightseeing in Les Baux.
村のメインストリートを昇っていくと城塞が見えてきます。レ・ボー観光のハイライトです。

Les Baux2_2

Les Baux2_3

Les Baux2_4 Les Baux2_5
The Entrance of the château
城塞入り口


After coming out of the entrance building, the wide open space spread out before us.
入口の建物を出ると、大きな空間が広がる。

Les Baux2_6

Les Baux2_7

Les Baux2_8

Visitors are offered a free audio-guide providing commentary on the history of the château and more specific information about the Lords of Baux in 10 languages including Japanese. We walked around while listening to the information.
来場者は無料でオーディオガイドを借りられます。城塞の歴史やこの地を治めていたレ・ボー一族の話など、日本語を含めた10ヵ国語で聞けます。私たちもこれを聞きながら城塞を歩きました。

Les Baux2_9

From 10th to 15th century, the château called a shelter in an impregnable had been occupied by “des Baux”, one of the major Provençal families that had many surrounding towns and villages under control. After the Baux era, it was destroyed during the Renaissance, so now we can see only parts of castle and defensive walls there.
10~15世紀まで、周辺の多くの町村を支配下に置いたレ・ボー家が難攻不落と呼ばれたこの城塞に君臨していたそうです。その後、ルネッサンス期に破壊されたため、現在では城塞や城壁の一部が残るのみとなっています。

Les Baux2_10
Many people lived inside the château, and the picture above shows the remains of their homes.
当時は多くの人々が城内で暮らしていたそうで、この写真の壁の穴はその頃壁面に沿って家が作られていた跡だそうです。


Les Baux2_11 Les Baux2_12

Visitors could go up the remaining buildings and walls. We chose one and took the rough stairs, and our efforts were well rewarded!
いくつかの城塞跡に昇れます。一つだけ選び、昇りにくい階段を上がっていきます。この眺望。苦労して昇ったかいがありました。

Les Baux2_13

Les Baux2_14

Les Baux2_15

Les Baux2_16
Prisoners were thrown off the terrace. Oh, Noooo….
囚人はここから投げ落とされたそうです。ああ、怖い…。


It was a fortress that attacked many times, and three events that tell us how old-time soldiers fought a battle have been held from April to September. We saw two of them.
ここは何度も激戦をくぐり抜けた要塞。4月から9月には、その頃どうやって兵士が戦っていたのかを偲ぶ3種類のベントが開催されています。私達が見たのは2つ。

Les Baux2_17

Les Baux2_18 Les Baux2_19
Catapult Shooting
投石器実演


Les Baux2_20

Les Baux2_21 Les Baux2_22
The Medieval Duel
中世の決闘ショー


Les Baux2_23

Les Baux2_24

Les Baux2_25

Les Baux2_26

The summer grass- It is all that's left of ancient warriors dreams.
by poet MATSUO Basho
まさに、「兵どもが夢のあと」。

Posted by Kinakinw | 19:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

26 2012

Les Baux-de-Provence, Exciting Theme Park

Les Baux1_1

We left Avignon in the morning and headed to St- Rémy-de-Provence by a taxi. I enjoyed conversation in French with the driver with limited English. Now, people working for service industry in tourist destinations could speak English, at least, which was better than my French. So actually, there wasn’t much opportunity to showcase my broken French.
午前中にアヴィニオンを出発し、タクシーでサン・レミ・ド・プロヴァンスへ。車内では英語があまり話せないドライバーとフランス語での会話を楽しみました。現在では観光地でサービス業に携わる人たちは、少なくとも私のフランス語より上手に英語を話します。だから私がカタコトのフランス語を披露する機会はあまりなかったのです。

Les Baux1_2

We left our luggage at a hotel and then went to Les Baux-de-Provence by bus.
ホテルに荷物を置いてからバスでレ・ボー・ド・プロヴァンスへ向かいました。

Les Baux1_3

Les Baux1_4 Les Baux1_5

We walked to the entrance of the village through visitor’s parking.The view from the parking was already lovely.
駐車場を抜けて村の入口まで歩きます。駐車場からの眺めが既に絶景。

Les Baux1_7

Les Baux1_6

Les Baux1_8

After getting a map of the village at a visitor center, the first thing to do was lunch as always. We chose a restaurant with terrace seats with a view. It was a little pricey maybe because of the view charge.
観光案内所で地図をもらって、次は当然ランチ。眺めの良いテラス席のあるレストランを選びました。価格は場所代込みという感じでやや高めか。

Les Baux1_9

Les Baux1_10 Les Baux1_11

I missed the selection of wine this time. It was rough souvenir wine in the name of the master artist and, of course, less than delicious. I had to choose a half bottle from three options (my friend doesn’t drink), and two of them were expensive, 60 and 30 euros (!), respectively. That was only moderately-priced one. I should have asked whether they have carafe, though I didn’t see it on the menu.
今回のワイン選びは失敗。画伯の名を借りた雑なお土産用ワインという感じで、味は推して知るべし。友人はお酒を飲まないのでハーフボトルを頼んでいたのですが、この店での選択肢は3つ。そのうち2つはそれぞれ60、30ユーロとやたらに高価。(このゴッホワインはアルルで飲んだレ・ボー産と同じ価格でしたが、原価は半分位のはず。こういうところがいかにも観光地レストラン、と日本語だけで悪態をついてみます)結局お手頃価格のものはこれしかなかったのです。メニューにはカラフェは載っていませんでしたが、聞いてみるべきでした。

Les Baux1_12

Steak_Frites for my friend, La Salade Niçoise for me
I just noticed now that maybe my friend’s order was lamb…. Anyway, dishes of these kinds are no-risk choices in any restaurant.
友人はステーキ・フリットを、私はニース風サラダを頼みました。
今気が付きましたが、友人の注文は子羊だった気がします…。いずれにしろ、この手の料理はどの店で頼んでもたいがい美味しいです。

Les Baux1_13 Les Baux1_14

When our dishes were served, we experienced an attack on our food by dozens of flies and bees. It seemed to be natural in Provence. The other customers were flapping them away and dining without concern for it. So, we followed their way.
料理が出てくると、何十匹というハエとハチにたかられました。これはプロヴァンスではごく普通のことのようです。周りのお客さん達は虫を追い払いながら普通に食べています。私たちもそれ倣い、細かいことは気にせずしっかり食べました。

Les Baux1_15

We had a returning bus to catch, so we moved earlier than usual toward Château des Baux-de-Provence, a main tourist facility in the village. I’ll write about that on upcoming post.
帰りのバスの時間もあるので、適当に切り上げてこの村のメインの観光スポット、レ・ボーの城塞に向かいました。その様子は次回に。

I didn’t know well about Les Baux before visiting, except that it was a must-visit village in Provence. The small old village was just like a well-organized theme park: along with gorgeous landscapes, pretty buildings in 16th century stood side by side and housed lovely souvenir shops, nice restaurants and cool galleries, but there wasn’t a day-to-day life of village people. I’m not saying it in a negative way. I did enjoy my visit. If you want “Provence” many people imagine, you might have to get there.
このエリアに来たら行くべき村、ということ以外実はレ・ボーのことは事前にあまり良く知りませんでした。この小さな村(旧市街)は非常に良くできたテーマパークという感じでした。絶景に加え、可愛いお土産屋、おしゃれなレストラン、ギャラリーなどが入居する美しい16世紀の建物が並んでいます。ただし、住人が本当にここで生活している感じはしない。でも、決してけなしているのではありません。私は行ってよかったと思うし、楽しみました。もし、多くの人が想像する“プロヴァンス”を求めるなら、行くべきだと思います。

Les Baux1_17

Les Baux1_18

Les Baux1_19

Les Baux1_20

Les Baux1_21

Les Baux1_22

Posted by Kinakinw | 00:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

24 2012

Stroll in Arles

Arles2_1

That day was also very windy in Avignon due to the mistral, but it was milder in Arles.
この日アヴィニオンではミストラルが吹いていましたが、アルルは比較的穏やかでした。


The Espace van Gogh/エスパス・ヴァン・ゴッホ

Arles2_2

Originally built in the 16th century, the building had been a hospital in Arles until 20th. Van Gogh got hospitalized here after the episode of cutting off his left earlobe in December 1888. The courtyard has been extensively planted out to resemble his famous painting (see the picture below). It now houses exhibition spaces, the town library, a series of souvenir shops and a café.
16世紀に建てられたこの建物は、20世紀までアルルの病院として使われていたそうです。ゴッホが自分の耳たぶを切り落とした例の事件の後、ここに入院していました。中庭はその時描かれたゴッホの絵と同じように手入れされています。現在はギャラリー、図書館、お土産物屋やカフェなのどが入っています。

Arles2_3
Garden of the Hospital in Arles/アルルの病院の中庭 (1889)

Arles2_4 Arles2_5


Arles2_6


Place de la République d'Arles/レピュブリック広場

Arles2_7

Arles2_8

It was Saturday, and the city’s central square, where the city government office and the Cathedral St-Trophime were located, was lively and full of people.
この日は土曜日。市庁舎とサン・トロフィーム教会がある町の中央広場は人がいっぱいでにぎやかでした。

Wedding!
結婚式だったのですね。

Arles2_9

Arles2_10

Though we were there only 10 minutes or so, we saw 2 couples. Good thing it was a fine day. While the first couple came out from the Cathedral, the other came out from the office.
ここには10分位しかいなかったのですが、2組のカップルを見かけました。天気が良くて良かったですね。ちなみに、最初のカップルは教会から、次のカップルは市庁舎から出て来ました。まぁ、そうでしょうね。

Arles2_11


Arles2_12


Théâtre Antique d'Arles/古代劇場

Arles2_13

Built in the first century B.C (!), the Roman theater is still used today.
紀元前1世紀に建てられたこの劇場は、今も現役なんですね。

Arles2_14

Arles2_15

The entrance building of the theater was so modern that we passed by it without really noticing that.
入口の建物があまりにモダンなので、気が付かずに通り過ぎてしまいました(笑)。

Arles2_16 Arles2_17


L'amphithéâtre d'Arles/円形闘技場

Arles2_18

This Roman fighting arena was primarily used for showing the bloody spectacular, just as the Colosseum in Rome.
このローマ時代の闘技場は、ローマのコロッセオと同じく血なまぐさい催しのために使われていました。

Arles2_19

Arles2_20

Arles2_21

Arles2_22

It’s also used for bullfight! I thought of “L'Arlésienne” for a while.
ここも現役。シーズン中には闘牛が見られるそうです。しばしアルルの女に思いをはせました。

Arles2_23

Arles2_24

You can go up to the top of the outer wall with self-responsibility.
What a view!
外壁の上まで自己責任で昇れます。
良い眺めでしょう!

Arles2_25

Posted by Kinakinw | 00:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

22 2012

Arles, the City of My Dreams

Arles1_1

I’m sure tens of thousands people visiting Arles took a picture on the café in this composition like this. Off course, I did it, too.
アルルを訪れた何万人という人が、こんな感じの構図でこのカフェの写真を撮ったと思います。もちろん私もその一人。

Arles1_2
Cafe Terrace at Night /夜のカフェテラス(1888)

Not only Vincent Van Gogh, but also Alphonse Daudet (1840-1897), a French novelist born in Nimes brought me to Arles. Since I read his collection of short stories in high school, Letters from My Windmill (1869), Arles was the place I would like to visit someday. One of the stories is L'Arlésienne that was dramatized later. The incidental music by Bizet is also famous. As a Bizet-lover, I listened to the music, too.
アルルに行く理由はゴッホ以外に、アルフォンス・ドーテ(1840-189、ニーム生まれのフランス人作家)の影響があります。高校時代に彼の短編集、風車小屋だよりを読んで以来、アルルはいつか行ってみたい場所でした。この短編集には後に戯曲化されたアルルの女も含まれています。ビゼーによる付随音楽も有名ですよね。ビゼー好きなので、こちらもよく聞いていました。

Arles1_3 Arles1_4

Though it was just a half-day excursion, the city was one of highlights of visiting Provence for me. I couldn’t stop at Fontvieille near Arles, where Daute Museum was located, so I would like to go the village next time including the other places, like Mimes, Orange and Aix-en-Provence, I couldn’t go to.
たった半日の訪問でしたが、私にとってはこのプロヴァンス旅行の楽しみの一つでもありました。ドーテ博物館があるアルル近郊のフォンヴィエイユには寄れませんでしたが、そちらは今回行けなかったニーム、オランジュ、エクス・アン・プロヴァンスとともに次回に行ければいいなと思います。

Arles1_5 Arles1_6

We arrived there around lunchtime.I saw a red bus stopping in front of the station and then reminded my guidebook said there are free cyclic buses for tourist in Arles. We caught it and got off it near a restaurant we planned to go to for lunch. Streets in the old city of Arles were narrower than my impression by a map. Even though the city was smaller than Avignon, it was also a labyrinth.
アルル到着は昼時でした。駅前に停車中の赤いバスを見て、アルルには観光客向けの無料巡回バスがあるとガイドブックに書いてあったのを思い出しました。これに乗せてもらい、昼食をとろうと思っていたレストランの近くで降りました。旧市街の道は地図で見ていた印象と比べて狭い。アヴィニオンより小さな街ですが、ここも迷路でした。

Arles1_7

Arles1_8

I carefully read a map and reached the restaurant. In the end, however, it was closed. Then, Avoiding spending time on looking for a place to eat and walked into a restaurant next to the desired one that was open. Fortunately, we had pleasant lunch there. I don’t know if it’s suitable for dinner in expectation of great meals, but it was fairly nice place for casual lunch.
注意深く地図を見ながらお目当ての店へ。しかし、お休み!そこで、食事場所を求めて時間を使うのは避け、開店していた並びの店に入りました。幸運なことに、そこで気分の良い昼食をとれました。この店は、美味しい料理を期待してのディナーに向いているかどうかはわかりませんが、カジュアルなランチには最適な店だと思います。

Arles1_9
Au Brin de Thym
22, Rue du Dr. Fanton, 13200 Arles, France
04 90 49 95 96


We ordered set lunch, Gazpacho and Open Sandwich, which was delicious.
頼んだのは本日の昼食、ガスパチョとオープンサンド。美味しゅうございました。

Arles1_10

Provence is well known for rose wine-producing areas. This wine from Les Baux-de-Provence was so good that I continued to drink it at meals during the stay in Provence.
プロヴァンスはロゼワインの産地として有名です。このレ・ボー産のワインはとても美味しく、その後プロヴァンスでの食事の際はロゼワインを飲み続けることになりました。

Arles1_11

We were there nearly two hours. There were many sights to see in the city, so if we made a whirlwind tour, we could cover most of them in in half a day. However, I think it was a real joy of "on your own" excursions to spend a long time for lunch as if we had it in Tokyo.
二時間近くいたでしょうか。アルルは見どころが多いのですが、もし駆け足で回れば半日でも結構な数の観光スポットを見られます。でも、まるで東京で会った時のように時間をかけて昼食をとるのも自由旅行の醍醐味でしょう。

Anyway, we eventually went sightseeing. I’ll show you that on upcoming post.
ともかく、ようやく観光へ出発。その様子は次回ご紹介したいと思います。

Arles was perfect for a picture.
アルルはどこをどう撮っても絵になる。

Arles1_12

Arles1_13

Arles1_14

Posted by Kinakinw | 16:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

20 2012

This or That in Avignon

Avignon2_1

Avignon with a population of about 90,000 people is the capital of the Vaucluse and on the border, to the south, with Bouches-du-Rhône where Arles, Aix-en-Provence, and Marseille are located. Broadly speaking, it’s divided into two areas: one is old city where tourists visit for sightseeing, and the other is newly-developed urban area.
人口約9万人のアヴィニオンはフランス南西部ヴォクリューズ県の首都。市の南は、アルル、エクサンプロバンス、マルセイユがあるブーシュ=デュ=ローヌ県と接しています。おおまかに言えば、旅行者が訪れる旧市街と、比較的新しく開発された新市街に分かれています。

Avignon2_3

Avignon2_2

The old city was surrounded by walls (a total length of 4.3 kilometers) made in 14th century when the time the pops resided. We stayed at newly built Avignon Grand Hôtel located near Central Station along the lateral side of the wall. This was because I preferred comforts of a room and a transportation convenience than a pleasant old building and atmosphere of the historical district. Basically, that was right choice. The only one demerit was that once we returned the hotel, we didn’t feel like going to the other side of the city for dinner.
旧市街は法王庁があった14世紀に建てられた周囲4.3キロの城壁に囲まれています。私たちが泊まったのはアヴィニオン中央駅の隣、城壁のすぐ外側のアヴィニオングランドホテル。城壁内の趣のある古い建物や歴史地区の街並みより、部屋(特に水回り)の快適さや交通の便を優先したわけです。その選択は概ね正解。唯一のデメリットは、一度ホテルに戻ると夕食のために旧市街の奥まで行く気になれなかったことでしょうか。

Avignon2_4

Avignon2_5 Avignon2_6

Avignon2_7

Inside the city was like a huge labyrinth. Except few main streets, devious narrow ones run throughout it. We were lost once.
旧市街はまるで巨大迷路。数少ないメインストリートを除くと、くねくねした細い道が張り巡らされています。一度迷いました。

Avignon2_8
Republic Street, a center boulevard, was OK.
リパブリック通りはまぁいいでしょう。


Avignon2_9
But if you turn off….
でも道を曲がると…。


Avignon2_10
Then, if you go deeper into it…, you see?
で、さらに進むとこんな感じです。


Maybe, it isn’t a big problem if you just walk between the major sightseeing spots because you can follow other tourists or souvenir stores.
有名な観光スポット間を歩く分には、他の観光客に着いて行くかお土産物屋を辿っていけば問題ないかも知れません。

Avignon2_11

Avignon2_12 Avignon2_13

However, let’s make a detour and find something pretty!
でも、ちょっと寄り道しないと。素敵な風景に出会えますから。

Avignon2_14

Avignon2_15

Avignon2_16 Avignon2_17

Avignon2_18

It is fairly obvious that the city was atmospheric at night.
もちろん、夜の街も趣たっぷり。

Avignon2_19

By the way, one day when we had first provincial dinner at a restaurant that was highly recommended on TripAdvisor, we were made to realize that words of anonymous people are NOT trustworthy. We went to a different restaurant with the same name? Did the chef quit? Did the ownership change?
そう言えば、フランスに入って初めて地元料理を出すレストランに行った時のこと。そのレストランはトリップアドバイザーで非常に高い評価をされていました。つくづく、バックグラウンドがわからない人達の評価をあてにしてはいけないと実感しました。同じ名前の違うレストランに行ってしまったのか?シェフが変わった?それともオーナーが変わったのか?

Avignon2_20

Avignon2_21 Avignon2_22

Salmon Tartar a bit smelled fishy and didn’t harmonize with dressing materials, but it wasn’t a big problem. The Roasted Canard, no, to be more exact, its honey sauce was the problem. I didn’t even think “honey sauce” mentioned on the menu was super-sweet honey-flavored starch syrup. Basically, the fatty canard itself was well cooked and had a strong flavor. Please imagine the oily and salty canard and that syrup are mixed in your mouth. It makes you feel down.
サーモンのタルタルはちょっと生臭く、調味料と上手くハーモナイズしていませんでした。でもそれは大した問題ではありません。問題は鴨のロースト、にかかっていた蜂蜜ソースでした。まさかメニューに書かれていた“蜂蜜ソース”が、蜂蜜風味の激甘ガムシロップだとは考えつかなかった。脂ののった鴨自体は強めの味で良く焼けていました。塩コショウの効いた脂っぽい鴨と、激甘ガムシロップが口の中で混ざる、と想像して下さい。へこみますよね?日本語だけでもっと言えば、同じパターンの飾り塩(?)を前菜、メインと繰り返してはいけません。それだけでメインへの期待が萎みます。

Well, the misstep was one of memories of the trip. :D
まぁ、そういう失敗も旅の思い出ですね(笑)。

Avignon2_23

Posted by Kinakinw | 20:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

18 2012

Avignon, Travel Hub of the Provence

Avignon1_1

Departing from Gatwick Airport in the early morning, my friend who joined me in London and I headed to the Provence, our destination of the trip. We planned to travel round towns and villages in the region starting from Avignon, one of big towns by the left bank of the Rhône River that has the best access to transportation.
早朝ガトウィック空港 を発ち、ロンドンで合流した友人とこの旅の主な目的地であるプロヴァンスに向かいました。この地域の主要都市の一つであるアヴィニオンを起点に、周辺の街や村を訪れる予定を組んでいました。アヴィニオンはローヌ川の左岸にあるプロヴァンスの交通の要所です。

Avignon1_2

Avignon1_3
Marseille Provence Airport in near Vitrolles
ヴィトロルという街の近くにあるマルセイユ・プロバンス空港


Though the strong sunshine of southern France made my heart jump when I arrived, it was cooler than I thought because of mistral, a strong and cold regional wind.
着いた時は南仏の強い日差しに心が躍りましたが、思っていたより寒かった。ミストラルというこの地域独特の強い北風が吹いていました。

We ended up waiting at windswept Vitrolles Airport Station of SNCF (the French railway) in the picture below, for two hours: we missed the first train, and the next one was canceled without any notice. Anyway, we could reach Avignon only a bit behind schedule.
到着後、下の写真の空港近くのフランス国鉄の在来線駅で、強風に吹かれながら二時間列車を待つはめに。列車を一台逃した後、次の列車が運休になったようです(お知らせ等は何もなし)。でもとにかく、予定よりちょっと遅れて無事アヴィニオンに着けました。

Avignon1_4

Avignon1_5

Avignon1_6
Avignon Central Station
在来線のアヴィニオン中央駅


We stayed in Avignon for two nights, but we could visit tourist spots in the town only in that afternoon because we went to Arles on the second day. So, we visited only few major spots.
アヴィニオンには二泊しましたが、翌日はアルルに行く予定でした。この街で観光できるのはこの日の午後だけでしたので、行ったのは超代表的な場所だけ。

Avignon1_7
Republic Street, a center boulevard of the old part of the town, extending from the station
駅前から始まる旧市街のメインストリート、リパブリック通り


Walking down the street, you will find yourself at Place de l’Horloge with many cafés and restaurants where we took a late lunch.
リパブリック通りを歩くと、カフェやレストランが立ち並ぶ時計台広場に出ます。ここで遅い昼食をとりました。

Avignon1_8

Avignon1_9

Avignon1_10
Ham-and cheese sandwich, a staple dish in France, and white beer
Don’t you think it’s tasty? Yes, it was.
フランスを代表するシンプルなハム&チーズサンドイッチと白ビール
美味しそうでしょう?美味しかったですよ。


From place de l’Horloge, Palais des Papes were a stone's throw away. From 1309 to 1423 during the Catholic schism, the town became the pops’ residence. Benedict XII and his successor Clement VI constructed the palace. It was worth seeing.
時計広場まで来れば、法王庁広場はすぐそこ。教会分裂時代である1309年から1423年まで、アヴィニオンに法王庁が置かれていたそうです。この宮殿はベネディクトゥス12世と続くクレメンス6世が建てたものだそうです。なかなか見応えがありました。

Avignon1_11

Avignon1_12 Avignon1_13

Avignon1_14 Avignon1_15

Avignon1_16
There was a souvenir shop in the historic palace.
お土産物屋があるのも、もちろんこの歴史的建造物の中です。


The other spot was famous Le Pont Saint-Bénézet, the Saint-Benezet bridge, built from the twelfth century. The opening photo shows it, too. It was several times destroyed by spates on the Rhône Ruiver, before being rebuilt and finally abandoned in the 17th Century.
もう一つの観光ポイントはアヴィニオンを代表する有名なサン・ベネゼ橋。オープニングの写真もこの橋です。12世紀に建てられたこの橋はローヌ川の氾濫により崩壊して何度か建て直されたものの、17世紀以降は直されず現在のようになっているそうです。

Avignon1_17

Avignon1_18 Avignon1_19

Avignon1_20

As I wrote, it was very, very windy because of the mistral, so when on the bridge, I was almost blown away.
先に書いたように、この日はミストラルが吹きまくっていました。橋の上にいると吹き飛ばされそうでしたよ。

Posted by Kinakinw | 20:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

14 2012

Is London the Capital of Bad Food?

London2_1

Before the trip, I didn’t have had any bad memories about food in London because until then people who lived in the city chose nice restaurants for me during my stays. However, I went off on my own this time.
旅行前、ロンドンでの食事が不味かったという記憶はありませんでした。(初めて訪れた味覚が発達していなかった高校生の時は別として)以前の訪問では、ロンドン在住の知り合いが店を選んで食事に連れて行ってくれていたからだと思います。しかし今回は、ロンドンでのレストラン選びを自分でしなければいけません。

To come right to the point, my dining experience during the stay was common in all big cities: there are a good meal and bad one and a good restaurant and bad one. Needless to say, basically I carefully chose the dinner destinations.
結論から言えば、滞在中の食体験は他の大都市と同じようなもの。つまり、美味しい物もあれば不味い物もあり、良いレストランも論外のレストランもある、という感じでした。言うまでもなく、基本レストラン選びには細心の注意を払いましたとも。

I’ll list some of restaurants I visited. First, I start with my good choices, then ….
滞在中に訪れたレストランのうちいくつかを挙げます。まずは当たりの店から、そして…。


Encountered Nice Italian - 偶然出会ったナイスなイタリアン
I found an excellent Italian restaurant (shown by the opening photo) run by Italian that serves quite proper pastas. I could have the penne all'arrabbiata cooked cook al dente. It’s difficult to have al dente pastas outside of Italy and Japan. The sauce was just like Italian mamma’s: it was simple and tasty. I felt certain they serve good main dishes and pizza. I highly recommend it.
とても正しいパスタを出す美味しいイタリアンを見つけました(冒頭の写真)。アルデンテに仕上がったペンネ・アラビアータを食べられましたよ。イタリアと日本以外ではアルデンテに茹で上げたパスタを探すのは難しい。トマトソースは正にイタリアン・マンマの味。シンプルでフレッシュ。多分この店は前菜、メイン、ピザなんかも美味しいはずです。お勧め。

London2_2
Restorante Pizzeria “Signor Grilli”
40 Goodge Street, London W1
020-7637-7405


Famous Hakkasan - ご存じ、ハッカサン
The photo shows an entrance of Hakkasan Hanway Place, a famous high-class modern Chinese restaurant run by International restaurant company, Hakkasan Group. I heard it was the first Chinese to which Michelin gave a star (or stars?) in London. (We are not allowed to take pictures there.)
写真はハンウェイ・プレイスにあるハッカサンの入口。言わずと知れた国際的レストランチェーン、ハッカサングループが運営する高級モダン中華レストラン。ロンドンで初めてミシュランの星を獲得した中華料理店だそうです。いまも星付きなのか、いくつ星なのかは知りませんが。(このお店、店内撮影禁止らしいので他に写真はありません)

London2_3

Visitors from all over the world commented on the famous restaurant on line, and the opinions split in two as regards to the good and bad. By classification, those who ran down it pointed out three: (1) the expensive dishes and dim sum didn’t worth the price, (2) service staff was impolite under the cover of politeness or rude, and (3) the tables are too close to each other and it was noisy while it’s pricy restaurant.
世界中から訪れたお客さんがネットに感想を載せていて、評価は真っ二つに分かれていました。分類すると、お店に苦言を呈している人々が挙げているのは、(1)高額なメニューとアラカルトの点心類が値段にそぐわない、(2)店員が慇懃無礼、もしくは単に無礼、(3)高級レストランなのに席同士の間隔が狭く、店がうるさい、の3点でした。

My friend and I went there for dinner one night. We could do nothing about second and third points, but we could take countermeasures against the first one. Simply, we didn’t order pricy meals more than 30 pounds (about 4,000yen, $50) - usually I don’t order dishes using expensive ingredients at the first visit - , avoided dim sum, and had ones Japanese regulars said tasty*. We ordered Duck salad*, Szechuan mabo tofu*, Spicy prawn, Choi sum (sautéed greens), Jasmine rice, Sapporo Black, and Jasmine green tea, and including tax, it costed us about 100 pounds, accordingly a fair price for us. The salad was excellent with new sensation. Mabo tofu and Choi sum were decent. As for Spicy prawn, those fresh and tasty prawns were extremely tasty without their mustard spicy sauce. It was the success of our plans in a way, so we could enjoy the restaurant given both high and low marks.
友人と二人である晩ディナーに訪れました。2番目と3番目に関しては、私達にはどうすることもできませんが、1番目のポイントには対処できます。我々のとった単純な方法は、30ポンド(4,000円位)以上するような高い料理を頼まない(ここに限らず、初めて行った店でいきなり高級食材を使った料理は頼まない方がいいですし)、点心類は避ける、日本人の常連が美味しいと言っていた料理(※)を頼む。オーダーしたのは前菜に鴨(アヒル?)のサラダ※、メインに麻婆豆腐※、エビのスパイシーソース、カイランの炒め、飲み物はサッポロ黒ラベルとジャスミン茶、しめて100ポンド位で、まぁ適正な値段だと思います。サラダは新しい発見があり、とても美味しかった。麻婆豆腐とカイランは、正統な高級中華らしい味。エビはプリプリで新鮮で、店オリジナルの辛子ベースのスパイシーソースなるものをあまりつけなければ非常に美味でした(エビを殺すソースは駄目でしょう)。ひとまず作戦は成功し、評価が分かれるこのレストランを楽しめました。

Hakkasan Hanway Place
8 Hanway Place, London, W1T
020-7927-7000


Reliable Sanuki Udon - 安心の讃岐うどん
If you want to eat decent Udon that can be called Udon for sure, you must go there. It’s in every guidebook.
もし、確実にうどんと呼べる料理を食べたければ、必ずこの店に行きましょう。どんなガイドブックにも載っています。

London2_4
Koya (小屋)
49 Frith Street, London, London W1D
020-7434-4463


Tragedy - 悲劇
On the evening of my arrival, I unwillingly had dinner at a fake Japanese restaurant that served the outrageous meal in the picture. I had no choice at the time. I couldn’t find a desired restaurant, Koya, because it was too dark to read a map. The streets were empty at night, and it was starting to rain. So, I decided to drop into a restaurant on a hit-or-miss basis on the way to the hotel. Then, it ended up a tragic consequence: I stopped at the restaurant owned by the other “nese” served the awfully poor noodles. That made me miserable. I left behind the food.
到着した夜、写真に写った言語道断の料理を出したとある「偽日本居酒屋」で望まないまま一人で夕食をとってしまいました。その時は、暗くて地図が読めなくて目当ての「小屋」がみつけられず、人通りのない暗い道を歩くことになり、おまけに小雨まで降り出して…。どうしょうもなかったのです。とにかくホテルに引き返しながら、目についた店に一か八か入ろうと思いました。そしてその決断は、もう一つの“○○ニーズ”がやっている、恐ろしく不味い麺料理を出す偽物和食屋に飛び込む、という悲劇に終わりました。非常にみじめな気分。頑張っても半分も食べられませんでした。日本語だけで詳しく説明すると、出汁が全く効いていない、色は濃いけど味のしない汁にうどんが入っているという代物。麺は日本の冷凍うどんを使っているらしくまともで、ガッカリに拍車をかけました。どうしたらこういうものを作れるのか。ちなみに料理名は「海鮮ちゃんぽん」。そんな難しいメニューを頼んだ私も大ばか者でした。エビやアサリがちょっとだけ入っている以外は何も合っていませんでした。気力も奪われ、ホテルに帰って水を飲んで寝ました。自分の方向感覚を過信せず、ホテルで確実な道順を頭に入れて出かけるべきでした。一人だと気が緩みます。

London2_5


Everyone to His Trade - 餅は餅屋
I tried their original food next day. I carefully looked up restaurants in Chinatown and chose one. The restaurant that seemed to be famous for Roast Duck was good enough to rescue me from the miserable feeling of last night. The hot and sour soup was the best one I had had in foreign countries for several years.
次の日は、“○○ニーズ”のオリジナルフードを食べに行きました。チャイナタウンの店を丹念にチェックし、ここは大丈夫そうだと思った店へ。北京ダックが有名らしいその店は、前の晩のみじめな気分から私を救ってくれました。写真の酸辣湯はここ数年海外で食べた中で一番おいしかった。

London2_6

London2_7 London2_8
Four Seasons(文興酒家-フォー・シーズンズ)
China Town 12 Gerrard Street, London, W1D
020-7494-0870

London2_9
I saw the reality of Chinese food, but I decline to comment on that here.
まぁこれが中華料理の実情なのでしょうが、良し悪しに言及するのは控えます。


The other restaurants I visited were all ethnic, so, once again, I didn’t have English food made by English, for English in London except breakfast.
この他に行ったレストランは全てエスニック。またしても朝食以外、イギリス人がイギリス人にために作った料理は食べずじまいでした。

Posted by Kinakinw | 23:45 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

11 2012

Snapshots from London

London1_0

I arrived in Japan yesterday morning from 14 days in London, Provence, and Paris.
A lot of things happened, mainly fun ones.
ロンドン、プロヴァンス、パリを巡った14日間の旅行を終え、昨日の朝日本に戻りました。主には楽しいことが盛りだくさんの旅でした。

At the very beginning, here are snapshots from London.
初めはロンドンでのあれこれを。


From My Hotel Room with Windows on the Busy Street
往来の激しい通りに面したホテルの部屋より


London1_1

Double-decker Buses passed at 30-seconds interval. You see, I met the passengers’ gaze. However, the hotel near the British Museum itself was nice and cozy and in a good neighborhood.
この通りは30秒に一台二階建てバスが通ります。ご覧のとおり、バスの乗客とバッチリ目が合います。ただ、大英博物館近くのホテル自体は快適で周囲の環境も良かったです。

London1_2 London1_3


We Do Have the Freedom to Feed the Pigeons
我々にはハトに餌をやる自由がある


London1_4

The lady with only a camisole top and shorts was laying in bread crumbs and dried grains. Although she didn’t hold up any slogan, I understood why she did it. This is because the spot, the front of the National Gallery, the feeding pigeons was forbidden. Personally, I prefer this performance rather than yelling and voicing one's discontent.
キャミソールとショーツしか着ていない妙齢の女性が、パン屑と乾燥穀物の中に横たわっています。何も主張は掲げていませんでしたが、彼女が何のためにこうしているのかはわかりました。それは、この場所がハトの餌やりを禁止しているナショナルギャラリー前だから。個人的には、主張をがなり立てるよりこういうパフォーマンスの方が好きです。

London1_5 London1_6


Things Reminded Me of the Olympics and Paralympics
オリンピックとパラリンピックを思い出させるもの達


London1_7

I got there two weeks after the Olympics and two days before the Paralympics, so there were things which gave people the sense of these events (not everywhere, though). Many supporters of Australian team stayed at my hotel, and I saw Paralympic athletes in the town.
私が訪れたのはオリンピック閉会2週間後、パラリンピック開催の2日前というタイミング。街にはそれらのイベントを思い出させるものが見られました(そこかしこに、というわけではありませんが)。私のホテルには多くのオーストラリア人サポーターが泊まっていましたし、街中でパラリンピックの選手とも会いました。

London1_10

London1_8 London1_9

London1_11


The Great British Museum Having both Good and Bad Aspects
大英博物館の功罪


London1_12

When I had been there before, I just watched few major exhibits because of the shortness of time. So, I spent some time there this time. Though the researches have been done and the cultural heritage is in a good state of preservation because of the museum, I had mixed emotions toward how the exhibits were taken out from the countries. I was sure at least that ancient Egyptians do not want their sacred sculptures and mummies to be sightseeing show.
以前ここを訪れた時には、時間がなくいくつかの有名な展示品しか見られませんでした。そこで今回は時間をかけて見て回りました。研究が進んだ、文化遺産が良い状態で保存されているという功績はありますが、展示品がどのようにそれぞれの国から持ち出されたのかを考えると複雑な気分になりました。少なくとも、古代エジプト人は自分たちの神聖な彫刻やミイラが見世物になるのを望んではいないと思います。

London1_13 London1_14

Posted by Kinakinw | 20:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

06 2012

Bonjour Paris, Bonjour Japanese Community

Paris_1

I arrived in Paris this evening, and my trip reached its final phase.
I’m staying at a hotel near the opera house.
Now I feel at home in a lot of ways.
今日の夕方パリに到着し、旅も終盤に差し掛かっています。
オペラ座近くのホテルに滞在し、色々な意味でホーム感覚です。

Posted by Kinakinw | 06:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

04 2012

A Fine Sunny Day in Les Baux-de-Provence

Provence_3

Posted by Kinakinw | 15:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

03 2012

I Do Love Provence

Provence_2

Mistral that had blown since we arrived in the south of France finally fell silent.
Now I’m staying in Saint Rémy de Provence.
南仏に着いて以来吹き続けていたミストラルがようやくおさまりました。
現在はサン=レミ=ド=プロヴァンスに滞在中。

Posted by Kinakinw | 06:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

01 2012

Entry into Franc

Provence

I left London early this morning for Provence.
The photo shows the landscape of go by from a window of a train from Marseille to Avignon. It’s cooler in here than I thought.
今朝早くプロバンスに向けてロンドンを発ちました。
写真はマルセイユからアヴィニオンに向かう列車の中から見た風景。プロバンスは思っていたより涼しいです。

Posted by Kinakinw | 04:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。