Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

26 2012

Not Very Excited Festival

juban festival 2012_1

Summer festival in Azabu-juban is being held (for 2 days, from yesterday) after 2 years. It was canceled last year because of the unreliable electricity affected by Great East Japan Earthquake. However, the contents have changed markedly as before.
麻布十番の納涼祭りが昨日から今日まで2日間開催されています。昨年は大震災の影響による電力不足を考慮して中止されたので2年ぶりです。しかし、このイベントはすっかり姿を変えてしまいました。

First, the festival period has been shortened from three days to two. Second, an international food festival is cancelled because of a park to have it is under construction now. Well, there are just minor ones.
まず開催期間が金、土、日の3日間から2日間に縮小されたこと。そして各国料理の屋台が集まる国際バザールが、開催場所の公園が工事中のため行われないこと。まぁ、これらはしょせんマイナーチェンジです。

The biggest change is that the festival drives “tekiya”, professional street stalls selling food and goods at festivals and such events. A copious amount of those concentrating food stalls was its greatest appeal. This year, owner of stores and local commerce and industry associations run stalls, and regrettably, they can’t replace the professionals.
最も大きな違いは、的屋を排除したこと。おびただしい数の屋台がひしめくのが、このイベントの最大の魅力だったのです。今年は商店主や全国の地方商工会(物産展)が屋台の主役です。そして残念ながら、彼らはプロの屋台の代わりにはなりません。

juban festival 2012_5 juban festival 2012_4

juban festival 2012_3 juban festival 2012_2

Stalls are limited in number and types. From my impression, there is one-fifth of the usual number. Most of grilled foods are fried noodles or char-grilled something because these are limited menu that amateurs can cook. Even so, they can’t deliver food with rapidity. There is only one goldfish scooping stall run by tropical fish shop in the shop street, and it’s also the only one entertainment stall and so on.
まず、屋台の絶対数と種類が足りない。私の印象では、屋台の数は例年の五分の一程でしょうか。その場で調理される食べ物屋台の中心は焼きそばか炭火焼。素人でもすぐにできるものだけということです。それでもしょせん素人。的屋のように効率よく大量に作って提供する、というわけにはいきません。商店街の熱帯魚屋がやっている金魚すくいが唯一のエンターテイメント屋台。寂しいことに、今年は射的や輪投げ、宝釣りなんかはありません、など等。

juban festival 2012_6

The festival used to be like this (the previous post about it).
かつてはこんな感じでした(2年前の同イベントの記事)。

To be brief, the festival changes from a summer spectacle to a common local event like a school festival. But, it may have a good side. I sincerely hope this reduces the number of visitors. There were too many people (total of 500,000 people for 3 days) including those come from a long distance, and it’s been no longer our festival for years. If this style festival will last few years and my prayer will be heard, I wish the organization would call back tekiya again.
一言でいえば、真夏のスペクタクルが文化祭のような手作りイベントになってしまった、ということです。それでも良い面もあるかも知れません。これを機会に来場者が減るといいなと願っています。もうずっと遠方からの来場者を含めて人が集まりすぎて(3日間で延べ50万人とか)、もはや地元民のイベントではなくなっていましたから。このような文化祭スタイルが数年続いて、来場者が減ったら、的屋を呼び戻して欲しいなと思いますが。このご時世では難しいのでしょうか。残念でなりません。

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 11:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。