Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

12 2012

Sapporo Pirika Kotan

Ainu Pirka Kotan_1

One day in Sapporo, our midmorning business was over and had free time until the evening. Then we headed to the place I had wanted to go: the culture center of Ainu, Sapporo Pirika Kotan (meaning “a beautiful village in Sapporo” in Ainu).
札幌でのある日、午前中の予定が終わって夕方まで時間が空きました。そこで、以前から気になっていた所に行って来ました。アイヌ文化交流センター、サッポロビリカコタンです。アイヌ語で札幌の美しい村という意味だそうです。

Ainu Pirka Kotan_2 Ainu Pirka Kotan_3
Left: The modern-looking main building
左:建物はモダン
Right: There was the reproducing ancient village.
右:屋外には昔のアイヌの村が再現されています。


Ainu is an indigenous group in the northern islands including Hokkaido.
Surrounded by nature of the southern part of the Sapporo City, the center located within an hour’s drive from the downtown introduces their livelihood, history and art. It wasn’t a huge facility but was really an interesting place to visit.
札幌の中心地から南に車で1時間程。この施設は日本初の先住民族の施設。ここでは北の大地に先住していたアイヌの生活や歴史、文化、芸術に触れられます。そんなに大きな施設ではありませんが、見応えがありました。

Ainu Pirka Kotan_4

Ainu Pirka Kotan_5 Ainu Pirka Kotan_6
A thatched house called Cise (a house in Ainu)
チセ(アイヌ語で家)と呼ばれる萱でできた伝統家屋


Ainu Pirka Kotan_7
A traditional seagoing craft
堂々の外洋船


The inside of the center also had an exhibition room, information corner, lecture room, hall and so on. We could touch and hold clothing and traditional folk handicrafts that were exhibited in the exhibit room.
交流センター内には、展示室や情報コーナー、レクチャールーム、ホールといった施設があります。展示室では、衣服や民具に実際に触れます。

Ainu Pirka Kotan_8 Ainu Pirka Kotan_9

Ainu Pirka Kotan_10

Ainu Pirka Kotan_11 Ainu Pirka Kotan_12
The clothes made from cotton and birch-bark
綿や樹皮でできた伝統衣装


Ainu Pirka Kotan_13 Ainu Pirka Kotan_14

Looking back my childhood, carved wooden figures of a bear (with salmon in its mouth) and dolls were respectfully placed at the entrance of my house. The wood carving represents the culture was a popular souvenir from Hokkaido in the past. If those weren’t made up by Ainu, I simply felt closer to Ainu through them. Besides the carving, I do think more Ainu culture had been there with me at that time.
子供時代を振り返ると、我が家の玄関にも木彫りの熊(もちろん鮭を咥えたやつ)やアイヌ人形がうやうやしく飾られていました。北海道土産の定番でしたね。アイヌの手による工芸品ではなかったとしても、それらを通じてアイヌ文化に単純に親しみを感じていました。それ以外にも、当時の方が確実に、アイヌが身近にあったと思います。イオマンテ、コタン、カムイなんて言葉も普通に知っていました。

When I see the scene in the picture below, I then expected Colobockle (Ainu’s legendary dwarfs who lived the land before Ainu) might come out from the grove….
下の写真のような光景を見ると、ふと林の中からコロボックルが出てくるんじゃないかな、なんて思ってしまいます。

Ainu Pirka Kotan_15

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 16:39 | Comment [0] | TrackBack [0] | Travel & Hot Spring

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。