Tokyo Notebook

-・- From My Everyday Life to Japanese Culture -・- Why don't you see the real Japan, not the typical foreigners' version.

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Kinakinw | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

11 2012

Sense of Nostalgia and Sigh

elementary school 1

I regularly visit to an elementary school in downtown Tokyo on business recently.
最近、用事があって都内のある小学校を定期的に訪れています。

If you have an elementary school child, the pictures are common sights. For childless Kinakiw, however, these fill me with nostalgia. I went to a nearby public school, just like this one. Though times are different now, many things basically don’t change: a small school yard with a 100-meter oval track, collecting milk-bottle covers, hanging bags containing gym clothes bag on the wall of the hallway, and so on.
小学生の子どもがいれば、この写真の光景は見慣れたものだと思います。子どものいない私にとっては、ノスタルジーをかきたてられる光景です。私もこの学校のような近所の公立小学校に通っていました。時代は変わりましたが、変わらないものも多くあります。100メートルトラックでいっぱいになる小さな校庭、牛乳瓶の蓋を集めていたり(多分何年も前のものでしょうが)、廊下に体操服を入れた袋をぶら下げていたり。

elementary school 3 elementary school 2

A major change, maybe, is a decline in student numbers due to falling birthrate. That’s a national trend but especially prominent in the urban central area. When I was the student, there were 2 classes of 33to 35 children in each grade. Now, this school has one of less than 20. The situation of my old school is worse. There are less than 10 new students for several years. I’m afraid it would be forced to close and united into one with others.
大きな変化は、少子化の影響で児童の数が減ったことでしょうか。これは全国的な傾向ですが、特に都心部において顕著です。私が小学生の頃は、一学年につき児童33~35人のクラスが2つありました。現在この学校では20人以下のクラスが一つだけ。私の母校はさらに悲惨です。ここ数年、新一年生の入学者は10人以下が続いています。このままだと廃校になり、近隣の学校と合併されてしまうかもしれません。

The old school now actively accepts foreign children to attract Japanese parents inside and outside the school district. Well, many parents want to send their children to an international school, but for many of them, it’s difficult in terms of money and other conditions. So if the things work out, it would become a distinguishing one that would be chosen by those parents.
我が母校は今、外国人の子どもを積極的に受け入れることで、学区内外の親達にアピールしようとしています。(何だかな・・・という感じですが)多くの親が子どもをインターナショナル・スクールに通わせたがっていますが、実際には経済的問題やその他条件面から難しいのです。もしこの試みが上手くいけば、そういった親から選ばれるような特徴ある小学校になるかもしれませんね。

However, it’s just a battleground for other schools in the area and won’t lead to a comprehensive solution to the problem. Ho-hum. Sooner or later, the school full of my memories would be destined to vanish.
でもそれは地域の他の学校とのパイの奪い合いにすぎず、本質的な解決にはなりません。あーあ。遅かれ早かれ、思い出がつまった母校は消え行く運命なのでしょう。

elementary school 4

スポンサーサイト

Posted by Kinakinw | 22:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | Tokyo Life

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。